真壁海中写真館

Underwater Photography

コールマンズシュリンプ

2009年の伊豆海洋公園 (30)

2009年1月24日、真冬の伊豆海洋公園でのお話。

この日の水温は14℃。

ちょっと深い場所に、コールマンズシュリンプがいるということだったので、14Lタンクを背負って、遠出をしました。

お目当てのエリアに到着。

このエビはイイジマフクロウニに住み着きます。

ガイドさんがウニのトゲをかき分けて、エビを探します。

なかなか「当たり」のウニに出会えなかったようで、しばし待機。

意外な場所にウニが移動していたようで、ようやく発見! さっそく撮影です。

絵にかいたような水玉模様!
30-1★コールマンズシュリンプ090124_1-01
特徴的な姿をした、エビですねえ。

2枚目は正面に回って。

飛び出た目も、面白い。
30-2★コールマンズシュリンプ090124_1-02
ちなみに、この宿主のイイジマフクロウニのトゲには、毒があります。

この毒をたよりに、伊豆近辺では、ゼブラガニが住み着く姿が、観察されます。

実はこのウニにも、住み着いていました。

2大スター競演!?
30-3★コールマンズシュリンプ1
この2ショットは、初めてです。


コールマンズシュリンプには、5年前に、同じ伊豆海洋公園で出会ったことがありました。

その時も、真冬の1月の、やや深い場所でした。

しかし本来、このエビは南方系の種類のようです。

この伊豆海洋公園での出会いの1ヶ月後、水温25℃のフィリピン・アニラオの水深8mで、撮影することができました。

本来は、そういう場所にいるのですね。

真冬の伊豆、それも深場でなぜ出会えるのか??不思議に思います。



コールマンズシュリンプ
Periclimenes colemani
節足動物 エビ類
テアンガエビ科 ホンカクレエビ属
伊豆海洋公園
2009/1/24
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/02/03(水) 21:28:42|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<コガネスズメダイ | ホーム | コウライトラギス>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://makabe.blog39.fc2.com/tb.php/1557-324ef351
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

mak

Author:mak
写真、ダイビングそして読書を楽しむ、ごく普通のサラリーマンです。
詳しくは作者紹介をご覧ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

あわせて読みたい