真壁海中写真館

Underwater Photography

ニラミギンポ

2011/09/07-08の屋久島ダイビング (13)

サンゴにいるヒナギンポを撮影していたら、「ギンポなら、こっちにもいるよ」と、ガイドさんが教えてくれました。

口の下の、イエローのラインがチャームポイント。
13-1★ニラミギンポ110907_2-07

居た場所は、ぽっこりと付き出た、サンゴの穴でした。

砦から見張っているみたい。
13-2★ニラミギンポ110907_2-02

これも顔だけで判断するのは難しいですが、ニラミギンポではないかと思われます。


短い時間、それも手の届く範囲でしか探していませんが、2種類のギンポを撮影することが出来ました。

この場所には、まだまだいそうです。


ニラミギンポ
Ecsenius namiyei
魚類 スズキ目
イソギンポ科
屋久島
オツセ 水深8m
2011/09/07 
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 
スポンサーサイト

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/12/07(水) 22:42:00|
  2. ●屋久島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<ヤクシマカクレエビ | ホーム | 予告! 「海の写真展 海・空・間 Vol.3」>>

コメント

ニラミギンポって黄色の口の個体もあるのですねー
屋久島限定とか?

2年前にIOPに来た子は逃げずに前進丸出しで撮りやすかったです^^
  1. 2011/12/08(木) 14:48:02 |
  2. URL |
  3. HAL #W7NOvCZ.
  4. [ 編集]

>HALさん

おっと、そう書かれるとますます、同定に自信が無くなりますね。やっぱり違う気が・・・。
僕が持っている図鑑には正面顔があまり載っておらず・・・調査継続します!
  1. 2011/12/08(木) 22:28:25 |
  2. URL |
  3. mak #-
  4. [ 編集]

(゜▽゜*)ちょっとだけお久しぶりです

(^▽^)/何となくlovelyです~☆
↓のフォトの表情が好きです。
種の特定ってこれだけ生き物がいると、
なかなか難しいんでしょうねー。
  1. 2011/12/11(日) 18:33:05 |
  2. URL |
  3. 占い師mecha #-
  4. [ 編集]

>占い師mecha さん

2枚目は真剣な表情に見えますよね!?
種別の判定は、正式には標本を捕って解剖して初めて決まるそうです。
写真だけで判断するというのは、なかなか難しい!
  1. 2011/12/11(日) 23:46:47 |
  2. URL |
  3. mak #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://makabe.blog39.fc2.com/tb.php/1804-09901b71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

mak

Author:mak
写真、ダイビングそして読書を楽しむ、ごく普通のサラリーマンです。
詳しくは作者紹介をご覧ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

あわせて読みたい