FC2ブログ

真壁海中写真館

Underwater Photography

わしゃわしゃと行進する? オキノスジエビ

2017/07/01-07/02 伊豆海洋公園ダイビング (4)

オキノスジエビが群れているエリアで撮影した、この日の伊豆海洋公園ダイビング。

先に、オキノスジエビを狙う捕食者のほうに、目がいってしまいました。

「群れの写真も撮っておこう」と、密度の高い場所を探して、カメラを向けました。


わっしゃわっしゃと、行進しているみたい。

04-1★伊豆海洋公園のオキノスジエビ


頭を同じ方向に向けているので、同じ方向に向かって進んでいるように見えます。


これだけいるとやはり、捕食しようとする魚もやってきます。

でもこのアヤメカサゴは逆に、エビに狙われているように、見えました。

04-2★伊豆海洋公園のオキノスジエビ

場所によってはオキノスジエビが重なっているシーンも見られ、「密度が濃いな」と感じました。

群れているエリアも広く、伊豆海洋公園の海の豊かさをあらためて感じました。



オキノスジエビ
Plesionika narval
節足動物 エビ類
タラバエビ科 ジンケンエビ属

アヤメカサゴ
Sebastiscus albofasciatus
魚類 カサゴ目
フサカサゴ科

伊豆海洋公園
2番の根方面
2017/07/01
Canon EOS 5D Mark III

FC2 Blog Ranking
 
スポンサーサイト



  1. 2019/01/20(日) 17:42:32|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フトヤギに挟まった? ウツボ

2017/07/01-07/02 伊豆海洋公園ダイビング (3)

オキノスジエビが群れるエリアで撮影した、この日の伊豆海洋公園ダイビング。

エビがいる水深での撮影を終えて、浅場に向かって移動しました。

その途中で見かけたのが、こんな光景です。


フトヤギに挟まった?ウツボです。

03-1★伊豆海洋公園のウツボ


フトヤギのちょうど真ん中の、V字に切れ込んだ部分に乗っていたので、挟まれているように見えました。

ソフトコーラルに乗るウツボは、ふだん見かける姿以上に、表情豊かに感じます。



ウツボ
Gymnothorax kidako
魚類 ウナギ目 ウツボ科

伊豆海洋公園
2番の根方面
2017/07/01
Canon EOS 5D Mark III

FC2 Blog Ranking
 
  1. 2019/01/14(月) 17:39:51|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オキノスジエビを睨む目

2017/07/01-07/02 伊豆海洋公園ダイビング (2)

オキノスジエビの群れがいるエリアで撮影した、この日の伊豆海洋公園ダイビング

観察していると、エビを狙いに、さまざまなハンターたちが集まっていることに気が付きました。

ハナミノカサゴのように、エビたちの”上空”から狙うものもあり。

そして、まわりに同化して、低い位置からじっと、狙うものもいました。

ギロリと睨む、目。

02-1★_S6A7114


カサゴの一種でしょうか、岩のところどころに赤色がまざる、この場所に溶け込んでいました。

写真上部のあたりにオキノスジエビがかたまって、こちらの様子をうかがっているように見えました。


獲物へのアプローチも、さまざまなパターンがあるのだと、気付かせてもらいました。



カサゴの一種
魚類 カサゴ目

伊豆海洋公園
2番の根方面
2017/07/01
Canon EOS 5D Mark III

FC2 Blog Ranking
 
  1. 2019/01/10(木) 20:25:51|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

狙いを定める ハナミノカサゴ

2017/07/01-07/02 伊豆海洋公園ダイビング (1)

ここからは、2017年7月1日-2日に伊豆海洋公園で撮影した写真を、掲載していきます。

梅雨まっただ中の、東伊豆。

天候を心配していましたが、雲は多いものの、雨は降っていませんでした。

岸際は波はなく穏やか。
問題なくエントリーすることができました。

視界は15mくらいはあったでしょうか、水温も19度前後あり、ロクハンで快適に潜れるコンディションでした。

2日間とも、「2番の根」方面で撮影しました。

「深場から、オキノスジエビの群れが、ダイビングエリアまで上がってきている」という情報を耳にして、見にいってみることにしました。

群れそのものの写真は、後ほど紹介します。

まずは、このエリアで気になったシーンを、撮影しました。


ヒレを大きく広げて、狙いを定める。

01-1★伊豆海洋公園のハナミノカサゴ


オキノスジエビを目当てにこのエリアにやってきた、ハナミノカサゴです。

エビの数が多く、また視界の良い場所にいるので、たくさん捕食することができるのではないかと思われます。

他にも、エビを狙っている”ハンター”を見かけたので、記事を分けて紹介します。



ハナミノカサゴ
Pterois volitans
魚類 カサゴ目
フサカサゴ科

伊豆海洋公園
2番の根方面
2017/07/01
Canon EOS 5D Mark III

FC2 Blog Ranking
 
  1. 2019/01/07(月) 20:35:44|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

mak

Author:mak
写真、ダイビングそして読書を楽しむ、ごく普通のサラリーマンです。
詳しくは作者紹介をご覧ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

あわせて読みたい