真壁海中写真館

Underwater Photography

ヨロイメバル

2011/7/24の八幡野ダイビング (4)

甲殻類が続いた、この日の八幡のダイビング。

最後だけは、お魚の写真の紹介です。


浅場の岩の間にいる、ヨロイメバルを教えてもらいました。

岩からはがれ落ちたみたい。
04★ヨロイメバル110724_2-02

岩と同じ色で目立たず、撮っている時はどこに目があるかも、良く分かりませんでした。

名前の通りの、鎧のようなウロコ
04★ヨロイメバル110724_2-04

どことなく、古風な雰囲気のメバルでした。


ヨロイメバル
Sebastes hubbsi
魚類 カサゴ目 フサカサゴ科
八幡野ビーチ 7m
2011/07/24
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 
FC2 Management

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/03/16(金) 21:05:43|
  2. ●八幡野
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ハナオトメウミウシ | ホーム | トウヨウホモラ>>

コメント

なんか、、、意外なほど真面目な擬態ですね~
こうやって獲物を待ちかまえてるんでしょうね!!

体が地味な分、目の綺麗さが引き立ちます☆
  1. 2012/03/18(日) 16:54:05 |
  2. URL |
  3. HAL #W7NOvCZ.
  4. [ 編集]

>HALさん

綺麗な目をしていますよね。
でも撮っている時はどこが目だかよくわかりませんでした。

岩の微妙な色合いに、上手く擬態していますね。
僕はてっきり、外敵から身を守るためだと思い込んでいましたが、捕食者として、目立たないでいるという可能性もあるのですね。
こうして写真で見ると、カエルアンコウの仲間のようにも見えます。
  1. 2012/03/18(日) 20:47:52 |
  2. URL |
  3. mak #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://makabe.blog39.fc2.com/tb.php/1894-f358e4b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

mak

Author:mak
1995年Cカード取得。
各地ダイビングポイントで水中写真を楽しむ、ごく普通のサラリーマン。
詳しくは作者紹介をご覧ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

おすすめ商品!

ひみつのウミウシ―分類のコツから撮影方法、楽しみ方まで
ひみつのウミウシ―分類のコツから撮影方法、楽しみ方まで

ウミウサギ―生きている海のジュエリー (ネイチャーウォッチングガイドブック)
ウミウサギ―生きている海のジュエリー (ネイチャーウォッチングガイドブック)

海の美術館 (青菁社フォトグラフィックシリーズ)
海の美術館 (青菁社フォトグラフィックシリーズ)

本州のウミウシ―北海道から奄美大島まで
本州のウミウシ―北海道から奄美大島まで

潜る人―ジャック・マイヨールと大崎映晋
潜る人―ジャック・マイヨールと大崎映晋

あわせて読みたい