FC2ブログ

真壁海中写真館

Underwater Photography

背びれをなびかせる ハナミノカサゴ

2017/08/19-08/20 伊豆海洋公園ダイビング (2)

真夏の陽気につつまれた、2017年8月の伊豆海洋公園ダイビング。

2日間かけて、「2番の根」エリアの広い範囲を、撮影して回りました。

表層は25℃前後の温かい水が覆っていましたが、水深20mを超えたあたりから、ひんやりした水に変わりました。
陸上が暑かったので、深場の水の冷たさが、心地よく感じました。


そんなコンディションの中で撮影したのが、ハナミノカサゴです。

ウミトサカが生い茂るエリアにいたので、お花畑のようなイメージで撮ろうと思いました。

しかし潮の流れの関係か、ウミトサカのポリプは閉じていて、幹もだらんとしていました。

ウミトサカとのコンビネーションはあきらめて、ハナミノカサゴ単体で、撮影。

ミノカサゴらしい、こんなショットを狙ってみました。

ヒレを全開にして、ボリュームたっぷりの姿。

02-1◆_S6A0019

騎馬武者が”旗指物”をなびかせているようにも、その武将がかぶる兜のようにも、見えますね。

ボディーのラインもはっきりしていて、写真映えのする個体でした。

伊豆海洋公園ではそれほど多く見かけない、ミノカサゴの仲間。

出没のチャンスを逃さないように、観察と撮影を、続けていきたいと思います。



ハナミノカサゴ
Pterois volitans
魚類 カサゴ目
フサカサゴ科

伊豆海洋公園
2番の根方面
2017/08/19
Canon EOS 5D Mark III

FC2 Blog Ranking
 
スポンサーサイト



  1. 2019/02/24(日) 20:12:15|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おっとりしている アオウミガメ

2017/08/19-08/20 伊豆海洋公園ダイビング (1)

ここからは、2017年8月19日-20日に伊豆海洋公園で撮影した写真を、掲載していきます。

人によっては大型連休の終盤という、8月半ばの週末。

月初から雨の日が続いた、2017年8月の東日本。
この日も天候を心配していましたが、雲は多いものの、夏らしい陽射しが迎えてくれました。

伊豆海洋公園もプール、ダイビングともにぎわって、「夏休み」らしい雰囲気に包まれていました。


岸際は波もなくおだやか。
ロクハンに着替えた後に2回も、水シャワーを浴びてしまいました。

海に身を浸すと、これまた水も温かい。
表層は25℃くらいあったでしょうか、温水プールのように感じました。

水中にエントリーすると、水はやや霞んでいました。
雨が多かったせいでしょうか、視界は15mといったところでした。


2日間とも、「2番の根」方面に向かいました。

その移動中、海底の岩の間でアオウミガメが休んでいることに、気づきました。

伊豆海洋公園のウミガメは近づくと逃げてしまうことが多いので、撮影にトライしたことはあまりありませんでした。

でもこの時はなんとなく、「寄れそうだな」と感じたので、カメラをセットして遠めから撮影開始。

シャッターを切りながら近づくとようやく・・・

逃げ出そうとしました。

01-1★伊豆海洋公園のアオウミガメ

このままぴゅーんと、遠くに逃げ去ってしまう場合が多いシチュエーション。

でもなぜかこの個体は、動きがもっさり。


泳ぎだしても、近い場所をうろうろしていました。

なので、水面に向かって撮れそうな場所で、パシリと。

01-2★伊豆海洋公園のアオウミガメ

大きさからして、まだ若い個体のように見えました。

なでてみたくなるほど、甲羅も光沢がありました。

寝ぼけていたのかのんびりした性格なのか、”ゆるい”ウミガメの動きに、癒されました。



アオウミガメ
Chelonia mydas
爬虫類 カメ目
ウミガメ科

伊豆海洋公園
2番の根方面
2017/08/19
Canon EOS 5D Mark III

FC2 Blog Ranking
 
  1. 2019/02/21(木) 20:12:14|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

青い水に黄金に輝く 海藻の茂み

2017/07/01-07/02 伊豆海洋公園ダイビング (7)

「2番の根」方面で撮影した、2017年7月の伊豆海洋公園ダイビング。

その帰り際、水面近くの浅場で、こんな光景を撮影しました。


青い水に黄金に輝く、海藻の茂みです。

07★伊豆海洋公園の超浅場の海藻

水深の浅い場所に、大きな岩が点在するこのエリア。

そのいくつかの岩に、海藻が生い茂っていました。

水面から射し込む光が反射して、黄金色に輝いて見えました。




伊豆海洋公園
1番の根方面
2017/07/02
Canon EOS 5D Mark III

FC2 Blog Ranking
 
  1. 2019/02/15(金) 20:07:25|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

みるみる砂に埋もれていく カスザメ

2017/07/01-07/02 伊豆海洋公園ダイビング (6)

2017年7月の、伊豆海洋公園ダイビング。

2日目は、朝から晴れ。

海の状況も前日から変わらず、絶好のダイビング日和になりました。

前日に続いて「2番の根」方面に向かいましたが、砂地で撮影することにしました。

そこで見かけたのが、こんな光景です。


砂地で休む、カスザメです。

06-1★伊豆海洋公園のカスザメ

この場所はけっこう、傾斜がありました。

撮影していると、カスザメに向かって、砂がさらさらと落ちていきます。

しばらくすると、カスザメの姿は砂に埋もれていきました。




カスザメ
Squatina japonica
魚類 カスザメ目 カスザメ科

伊豆海洋公園
2番の根方面
2017/07/02
Canon EOS 5D Mark III

FC2 Blog Ranking
 
  1. 2019/02/04(月) 20:37:47|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ダイバーを出迎える? ミナミハタンポの群れ

2017/07/01-07/02 伊豆海洋公園ダイビング (5)

「2番の根」方面で撮影した、この日のダイビング。

終盤は「オクリダシ」で少し休んで、エクジットに向かいました。

撮影機材もコンパクトにまとめて、後は海から上がるばかり。

そう思っていたところ、エクジット寸前でこんな光景に出会いました。

ミナミハタンポの群れです。

05-1★_S6A7343


水に泡が浮かんでいるようにも見えます。

水面近くの明るい場所だったので、ストロボ無しで撮影しました。

伊豆海洋公園は、エクジット寸前まで、楽しめる海です。



ミナミハタンポ
Pempheris schwenkii
魚類 スズキ目
ハタンポ科

伊豆海洋公園
オクリダシ
2017/07/02
Canon EOS 5D Mark III

FC2 Blog Ranking
 
  1. 2019/02/01(金) 20:50:20|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

mak

Author:mak
写真、ダイビングそして読書を楽しむ、ごく普通のサラリーマンです。
詳しくは作者紹介をご覧ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

あわせて読みたい