FC2ブログ

真壁海中写真館

Underwater Photography

最終コーナーに向かって!

2017/12/2-12/3 伊豆海洋公園ダイビング (5)

「2番の根」方面で撮影した、この日1本目のダイビング。

中層をゆっくり泳ぎ、「オクリダシ」の入口まで戻ってきました。

その入口に左折する手前で撮影したのが、この光景です。

最終コーナーに向かう? 魚たち。

05-1◆伊豆海洋公園のホウライヒメジ


水面から根が顔を出している、このエリア。

その水面すれすれの深度では、立派なサイズのホウライヒメジメジナが、波に揺られ漂っていました。

オクリダシ入口の方向に、水が流れ込むタイミングで撮影した一枚です。



ホウライヒメジ
Parupeneus ciliatus
魚類 スズキ目
ヒメジ科

メジナ
Cirella punctata
魚類 スズキ目 メジナ科

伊豆海洋公園
オクリダシ
2017/12/3
Canon EOS 5D Mark III

FC2 Blog Ranking
 
スポンサーサイト



  1. 2019/05/29(水) 21:12:42|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

青いパワーを吸収する?「2番の根」

2017/12/2-12/3 伊豆海洋公園ダイビング (4)

「2番の根」手前の砂地で撮影した、この日2本目のダイビング。

砂地を後にして、根頭の浅場まで、深度を上げました。

そこで目を奪われたのは、この光景です。


青いパワーを吸収する?「2番の根」の根頭。

04-1◇伊豆海洋公園の2番の根


前の月に撮影した写真を掲載した時にも書きましたが、このあたりは伊豆半島ジオパークの「城ケ崎海岸南サイト」として登録されています。

大室山が噴火した際に流れた溶岩が固まり、海水による浸食を経て、このような地形になったのですね。

岩の亀裂を埋めるように、パープルのウミトサカが点在。

岩とウミトサカが、水面から射し込む光のパワーを、吸収しているように見えました。



伊豆海洋公園
2番の根方面
2017/12/2
Canon EOS 5D Mark III

FC2 Blog Ranking
 
  1. 2019/05/23(木) 20:59:46|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

静かな砂地にたたずむ ミノカサゴ

2017/12/2-12/3 伊豆海洋公園ダイビング (3)

「2番の根」方面で撮影した、この日のダイビング。

2本目のダイビングでは、根の手前の砂地エリアを散策しました。

深場へと続く、広い斜面。

泳ぎ回る魚は少なく、静かな雰囲気でした。

そんな砂地を探索していると、こんな出会いがありました。

静かな砂地にたたずむ、ミノカサゴです。

03-1★伊豆海洋公園のミノカサゴ


何か狙いがあったのでしょうか? ほぼ水底にはりつくような位置で、ほとんど動きませんでした。

静かな砂地の雰囲気に、溶け込んでいるように、見えました。



ミノカサゴ
Pterois lunulata
魚類 カサゴ目
フサカサゴ科

伊豆海洋公園
2番の根方面
2017/12/2
Canon EOS 5D Mark III

FC2 Blog Ranking
 
  1. 2019/05/16(木) 21:33:23|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

根頭をオレンジで彩る キンギョハナダイ

2017/12/2-12/3 伊豆海洋公園ダイビング (2)

穏やかな天気に迎えれらた、2017年師走の伊豆海洋公園ダイビング。

「2番の根」で撮影した後、根頭まで深度を上げました。

浅い場所で、しばし散策。

気付いた時には、まわりがオレンジ色に、染まっていました。

根頭をオレンジで彩る、キンギョハナダイです。

02-1★伊豆海洋公園のキンギョハナダイ
 


この日はもう少し深度のある場所でも、群れていました。

潮の流れや水温によって、集まりやすい場所があるようです。

この時はやや霞みはあったものの、水がブルーに抜けて見えました。

オレンジとブルーの対比に、しばし夢中で、シャッターを切りました。



キンギョハナダイ
Pseudanthias squamipinnis
魚類 スズキ目 ハタ科

伊豆海洋公園
2番の根方面
2017/12/2
Canon EOS 5D Mark III

FC2 Blog Ranking
 
  1. 2019/05/07(火) 21:00:24|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

mak

Author:mak
写真、ダイビングそして読書を楽しむ、ごく普通のサラリーマンです。
詳しくは作者紹介をご覧ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

あわせて読みたい