FC2ブログ

真壁海中写真館

Underwater Photography

”ピグミーシーホース”

2007年GWの八丈島 (10)

この日2本目の狙いの被写体は、ピグミーシーホースでした。

無事に出会うことは出来たのですが、制約があったため、撮れたのはこの角度のみ・・。
チェスの駒のよう??
1レ★ピグミーシーホース24.JPG


2cm以上はあったでしょうか、この種類としては、大きい個体だと思います。

2枚目はなんとか、目が分かるショットを。

この角度から撮ると、渋いですね~
2レ★ピグミーシーホース26.JPG


まわりのサンゴに見事に擬態しています。
コブや体の質感など、良く出来ていますね~

でも色合いがちょっと、サンゴと違います。


最後はほぼ、真上から。

ボーリングのピンみたい??
3レ★ピグミーシーホース25.JPG

国内では初遭遇!の種類です。

”PIGMY SEAHORSE”
Hippocampus bargibanti
魚類
トゲウオ目 ヨウジウオ科
タツノオトシゴ亜科
2007/4/29
八丈島 ナズマド 水深25m

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト



テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/05/16(水) 22:31:07|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<イソコンペイトウガニ | ホーム | キンギョハナダイ>>

コメント

擬態

わかりにくいところにいますね~~こういう風に敵から身を守るんですね☆タツノオトシゴはエライ☆

さっきアワビの話が出ましたので、daikuブログにリンクをお借りしました☆またご覧くださいね
http://uradasi.blog21.fc2.com/blog-entry-260.html
  1. 2007/05/17(木) 08:38:00 |
  2. URL |
  3. 三毛猫 #-
  4. [ 編集]

驚きです

凄いですね。
被写体も写真技術も。
私も写真には些か力を入れていますが、足元にも及びません。 驚きです。
もう少し若ければ、海中も挑戦してみたかったです。
これからも楽しい写真見せてください。
  1. 2007/05/17(木) 20:01:40 |
  2. URL |
  3. ヤンジジ #R4NmWodE
  4. [ 編集]

そっか~?

何となくウマに似てるんだ・・・
だから~?この名前なんでしょうか?
しかしv-238
相変わらずいいショットだと思います(^ー^)
タイですか、ひとつ前のフォトって、
綺麗ですねぇ~~v-20
  1. 2007/05/18(金) 22:33:46 |
  2. URL |
  3. mecha #-
  4. [ 編集]

★三毛猫さん

タツノオトシゴは隠れ上手なのですよ。
この種類など、「よく出来ているなあ」と関心してしまいます。

こちらを紹介していただきまして、有難うございます。
しかし、「鉋」から「鮑」を連想してしまうとは、すごいですねえ。
海中でのアワビの生態写真は、こちらをご覧下さい。
http://www.geocities.co.jp/Outdoors-River/9834/oga/image/awabitosazae.html

左側がアワビの写真です。どこにいるか、分かりますか??
  1. 2007/05/19(土) 18:25:54 |
  2. URL |
  3. 真壁 #-
  4. [ 編集]

★ヤンジジさん

ありがとうございます。
被写体が良いので、海中での写真撮影は楽しいです。
腕のほうはマダマダですが・・、お互い、頑張りましょう!
  1. 2007/05/19(土) 18:29:21 |
  2. URL |
  3. 真壁 #-
  4. [ 編集]

★mecha さん

同じ魚を見ても、日本人は「龍」、欧米人は「馬」を連想するのですね。面白いですね。
テングダイ、キンギョハナダイと、「タイ」と付いた魚が続きました。
でもいずれもマダイとは別の科に属する魚です。
日本では鯛がメジャーな魚なので、あやかって名前を付けられた種類がたくさん、いるようです。

キンギョハナダイが群れで漂っている光景は、いかにも「暖かい海で潜っている!」という感じがして、僕は好きです。
  1. 2007/05/19(土) 18:45:01 |
  2. URL |
  3. 真壁 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://makabe.blog39.fc2.com/tb.php/430-c56afdd1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

mak

Author:mak
写真、ダイビングそして読書を楽しむ、ごく普通のサラリーマンです。
詳しくは作者紹介をご覧ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

あわせて読みたい