真壁海中写真館

Underwater Photography

洞窟の壁面にはりつく ソウシカエルアンコウ

2015/04/18-04/19 伊豆海洋公園ダイビング (5)
 
この日の2本目は、「2番の根」方面に向かいました。

僕たちにしては珍しく、出物情報を頼りに捜索です。

洞窟に頭を突っ込んで探していたガイドさんが、見事に、この光景を見せてくれました。

洞窟の壁面にはりつく、ソウシカエルアンコウです。
伊豆海洋公園のソウシカエルアンコウ

洞窟がそれほど深くなかったので、外側の光景とあわせて、撮ることができました。

このソウシカエルアンコウは、小型犬くらいの大きさがあったでしょうか。

伊豆で見かけるカエルアンコウの仲間は、手のひらサイズ以下のものが多いので、巨大に見えました。

記憶が正しければ、約5年ぶりの、出会いでした。



ソウシカエルアンコウ
Antennarius scriptissimus
魚類 アンコウ目
カエルアンコウ科

伊豆海洋公園
2番の根
2015/04/19
Canon EOS 5D Mark III

FC2 Blog Ranking
 
スポンサーサイト
  1. 2016/05/26(木) 20:13:50|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ダイバーに向かってくる キツネダイ

2015/04/18-04/19 伊豆海洋公園ダイビング (4)
 
2015年4月中旬の伊豆海洋公園ダイビング、2日目の写真です。

前日よりは雲が多めの、海洋公園。
でも、海況は変わらず良好。

1本目は少し長めに泳いで、「ブリマチ方面」に向かいました。

ソフトコーラルが美しいエリアで、あれこれと撮影しました。

その中から紹介するのは、こんな光景です。

大きなウミトサカのまわりで泳ぐ、キツネダイです。
伊豆海洋公園のキツネダイ

朱色の斑点が、目立ちますねえ。

泳いでいる姿を撮影しようと近づいたら・・・

こっちに向かってきました。
伊豆海洋公園のキツネダイ

威嚇されたのかな?? 予想外の動きに、ちょっとびっくりしました。

数か月前にもキツネダイを撮影しましたが、なかなか写真映えする被写体ですね。


キツネダイ
Bodianus oxycephalus
魚類 スズキ目
ベラ科

伊豆海洋公園
ブリマチ方面
2015/04/19
Canon EOS 5D Mark III

FC2 Blog Ranking
 
  1. 2016/05/25(水) 21:02:49|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一丸となって

2015/04/18-04/19 伊豆海洋公園ダイビング (3)
 
この日2本目のダイビングは、深場にいささか長い時間いたので、「オクリダシ」の浅場で長めの窒素抜きをしました。

被写体を物色していると、こんな光景を目にすることができました。

身を寄せる、小さな魚たちの群れ。
伊豆海洋公園のオクリダシ

群れとしてはそれほど、数が多くないように見えました。

そのぶん、統率がとれているのか?僕が近付くと・・・

まとまって逃げます。
伊豆海洋公園のオクリダシ


いっせいに動き出す姿は、芸術的。
伊豆海洋公園のオクリダシ

本人?たちは怖かったのだと思いますが、この動きに魅せられて、夢中になって撮影してしまいました。

エクジット直前まで、楽しませてもらいました。



伊豆海洋公園
オクリダシ
2015/04/18
Canon EOS 5D Mark III

FC2 Blog Ranking
 
  1. 2016/05/24(火) 20:14:44|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

様子を窺う

2015/04/18-04/19 伊豆海洋公園ダイビング (2)
 
この日は2本目も、「2番の根」方面で潜りました。

深場から立ち上がる斜面で、目についた被写体をあれこれと撮影しました。

その中で、足を止めてじっくりと撮影したのが、この光景です。

サンゴの陰で様子を窺う、魚たち。
伊豆海洋公園のサンゴに集う魚たち

キンギョハナダイスズメダイとともに、カサゴが一緒になって浮遊していました。

カサゴは着底して獲物を待っているというイメージがあったので、ちょっと珍しいなと、感じました。

身体が大きい順に並ぶ魚たち。

生存競争はシビアなのだとは思いますが、ほほえましさも感じる光景でした。



カサゴ
Sebastiscus marmoratus
魚類 カサゴ目
フサカサゴ科

スズメダイ
Chromis notata
魚類 スズキ目
スズメダイ科

キンギョハナダイ
Pseudanthias squamipinnis
魚類 スズキ目
ハタ科

伊豆海洋公園
2番の根
2015/04/18
Canon EOS 5D Mark III

FC2 Blog Ranking
  1. 2016/05/19(木) 21:35:55|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アカヒトデとウミトサカ

2015/04/18-04/19 伊豆海洋公園ダイビング (1)
 
ここからは、2015/4/18-4/19に伊豆海洋公園で撮影した写真を、紹介していきます。

天候が不順で、雨の週末が続いた、2015年4月。
この日も天候と海況が心配でしたが、見事に晴れてくれました。

風は強いものの、西風だったようで、海は問題なし。
大潮ということで、エントリー口はかなり潮が引いていました。
波がなくて良かったです。足もとに注意してエントリーしました。

水温は14度前後と、まだひんやり。
春濁りは緩和されたようですが、視界は10-15mといったところ。
クリアではありませんが、潜水に支障のないコンディションでした。

この日は「2番の根」方面で、撮影しました。

まず紹介するのは、この一枚です。

岩にはり付くアカヒトデと、ウミトサカ。
伊豆海洋公園のアカヒトデ

”オブジェ”として設置されているのではなかと思うほど、この場所にマッチしていました。

ソフトコーラルの多いこのエリアで、この後も撮影を楽しみました。


アカヒトデ
Certonardoa semiregularis
棘皮動物 ヒトデ綱
アカヒトデ目
ホウキボシ科

伊豆海洋公園
2番の根
2015/04/18
Canon EOS 5D Mark III

FC2 Blog Ranking
  1. 2016/05/16(月) 20:20:03|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

顎を石に乗せて休憩中の? アカササノハベラ

2015/03/21 伊豆海洋公園ダイビング (2)
 
この日もダイビングの終盤は、「オクリダシ」を散策しました。

「何かいないかな」と、壁面を覗いて探索です。

そうこうしていると、岩の隙間でこんな光景を目にしました。

顎を石に乗せて休憩中の? アカササノハベラです。
伊豆海洋公園のアカササノハベラ

何をしていたのでしょう?

かなり近づいて撮影したのですが、この場所を動こうとはしませんでした。

それでも、邪魔な僕を排除したかったのか、口だけをパクパクとさせて威嚇していました。


アカササノハベラ
Pseudolabrus eoethinus
魚類 スズキ目 ベラ科

伊豆海洋公園
2番の根
2015/03/21
Canon EOS 5D Mark III

FC2 Blog Ranking
 
  1. 2016/05/08(日) 19:56:51|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ウミトサカの陰に隠れる カサゴの幼魚

2015/03/21 伊豆海洋公園ダイビング (2)
 
2本のダイビングとも、「2番の根」のソフトコーラルエリアで撮影した、この日のダイビング。

少し時間をかけて、こんな被写体を狙ってみました。


ウミトサカの陰に隠れる、カサゴの子供です。
伊豆海洋公園のカサゴの子供

赤みの強いウミトサカに囲まれていたので、カサゴ自身もほんわりした色あいに見えました。

かなり近づいて撮影したのですが、逃げることなくこの場所でじっとしていました。

足?ヒレ?がすくんじゃったのかな??

本人は怖かったかもしれませんが、そんな表情も含めてかわいらしかった、カサゴの幼魚でした。


カサゴ
Sebastiscus marmoratus
魚類 カサゴ目
フサカサゴ科

伊豆海洋公園
2番の根
2015/03/21
Canon EOS 5D Mark III

FC2 Blog Ranking
 
  1. 2016/05/06(金) 20:24:51|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

にっこり笑う キサンゴ

2015/03/21 伊豆海洋公園ダイビング (1)
 
ここからは、2015年3月21日に伊豆海洋公園で撮影した写真を、紹介していきます。

3月も後半の週末。
晴れ予報も、朝は雨まじりで、肌寒く感じました。

岸際も少々パシャついていたので、注意しながらのエントリーです。

水温は13-14度とひんやり。
春らしく浮遊物が多い水で、視界は10m前後、といったところでした。

久しぶりに、マクロレンズを装着してのダイビングでした。

「2番の根」のソフトコーラルエリアで、被写体を探しながらの撮影です。

まずご紹介するのが、こちらの一枚です。


にっこり笑う、キサンゴです。
伊豆海洋公園のキサンゴ

この仲間のクローズアップ写真はこれまでも、何度か紹介しています

人間の顔のように、見えてしまうのですよねえ。

にっこり明るく笑っているように見える瞬間を狙って、シャッターを切りました。


キサンゴの1種
刺胞動物 花虫綱
キサンゴ科

伊豆海洋公園
2番の根
2015/03/21
Canon EOS 5D Mark III

FC2 Blog Ranking
 
  1. 2016/05/03(火) 20:09:14|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

mak

Author:mak
写真、ダイビングそして読書を楽しむ、ごく普通のサラリーマンです。
詳しくは作者紹介をご覧ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

あわせて読みたい