FC2ブログ

真壁海中写真館

Underwater Photography

ブルーの水にとけ込むデバスズメダイと フタスジリュウキュウスズメダイ

2018/07/13-15 沖縄・慶良間諸島 阿嘉島ダイビング (9)

阿嘉島「ニシハマ」での、この日2本目のダイビング。

海水浴客の多いニシハマビーチは、真っ白い砂が美しい海岸。
沖のダイビングポイントも、海底は白い砂で覆われています。

その砂地に、サンゴが茂る根が、点在しています。

点在している根の中でも、特に魚の数が多かったのが、この場所でした。


ブルーの水にとけ込むデバスズメダイと、フタスジリュウキュウスズメダイの群れです。

09-1★慶良間諸島ニシハマのデバスズメダイ

デバスズメダイがずいぶん、根から離れて行動していることが、わかるかと思います。

それでも、何か危険を察知すると、これだけの数の魚たちがサンゴに潜り込んできます。

撮影中も、大型の捕食魚がアタックしてきて、大慌てでサンゴに戻る姿を観察することができました。

豊かなサンゴがあってはじめて、この光景が見られるのだなあと実感しました。



デバスズメダイ
Chromis viridis
魚類 スズキ目 スズメダイ科

フタスジリュウキュウスズメダイ
Dascyllus reticulatus
魚類 スズキ目 スズメダイ科

沖縄 慶良間諸島
阿嘉島 ニシハマ
2018/07/13
Canon EOS 5D Mark III

FC2 Blog Ranking
 
スポンサーサイト



  1. 2019/10/30(水) 20:42:02|
  2. ●慶良間諸島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ニシハマの白い砂地と サンゴに集まるデバスズメダイ

2018/07/13-15 沖縄・慶良間諸島 阿嘉島ダイビング (8)

阿嘉島を拠点に行動した、2018年7月の慶良間ダイビング。
7/13の2本目は、阿嘉島「ニシハマ」(北浜、ニシバマと表記される場合あり)に潜りに行きました。

阿嘉島さらには慶良間の中でも、ダイビングポイントそして海水浴場として人気の高い、ニシハマビーチ。
このポイントにあまり時間をかけずに潜りに行けるというのも、阿嘉島ダイビングの利点の一つですね。

海水浴の人たちが集まるビーチを遠くに見て、沖のブイにボートを係留して、エントリーしました。

エントリーしてほどなく、数mという水深で撮影したのが、この光景です。

サンゴに集まる、デバスズメダイ

08-1★慶良間ニシハマのデバスズメダイ


この時は潮の流れが良かったのか、サンゴを離れて捕食している様子でした。


でも何か危険を察知すると・・・

吸い込まれるように、サンゴに戻ります。

08-2★慶良間ニシハマのデバスズメダイ

 
サンゴを転がしてる?!

08-3◆慶良間ニシハマのデバスズメダイ


ブルーの水にとけ込む、白い砂地。

その中で、音楽を奏でているような魚たちの動きに、魅了されました。



デバスズメダイ
Chromis viridis
魚類 スズキ目 スズメダイ科

沖縄 慶良間諸島
阿嘉島 ニシハマ
2018/07/13
Canon EOS 5D Mark III

FC2 Blog Ranking
 
  1. 2019/10/24(木) 20:10:19|
  2. ●慶良間諸島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

根を覆うサンゴと悠々と泳ぐ魚たち

2018/07/13-15 沖縄・慶良間諸島 阿嘉島ダイビング (7)

水面すれすれの海中景観を楽しんだ、奧武島「コーラルウェイ」での撮影。

「あれもこれも」と撮っているうちに、時間と撮影枚数を費やしていました。

楽しかったダイビングも、そろそろ終盤。

最後に、このポイントらしいと感じた、このショットを紹介します。


根を覆うサンゴと、悠々と泳ぐ魚たち。

07-1★慶良間諸島奧武島のサンゴ


台風による波や水温の変化、さらには人による影響などなど、試練にさらされている、サンゴの海。

「このような景観を少しでも長く残していきたい」と感じた、奧武島「コーラルウェイ」でのダイビングでした。



沖縄 慶良間諸島
奥武島 コーラルウェイ
2018/07/13
Canon EOS 5D Mark III

FC2 Blog Ranking
  
  1. 2019/10/19(土) 17:37:53|
  2. ●慶良間諸島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

地球はサンゴが支えている

2018/07/13-15 沖縄・慶良間諸島 阿嘉島ダイビング (6)

浅場のサンゴ礁の、独特の景観に魅せられた、奧武島「コーラルウェイ」でのダイビング。

水面に映る水中景観に続いて、こんな撮影も試してみました。


水の中に、怪獣が顔を入れてきたみたい??

06-1★慶良間諸島奧武島のサンゴ

水面反射も綺麗なのですが、水面から青空を眺めるというのも、浅場のポイントならではの体験です。

青空に白い雲も浮かんで、「地球」のように見えます。

06-2★慶良間諸島奧武島のサンゴ

さらには、水中、水面、青空を組み合わせて、こんなイメージで。


「地球はサンゴが支えている」

06-3★慶良間諸島奧武島のサンゴ

さまざまなシーンを撮影することができる、超・浅場での、ダイビング。

「あれもこれも」と撮りたくなって、テンションが上がってしまいました。



沖縄 慶良間諸島
奥武島 コーラルウェイ
2018/07/13
Canon EOS 5D Mark III

FC2 Blog Ranking
 

  1. 2019/10/11(金) 18:43:21|
  2. ●慶良間諸島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

実像と鏡像が混ざりあう

2018/07/13-15 沖縄・慶良間諸島 阿嘉島ダイビング (5)

浅場のサンゴ礁を巡った、奧武島「コーラルウェイ」でのダイビング。

穏やかな水面に、水中景観が反射する世界に、魅せられました。


撮影しているうちに・・・

どこまでが水中で、どこから水面か、わからなくなっちゃうことも。

05-1★慶良間諸島奧武島の珊瑚
 
波が無いだけでなく、水中と水面の明暗差がこれだけ少ないというのも、珍しいことだと思います。


色とりどりのサンゴが水面に反射して・・・

ゴージャスな空間に。
 
05-2★慶良間諸島奧武島のサンゴ
 

実像と鏡像が混ざりあう光景に、夢中でシャッターを切りました。
 
 

沖縄 慶良間諸島
奥武島 コーラルウェイ
2018/07/13
Canon EOS 5D Mark III

FC2 Blog Ranking
 
  1. 2019/10/06(日) 17:52:53|
  2. ●慶良間諸島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

穏やかで鏡のようになった 「コーラルウェイ」の水面

2018/07/13-15 沖縄・慶良間諸島 阿嘉島ダイビング (4)

サンゴが生い茂る、浅い水深をめぐった、奧武島「コーラルウェイ」でのダイビング。

水深が浅いので、見上げればすぐそこに水面があります。

場所によっては、こんな光景も、見ることができました。


水中景観を映す、穏やかな水面。

04-1★慶良間諸島奧武島の珊瑚


サンゴに覆われた根が点在する、浅場のポイント。

なかには水面から飛び出ている根もあります。

そんな根が防波堤の役割を果たしているようで、このエリアの水面は穏やか。

それなりの水深がある水路も、水面に映っていました。

04-2★慶良間諸島奧武島のサンゴ


いちど気づくと、やみつきになる光景。

「水面シリーズ」、さまざまな場所で撮ったので、この後の記事でも紹介していきます。



沖縄 慶良間諸島
奥武島 コーラルウェイ
2018/07/13
Canon EOS 5D Mark III

FC2 Blog Ranking
 
  1. 2019/10/02(水) 20:09:32|
  2. ●慶良間諸島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

mak

Author:mak
写真、ダイビングそして読書を楽しむ、ごく普通のサラリーマンです。
詳しくは作者紹介をご覧ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

あわせて読みたい