真壁海中写真館

Underwater Photography

フリソデエビ

2011/09/07-08の屋久島ダイビング (15)

ガイドさんの導きによって、次々と被写体を目にすることができた、9月の屋久島ダイビング。

お次は人気者の、フリソデエビです。


ようこそ、屋久島へ!
15-1★フリソデエビ110908_1-09

振袖の両手を合わせて、お出迎えです。


見るといつも思ってしまいますが、どうして、こういう姿になったのでしょうね??

「つくり物」の領域に感じます。

わき腹なんて、ペンキが剥がれたみたいです。
15-2★フリソデエビ110908_1-05

これまで見かけた生息域では、ただ単に「目立つ」だけの姿のように、思えます。

「”神様のいたずら”って本当にあるんじゃないかな?」と感じさせてくれる、個性的なエビです。


フリソデエビ
Hymenocera picta
節足動物 エビ類
フリソデエビ科 フリソデエビ属
屋久島
一湊タンク下No.1 水深14m
2011/09/08 
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 
スポンサーサイト

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/12/09(金) 22:52:20|
  2. ●屋久島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ハナゴンベ | ホーム | ヤクシマカクレエビ>>

コメント

模様的にはコールマンに近いけど、ウニに隠れるのはサイズ的に厳しいもんねw

擬態が得意なカクレエビ系が多いけど、バルスとかフリソデとか目立つだけのも多いよね。
  1. 2011/12/10(土) 14:20:58 |
  2. URL |
  3. HAL #W7NOvCZ.
  4. [ 編集]

>HALさん

この水玉模様はコールマンに近いですねえ。
ウミウシの「毒あります」アピールなら分かりますが、毒が無いとすると、狙いが何なのか・・・?
「ヒトデをおびき寄せる模様」だったりしたら、面白いですね!
  1. 2011/12/10(土) 20:02:27 |
  2. URL |
  3. mak #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://makabe.blog39.fc2.com/tb.php/1806-6d633eaa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

mak

Author:mak
写真、ダイビングそして読書を楽しむ、ごく普通のサラリーマンです。
詳しくは作者紹介をご覧ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

あわせて読みたい