FC2ブログ

真壁海中写真館

Underwater Photography

虹色の光を放つ キシマハナダイ

2019/6/7-8 伊豆大島ダイビング (12)
 
2019年6月の、伊豆大島ダイビングの2日目。
 
前日の強い雨は夜の間に止んだようで、朝から青空が広がっていました。
 
前日とは違い気温が上がったので、ロクハンを着て長く陸上いるのはちょっと辛い陽気でした。
 
風も吹いていたので心配しましたが、風向きの関係か、「秋の浜」は前日に続いて穏やかで、問題なくエントリーすることができました。
 
エントリーそうそう、水が冷んやりと感じました。
 
後で確認したところ、1本目の平均水温は16度。
冷たい水が、浅い水深まで上がって来ていたようです。
そのぶん、視界はやや良くなっているように感じられました。
 
そして沖へ泳ぎ出ようとすると、右から左へと、どんよりした流れがありました。
その流れに負けないようにフィンを動かして、正面右手の砂地エリアへと向かいました。
 
さらに段差を降りて、前日1本目と同じエリアへ。
 
そこで撮影したのは、この被写体です。
 
虹色の光を放つ、キシマハナダイの幼魚です。
 
12-1◆伊豆大島のキシマハナダイ
 
  
カラフルなヒレが、お洒落ですねえ。
 
12-2★秋の浜のキシマハナダイ
 
 
潮が流れていたためか、餌探しに熱心な様子。
 
そのぶん、ダイバーにお構いなしの気分だったのか? 近づいて撮影することができました。
 
岩陰の暗い場所で肉眼で見ると、周りにいるキンギョハナダイよりも地味に見えます。
 
でもストロボをあてて撮ると、変身したかのような派手な姿。
 
この姿に魅せられて、かなり長い時間、カメラを向けていました。
 
 

キシマハナダイ
Tosanoides flavofasciatus
魚類 スズキ目 ハタ科

伊豆大島
秋の浜
2019/06/08
Canon EOS 5D Mark III


facebookページもやっています

FC2 Blog Ranking
 .
関連記事
  1. 2021/01/31(日) 17:52:38|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ヒレの模様も美しい アサヒハナゴイ | ホーム | 危険だとアピールする? ヨコシマエビ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://makabe.blog39.fc2.com/tb.php/2906-70a92899
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

mak

Author:mak
写真、ダイビングそして読書を楽しむ、ごく普通のサラリーマンです。
詳しくは作者紹介をご覧ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

あわせて読みたい