FC2ブログ

真壁海中写真館

Underwater Photography

波の模様を写し取る テーブルサンゴ

2018/07/13-15 沖縄・慶良間諸島 阿嘉島ダイビング (3)

大潮の干潮という時間帯を狙って潜った、奧武島「コーラルウェイ」でのダイビング。

ふだん以上に水深が浅くなっていたので、場所によっては、こんな光景も見ることができました。

水面の波の模様を写し取る、テーブルサンゴ。

03-1★慶良間諸島奧武島のサンゴ


浅く、水面が穏やか、そして陽光が強くて、水も清んでいる。

そして何より、サンゴが大きく元気に、育っている。

さまざまな条件がそろって、初めて目にすることができる。

この日この時この場所で潜れたことに、感謝したくなる光景でした。



沖縄 慶良間諸島
奥武島 コーラルウェイ
2018/07/13
Canon EOS 5D Mark III

FC2 Blog Ranking
 
スポンサーサイト



  1. 2019/09/26(木) 19:29:54|
  2. ●慶良間諸島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水面に届きそうなサンゴたち

2018/07/13-15 沖縄・慶良間諸島 阿嘉島ダイビング (2)

約2年ぶりに潜った、沖縄慶良間諸島でのダイビング。

最初に潜った奧武島「コーラルウェイ」は、浅い水深にサンゴが生い茂るポイント。
そして、潜りに行ったのは、大潮の干潮前後の時間帯。

水深が浅かったので、こんな光景を見ることができました。

水面に届きそうな、サンゴたち。

02-1★慶良間諸島奧武島のサンゴ

このエリアは”ハードコーラル”と呼ばれる、造礁サンゴがみっしり、生い茂っています。

サンゴの種類も豊富で、場所取り争いも大変そう??

02-2★慶良間諸島奧武島のサンゴ



沖縄 慶良間諸島
奥武島 コーラルウェイ
2018/07/13
Canon EOS 5D Mark III

FC2 Blog Ranking
 
  1. 2019/09/22(日) 17:29:29|
  2. ●慶良間諸島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

慶良間ブルーと真っ赤なイソバナ

2018/07/13-15 沖縄・慶良間諸島 阿嘉島ダイビング (1)

ここからは、2018年7月13日-15日に、沖縄県慶良間諸島で撮影した写真を、紹介していきます。

2017年にも計画していたのですが、台風の影響で断念したので、約2年ぶりの慶良間でのダイビングとなりました。
今回も阿嘉島に宿泊し、ダイビングサービス BLUE PLANETに、お世話になりました。

久しぶりの慶良間は、真夏らしい青空に覆われていました。
数日前に台風が通過したばかりで心配していましたが、海況も問題なし。

最初のダイビングは、奧武島「コーラルウェイ」に向かいました。

ダイビングボートから、バックロールでのエントリー。
水中でまず目にしたのは、こんな光景でした。

”ケラマブルー”に映える、真っ赤なイソバナです。

01-1★慶良間のイソバナ
 

わずか数mという水深ですが、魚たちも、サンゴの生い茂る海で気持ちよさそうにしています。

01-2★慶良間諸島奥武島


エントリー早々、”南の海”のゆったりした雰囲気に迎えてもらえました。

さまざまな水中景観を撮影することができた、「コーラルウェイ」でのダイビング。
7回に分けて、紹介していきます。



沖縄 慶良間諸島
奥武島 コーラルウェイ
2018/07/13
Canon EOS 5D Mark III

FC2 Blog Ranking
 
  1. 2019/09/19(木) 19:42:16|
  2. ●慶良間諸島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミノカサゴに対峙する オキノスジエビの群れ

2018/05/26-27 伊豆海洋公園ダイビング (4)

2018年5月下旬の、伊豆海洋公園ダイビング。
最終ダイブは、前日2本目と同じく「2番の根」のちょっと先のエリアで、撮影しました。

出会えたのは、こんな光景です。

ミノカサゴに対峙する、オキノスジエビの群れ。
 
04-1★伊豆海洋公園のオキノスジエビ
 

まだ若そうな、ミノカサゴでした。

群れの中から狙いを定める、ミノカサゴ。

狙われまいと岩陰に身を潜める、オキノスジエビ。

どちらも、生きるのに必死。


伊豆海洋公園の海の豊かさが、長く続いて欲しいなと感じたシーンでした。



ミノカサゴ
Pterois lunulata
魚類 カサゴ目 フサカサゴ科

オキノスジエビ
Plesionika narval
節足動物 エビ類
タラバエビ科 ジンケンエビ属

伊豆海洋公園
2番の根方面
2018/05/27
Canon EOS 5D Mark III

FC2 Blog Ranking
 
  1. 2019/09/16(月) 17:31:15|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

赤い口を突き出して ミギマキ

2018/05/26-27 伊豆海洋公園ダイビング (3)

2018年5月下旬の、伊豆海洋公園ダイビング。
2日目の日曜日は、朝から気持ちの良い天気。

岸際は穏やか、そして、水中は濁ってよく見えない(笑)という、前日に続いてのコンディション。

この日は「2番の根」の周りの広いエリアを、散策しました。

その中で、砂地で見かけたのがこの光景です。

なぜか密集している、ミギマキの群れ。

03-1★伊豆海洋公園のミギマキ


この光景は、前回の伊豆海洋公園ダイビングでも、撮影しました。

なぜこの場所に、集まっているのでしょうね。

一部の個体は、ホンソメワケベラに、クリーニングされていました。
クリーニングステーションなのかもしれませんが、ミギマキだけが集まっているというのは不思議に感じます。

光が弱い海の中で、ミギマキたちの赤い口が、みょうに鮮やかに感じました。



ミギマキ
Goniistius zebra
魚類 スズキ目
タカノハダイ科

伊豆海洋公園
2番の根方面
2018/05/27
Canon EOS 5D Mark III

FC2 Blog Ranking
 
  1. 2019/09/12(木) 20:35:52|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヒゲがうねる オキノスジエビの群れ

2018/05/26-27 伊豆海洋公園ダイビング (2)

春濁りの水に覆われた、2018年5月下旬の伊豆海洋公園ダイビング。

土曜日の2本目は、「2番の根」のちょっと先まで行って、被写体を探しました。

そこで出会えたのが、こんな光景です。


岩のすき間を埋める、オキノスジエビの群れです。

02-1★_S6A1273

光があまり届かない場所なので、遠くからはよくわかりません。

近くまで来てこの光景に気づいたので、驚いちゃいました(笑)

長いヒゲが、うねるように石を取り囲んでいます。

前年も同じエリアで、この光景を見かけました。

これも、伊豆海洋公園の海の、一年のサイクルなのですね。



オキノスジエビ
Plesionika narval
節足動物 エビ類
タラバエビ科 ジンケンエビ属

伊豆海洋公園
2番の根方面
2018/05/26
Canon EOS 5D Mark III

FC2 Blog Ranking
 
  1. 2019/09/07(土) 18:01:40|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

居心地がわるそうな オニカサゴ

2018/05/26-27 伊豆海洋公園ダイビング (1)

ここからは、2018年5月26-27日に、伊豆海洋公園で撮影した写真を紹介します。

雲が多くて気温は23度前後と、過ごしやすい陸上だった5月後半の土曜日。
岸際も波はなく、前を向いたまま進んでチャポンと入れる、穏やかな海。

問題なく、エントリーすることができました。

ところが水に顔をつけて進んで行くと・・・前が見えない。
2018年もしっかり、「春濁り」がやってきたようです。

浮遊物が多く、視界は3-5mといったところ。
深度を下げれば視界が開けるかな?と思ったのですが、ファンダイビングの水深では、どこも変わらない状況。
周囲の状況を確認しながら、潜りました。

そのようなコンディションの中、「2番の根」方面で撮影しました。

最初に紹介するのは、深場での被写体散策から戻って、根の浅い水深で見つけた光景。

最初に目に入ったのは、大きなヒトデ。

そのすぐ近くに、オニカサゴがぴょこんと、着底しました。

でも、ヒトデのふてぶてしい態度??に、居心地が悪そう。

01-1★伊豆海洋公園のオニカサゴ


オニカサゴが、警戒して硬くなっているようで、なんだか微笑ましく見えました。

よく見ると、大きなヒトデの腕の間には、別のヒトデもくっついていました。

大きなほうがオオアカヒトデ、普通のサイズが、アデヤカオオアカヒトデではないかと思います。

ぼんやり緑っぽく見える水の中で、このエリアだけが、紅く艶やかに、見えました。



オニカサゴ
Scorpaenopsis cirrhosa
魚類 カサゴ目 フサカサゴ科

オオアカヒトデ
Leiaster leachi
棘皮動物 ヒトデ類
アカヒトデ目 ホウキボシ科

アデヤカオオアカヒトデ
Leiaster coriaceus
棘皮動物 ヒトデ類
アカヒトデ目 ホウキボシ科

伊豆海洋公園
2番の根方面
2018/05/26
Canon EOS 5D Mark III

FC2 Blog Ranking
 
  1. 2019/09/05(木) 20:04:18|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

mak

Author:mak
写真、ダイビングそして読書を楽しむ、ごく普通のサラリーマンです。
詳しくは作者紹介をご覧ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

あわせて読みたい