FC2ブログ

真壁海中写真館

Underwater Photography

小さなロウソクがたくさん? サキシマミノウミウシ

2018/11/02-03 伊豆大島ダイビング (11)

浅場の壁面でも、小さな生物探しを楽しんだ、伊豆大島「秋の浜」でのダイビング。

じっくり探していると、こんな生物も見かけました。


小さなロウソクがたくさん灯っているような、サキシマミノウミウシ

11★_S6A4126


大きさは2cm前後といったところでしょうか。

うねりに揺られていたので、触角が伸びた瞬間を狙って、撮影しました。



サキシマミノウミウシ
Flabellina bicolor
軟体動物 裸鰓目
ミノウミウシ亜目
サキシマミノウミウシ科

伊豆大島
秋の浜
2018/11/3
Canon EOS 5D Mark III

FC2 Blog Ranking
 .
スポンサーサイト



テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/04/30(木) 17:23:33|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

燃えるような表情の アカエソ

2018/11/02-03 伊豆大島ダイビング (10)

浅場を移動していると、アカエソが横たわっているのが見えました。

近づいて、顔をクローズアップで撮影です。


燃えるような表情!

10-1★伊豆大島のアカエソ


ストロボ光をあてると、赤い色がより鮮やかに見えます。

恐ろし気に見えますが、近づいたので警戒されたのか、この後すぐ、身を翻して逃げられてしまいました。



アカエソ
Synodus ulae
魚類 ヒメ目
エソ科

伊豆大島
秋の浜
2018/11/3
Canon EOS 5D Mark III

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/04/24(金) 17:28:50|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

キモくないぞカッコいい キモガニ

2018/11/02-03 伊豆大島ダイビング (9)

サンゴやカイメンをのぞくと、かなりの確率で生物を見つけられた、伊豆大島「秋の浜」でのダイビング。

浅場のミドリイシをのぞくと、こんな光景を撮ることができました。


ブルーに光る目がクールな? キモガニです。

09-1★伊豆大島のキモガニ




暗めの色のミドリイシに、ストロボ光が反射して、面白い雰囲気の写真になってくれました。

名前はキモガニですが、「カッコいい!」と感じた光景でした。



キモガニ
Cymo melanodactylus
節足動物 カニ類
オウギガニ科 キモガニ属

伊豆大島
秋の浜
2018/11/3
Canon EOS 5D Mark III

FC2 Blog Ranking
 
  1. 2020/04/20(月) 17:39:50|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

目がチカチカする? ベニゴマリュウグウウミウシ

2018/11/02-03 伊豆大島ダイビング (8)

小さな生物を探して回った、伊豆大島「秋の浜」でのダイビング。

浅場の壁面では、こんな生物がいるのを、教えてもらいました。


目がチカチカする色彩の、小さなウミウシ。

08-1★伊豆大島のベニゴマリュウグウウミウシ


乗っているのは、コケムシの仲間でしょうか。

その青い色がとり込まれたような、触角と鰓。

そして黒地に鮮やかなオレンジの斑点が、印象的でした。

調べた範囲では、ベニゴマリュウグウウミウシではないかと思われます。

この種類だとすると、当ブログ初掲載となります。



ベニゴマリュウグウウミウシ
Nembrotha sp. cf. guttata
軟体動物 裸鰓目
ドーリス亜目 フジタウミウシ科
クロスジリュウグウウミウシ亜科

伊豆大島
秋の浜
2018/11/3
Canon EOS 5D Mark III

FC2 Blog Ranking
 
  1. 2020/04/18(土) 17:24:40|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

磁器に乗っているかのような アカスジウミタケハゼ

2018/11/02-03 伊豆大島ダイビング (7)

小さな生物探しが楽しかった、2018年11月の伊豆大島ダイビング。

こんな光景も、撮影することができました。


なめらかな質感の磁器に乗っているような、アカスジウミタケハゼ

07-1★伊豆大島のアカスジウミタケハゼ

磁器のように見えるのは、カイメンです。

このタイプのカイメンをのぞくと、高確率でハゼを見つけることができました。

伊豆大島では”普通種”なのかもしれませんが、この光景を見逃すのはもったいない(笑)
  
 

アカスジウミタケハゼ
Pleurosicya micheli
魚類 スズキ目 ハゼ科
ハゼ亜科 ウミショウブハゼ属

伊豆大島
秋の浜
2018/11/3
Canon EOS 5D Mark III

FC2 Blog Ranking
 
  1. 2020/04/15(水) 20:03:34|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

顔だけ出してくれた ヤシャハゼ

2018/11/02-03 伊豆大島ダイビング (6)

伊豆大島「秋の浜」で4本潜った、2018年11月のダイビング。

その中では、砂地エリアを散策した時間帯もありました。

そこで観察したのが、ヤシャハゼです。

巣穴から体を出していた姿が確認できたので、撮影しようとそおっと近づくと・・・巣穴に逃げ込んでしまいました。

出てくるのをしばらく待っていたのですが、なかなか出てきてくれず。

「もうあきらめようかな」と思う頃になって・・・


顔だけ出してくれました。

20200414200711d15.jpeg




この写真でも、こちらの様子をうかがっているように、見えますね。

警戒心は強いようですが、オレンジとイエローが鮮やかな、綺麗な個体でした。

ヤシャハゼを撮影したのも、約10年ぶりだったようです。

時の流れのはやさ驚きっぱなしの、今回の伊豆大島ダイビングです。



ヤシャハゼ
Stonogobiops yasha
魚類 スズキ目 
ハゼ科 ハゼ亜科
ネジリンボウ属

伊豆大島
秋の浜
2018/11/3
Canon EOS 5D Mark III

FC2 Blog Ranking


  1. 2020/04/14(火) 20:13:51|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

岩陰の奥に潜む クロメガネスズメダイ

2018/11/02-03 伊豆大島ダイビング (5)

約6週間ぶりだった、伊豆大島でのダイビング。

前回の潜水から、水温は約4度ほど下がっていました。

南方系の種類には厳しくなってきた環境の中で、こんな光景を見かけました。


岩陰の奥に潜む、クロメガネスズメダイです。

05-1★_S6A4038




ダイバーを警戒しているのか、それとも寒かったのか? 岩の間のすき間から、出たり入ったりしていました。

少し手前に出てきた瞬間を狙っての、一枚です。

近似種のメガネスズメダイとは見分けが難しく、そちらの種の可能性もあります。
 
 

クロメガネスズメダイ
Pomacentrus vaiuli
魚類 スズキ目
スズメダイ科 ソラスズメダイ属

伊豆大島
秋の浜
2018/11/2
Canon EOS 5D Mark III

FC2 Blog Ranking
 
  1. 2020/04/13(月) 20:08:22|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ピンクのウミトサカと スケロクウミタケハゼ


2018/11/02-03 伊豆大島ダイビング (4)

生物豊かな、伊豆大島「秋の浜」の海。

ピンク色のウミトサカの枝には、スケロクウミタケハゼが潜んでいました。

04-1★伊豆大島のスケロクウミタケハゼ
 
 
この取り合わせはやはり、絵になりますねえ。

ずいぶん撮ったつもりになっていましたが、じっくり撮影するのは8年ぶりだったようです。

この美しさに、再び気づいてしまいました。

今後しばらくは、ウミトサカを見かけると、このハゼを探してしまいそうです。



スケロクウミタケハゼ
Pleurosicya boldinghi
魚類 スズキ目 ハゼ科
ハゼ亜科 ウミショウブハゼ属

伊豆大島
秋の浜
2018/11/2
Canon EOS 5D Mark III

FC2 Blog Ranking
 
  1. 2020/04/10(金) 19:52:50|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

目はうるうるヒレはゆらゆら キリンミノカサゴ

2018/11/02-03 伊豆大島ダイビング (3)

マクロレンズでの撮影を楽しんだ、2018年11月の伊豆大島ダイビング。

砂地に岩が点在するエリアでは、こんな被写体を撮影することができました。


目はうるうる、ヒレはゆらゆらの、キリンミノです。

03-1★伊豆大島のキリンミノ
 
 
体の小さな、子供の個体。

体色が鮮やかで、元気そうに見えました。

2日間に渡って観察しましたが、いたのは同じ場所でした。

ブルーが綺麗なこのカイメンが、気に入っていたのでしょうか??


2枚目は、ヒレを広げたところを狙って、パシャリ。

03-2★伊豆大島のキリンミノ
 
 
ヒレにカイメンが透けて、淡い色が混ざりあってくれました。

いた場所、そして個体ともども、印象に残った被写体でした。



キリンミノ
Dendrochirus zebra
魚類 カサゴ目
フサカサゴ科

伊豆大島
秋の浜
2018/11/2,11/3
Canon EOS 5D Mark III

FC2 Blog Ranking
 
  1. 2020/04/08(水) 20:34:07|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

小さいけど妖艶な フリソデエビ

2018/11/02-03 伊豆大島ダイビング (2)

マクロレンズで小物撮影を楽しんだ、2018年11月の伊豆大島ダイビング。

なかでも最も多くの、ダイバーたちに囲まれていたのが、こちらの被写体でした。

小さな小さな、フリソデエビ

02-1★_S6A3988
 
 
ちぎれたアカヒトデの脚の上に、乗っていました。

ヒトデを餌にしているこのエビにとっては、「お菓子の家」に住んでいるような感じでしょうか?

小さな体ながら、体の紫色と目の淡い赤がストロボ光に反射して、妖艶な雰囲気でした。

フリソデエビを撮影するのは、約5年ぶり

この独特の造形には、毎回驚かされてしまいます。



フリソデエビ
Hymenocera picta
節足動物 エビ類
フリソデエビ科
フリソデエビ属

伊豆大島
秋の浜
2018/11/2
Canon EOS 5D Mark III

FC2 Blog Ranking
 
  1. 2020/04/07(火) 20:13:01|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小さなハンター クマドリカエルアンコウ

2018/11/02-03 伊豆大島ダイビング (1)

ここからは、2018年11月2-3日に伊豆大島で撮影した写真を、紹介していきます。

初日は、ジェット船出発地の東京竹芝、そして到着地の大島ともども、気持ちの良い秋晴れでした。
ただし空気はひんやりしていて、風がややありました。

そのような天候のなか、今回はすべて「秋の浜」で潜ることができました。

初日の1本目は、ときおりセットで、強めの波がやってくるという岸際の状況。
タイミングを見て、エントリーしました。

水中は濁りが入っていて、場所によっては10m弱の視界、といったところでした。
それでも水温は21度前後あり、ロクハン+インナーで支障なく、潜ることができました。

2日間のダイビングで、いちばん枚数多く撮影したのは、この被写体でした。


色鮮やか、ヒレも綺麗なクマドリカエルアンコウの幼魚です。

202004051800197e0.jpeg


数日前から、この場所で観察できていたとのこと。

大きさは1cmといったところでしょうか、小さな個体でした。

撮影している間も活発に、歩き回っていました。

それでもこの場所から遠くには離れないのか?よく見失わずに観察が続けられているなあと感心してしまいました。

小さな体でも、「生まれついてのハンター」の本能なのでしょうね。

角をのばして、獲物を待つポーズ。

20200405180019b80.jpeg


角の根元に赤い、エスカ(疑似餌)も見えています。

クマドリカエルアンコウを撮影するのは、約6年ぶり

成魚と比べると、この幼魚がよりいっそう、かわいらしく感じますね。

「しっかり食べて、成長してほしいなあ」と感じた、今回の観察&撮影でした。



クマドリカエルアンコウ
Antennarius maculatus
魚類 アンコウ目
カエルアンコウ科

伊豆大島
秋の浜
2018/11/2
Canon EOS 5D Mark III

FC2 Blog Ranking
 
  1. 2020/04/05(日) 18:04:03|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

年季の入った瓶から顔を出す ニジギンポ


2018/09/21-23 伊豆大島ダイビング (17)

4年半ぶりの伊豆大島でのダイビング。

最後の1本も、エクジット間際となりました。

エクジット用の鉄パイプの梯子で、最後にこのシーンを撮影しました。

年季の入った瓶から顔を出す、ニジギンポです。

20200404202558b87.jpeg

この場所にはニジギンポが住み着いているようで、以前も撮影したことがありました。

水面を見上げるような視線が、かわいらしいお魚です。



ニジギンポ
Petroscirtes breviceps
魚類 スズキ目 イソギンポ科

伊豆大島
秋の浜
2018/09/23
Canon EOS 5D Mark III

FC2 Blog Ranking
  1. 2020/04/04(土) 20:28:08|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一瞬の出会い ホタテツノハゼ

2018/09/21-23 伊豆大島ダイビング (16)

広いエリアを回った、伊豆大島「秋の浜」でのダイビング。

砂地で、ダイバーが集まっているのに気づきました。

「なんだろう?」と思って近づくと、砂地から顔を出すハゼを撮っているようです。

みなさんが撮り終えたころを見計らって、撮影開始。


本ブログ初掲載の、ホタテツノハゼです。
16-1★<span style=_S6A0602" border="0" width="640" height="427" />
 
網目模様の、大きな背びれ。

独特の姿をしていますね。

以前から撮影したい思っていたのですが、ようやく、そのチャンスを得ることができました。


さらに近づいて撮影しよう、としたところ・・・

先に観察し終えたダイバーが砂を巻き上げて、巣穴に引っ込んでしまいました。


まさに、一瞬の出会い。

残念ですが、出会えた記念として、写真を掲載しました。


伊豆大島では以前、ホタテツノハゼの仲間を、撮影したことがあります。

それぞれ個性的な姿をしていて、「進化」って面白いですね。
 
 

ホタテツノハゼ
Flabelligobius sp.
魚類 スズキ目
ハゼ科 ホタテツノハゼ属

伊豆大島
秋の浜
2018/09/23
Canon EOS 5D Mark III

FC2 Blog Ranking
 
  1. 2020/04/01(水) 20:22:34|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

mak

Author:mak
写真、ダイビングそして読書を楽しむ、ごく普通のサラリーマンです。
詳しくは作者紹介をご覧ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

あわせて読みたい