FC2ブログ

真壁海中写真館

Underwater Photography

アカホシカクレエビ

2007/6/8-6/9の伊豆大島 (11)

シマキッカイソギンチャクに住む、アカホシカクレエビを見に行きました。
2レ★アカホシカクレエビ22.JPG

イソギンチャクも先端だけが紫色で、妖しい感じですね。


そして、1枚目の写真でもお分かりかもしれませんが、エビの頭の部分だけが白くなっています。
1レ★アカホシカクレエビ26.JPG


これはです。

この仲間はまず、頭に卵を抱えるようです。
この後、お腹のほうに移動していくので、頭部に抱えている卵は、次卵と呼ぶそうです。


3枚目はその、頭のアップを。

頭の内側に、卵の粒粒があるのが分かりますでしょうか?
3レ★アカホシカクレエビ28.JPG


4枚目はさらにアップを。

卵がぎっしり!

そして、目の間から透明な触角が突出しています。
リーゼントのよう?!
4レ★アカホシカクレエビ2b.JPG


この種類は、様々な海でよく見かける、いわゆる普通種です。
しかし、頭→腹の順で卵が移動していくというのは、今回初めて知りました。
そして透明なリーゼントも、今回が初めての撮影です。

身近と思っていた生物でも、まだまだ知らないことがたくさんあります。
また1つ、学びました。


アカホシカクレエビ
Periclimenes sp.
節足動物 エビ類
テナガエビ科 ホンカクレエビ属
2007/6/8
伊豆大島 秋の浜 水深26m

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト



テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/08/26(日) 18:14:31|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<スミゾメミノウミウシ | ホーム | ムラサキウミコチョウ>>

コメント

頭の中に卵って

v-352初めて見ました~!
スケルトンのエビも拝見したことがありますが、
卵を『抱卵』?している姿ってすごいですね。
v-466の生き物の神秘を感じます。
  1. 2007/08/26(日) 20:33:02 |
  2. URL |
  3. mecha #-
  4. [ 編集]

イソギンチャクのさきっぽの紫色がなまめかしいというか、、、なんというか、、、。

海の中って、ほんと色彩豊かですね。
  1. 2007/08/27(月) 21:41:45 |
  2. URL |
  3. スー #-
  4. [ 編集]

久しぶりに訪問させて頂きました^^
脳かと思ったんですが、卵なんですか!!v-12
凄いですね・・・
  1. 2007/08/29(水) 12:51:53 |
  2. URL |
  3. touch #-
  4. [ 編集]

お久しぶりです!

ご無沙汰してすいません!
スケルトン系のエビ大好きで良く撮るのですが
私もこの頭に何故卵があるのか不思議でした!
次卵というのですか~それがお腹へ~
勉強になりました!
  1. 2007/08/29(水) 17:05:34 |
  2. URL |
  3. Kevin #NqNw5XB.
  4. [ 編集]

★mechaさん

海の生物は意外なワザを持っていますね。
次から次へと、新鮮な驚きがあって、何度潜っても飽きません。
  1. 2007/08/29(水) 22:01:03 |
  2. URL |
  3. 真壁 #-
  4. [ 編集]

★スーさん

魅惑的な色ですよね。何故にこういう色をしているのでしょうかねえ??
そうなのです、海中は陸上以上に(自然物の)色彩が豊かだなあ、と感じます。
  1. 2007/08/29(水) 22:07:40 |
  2. URL |
  3. 真壁 #-
  4. [ 編集]

★touchさん

有難うございます。
自分の頭が卵でいっぱいになっている所を想像すると、可笑しいですよね。海の生物は何でもアリですね。
またお越しください~!
  1. 2007/08/29(水) 22:11:28 |
  2. URL |
  3. 真壁 #-
  4. [ 編集]

★Kevin さん

頭に卵というのは、意外ですよね。
知ってしまうと、次から探してしまいそうですね・・。
  1. 2007/08/29(水) 22:14:13 |
  2. URL |
  3. 真壁 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://makabe.blog39.fc2.com/tb.php/488-a07c7fa4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

mak

Author:mak
写真、ダイビングそして読書を楽しむ、ごく普通のサラリーマンです。
詳しくは作者紹介をご覧ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

あわせて読みたい