真壁海中写真館

Underwater Photography

アオブダイ

2012/03/17 伊豆海洋公園ダイビング (6)

ガイドさんが、「アオブダイに近づいて撮れそうですよ!」と教えてくれました。

指し示す洞窟の中を照らしてみると・・・・

インパクトのある顔で、横たわっていました。
06-1★アオブダイ120317_2-05

ブダイの仲間は夜、粘膜にくるまって寝る姿を見ることが出来ます。

でもこの時は真昼間。

何していたのかなあ??

寝ぼけているようにも見える、オトボケ系の目をしていますね。

それにしても、この汚れた歯は、歯ブラシで磨いてあげたい・・・。


アオブダイ
Scarus festivus
魚類 スズキ目 ブダイ科
伊豆海洋公園
1番の根 水深23m
2012/03/17
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 
スポンサーサイト

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/05/30(木) 23:14:09|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アカエソ

2012/03/17 伊豆海洋公園ダイビング (5)

岩の上で、アカエソがじっとしているのに気付きました。

何度も撮影している魚なので、そのまま撮っても面白くないなと思い、ひと工夫。

オーラをまとっているように、撮影してみました。
05-1★アカエソ120317_2-02

”動き出す瞬間”のようにも、見えませんか??

いろいろな表現が出来るのも、カメラの楽しみのひとつですね。


アカエソ
Synodus ulae
魚類 ヒメ目 エソ科
伊豆海洋公園
1番の根 水深27m
2012/03/17
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/05/28(火) 21:15:58|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フトヤギの仲間

2012/03/17 伊豆海洋公園ダイビング (4)

荒れ模様だった、この日の伊豆海洋公園。

土曜日にしてはダイバーの数も少なかったので、2本目は久しぶりに、1番の根に行くことにしました。

僕にとっては2年以上、間が空いた、久しぶりの1番の根です。


根の壁面に付いていた、フトヤギの仲間を、じっくり撮りました。

赤い茎に白いポリプが綺麗だったので、自然光の青を入れて撮影!
04-1★フトヤギ120317_2-08


左上あたりのポリプがもわもわっとなっているのも、ポイントです。

よく魚と一緒に撮影しているウミトサカを筆頭に、ウミサボテンウミイチゴなどなど、伊豆海洋公園は「ソフトコーラル」と呼ばれるサンゴが多様だなあと、あらためて感じます。


フトヤギの仲間
刺胞動物 花虫綱
ヤギ目
伊豆海洋公園
1番の根 水深24m
2012/03/17
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/05/26(日) 19:22:09|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

メバル

2012/03/17 伊豆海洋公園ダイビング (3)

海に潜っていると、時々ですが、体に傷を負った生物を見かけることがあります。

以前、顔が大きくえぐられてしまったウツボの、ショッキングな画像を紹介したことがあります。

今回の写真も、痛々しい一枚

頭の上が大きく削られてしまった、メバルです。
03-1★メバルb120317_1-02

どうして、こうなってしまったのでしょうね?

大きな魚にかじられたか、寄生虫に食われてしまったか・・・。

海の中では治療が出来ないので、このまま弱っていってしまうものと思われます。

厳しいですが、これも自然の中での営みの、1シーンなのですね。


メバル
Sebastes inermis
魚類 カサゴ目
フサカサゴ科
伊豆海洋公園
ブリマチ方面 水深10m
2012/03/17
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/05/25(土) 21:53:47|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ニホンアワサンゴ

2012/03/17 伊豆海洋公園ダイビング (2)

久しぶりに、ニホンアワサンゴを撮影しました。

ポリプのひとつひとつが、手のような面白い形をしています。

河童の手がたくさん!?
02★ニホンアワサンゴ120317_1-03

実はこのニホンアワサンゴ、第1回の写真展に出展した、思い出の?被写体です。

その時にだいぶ撮ったので、もうお腹いっぱい・・・と思って、しばらく撮っていませんでした。

もう2年以上経ったので、また新しい気持ちで、撮影していきます!


ニホンアワサンゴ
Alveopora japonica
刺胞動物 花虫綱
イシサンゴ目
ハマサンゴ科
伊豆海洋公園
ブリマチ方面 水深14m
2012/03/17
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/05/23(木) 21:58:42|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ガラスハゼ

2012/03/17 伊豆海洋公園ダイビング (1)

ここからは2012/03/17の、伊豆海洋公園の写真を紹介していきます。

この日は低気圧通過の影響で、朝から雨。
海洋公園に向かうと、朝は風がびゅーびゅー吹いていました。

エントリー/エクジット口にも波が押し寄せていたので、注意しながらの潜水です。

水中の視界は15mといったところ。
太陽が出ていない分、水中も明るいという感じではありませんでした。

1本目は、ブリマチ方面のソフトコーラルエリアへ。

「時期的にまだ早いかな」ということでしたが、ガイドさんにリクエストしたガラスハゼを、撮ることができました。

乗っていたムチヤギが、うねりでゆらゆらとゆれていたので、その雰囲気を出したいと思いながら撮影しました。

ハゼがぶれないように、注意しながら。
01★ガラスハゼ120317_1-13

例年よりも早く、観察されたようです。

絵になるので、いろいろな人がひろいろな撮り方で、撮影していますね。
参考にさせていただきつつ、自分なりの撮り方で仕上げてみたいなあと思います。


ガラスハゼ
Bryaninopus tigris
魚類 スズキ目 ハゼ科
ハゼ亜科 ガラスハゼ属
伊豆海洋公園
ブリマチ方面 水深34m
2012/03/17
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/05/21(火) 22:09:03|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アヤトリカクレエビ

2012/03/03 伊豆海洋公園ダイビング (7)

この日2本目のダイビングで再び、アヤトリカクレエビを撮影しました。

1本目には気づきませんでしたが、この場所には2匹いるのですねえ。

おそろいのポーズ。
07-1★アヤトリカクレエビ120303_2-21

ペアなのでしょうかね。

イソギンチャクがうねりを受けて、ゆらゆらしていました。

2枚目は、そんな動きが分かるように撮影です。

イソギンチャクが、海の青に溶け込むイメージで。
07-2★アヤトリカクレエビ120303_2-15

3枚目は、ほぼ同じアングルで、妖しげな雰囲気??を意識して撮影です。
07-3★アヤトリカクレエビ120303_2-26

擬態上手な、アヤトリカクレエビ。
撮っている途中で何度か、見失ってしまいました・・・。

それでも、いろいろと試しながら撮ることができてラッキー!でした


アヤトリカクレエビ
Izucaris masudai
節足動物 エビ類
テナガエビ科
アヤトリカクレエビ属
伊豆海洋公園
ブリマチ方面 水深29m
2012/03/03
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/05/19(日) 20:21:28|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

キタマクラ

2012/03/03 伊豆海洋公園ダイビング (6)

生物の「動き」に注目して撮影した、この日の海洋公園。

移動中のキタマクラを狙ってみました。

短いヒレをぱたぱたさせて、いそがしそう。
06-1★キタマクラ120303_2-01

黄色と緑がまざった目が、綺麗ですね。

伊豆ではフグの仲間としては一番、多く見かける種類です。


キタマクラ
Canthigaster rivulata
魚類 フグ目 フグ科
伊豆海洋公園
オクリダシ 水深5m
2012/03/03
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/05/18(土) 21:07:45|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

シロガヤ

2012/03/03 伊豆海洋公園ダイビング (5)

少々うねりがあった、この日の海洋公園。

オクリダシの浅場に戻ってくると、よりいっそう、水の動きが大きくなっていました。

岩に付いたシロガヤも、右に左にとなびいていました。
05-1★浅場で練習120303_2-03

大変そうに見えますが、これも日常の風景。
自然界の生き物は、たくましいですね。


シロガヤ
Aglaophenia whiteleggei
刺胞動物 ヒドロ虫綱
軟クラゲ目 ハネガヤ科
伊豆海洋公園
オクリダシ 水深5m
2012/03/03
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/05/16(木) 21:08:13|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウミトサカの一種

2012/03/03 伊豆海洋公園ダイビング (4)

ソフトコーラルが綺麗だった、この日のブリマチ方面。

その代表選手、ウミトサカの写真をご紹介です。

幹の部分の模様が面白かったので、切り出してみました。

腹巻をした、ぬいぐるみみたい!?
04-1★ウミトサカで練習120303_2-03

撮っていて微笑ましくなる光景でした。


ウミトサカの仲間
刺胞動物 花虫綱
ウミトサカ目 チヂミトサカ科
伊豆海洋公園
ブリマチ方面 水深30m
2012/03/03
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/05/14(火) 22:01:53|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アヤトリカクレエビ

2012/03/03 伊豆海洋公園ダイビング (3)

この日のお目当ては、アヤトリカクレエビでした。
宿主のナシジイソギンチャクに、見事に擬態していました。

色と丸みを帯びた形が、宿主にそっくり。
03-1★アヤトリカクレエビ120303_1-30

イソギンチャクが元気に咲いていたので、画面に入れてあれこれ、撮影してみました。

2枚目は、爽やかなブルーで。
03-2★アヤトリカクレエビ120303_1-22


視界は15m以上、あったと思います。
気持ち良い色に仕上がってくれました。

3枚目はまた、エビとイソギンチャクに注目した撮影を。

「平伏」しているみたい。
03-3★アヤトリカクレエビ120303_1-33

妖艶に咲くイソギンチャクと、擬態上手なエビのコンビ。
この日2本目のダイビングでも撮影したので、後ほどまた紹介します。


アヤトリカクレエビ
Izucaris masudai
節足動物 エビ類
テナガエビ科
アヤトリカクレエビ属
伊豆海洋公園
ブリマチ方面 水深29m
2012/03/03
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/05/12(日) 21:50:19|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フトヤギの一種

2012/03/03 伊豆海洋公園ダイビング (2)

この日のブリマチ方面では、ソフトコーラルが綺麗に咲いていたので、あれこれ撮影しました。

「ぱっちり」咲いていた、フトヤギの仲間をご紹介です。

白いポリプとオレンジ色の幹が、鮮やかです。
02-1★フトヤギで練習120303_2-04

自然光のブルーを取り込んで、爽やかに仕上げてみました。


フトヤギの仲間
刺胞動物 花虫綱
ヤギ目 
伊豆海洋公園
ブリマチ方面 水深31m
2012/03/03
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/05/11(土) 20:15:51|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オキゴンベ

2012/03/03 伊豆海洋公園ダイビング (1)

ここからは2012/03/03の、伊豆海洋公園での写真を紹介していきます。

この日はどんよりした曇り空で少々、肌寒い陸上でした。
前日、雨雲が通過したこともあり、海にはうねりが入ってきていました。
それでも、海洋公園で潜ることができました。

ポイントは2本とも、ブリマチ方面へ。
ソフトコーラルエリアで、撮影です。

流れがあたる岩の上で、オキゴンベがじっとたたずんでいました。

ぐいっと、力の入った目をしています。
01-1★オキゴンベ120303_1-03

肉眼で見る以上に、被写体として魅力的なお魚です。


オキゴンベ
Cirrhitichthys aureus
魚類 スズキ目 ゴンベ科
伊豆海洋公園
ブリマチ方面 水深29m
2012/03/03
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/05/10(金) 21:42:06|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トラウツボ

2012/02/04 伊豆海洋公園ダイビング (6)

この日2本目のダイビングも終盤、オクリダシまで戻ってきました。

「何かいるかな」と壁ぞいを探すと、こんな光景を見つけることが出来ました。

大きなサザエを抱え込んだ、トラウツボです。
06-1_トラウツボ120204_2-01

まわりにサラサエビを従えて、親分の風格ですね。


僕がしつこく、カメラを向けていると・・・

『邪魔じゃあ!』
06-2_トラウツボ120204_2-03

張り裂けそうに口をあけて、威嚇されました。

この場所には、こだわりがあるご様子ですね。

見た目の凶暴さでは、ザ・ウツボ以上のトラウツボ。
次はどんなシチュエーションで、撮ろうかな!?


トラウツボ
Muraena pardalis
魚類 ウナギ目 ウツボ科
伊豆海洋公園
オクリダシ 水深5m
2012/02/04
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/05/08(水) 23:40:17|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オキゴンベ

2012/02/04 伊豆海洋公園ダイビング (5)

ウミトサカに潜む、オキゴンベの幼魚の続きです。

かわいらしい被写体だったので、どの角度から撮ろうかとあれこれ考えながら、撮影しました。

でも、僕が近付くと別の場所に移動したり、ストロボのプレ発光に驚いて逃げてしまったりと、かなり手こずりました。

ようやく、正面から、顔を撮ることができました。

ふわふわのポリプに乗って、休憩中。
05-1_オキゴンベ120204_2-07

オキゴンベは、伊豆や三浦では、普通に見られる種類です。

でも僕は、魅力的な被写体だと思います。
今後もこのように、良い場所にいる個体を選んで、撮影していきます!


オキゴンベ
Cirrhitichthys aureus
魚類 スズキ目 ゴンベ科
伊豆海洋公園
ブリマチ方面 水深27m
2012/02/04
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/05/06(月) 19:42:49|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オキゴンベ

2012/02/04 伊豆海洋公園ダイビング (4)

この日は2本目も、ブリマチ方面で潜りました。

お目当ての被写体は、オキゴンベです。

1本目では大人の個体を撮りましたが、今度はウミトサカに潜む、幼魚を狙いました。

太い幹の間に身を寄せて、じっと、様子を窺っています。
04-1_オキゴンベ120204_2-21



大人と違って、シミ?が無く、黄色一色で綺麗ですね
04-2_オキゴンベ120204_2-31


じっくり撮影したので、記事を分けて紹介します


オキゴンベ
Cirrhitichthys aureus
魚類 スズキ目 ゴンベ科
伊豆海洋公園
ブリマチ方面 水深27m
2012/02/04
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/05/05(日) 20:04:07|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

オキゴンベ

2012/02/04 伊豆海洋公園ダイビング (3)

オレンジが鮮やかなオキゴンベ

もう一枚、紹介です

星空を見上げているイメージで
03-1_オキゴンベ120204_1-10


名前の由来になっている背ビレの突起が、星のようにキラキラした雰囲気で撮れました



オキゴンベ
Cirrhitichthys aureus
魚類 スズキ目 ゴンベ科
伊豆海洋公園
ブリマチ方面 水深30m
2012/02/04
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/05/04(土) 21:31:04|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

mak

Author:mak
写真、ダイビングそして読書を楽しむ、ごく普通のサラリーマンです。
詳しくは作者紹介をご覧ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

あわせて読みたい