FC2ブログ

真壁海中写真館

Underwater Photography

セロガタコダマウサギ

2007/6/30-7/1の伊豆大島 (17)

白いウミウサギガイがいるのを教えてもらいました。

突起が長くて、暖かそう??
1レ★ウミウサギガイ科の1種31.JPG



伊豆大島ではウミウサギガイの仲間をよく見かけますが、このタイプは初めて見たと思います。

2枚目はアップで。

どういう状況かよく分からなかったのですが、足を出して、

『よっこらせ!』
2レ★ウミウサギガイ科の1種33.JPG


細い朱色の線と黄色の線が入っていて、上品な感じの種類ですね。


ウミウサギガイの仲間はいろいろいますねえ。奥が深いです。


ウミウサギガイ科の1種
Diminovula sp.
軟体動物 巻貝類
ウミウサギガイ科
2007/6/30
伊豆大島 秋の浜 水深32m

FC2 Blog Ranking

****
この写真の個体について、セロガタコダマウサギであるという、情報をいただきました。
珍しい種類のようです。ラッキー!でした。

表題と、以下に種名を訂正します。

セロガタコダマウサギ
Diminovula culmen
軟体動物 巻貝類
ウミウサギガイ科


(2008/01/14)
スポンサーサイト



テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/11/25(日) 17:58:38|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<アカスジカクレエビ | ホーム | ムチカラマツエビ>>

コメント

下曽根!

↓下曽根で見たのに似てるなぁ~!
同じ種類なのかなぁ~!
慶良間では下曽根でしか発見されてないらしい!

http://plaza.rakuten.co.jp/asino/diary/200708010000/
  1. 2007/11/26(月) 22:05:06 |
  2. URL |
  3. Raha! #wymurSpY
  4. [ 編集]

★Raha!さん

突起の長さや密度と外套膜の模様の密度は印象が少し違いますが、足の模様は同じに見えますねえ。
この仲間はどこまでが同じ種類で、どこから別種になるのか、よくわかりません。どなたか図鑑を作ってくれないかしら??
下曽根でしか見られないなんて、貴重ですね。
・・・というか、下曽根でこういう生物を見ているダイバーも、かなり貴重だと思います。
  1. 2007/11/26(月) 23:26:14 |
  2. URL |
  3. 真壁 #-
  4. [ 編集]

これは綺麗です☆

ウミウサギガイ・・・
フランスかな~?ドイツかな?
チョコの洋菓子にアーモンドでトゲトゲを刺した
美味しそうなのがあるんですよ。
確かハリネズミかな?
そのホワイトチョコ版みたいです。
  1. 2007/12/02(日) 21:43:05 |
  2. URL |
  3. mecha #-
  4. [ 編集]

★mecha さん

そう言われると、甘くて美味しそうに思えてきました・・・。
  1. 2007/12/03(月) 23:05:32 |
  2. URL |
  3. 真壁 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://makabe.blog39.fc2.com/tb.php/548-9e4506e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

mak

Author:mak
写真、ダイビングそして読書を楽しむ、ごく普通のサラリーマンです。
詳しくは作者紹介をご覧ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

あわせて読みたい