真壁海中写真館

Underwater Photography

大きな岩の間を行き交う キビナゴの群れ

2015/06/04-06/06 沖縄・慶良間諸島 阿嘉島 (32)

壮大な地形を巡った、「中瀬西」でのダイビング。

目の前が開けると、こんな光景が出迎えてくれました。


大きな岩の間を行き交う、キビナゴの群れです。
慶良間諸島中瀬のキビナゴの群れ

泡が横に移動しているような、美しい光景でした。

このダイビングでは、キビナゴの群れに、スマガツオがアタックする姿なども、見られました。



キビナゴ
Spratelloides gracilis
魚類 ニシン目
ニシン科

沖縄 慶良間諸島
奥武島 中瀬西
2015/06/06
Canon EOS 5D Mark III

FC2 Blog Ranking
 
スポンサーサイト
  1. 2016/08/31(水) 21:15:14|
  2. ●慶良間諸島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大地の裂け目に 吸い込まれる

2015/06/04-06/06 沖縄・慶良間諸島 阿嘉島 (31)

この日2本目のダイビングは、奥武島「中瀬西」で潜りました。

雨まじりの空模様で、水面も少しパシャパシャしていました。
でもエントリーしてしまえば問題なし。

出迎えてくれたのは、こんな壮大な光景でした。
慶良間中瀬西の地形


大地の裂け目に、吸い込まれる。
慶良間中瀬西の地形

岩場のワイルドなポイント、「中瀬西」。

この後も、カメラで、そして身体で、この地形を体感しました。



沖縄 慶良間諸島
奥武島 中瀬西
2015/06/06
Canon EOS 5D Mark III

FC2 Blog Ranking
 
  1. 2016/08/29(月) 21:19:17|
  2. ●慶良間諸島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

慶良間ブルーに燃える イソバナ

2015/06/04-06/06 沖縄・慶良間諸島 阿嘉島 (30)

サンゴが豊かな斜面沿いを進んだ、「ナカチンシ隠れ根」でのダイビング。

やっぱり、こんな光景に惹かれました。


慶良間ブルーに燃える、真っ赤なイソバナ
慶良間諸島ナカチンシのイソバナ

この色彩は、目に沁みます・・・。

こんな光景を撮り終えて、ボートに戻りました。

ボートが波に揺られていたので、冒険気分のエクジットとなりました。



イソバナ
Melithaea flabellifera
刺胞動物 花虫綱
イソバナ科

沖縄 慶良間諸島
屋嘉比島 長内瀬隠れ根
2015/06/06
Canon EOS 5D Mark III

FC2 Blog Ranking
 
  1. 2016/08/28(日) 19:55:51|
  2. ●慶良間諸島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パッと咲くウミシダに群れる キホシスズメダイ

2015/06/04-06/06 沖縄・慶良間諸島 阿嘉島 (29)

ワイルドな壁面沿いを進んだ、「長内瀬隠れ根」でのダイビング。

移動中には、こんな光景にも出会えました。


パッと咲くニッポンウミシダに群れる、キホシスズメダイ
慶良間のキホシスズメダイ

ブルーの水には、キホシスズメダイのメタリックカラーが似合いますね。

サンゴの先端、潮が良く当たりそうな場所で、ウミシダが目一杯、腕を広げている姿が印象に残りました。



ニッポンウミシダ
Oxycomantbus japonica
棘皮動物門
ウミシダ目 クシウミシダ科

キホシスズメダイ
Chromis flavomaculata
魚類 スズキ目
スズメダイ科

キンギョハナダイ
Pseudanthias squamipinnis
魚類 スズキ目 ハタ科

沖縄 慶良間諸島
屋嘉比島 長内瀬隠れ根
2015/06/06
Canon EOS 5D Mark III

FC2 Blog Ranking
 
  1. 2016/08/27(土) 20:54:12|
  2. ●慶良間諸島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

慶良間ブルーに舞う魚たち

2015/06/04-06/06 沖縄・慶良間諸島 阿嘉島 (28)

阿嘉島ダイビングの3日目。

この日は朝から雲が厚く、雨が降りそうな天気でした。
しかし前日は強めだった風は止んだので、北東方面へ向かうことになりました。

ポイントは屋嘉比島「長内瀬(なかちんし)隠れ根」。

波で揺れるボートから、エントリーです。

根をひとつ泳いで超えると、こんな光景が出迎えてくれました。


慶良間ブルーに舞う、魚たち。
慶良間ナカチンシの海中景観


複数種が群れていました。

個体数が多いのは、キホシスズメダイキンギョハナダイあたりでしょうか。
慶良間長内瀬の海中景観


慶良間らしい、Wild & Beautiful な光景です。

根の壁沿いを進みながら、思い思いの場所で、撮影をしました。



キンギョハナダイ
Pseudanthias squamipinnis
魚類 スズキ目 ハタ科

キホシスズメダイ
Chromis flavomaculata
魚類 スズキ目
スズメダイ科

沖縄 慶良間諸島
屋嘉比島 長内瀬隠れ根
2015/06/06
Canon EOS 5D Mark III

FC2 Blog Ranking
 
  1. 2016/08/24(水) 20:53:43|
  2. ●慶良間諸島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

エメラルドグリーンに輝く アオバスズメダイ

2015/06/04-06/06 沖縄・慶良間諸島 阿嘉島 (27)

広い砂地を探索した、座間味島「白ノ崎」でのダイビング。

この日3本目の潜水ということもあり、水深は最大でも10mちょっと。

その分、80分近くのロングダイブとなりました。

その最後に撮影したのが、この被写体です。

エメラルドグリーンに輝く、アオバスズメダイです。
慶良間のアオバスズメダイ

慶良間では普通種かもしれませんが、輝く色彩にはやっぱり、惹かれます。



アオバスズメダイ
Chromis atripectoralis
魚類 スズキ目
スズメダイ科
スズメダイ属

沖縄 慶良間諸島
座間味島 白ノ崎
2015/06/05
Canon EOS 5D Mark III

FC2 Blog Ranking
 
  1. 2016/08/21(日) 20:45:41|
  2. ●慶良間諸島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

産卵中の オオエラキヌハダウミウシ

2015/06/04-06/06 沖縄・慶良間諸島 阿嘉島 (26)

小さな生物を探して回った、「白ノ崎」でのダイビング。

このポイントでは大きなナマコが、ごろん、ごろんと、砂地に転がっていました。

そんな大ナマコを観察していたガイドさんが見せてくれたのが、このシーンです。


オレンジ色の小さな斑点。
慶良間のオオエラキヌハダウミウシ


オオエラキヌハダウミウシです。


この個体、産卵中だったようです。


身体の左側に、ほどけた糸のような、卵が見えます。
慶良間のオオエラキヌハダウミウシ2


斑点もオレンジなら、卵もオレンジなのですね。



オオエラキヌハダウミウシ
Gymnodoris ceylonica
軟体動物 裸鰓目
ドーリス亜目
キヌハダウミウシ科

沖縄 慶良間諸島
座間味島 白ノ崎
2015/06/05
Canon EOS 5D Mark III

FC2 Blog Ranking
 
  1. 2016/08/20(土) 20:27:51|
  2. ●慶良間諸島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もじゃもじゃ髭の サツマカサゴの若魚

2015/06/04-06/06 沖縄・慶良間諸島 阿嘉島 (25)

広い砂地を巡った、座間味島「白ノ崎」でのダイビング。

終盤は、ボート近くの根を、散策しました。

サンゴに覆われた根に付いていたのが、このお魚です。


サツマカサゴです。
慶良間のサツマカサゴ1

まわりのサンゴの色と同化していて、あまり目立ちません。

2枚目は少し、顔に寄った写真を。


髭がもじゃもじゃ。
慶良間のサツマカサゴ2


まだ若魚だと思いますが、目ヂカラは十分!?



サツマカサゴ
Scorpaenopsis neglecta
魚類 カサゴ目
フサカサゴ科

沖縄 慶良間諸島
座間味島 白ノ崎
2015/06/05
Canon EOS 5D Mark III

FC2 Blog Ranking
 
  1. 2016/08/19(金) 23:08:37|
  2. ●慶良間諸島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

枝になりきる ヤマンバミノウミウシ

2015/06/04-06/06 沖縄・慶良間諸島 阿嘉島 (24)

砂地に点在する岩やサンゴを探索した、「白ノ崎」でのダイビング。

ガヤの茂みをかき分けていたガイドさんが、こんな生物を見せてくれました。


枝になりきる、ヤマンバミノウミウシです。
慶良間のヤマンバミノウミウシ

ウミウシっぽくない雰囲気ですね。

背側突起が真っ白なので、かろうじて見分けることが出来ました。



ヤマンバミノウミウシ
Eubranchus sp.
軟体動物 裸鰓目
ミノウミウシ亜目
ホリミノウミウシ科

沖縄 慶良間諸島
座間味島 白ノ崎
2015/06/05
Canon EOS 5D Mark III

FC2 Blog Ranking
 
  1. 2016/08/18(木) 22:16:53|
  2. ●慶良間諸島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

グリーンの目がキラリ タテヤマベラの幼魚

2015/06/04-06/06 沖縄・慶良間諸島 阿嘉島 (23)

広い砂地で、小さな生物を探しながら回った、座間味島「白ノ崎」でのダイビング。

この被写体も、最初に教えてもらった時に、「どこにいるの?」と首をかしげてしまいました。


小さなグリーンの目がキラリ!と輝いて、ようやく認識。
慶良間のタテヤマベラ

タテヤマベラの幼魚です。

色だけでなく質感も、まわりの砂地に似ていますね。

ある意味、この環境の大切さを実感した光景でした。



タテヤマベラ
Cymolutes torquatus
魚類 スズキ目
ベラ科

沖縄 慶良間諸島
座間味島 白ノ崎
2015/06/05
Canon EOS 5D Mark III

FC2 Blog Ranking
 
  1. 2016/08/16(火) 20:18:05|
  2. ●慶良間諸島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カニが写っているようには見えない コノハガニの写真

2015/06/04-06/06 沖縄・慶良間諸島 阿嘉島 (22)

少しずつ移動しながら、小さな生物を探した、「白ノ崎」でのダイビング。

ガイドさんが「ここにいるよ」と指して教えてくれるのですが、
中には、「何がいるの?」と首をかしげてしまうこともしばしば、ありました。

これも、そんな一枚。
慶良間のコノハガニ

カニが写っているようには、見えませんね。

中央やや右下の、薄茶色の部分が、コノハガニです。

色も砂地に同化しているので、ますますわかり辛いですね。


過去にも撮影に苦労した経験がありますが、その中でもまだわかり易い写真は、こちら




コノハガニ
Huenia heraldica
節足動物 カニ類
クモガニ科 コノハガニ属

沖縄 慶良間諸島
座間味島 白ノ崎
2015/06/05
Canon EOS 5D Mark III

FC2 Blog Ranking
 
  1. 2016/08/15(月) 19:52:47|
  2. ●慶良間諸島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

黒い紐のような タツノイトコ

2015/06/04-06/06 沖縄・慶良間諸島 阿嘉島 (21)

白い砂地が広がる、座間味島「白ノ崎」。

砂地に点在する海藻やサンゴを次々巡って、「何かいるかな?」と小さな生物を探すというダイビングでした。

そうやって見つけたのが、この生物です。


黒い紐??
慶良間のタツノイトコ

これはお魚、タツノイトコです。

よく見ると、黒い体の先に、白く透明な口が、その付け根には丸い目が見えています。

名前の通り、タツノオトシゴに近い、ヨウジウオ科のお魚です。

伊豆でも撮影したことがありますが、生息環境によって色や形にずいぶん、バリエーションがあるようです。



タツノイトコ
Acentronura(Acentronura) gracilissima
魚類 トゲウオ目
ヨウジウオ科 ヨウジウオ亜科

沖縄 慶良間諸島
座間味島 白ノ崎
2015/06/05
Canon EOS 5D Mark III

FC2 Blog Ranking
 
  1. 2016/08/14(日) 20:20:36|
  2. ●慶良間諸島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

こそっと逃げようとする ナガレモエビ

2015/06/04-06/06 沖縄・慶良間諸島 阿嘉島 (20)

白い砂地を散策した、「白ノ崎」でのダイビング。

砂地から生える海藻には、こんな小さな生物も付いていました。


海藻の、切れはし??
慶良間のナガレモエビ

いえいえ、ナガレモエビという小さなエビです。

左側が尻尾、右側頭の白い粒が、目です。

これまた1cmたらずの、小さな生き物。

最初は同じ色の、画面左下の海藻に付いていました。

カメラを向けられて驚いて、砂地に降りてしまったようです。

目立つ場所に降り立ってしまって不安だったのか・・・


こそっと、逃げようとします。
慶良間のナガレモエビ

エビですが、前に歩くのですね。

驚かせたのはかわいそうだったのですが、
コミカルな動きに、頬が緩んでしまいました。



ナガレモエビ
Hippolyte sp.
節足動物 エビ類
モエビ科 ナガレモエビ属

沖縄 慶良間諸島
座間味島 白ノ崎
2015/06/05
Canon EOS 5D Mark III

FC2 Blog Ranking
 
  1. 2016/08/13(土) 19:56:30|
  2. ●慶良間諸島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

くるくるっとした卵と ウサギモウミウシ

2015/06/04-06/06 沖縄・慶良間諸島 阿嘉島 (19)

広い砂地を散策した、座間味島「白ノ崎」でのダイビング。

砂地から生える海藻をチェックしていたガイドさんが、こんな生物を見せてくれました。


黒い触角と白い背側突起の、ウサギモウミウシです。
慶良間のウサギモウミウシ

名前の通りの、カラーリングですね。

大きさは4-5mmといったところでしょうか。
最初はどこにいるか、わかりませんでしたよ。

ウミウシの左上に見えている2つの、白い渦巻。

おそらく、このウミウシの卵だと思われます。

この小さな体で、立派に次代へと、命をつないでいるのですね。



ウサギモウミウシ
Costasiella usagi
軟体動物 襄舌目
ハダカモウミウシ上科
オオアリモウミウシ科

沖縄 慶良間諸島
座間味島 白ノ崎
2015/06/05
Canon EOS 5D Mark III

FC2 Blog Ranking
 
  1. 2016/08/12(金) 19:58:40|
  2. ●慶良間諸島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

白いハートの イソギンチャクエビ

2015/06/04-06/06 沖縄・慶良間諸島 阿嘉島 (18)

この日3本目のダイビングは、座間味島「白ノ崎」で潜りました。

白い砂地に、ぽつんぽつんと、岩があったりサンゴや海藻が生えているポイントです。

一見、何もいそうにない環境ですが、ところがどっこい。

身を潜める、小さな生き物を探しては撮影する、宝探し?ダイビングとなりました。

まずは、こちらの写真から紹介です。


白いハートがたくさん?
慶良間のイソギンチャクエビ

イソギンチャクに潜む、イソギンチャクエビです。

ガラスにシールを貼ったかのような、質感ですね。

でっぷりした、雌の個体でした。
近くには、3分の1くらいの太さの、オスの個体もいました。


イソギンチャクエビ
Prriclimenes brevicarpalis
節足動物 エビ類
テナガエビ科 ホンカクレエビ属

沖縄 慶良間諸島
座間味島 白ノ崎
2015/06/05
Canon EOS 5D Mark III

FC2 Blog Ranking
 
  1. 2016/08/10(水) 20:23:05|
  2. ●慶良間諸島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

どっしりかまえた イソバナ

2015/06/04-06/06 沖縄・慶良間諸島 阿嘉島 (17)

安室島「安室東」での、この日2本目のダイビング。

最後に紹介するのも、イソバナの写真です。

どっしりしていて、頼もしい。
慶良間諸島のイソバナ

自然環境ならではの、力強さ美しさ。

このポイントを巡ったことで、パワーを与えてもらえたように感じました。


イソバナ
Melithaea flabellifera
刺胞動物 花虫綱
イソバナ科

沖縄 慶良間諸島
安室島 安室東
2015/06/05
Canon EOS 5D Mark III

FC2 Blog Ranking
 
  1. 2016/08/08(月) 21:02:09|
  2. ●慶良間諸島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

多種多様なサンゴ群

2015/06/04-06/06 沖縄・慶良間諸島 阿嘉島 (16)
16-1★_S6A2933

安室島「安室東」の根は、多種多様なサンゴで、覆われています。

自然環境なので、当人?たちは厳しい競争をしているのかもしれませんが、
お互いうまく、住み分けているように見えます。


沖縄 慶良間諸島
安室島 安室東
2015/06/05
Canon EOS 5D Mark III

FC2 Blog Ranking
 
  1. 2016/08/02(火) 20:27:12|
  2. ●慶良間諸島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

mak

Author:mak
写真、ダイビングそして読書を楽しむ、ごく普通のサラリーマンです。
詳しくは作者紹介をご覧ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

あわせて読みたい