真壁海中写真館

Underwater Photography

シマハナビラウオ

2010/4/24の富戸ダイビング (7)

海藻がちぎれて海面を漂っているものを、流れ藻といいます。


僕がよく潜る伊豆海洋公園では、地形の関係か、あまり見かけません。

久しぶりに潜ったお隣のポイント、富戸では、大きなかたまりが漂っていました。


この日2本目のダイビングも終盤だったので、水面近くまで浮上して、この流れ藻に付いている生物を探しました。

最初はハナオコゼを探していたのですが、見つけることができず。

ガイドさんがクラゲを見ていたので、僕も近づいてみると・・・クラゲの中に、小さな魚が隠れていました。

しばらく観察していると、クラゲが動いたのでぴょんと、外に出てしまいました。


お魚は右往左往。

僕も、ゆらゆら揺れる水面でカメラを構えて、右往左往。

その姿をなかなか、カメラにおさめることができなかったのですが、何枚も撮った中でなんとか、形がわかるものがありました。


透明なヒレをひろげた、幻想的な姿。
07★シマハナビラウオ100424_2-04
初めて見る種類だったので、後でみんなで図鑑とにらめっこ。

どうやら、シマハナビラウオの幼魚のようです。

観察されることが少ない種類みたいなので、出会えたのはラッキーですね。

こういう隠し玉を発見できるのが、流れ藻探索の面白さです。





久しぶりだった富戸でのダイビングも、これで終了。

すぐ近くの伊豆海洋公園とはまたちがった、魅力のあるポイントですね。

次はあまり間をあけずに・・・潜りに行きたいと思います。







シマハナビラウオ
Psenes maculatus
スズキ目 エボシダイ科
スジハナビラウオ属
2010/4/24
富戸 ヨコバマ 水深1m
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 
スポンサーサイト
  1. 2010/06/19(土) 18:30:25|
  2. ●富戸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<アオリイカの卵 | ホーム | ベニカエルアンコウ>>

コメント

ゆらゆらしながらの撮影はけっこうきついけど、こういう魚はなかなか見れないし、撮影できてラッキーですね!

胸鰭だけはギザギザなんですねー
今までずっと、まる~いイメージばかりでした。
  1. 2010/06/19(土) 22:00:44 |
  2. URL |
  3. HAL #W7NOvCZ.
  4. [ 編集]

★HALさん

しばらくfc2につなげられない環境にいたので、お返事が遅れました。
この仲間も数種類、いるようです。
この種類は胸鰭がギザギザで、特徴的な姿をしていますね。
これからは流れ藻を見かけたら、掻き分けて見てしまいそうです。
  1. 2010/07/09(金) 18:30:15 |
  2. URL |
  3. mak #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://makabe.blog39.fc2.com/tb.php/1622-20e0c278
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

mak

Author:mak
写真、ダイビングそして読書を楽しむ、ごく普通のサラリーマンです。
詳しくは作者紹介をご覧ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

あわせて読みたい