真壁海中写真館

Underwater Photography

ヤクシマカクレエビ

2011/09/07-08の屋久島ダイビング (14)

ここからは、日付が変わって9/8のダイビングです。

この日は3本、潜りました。
3本とも、一湊(いっそう)の港からの出航。
屋久島ではこの港が、ダイビングの中心なのですね。


1本目のポイントは一湊タンク下

エントリー場所の近くで、ガイドさんがこんなエビを見せてくれました。

まあるいアワサンゴに住み着く、まあるいエビです。
14-1★ヤクシマカクレエビ110908_1-03

その名もヤクシマカクレエビ

正式に記録されたのが屋久島だったので、この名前。


そしてびっくり。

発見者は、ガイドさん自身とのこと。

記念に!?発見者の手と一緒に撮ってみました。
14-2★ヤクシマカクレエビ110908_1-05

いる場所といい、雰囲気といい、独特な世界を持っているエビですね。
14-3★ヤクシマカクレエビ110908_1-08

学名にも、ガイドさんの名前がしっかりと刻まれています(Pliopontonia harazakii)。

まさに「後世に名が残る」発見。

毎日潜り研究を続ける、ガイドさんの「努力の賜物」ですね。


*こちら『真壁海中写真館』ではわかる範囲で、撮影した生物の名前と分類を文末に書いています。和名の下に書いているのが、学名です。


ヤクシマカクレエビ
Pliopontonia harazakii
節足動物 エビ類
テナガエビ科
イソギンチャクモドキカクレエビ属
屋久島
一湊タンク下No.1 水深12m
2011/09/08 
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 
スポンサーサイト

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/12/08(木) 22:12:58|
  2. ●屋久島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<フリソデエビ | ホーム | ニラミギンポ>>

コメント

キサンゴカクレエビに近い種類、、、って感じですねー
まだ見たこと無い新種もいっぱい居そうな海っぽいイメージが(^o^)

前記事のニラミギンポも、もしかしたら変異個体かもしれないし、新種の可能性も?

口が黄色いのはフタイロカエルウオかなとも思うけど。。。体が見えないとねー

私も細かい種類の判定は苦手なので、撮った個体の名前だけはその場でガイドさんに聞いたり、現地サービスに画像を見せてログブックに書くようにしてます(笑)
  1. 2011/12/09(金) 01:18:03 |
  2. URL |
  3. HAL #W7NOvCZ.
  4. [ 編集]

>HALさん

屋久島って、未知の種類がいそうなイメージがありますよね!?
前の記事のギンポは、僕もフタイロカエルウオかもしれないなと思いました。種名は書かなかったほうが良かったですね・・。
僕も分からない種類はガイドさんに聞くようにしているのですが、初めていったポイントではついつい話に花が咲いてしまい、聞きそびれてしまいます。屋久島でもバラエティーに富んだ話題が満載で、時が経つのが早かった!
このエビはキサンゴエビ、そしてイソギンチャクモドキカクレエビと近い種類のようですね。
  1. 2011/12/09(金) 22:58:17 |
  2. URL |
  3. mak #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://makabe.blog39.fc2.com/tb.php/1805-3f033c51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

mak

Author:mak
写真、ダイビングそして読書を楽しむ、ごく普通のサラリーマンです。
詳しくは作者紹介をご覧ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

あわせて読みたい