真壁海中写真館

Underwater Photography

ブルーとイエローのとりあわせ フィリピンスズメダイの幼魚

2015/06/04-06/06 沖縄・慶良間諸島 阿嘉島 (44)

美しいウミウシを教えてもらっては撮影し・・・を繰り返した、佐久原「ウミウシ天国」でのダイビング。

ふと、岩のすき間を覗いてみると、ところどころでスズメダイの幼魚が潜んでいるのに、気づきました。

「今回はあんまり、スズメダイを撮ってないなあ」ということに気づき、目についたものをパシリと。


ブルーとイエローの、とりあわせ。
慶良間のフィリピンスズメダイ

この配色は何種類かいるようですが、フィリピンスズメダイではないかと思います。

どのくらいの個体数がいたのかはわかりませんが、この色彩に惹かれて、動くこの子を頑張って撮ってみました。


やっぱり、スズメダイの幼魚はかわいらしいなあ。

もっと撮っておけば・・・というのは後の祭り。
それだけ、被写体が充実したダイビングだったということです。


フィリピンスズメダイ
Pomacentrus philippinus
魚類 スズキ目
スズメダイ科 ソラスズメダイ属

沖縄 慶良間諸島
阿嘉島 佐久原 ウミウシ天国
2015/06/06
Canon EOS 5D Mark III

FC2 Blog Ranking
 
スポンサーサイト
  1. 2016/09/29(木) 20:50:27|
  2. ●慶良間諸島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ポッと灯る炎 シンデレラウミウシ

2015/06/04-06/06 沖縄・慶良間諸島 阿嘉島 (43)

息つく間もなくウミウシを撮影し続けた、阿嘉島佐久原「ウミウシ天国」でのダイビング。

さらにこんな、上品な色彩のウミウシも撮影しました。


「ポッと灯る炎」のような、シンデレラウミウシです。
慶良間のシンデレラウミウシ

薄紫のボディーに、炎のように立ち上がる二次鰓と触角。

縁を覆う白いラインが、だんだんと紫色と溶け込んでいるのもポイントです。



シンデレラウミウシ
Hypselodoris apolegma
裸鰓目 ドーリス亜目
イロウミウシ科
アオウミウシ属

沖縄 慶良間諸島
阿嘉島 佐久原 ウミウシ天国
2015/06/06
Canon EOS 5D Mark III

FC2 Blog Ranking
 
  1. 2016/09/28(水) 21:13:35|
  2. ●慶良間諸島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ひらりと オトヒメウミウシ


2015/06/04-06/06 沖縄・慶良間諸島 阿嘉島 (42)

美しいウミウシたちを撮影した、佐久原「ウミウシ天国」でのダイビング。

お次も、派手な姿のウミウシです。


背中の模様が悩ましい、オトヒメウミウシです。
慶良間のオトヒメウミウシ


オトヒメウミウシといえばやはり、こんな姿ですね。

水の流れに、ひらりと。
慶良間のオトヒメウミウシ

チラッと、白に青い斑点の、足が見えました。

5cmくらいはあったでしょうか、健康そうな個体でした。



オトヒメウミウシ
Chromodoris kuniei
裸鰓目 ドーリス亜目
イロウミウシ科
コモンウミウシ属

沖縄 慶良間諸島
阿嘉島 佐久原 ウミウシ天国
2015/06/06
Canon EOS 5D Mark III

FC2 Blog Ranking
 
  1. 2016/09/26(月) 21:09:57|
  2. ●慶良間諸島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

紫と茶色の配色が印象的な アカネコモンウミウシ

2015/06/04-06/06 沖縄・慶良間諸島 阿嘉島 (41)

次から次へとウミウシを撮影した、阿嘉島佐久原「ウミウシ天国」でのダイビング。

お次もこんな、素敵なデザインのウミウシです。


紫と茶色の配色が印象的な、アカネコモンウミウシです。
慶良間のアカネコモンウミウシ


控えめな黄色も、心にくい配色ですね。

背中にも、紫色の輪っかが点々と。
慶良間のアカネコモンウミウシ


どうして、こういうデザインになったのでしょうね。

人知れず、「ファッションショー」をやっているんじゃないか?なんて想像してしまう、ウミウシたちの美しさです。



アカネコモンウミウシ
Chromodoris collingwoodi
裸鰓目 ドーリス亜目
イロウミウシ科
コモンウミウシ属

沖縄 慶良間諸島
阿嘉島 佐久原 ウミウシ天国
2015/06/06
Canon EOS 5D Mark III

FC2 Blog Ranking
 
  1. 2016/09/24(土) 17:29:03|
  2. ●慶良間諸島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

輝く星空 ホシゾラウミウシ

2015/06/04-06/06 沖縄・慶良間諸島 阿嘉島 (40)

ポイント名の通り、ウミウシ撮影大会となった、阿嘉島佐久原「ウミウシ天国」でのダイビング。

淡さと濃さがミックスされた、面白い模様のウミウシを見せてもらいました。


輝く星空のような、ホシゾラウミウシです。
慶良間のホシゾラウミウシ

触角と二次鰓の色も、微妙に違っていますね。

このまま「フィギュア」になりそうな、完成度の高いデザインのウミウシでした。



ホシゾラウミウシ
Hypselodoris infucata
裸鰓目 ドーリス亜目
イロウミウシ科
アオウミウシ属

沖縄 慶良間諸島
阿嘉島 佐久原 ウミウシ天国
2015/06/06
Canon EOS 5D Mark III

FC2 Blog Ranking
 
  1. 2016/09/22(木) 20:16:38|
  2. ●慶良間諸島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

濃い色の組み合わせ イシガキリュウグウウミウシ

2015/06/04-06/06 沖縄・慶良間諸島 阿嘉島 (39)

浅い水深でじっくり、マクロ被写体を探索した、佐久原「ウミウシ天国」でのダイビング。

ポイント名の通り、途中からはガイドさんによる怒涛の?! ウミウシ撮影会となりました。

まず紹介するのは、こちらのウミウシです。


「怪獣」のような風貌の、イシガキリュウグウウミウシです。
慶良間のイシガキリュウグウウミウシ

濃い色の組み合わせの、おしゃれなデザインですね。

魅力的な被写体ですが、次から次への被写体登場に、後ろ髪を引かれながらこの場を離れました。



イシガキリュウグウウミウシ
Roboastra luteolineata
軟体動物 裸鰓目
ドーリス亜目 フジタウミウシ科
クロスジリュウグウウミウシ亜科

沖縄 慶良間諸島
阿嘉島 佐久原 ウミウシ天国
2015/06/06
Canon EOS 5D Mark III

FC2 Blog Ranking
 
  1. 2016/09/20(火) 20:21:23|
  2. ●慶良間諸島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

見ている自分が笑ってしまう ワライボヤ

2015/06/04-06/06 沖縄・慶良間諸島 阿嘉島 (38)

沖縄慶良間諸島・阿嘉島でのダイビング最終日。

その最後のダイビングは、阿嘉島佐久原「ウミウシ天国」で潜ることになりました。

ポイント名の通りウミウシを中心に、マクロの被写体を探して撮影する、ダイビング。
2本目はワイドレンズで撮影していたので、休憩時間中にささっとマクロレンズに交換して、エントリーです。

エントリーしてしばらくは、根の壁面を、思い思いに探索してみました。

そんな僕を、出迎えてくれたのが、こんな生物です。


楽しそうに笑う、顔、かお、カオ!
慶良間のワライボヤ


ダイバーの間ではワライボヤと呼ばれてきた、ホヤの仲間です。

ミドリトウメイボヤという、直球の??和名がつけられたのですね。

慶良間では以前、ウルトラマンホヤの写真を撮影しました。

このワライボヤも、同じヘンゲボヤ科に属す種類です。

ホヤの仲間には、面白い姿をしたものがいるものですね。

見ている自分が、笑ってしまいました。



ミドリトウメイボヤ
(通称:ワライボヤ)
Sigillina signifera
尾索動物亜門 ホヤ綱
マメボヤ目 ヘンゲボヤ科

沖縄 慶良間諸島
阿嘉島 佐久原 ウミウシ天国
2015/06/06
Canon EOS 5D Mark III

FC2 Blog Ranking
 
  1. 2016/09/17(土) 20:49:17|
  2. ●慶良間諸島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

V字谷に射し込む光

2015/06/04-06/06 沖縄・慶良間諸島 阿嘉島 (37)

雄大な地形を巡って回った、奥武島「中瀬西」でのダイビング。

最後も、地形の写真です。


V字谷に射し込む、光。
慶良間「中瀬」の地形


ダイバーの身体と比べると・・・

地形の雄大さがわかります。
慶良間「中瀬」の地形


この谷を抜けて、ボートに戻りました。



沖縄 慶良間諸島
奥武島 中瀬西
2015/06/06
Canon EOS 5D Mark III

FC2 Blog Ranking
 
  1. 2016/09/11(日) 20:10:35|
  2. ●慶良間諸島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

光を目指して 進め

2015/06/04-06/06 沖縄・慶良間諸島 阿嘉島 (36)

壮大な地形を体感した「中瀬西」でのダイビング。

後半は、洞窟や谷をくぐっては出て、というダイビングになりました。

自分がどこをどう通ってきたか、迷ってしまいそうな、複雑な地形です。

そんな時は・・・


光を目指して、進め!
慶良間中瀬の地形


・・・ガイドさんを見失わなず、安全に潜れました。



沖縄 慶良間諸島
奥武島 中瀬西
2015/06/06
Canon EOS 5D Mark III

FC2 Blog Ranking
 
  1. 2016/09/10(土) 20:37:42|
  2. ●慶良間諸島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鳥の頭のようなシルエット 洞窟に射し込む陽光

2015/06/04-06/06 沖縄・慶良間諸島 阿嘉島 (35)

地形を楽しみながら巡った、「中瀬西」でのダイビング。

後半は洞窟を「くぐっては出て」を何度か、繰り返しました。


そんな中で狙ったのが、こんな写真です。


洞窟に射し込む、陽光。
慶良間中瀬の洞窟


「鳥の頭」のような、シルエット??



沖縄 慶良間諸島
奥武島 中瀬西
2015/06/06
Canon EOS 5D Mark III

FC2 Blog Ranking
 
  1. 2016/09/07(水) 20:40:16|
  2. ●慶良間諸島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ぼよ~んと突っ込んできた ケショウフグ

2015/06/04-06/06 沖縄・慶良間諸島 阿嘉島 (34)

勇壮な地形を楽しんだ、「中瀬西」でのダイビング。

V字谷で撮影していると、先を進んでいたご同行ダイバーたちが、僕の方を振り返っているのが見えました。


「どうしたのかな?」と思っていると・・・・

何かが飛んできます!
慶良間のケショウフグ


ぼよ~ん!
慶良間のケショウフグ


通過。
慶良間のケショウフグ

この悩ましい模様は、ケショウフグです。

この谷で休んでいたところ、僕たちダイバーがやってきたので、慌てて逃げてきたようです。

「ふくらませ過ぎた、ラグビーボール」のような、ぽっちゃりした体型で、愛嬌がありました。



ケショウフグ
Arothron mappa
魚類 フグ目
フグ科

沖縄 慶良間諸島
奥武島 中瀬西
2015/06/06
Canon EOS 5D Mark III

FC2 Blog Ranking
 
  1. 2016/09/05(月) 20:41:39|
  2. ●慶良間諸島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

壁面を覆う オレンジ色のサンゴ

2015/06/04-06/06 沖縄・慶良間諸島 阿嘉島 (33)

ワイルドな地形を楽しんだ、奥武島「中瀬西」でのダイビング。

V字の形をした壁面では、こんな光景も見ることが出来ました。


壁面を覆う、オレンジ色のサンゴ。

33-1★_S6A3218

平たく大きいのがウミウチワ、もこもこしているのが、チヂミトサカです。

深いV字谷の地形と相まって、淡いオレンジ色が幻想的に見えました。


チヂミトサカ
Nephthea chabrolii
刺胞動物 花虫綱
チヂミトサカ科

ウミウチワ
Anthogorgia bocki
刺胞動物 花虫綱
ウミウチワ科

沖縄 慶良間諸島
奥武島 中瀬西
2015/06/06
Canon EOS 5D Mark III

FC2 Blog Ranking
 
  1. 2016/09/02(金) 20:32:30|
  2. ●慶良間諸島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

mak

Author:mak
写真、ダイビングそして読書を楽しむ、ごく普通のサラリーマンです。
詳しくは作者紹介をご覧ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

あわせて読みたい