真壁海中写真館

Underwater Photography

キンギョハナダイ

2010/5/29-5/30の伊豆大島ダイビング (18)

常識は覆されるというお話。


その昔、西洋では白鳥といえば「白いもの」と決まっていた。
疑う者など、誰もいなかった。
しかしオーストラリア大陸の発見によって、この大陸には黒い白鳥がいることがわかった。
「白鳥は白い」という常識は、この発見によって覆ってしまった。



・・・そしてこちらは伊豆大島の海の中。

伊豆半島や伊豆諸島で数多く見られる、キンギョハナダイ

雌雄によって色の濃さは違いますが、「赤系の色をした魚」というのが、ダイバーの「常識」です。

しかし、ここ伊豆大島に「青いキンギョハナダイがいる」ということがこの時期、話題になっていました。

この日はまだ、ダイバーの数も少なかったので、ガイドさんに連れられて見に行ってみることにしました。

ガイドさんが指さす先に・・・いました!


たしかに、「青いキンギョハナダイ」です。
18-1★キンギョハナダイ3-01
正確には、捕獲してしっかり調査しないと断定できないそうですが、写真や目視での観察の限り「キンギョハナダイと思われる」個体だそうです。


最初にこの個体を見つけた人はきっと、「何の種類の魚だろう??」と悩んだでしょうね。

なぜこのような色になったかの原因は、よく分からないようです。

「突然変異の個体」だろうということです。



僕が撮影した時点ではすでにかなり、話題になっていて、多くのダイバーに観察され、写真を撮られていたようです。

「青キン」などと、呼ばれていたようです。

もともと群れから離れて暮らしているのか、この時はひとりでぽつんと、岩陰に潜んでいました。

警戒心が強いようだったので、距離を置いてそおっと、撮影しました。

2枚目からはトリミング画像での紹介です。

よく見ると、色がまだらです。
18-2★キンギョハナダイ3-02
本来の、メスのキンギョハナダイらしいオレンジ色の上に、青い色素が付いているような感じです。

目は、キンギョハナダイらしい、色っぽい目をしていますね。


その色っぽい目で・・・

ウインク!
18-3★キンギョハナダイ3-04
もう少し近づいて撮影したかったのですがこの後、ぴゅ~っと、岩陰に隠れてしまいました。

ひとりだけ、個性的な姿で生きていくというのは、大変なのでしょうね。

いろいろな意味で考えさせてくれた、孤高のキンギョハナダイでした。



キンギョハナダイ
Pseudanthias squamipinnis
魚類 スズキ目 ハタ科
2010/5/30
伊豆大島 秋の浜 水深14m
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 
スポンサーサイト

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/08/18(水) 20:02:06|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<ビシャモンエビ | ホーム | ヒメテグリ>>

コメント

フォトショップなら緑も作れますが・・・
  1. 2010/08/19(木) 08:10:30 |
  2. URL |
  3. うみんぼ #tHX44QXM
  4. [ 編集]

なにこれーー!
見たことない!!

突然変異ってこと??

捕獲して解剖はしないで~~(^^;
  1. 2010/08/19(木) 10:49:20 |
  2. URL |
  3. HAL #W7NOvCZ.
  4. [ 編集]

>うみんぼさん

色をいじってはいませんよ~!
ネイチャーフォトです。
  1. 2010/08/19(木) 21:26:17 |
  2. URL |
  3. mak #-
  4. [ 編集]

>HALさん

これまで、かなりの数のキンギョハナダイを見てきたと思うのですが、こういう色はこの1個体だけです。
イソカサゴのアルビノは見たことがあるのですが、この色は、どうしてこうなったのか、想像がつきません。
この後どうなったのか、くわしくは分からないのですが、まだらな色をしていたので、徐々に色がかわっていったかもしれませんね。
  1. 2010/08/19(木) 21:35:13 |
  2. URL |
  3. mak #-
  4. [ 編集]

ええええ?

アラックです。
青い子がそうなんですか???
過ごすぎます、バグース!!
  1. 2010/08/21(土) 21:21:02 |
  2. URL |
  3. アラック #mQop/nM.
  4. [ 編集]

>アラックさん

青い子が、キンギョハナダイ(らしい)です。
こういう個体も、いるのですねえ。
  1. 2010/08/22(日) 16:18:00 |
  2. URL |
  3. mak #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://makabe.blog39.fc2.com/tb.php/1640-69c115af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

mak

Author:mak
写真、ダイビングそして読書を楽しむ、ごく普通のサラリーマンです。
詳しくは作者紹介をご覧ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

あわせて読みたい