真壁海中写真館

Underwater Photography

フタホシキツネベラ

2013/06/29-06/30 八丈島 (4)

岩陰に身を寄せていた、フタホシキツネベラの幼魚です。
04-1★_MG_5221

体の端と端に、黒い点がひとつずつ。

少し濃いめのイエローが、印象的でした。


フタホシキツネベラ
Bodianus bimaculatus
魚類 スズキ目
ベラ科
八丈島
ナズマド 水深20m
2012/06/29
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 
スポンサーサイト

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/07/31(水) 21:47:11|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キンギョハナダイ

2013/06/29-06/30 八丈島 (3)

この潜水をしていた時間帯のナズマドは、潮の流れがありました。

なので僕たちダイバーも、あまり身動きが取れなかったのですが、魚たちにとっても、楽ではない環境だったようでした。

キンギョハナダイも、岩陰に隠れて、潮の流れをやり過ごしています。
03-1★_MG_5200

魚たちが動けないぶん、撮影する僕としてはこれはこれで貴重な条件だったりします。


キンギョハナダイ
Pseudanthias squamipinnis
魚類 スズキ目
ハタ科
八丈島
ナズマド 水深22m
2012/06/29
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/07/30(火) 21:43:30|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ナメモンガラ

2013/06/29-06/30 八丈島 (2)

その海域では普通に見かけても、普段潜っている海では見かけることがない魚というのが、けっこういます。

八丈島では、ナメモンガラがその一種ですね。

「八丈ブルー」に、明るいイエローの尾びれが、鮮やかです。
02-1★_MG_5193

なわばりを持っているようで、僕がこの場所に陣取っていると何度も、まわりを行き来していました。

2枚目は別の個体の写真です。

さらに派手な、紅色の尾ビレです。
02-2★_MG_5202

1枚目の個体と比べると、体色の明るいイエローをしていますね。

どうやら、オスメスで色彩が違うようです。
(1枚目がメス、2枚目がオス)

色といい姿かたちといい、普段見慣れない僕には、魅力的に写る被写体です。

この後のダイビングでも撮影したので、記事を分けて紹介していきます。



ナメモンガラ
Xanthichthys mento
魚類 フグ目
モンガラカワハギ科
八丈島
ナズマド 水深19m,23m
2012/06/29
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/07/29(月) 22:33:32|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハナミノカサゴ

2013/06/29-06/30 八丈島 (1)

ここからは、2013/06/29-30に潜った、八丈島の写真を紹介していきます。

約一年ぶりの、八丈島。

まだ梅雨明けしていなかったので天候が心配だったのですが、雨はなく、ポイントもナズマドで潜れるとのこと。

ただし流れがある時間帯だったので、注意しながらのダイビングとなりました。

エントリーして右側へ、進みます。

そこで撮影したのが、V字谷に漂う、ハナミノカサゴ2匹です。

01-1★_MG_5173

八丈島の、ブルーの水がよく似合いますね。

2枚目は、1匹に近寄ってのショット。

縞々が、鮮やか!
01-2★_MG_5175

八丈島では、ミノカサゴの仲間でも特に、この種類が多く観察されるようですね。

絵になるお魚です。


ハナミノカサゴ
Pterois volitans
魚類 カサゴ目
フサカサゴ科
八丈島
ナズマド 水深14m
2012/06/29
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/07/28(日) 21:04:15|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アヤアナハゼ

2012/07/16 伊豆海洋公園ダイビング (8)

この日2本目のダイビングの終盤、オクリダシの浅場で、アヤアナハゼがいるのを、ガイドさんに教えてもらいました。

いる場所の海藻と同じ色なのですが・・・

模様は派手。
08-1★アヤアナハゼ120716_2-02


目立ちたくないのか目立ちたいのか・・・不思議な体色の、お魚です。


アヤアナハゼ
Pseudoblennius marmoratus
魚類 カサゴ目 カジカ科
伊豆海洋公園
オクリダシ 水深4m
2012/07/16
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/07/26(金) 21:36:03|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ウミシダヤドリエビ

2012/07/16 伊豆海洋公園ダイビング (7)

この日2本目のダイビングも、ブリマチ方面のソフトコーラルエリアで撮影しました。

時間をかけて撮影したのは、ウミシダヤドリエビです。

黄金のウミシダの間に、エビの眼がちらり。
07-1★ウミシダヤドリエビ120716_2-07

ウミシダをどのように入れるか、ストロボをどう、エビに当てるかをあれこれ考えながら、撮影しました。

2枚目は、ほわっとした雰囲気で。

エビがウミシダにとけ込んで、透明なように見えます。
07-2★ウミシダヤドリエビ120716_2-29

3年以上撮影していませんでしたが、面白い被写体だなあと、再認識しました。
またウミシダをかき分けて、探してみよう!


ウミシダヤドリエビ
Periclimenes commensalis
節足動物 エビ類
テナガエビ科 ホンカクレエビ属
伊豆海洋公園
ブリマチ方面 水深33m
2012/07/16
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/07/25(木) 20:51:46|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

キタマクラ

2012/07/16 伊豆海洋公園ダイビング (6)

卵をもつ魚を複数見かけた、この日の伊豆海洋公園。

オクリダシでは、抱卵中のキタマクラを見かけました。

お腹が重そう。
06-1★キタマクラ120716_1-02

産卵間近なのでしょうか、こころなしか、動きもゆっくりに見えました。

キタマクラの産卵シーンはまだ見たことが無いので、チャンスがあれば撮影したいですね。


キタマクラ
Canthigaster rivulata
魚類 フグ目 フグ科
伊豆海洋公園
オクリダシ 水深4m
2012/07/16
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/07/18(木) 21:58:58|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

クツワハゼ

2012/07/16 伊豆海洋公園ダイビング (5)

オクリダシの壁面のくぼみ。

抱卵中のイレズミハゼの攻撃を受けていたのが、ご近所さん??のクツワハゼでした。

このハゼもこの場所に住み着いているのだと思いますが、ナーバスになっているお隣さんの、気に障ってしまったようです。

「やれやれ」という表情??
05-1★クツワハゼ120716_1-03

これも、海の中でのドラマの一章ですね。


クツワハゼ
Istigobius campbelli
魚類 スズキ目
ハゼ科 ハゼ亜科
クツワハゼ属
伊豆海洋公園
オクリダシ 水深4m
2012/07/16
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/07/17(水) 22:29:46|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イレズミハゼ

2012/07/16 伊豆海洋公園ダイビング (4)

オクリダシの浅場での、安全停止。

壁面際を散策すると、くぼみの奥にイレズミハゼがいるのに気付きました。

そのお腹を見ると・・・ふっくら。
04-1★イレズミハゼ120716_1-01

抱卵中のようです。

警戒心が強いようで、この場所のまわりを激しく泳いでは、またこの場所に戻るという行動を、繰り返していました。

そう思ってみると、目も心なしか険しいように感じますね。

頑張れお母さん!


イレズミハゼ
Priolepis semidoliata
魚類 スズキ目
ハゼ科 イレズミハゼ属
伊豆海洋公園
オクリダシ 水深4m
2012/07/16
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/07/16(火) 22:02:15|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カワリギンチャク

2012/07/16 伊豆海洋公園ダイビング (3)

撮り甲斐のある被写体、カワリギンチャク
その③は、2個体を画面に入れての写真をご紹介です。


2人で何かを、観戦中??
03-1★カワリギンチャク120716_1-20

何かサプライズがあったのか??・・・

「あらまあ!」
03-2★カワリギンチャク120716_1-26

伊豆海洋公園では、場所と季節を選べば、このイソギンチャクを観察できるようです。

被写体としての魅力は、あなどれませんねえ。

まだまだ追っていきたい、カワリギンチャクです。


カワリギンチャク
Halcurias carlgreni
刺胞動物 花虫綱
イソギンチャク目
カワリギンチャク科
伊豆海洋公園
ブリマチ方面 水深28m
2012/07/16
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/07/14(日) 22:05:55|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カワリギンチャク

2012/07/16 伊豆海洋公園ダイビング (2)

この日のダイビングで集中して撮影した、カワリギンチャク

特に注目したのがその、「口」でした。

ボリューム感のあるくちびる!?
02-1★カワリギンチャク120716_1-11



「ふふふっ」
02-2★カワリギンチャク120716_1-12

人間のくちびるが動いているような、妖しさがあります。

実際この部分が、イソギンチャクの口です。
触手で捉えた獲物を、この口に運んで食べます。

イソギンチャク自身が触手を動かしたり、うねりで触手が動いたり。
口のまわりは、さまざまな表情がみられます。


魔法使いが杖を振りかざしているみたい。
02-3★カワリギンチャク120716_1-14


さまざまな撮影が楽しめる、カワリギンチャク。
まだまだ撮影しましたので、その③に続きます。


カワリギンチャク
Halcurias carlgreni
刺胞動物 花虫綱
イソギンチャク目
カワリギンチャク科
伊豆海洋公園
ブリマチ方面 水深30m
2012/07/16
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/07/11(木) 21:54:10|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カワリギンチャク

2012/07/16 伊豆海洋公園ダイビング (1)

ここからは2012年7月16日の、伊豆海洋公園での写真です。

この日は陸上は晴れて、夏らしい陽気になりました。

海も穏やかでしたが、潜ってみると以外にひんやり。

そして視界は場所によっては悪く、注意をしながらの潜水です。

向かったのは、ブリマチ方面。

最初に撮影したのが、カワリギンチャクです。



イメージは、「太陽の塔」。
01-1★カワリギンチャク120716_1-03

輪っかが、ポイントです。

複数の個体をじっくり撮影したので、複数回に分けて紹介します。


カワリギンチャク
Halcurias carlgreni
刺胞動物 花虫綱
イソギンチャク目
カワリギンチャク科
伊豆海洋公園
ブリマチ方面 水深30m
2012/07/16
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/07/09(火) 21:38:17|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マツカサウオ

2012/07/01 伊豆海洋公園ダイビング (9)

エクジットの手前で、岩陰で浮遊するマツカサウオを撮影しました。

「浮かぶ小判」!
09-1★マツカサウオ12701_2-01

見ているだけで金運を呼びそうな、黄金のお魚です。

警戒心が強いのか、カメラを向けるといつも・・・

うつむき加減。
09-2★マツカサウオ12701_2-06

この表情で、右を向いたり、左を向いたり、をくり返していました。

姿も行動も個性的な、マツカサウオです。



マツカサウオ
Monocentris japonica
魚類 キンメダイ目
マツカサウオ科
伊豆海洋公園
1番の根 水深7m
2012/07/01
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/07/07(日) 21:22:45|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミナミギンポ

2012/07/01 伊豆海洋公園ダイビング (8)

サンゴにあいた穴から、ミナミギンポが顔を出しているのを、教えてもらいました。

「ニヤリ」と。
08-1★ミナミギンポ12701_2-04

このお魚は反射神経が良いのか??ストロボのプレ発光を感じると、巣穴に頭をひっこめてしまいます。

撮ってはひっこみ、撮っては、ひっこみ。

「モグラたたき」のような撮影でした。

時間をかけて、勝負してみたい!


ミナミギンポ
Plagiotremus rhinorhynchos
魚類 スズキ目
イソギンポ科
伊豆海洋公園
1番の根 水深9m
2012/07/01
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/07/06(土) 21:50:23|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カワリギンチャク

2012/07/01 伊豆海洋公園ダイビング (7)

この日の2本目は、1番の根に向かいました。

雨も降ってきて、1本目よりもやや、光が少なくなった印象です。

浅場では20℃あった水温も、水深15mをすぎたあたりからひんやり。
「水が冷たいなあ」と思ってダイブコンピュータを見たら、16℃という表示でした。

ぶるっとしながら、撮影です。

その2本目のダイビングでじっくり撮影したのが、カワリギンチャクです。

いろいろな撮り方が楽しめる被写体ですが、僕が注目したのはその「口」。

イメージは・・・

ピグモン!
07-1★カワリギンチャク12701_2-22


目が無いだけに、無表情でブキミに見えます??

そして触手がふわっと動いて・・・

口もとを抑えているみたい。
07-2★カワリギンチャク12701_2-31

このイソギンチャクも、1番の根のこの撮影エリア周辺では、多くの個体を見かけます。

注意深く探せば被写体がたくさん!な、伊豆海洋公園です。



カワリギンチャク
Halcurias carlgreni
刺胞動物 花虫綱
イソギンチャク目
カワリギンチャク科
伊豆海洋公園
1番の根 水深27m
2012/07/01
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/07/03(水) 21:44:32|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サラサエビ

2012/07/01 伊豆海洋公園ダイビング (6)

夏の始まりの時期は、サラサエビの小さな個体を、見かけることが出来ます。

薄紫色のカイメンの上に乗っているとより、かわいらしく見えます。
06-1★サラサエビ12701_1-04


目が大きいので、子供らしく見えますね。
06-2★サラサエビ12701_1-05


伊豆ではあちこちにいる普通種ですが、被写体としてあなどれません!


サラサエビ
Rhynchocinetes uritai
節足動物 エビ類
サラサエビ科 サラサエビ属
伊豆海洋公園
ブリマチ方面 水深12m
2012/07/01
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/07/01(月) 20:27:12|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

mak

Author:mak
写真、ダイビングそして読書を楽しむ、ごく普通のサラリーマンです。
詳しくは作者紹介をご覧ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

あわせて読みたい