真壁海中写真館

Underwater Photography

ニシハマの白い砂に根が点在する景観

2012/10/03-10/06 沖縄・慶良間諸島 阿嘉島(15)

白い砂地に点在する、サンゴの根をまわって楽しんだ、「ニシハマ」でのダイビング。

そのサンゴの根を、上から撮った写真を紹介します。

木々の生い茂る、小山みたい。
15-1★_MG_7949

2枚目は真上からのショットを。

魚たちが、ぐるぐるとまわっています。
15-2★_MG_7966

デバスズメダイがごっちゃり、身を寄せています。
15-3★_MG_7967


もしこれが陸上だったら、これほど鳥があつまる林ってなかなか、ないですよね。
「豊かな海」を感じた、ニシハマのサンゴの景観でした。


沖縄 慶良間諸島
阿嘉島 北浜(ニシハマ)オアシス
2012/10/04
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 
スポンサーサイト

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/11/27(火) 22:21:54|
  2. ●慶良間諸島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

カクレクマノミ

2012/10/03-10/06 沖縄・慶良間諸島 阿嘉島(14)

ニシハマでも、カクレクマノミを撮影しました。

サンゴの亀裂の中の、イソギンチャクに住んでいるファミリーです。

イソギンチャクがふさふさして、気持ちよさそう。
14-1★_MG_7950


太陽光を浴びながら、はいポーズ。
14-2★_MG_7957


暗色系のイソギンチャクだったぶん、カクレクマノミのオレンジが鮮やかに見えました。



カクレクマノミ
Amphiprion ocellaris
魚類 スズキ目
スズメダイ科
沖縄 慶良間諸島
阿嘉島 北浜(ニシハマ)オアシス
2012/10/04
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/11/25(日) 19:44:37|
  2. ●慶良間諸島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

デバスズメダイ

2012/10/03-10/06 沖縄・慶良間諸島 阿嘉島(13)

ニシハマの浅場で楽しんだ、「枝サンゴにデバスズメダイの群れ」の光景。

ここには、かなりの数のデバスズメダイが潜んでいるようでした。

ぎゅうぎゅうに、サンゴの枝に詰まっている?!
13-1★_MG_7936

そして、サンゴを頼って生きているのは、デバスズメダイだけではありません。

書き連ねるのが大変なくらい、さまざまな魚が写っています。
13-2★_MG_7946

こういう光景を見ると、「サンゴの環境は保全していかないとなあ」と感じます。


デバスズメダイ
Chromis viridis
魚類 スズキ目
スズメダイ科
沖縄 慶良間諸島
阿嘉島 北浜(ニシハマ)オアシス
2012/10/04
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/11/23(金) 20:34:31|
  2. ●慶良間諸島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

デバスズメダイ

2012/10/03-10/06 沖縄・慶良間諸島 阿嘉島(12)

この日1本目のポイント「ニシハマ」の浅場には、サンゴのついた根がポツンポツンと、点在しています。

そこで見られるのがこの、「慶良間らしい風景」。

枝サンゴに実を隠す、デバスズメダイの群れです。
12-1★_MG_7921

太陽光も射し込んで来て、キラキラ。


このデバスズメダイ、近づくとサンゴに姿を隠してしまうので、撮影距離が難しい。

少し離れて、外に出てきたところを、パシリと。
12-2★_MG_7925

ベラも割り込んできましたね。
カメラ目線なのが可笑しい。

心安らぐこの光景、まだまだ撮影したので、記事を分けて紹介します。


デバスズメダイ
Chromis viridis
魚類 スズキ目
スズメダイ科
沖縄 慶良間諸島
阿嘉島 北浜(ニシハマ)オアシス
2012/10/04
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/11/20(火) 22:09:54|
  2. ●慶良間諸島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アオヒトデ

2012/10/03-10/06 沖縄・慶良間諸島 阿嘉島(11)

ここからは、2012/10/4の写真を載せていきます。

慶良間でのダイビング2日目。

1本目は、人気のポイント、阿嘉島のニシハマに行きました。

このポイントも・・・

一面に広がる、白い砂地が綺麗。
11-1★_MG_7968


陽が射し込んで、キラキラしていました。

そして、まるで「撮影課題」のように、砂地にポツンとアオヒトデが横たわっていました。

砂地に張り付いた、「おへそ」みたい。
11-2★_MG_7910

シンプルだけれど、これが嬉しい光景。


アオヒトデ
Linckia laevigata
棘皮動物 ヒトデ綱
アカヒトデ目
ホウキボシ科
沖縄 慶良間諸島
阿嘉島 北浜(ニシハマ)オアシス
2012/10/04
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/11/18(日) 21:10:22|
  2. ●慶良間諸島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キンギョハナダイ

2012/10/03-10/06 沖縄・慶良間諸島 阿嘉島(10)

白い砂地が広がるポイント、「海底砂漠」。

深度を上げて、砂地が途切れるあたりにあるのが、こんな光景です。

キンギョハナダイが集う、小山のような根。
10-1★_MG_7863

背景の砂地、綺麗な根の形、そしてカラフルな魚たち。

魅力的な空間でした。


キンギョハナダイ
Pseudanthias squamipinnis
魚類 スズキ目 ハタ科
沖縄 慶良間諸島
座間味島 海底砂漠
2012/10/03
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/11/16(金) 22:28:27|
  2. ●慶良間諸島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

カクレクマノミ

2012/10/03-10/06 沖縄・慶良間諸島 阿嘉島(9)

今回の慶良間ダイビングで「撮りたいな」と思っていた被写体の一つが、カクレクマノミです。

普段僕が潜っている海域では見られない、南のお魚ですからねえ。

いちばん望んでいたシチュエーションには出会えなかったのですが、いくつかのポイントで絵になる個体を撮影したので、紹介していきます。


海底砂漠で撮影したのは、このイソギンチャクに住んでいた家族です。

左右にわかれて、はいポーズ。
09-1★_MG_7821

見ようによっては、イソギンチャクが「眉尻下げたおじいさんの顔」のようにも見えますね・・・。



2枚目は動きのある写真を。

白いラインが、「天使の輪」みたい。
09-2★_MG_7831

やっぱり、かわいいものはかわいい、ですね。

この後の潜水でも撮影したので、のちほど紹介します。


カクレクマノミ
Amphiprion ocellaris
魚類 スズキ目
スズメダイ科
沖縄 慶良間諸島
座間味島 海底砂漠
2012/10/03
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/11/14(水) 21:31:59|
  2. ●慶良間諸島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

海底砂漠

2012/10/03-10/06 沖縄・慶良間諸島 阿嘉島(8)

この日3本目のポイントは、座間味島の「海底砂漠」。

名前の通り・・・

どこまでも続く、白い砂地。
08-1★_MG_7846

この日はまだ、台風のうねりの影響が残っていたのか、もわもわした雰囲気でした。

でもそのおかげで、砂地と海水の境界があいまいになって、幻想的な光景に見えました。


沖縄 慶良間諸島
座間味島 海底砂漠
2012/10/03
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/11/12(月) 22:24:08|
  2. ●慶良間諸島
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

根にあたり降り落ちてくる波

2012/10/03-10/06 沖縄・慶良間諸島 阿嘉島(6)

沖縄・慶良間の海というと、白い砂地に代表されるような、ゆったりした景観のイメージが強いかもしれません。
しかし、場所によっては外洋に面している、慶良間の海。
今回のダイビングでは、そんな「雄雄しい慶良間の海」の一面も、楽しませてもらいました。

その一つが、こんな光景。

根にあたって降り落ちてくる、波です。
07-1★_MG_7774


ざぶ~んと。
07-2★_MG_7807

迫力があります。

「自分も巻き込まれてしまうのではないか」と、腰が引けてしまいましたよ。

別のポイントでも撮影したので、後ほどまた、紹介します。


沖縄 慶良間諸島
久場島 久場島南トリプルホール
2012/10/03
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/11/10(土) 20:47:21|
  2. ●慶良間諸島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

硬骨海綿

2012/10/03-10/06 沖縄・慶良間諸島 阿嘉島(6)

洞窟の中を通っている時に、ガイドさんが天井部分を指さして、こんなものを見せてくれました。

シャンデリアみたい。
06★_MG_7778

硬骨海綿という生物のようです。

帰宅後に調べたところ、硬骨海綿に区分けされるグループのほとんどは現生しておらず、化石として発見されるそうです。
ある情報によると、生きた種類が観察されたのは、1960年代になってからとのこと。
「生きた化石」の発見と、その筋??では話題になったようです。

そして成長速度がとても遅く、この大きさになるまでに200年はかかっているようだとのことです。

かなり貴重な生物のようですが、この洞窟の壁面にはあちらこちらに、くっついていました。
何か、この生物の条件に合う環境が、この洞窟にはあるのですね。

知的好奇心がくすぐられる出会いでした。


硬骨海綿
海綿動物 硬骨海綿綱
沖縄 慶良間諸島
久場島 久場島南トリプルホール
2012/10/03
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/11/08(木) 21:30:29|
  2. ●慶良間諸島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

洞窟に射し込む光

2012/10/03-10/06 沖縄・慶良間諸島 阿嘉島(5)

複雑な地形を楽しんだ、「久場島南トリプルホール」でのダイビング。


その中でも、僕が特に撮りたかったのが・・・

洞窟に入り込む、ブルーの光。
05-1★_MG_7769


上下2段の洞窟も、あったりして。
05-2★_MG_7801


スポットライトのように。
05-3★_MG_7797

射し込む光の強さ、光の角度によってずいぶんと印象が変わります。
なかなか難しい、逆に言えば撮り甲斐のある、被写体です。

行くところに行けば見られる光景だとは思うのですが、普段潜っているエリアでは御目にかかれないので、新鮮に感じました。
久しぶりに、「洞窟好き」の血が騒ぎました。


沖縄 慶良間諸島
久場島 久場島南トリプルホール
2012/10/03
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/11/06(火) 21:40:52|
  2. ●慶良間諸島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

久場島南トリプルホールの地形

2012/10/03-10/06 沖縄・慶良間諸島 阿嘉島(4)

この日の2本目は阿嘉島の南西に位置する久場島まで、船で行きました。
ポイント名は、「久場島南トリプルホール」。

エントリーして出迎えてくれるのが、ポイント名の通りの・・・

複雑な地形。
04★_MG_7783


長い年月をかけて、海水による浸食が行われてきたのでしょうね。
04★_MG_7787

洞窟を潜り抜けたり、上から眺めたり。

まだまだ撮影したので、記事を分けて紹介します。


沖縄 慶良間諸島
久場島 久場島南トリプルホール
2012/10/03
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/11/04(日) 21:39:52|
  2. ●慶良間諸島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

チヂミトサカ

2012/10/03-10/06 沖縄・慶良間諸島 阿嘉島(3)

華やかなハナヤギを撮影した後に、ガイドさんが根の壁面を指さしました。

肉眼で見ると、もわもわっと地味な雰囲気に見えたのですが・・・

ストロボを当てると、オレンジ色が鮮やか!
03★_MG_7754

チヂミトサカという、サンゴの仲間です。

別の潜水でも撮影したので、後ほどまた紹介します。


チヂミトサカ
Nephthea chabrolii
刺胞動物 花虫綱
チヂミトサカ科
沖縄 慶良間諸島
阿嘉島 サクバルの鼻
2012/10/03
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/11/01(木) 20:48:20|
  2. ●慶良間諸島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

mak

Author:mak
写真、ダイビングそして読書を楽しむ、ごく普通のサラリーマンです。
詳しくは作者紹介をご覧ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

あわせて読みたい