FC2ブログ

真壁海中写真館

Underwater Photography

ヒメキンチャクガニ③

2006/6/2-6/3の八丈島 (21)

イソギンチャクで相手を威嚇するヒメキンチャクガニ
3個体目の紹介です。

この個体は・・・、右手のイソギンチャクが大きい!
5レ★ヒメキンチャクガニ3j.JPG


この体には、アンバランスですよね~?
逆に、左手のイソギンチャクは小さくて役にたたないかな??
6レ★ヒメキンチャクガニ3i.JPG


威嚇する時も、右手をかざします。

大きなダンベルを一生懸命、上げ下げしているように見えます。

右手だけ鍛えている??
7レ★ヒメキンチャクガニ3p.JPG


一生懸命、動いて威嚇するのですが、体のバランスが悪いようで、フラフラしていました。
面白かったなあ。
でも本人?は、いたって真剣!

最後はカッコ良く、ファイティングポーズを決めてくれました!
8レ★ヒメキンチャクガニ3g.JPG


ヒメキンチャクガニ
Lybia caestifera
節足動物 カニ類
オウギガニ科 キンチャクガニ属
2006/6/2
八丈島 検潮所 水深2m

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト



テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/08/04(金) 22:17:40|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<コンシボリガイ① | ホーム | ベニシボリ④>>

コメント

コッチは人間なので

ヒメキンチャクガニのリアリティーが
ちょっとワカリマセンが。。。。
このイソギンチャクはでかすぎかも?
重くないのだろうか??

共存ということなんでしょうか?
カニの気持ちがとっても気になります~?
  1. 2006/08/05(土) 21:44:24 |
  2. URL |
  3. mecha #-
  4. [ 編集]

★mechaさん

甲殻類は美味しいので??、様々な生物に狙われているようです。
なので、このヒメキンチャクガニも必死なのでしょうね。
イソギンチャクにとって、メリットがあるかどうかわかりません。
それにしてもこのイソギンチャクは大きい!
フラフラしていました・・頑張りすぎです。
  1. 2006/08/05(土) 22:25:12 |
  2. URL |
  3. 真壁 #-
  4. [ 編集]

そうなんですか

「甲殻類は美味しい??」というのと
共存ではない?というのが分かりました。
小さい生物の世界も大変なんですねv-27
  1. 2006/08/06(日) 12:58:33 |
  2. URL |
  3. mecha #-
  4. [ 編集]

★mecha さん

現実的なことを書いてしまったので、イメージが変わってしまったかもしれませんね。
イソギンチャクのことは、もう少し、調べておきますね~。
  1. 2006/08/06(日) 17:52:31 |
  2. URL |
  3. 真壁 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://makabe.blog39.fc2.com/tb.php/282-8f2ccf01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

mak

Author:mak
写真、ダイビングそして読書を楽しむ、ごく普通のサラリーマンです。
詳しくは作者紹介をご覧ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

あわせて読みたい