真壁海中写真館

Underwater Photography

フリソデエビ

2012/06/08-06/09 八丈島 (9)

アオリイカ撮影からの帰りに、ガイドさんがこんな被写体を見せてくれました。

フリソデエビのペアです。
09★フリソデエビ120608_2-04


イカ用に18-55mm標準ズームを装着していたので、この写真が最短距離での撮影です。

巨大なアオリイカからフリソデエビまで・・・。

八丈島の海は、撮影が忙しい!


フリソデエビ
Hymenocera picta
節足動物 エビ類
フリソデエビ科 フリソデエビ属
八丈島
八重根 水深9m
2012/06/08
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 
スポンサーサイト

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/08/29(水) 22:07:28|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アオリイカ

2012/06/08-06/09 八丈島 (8)

アオリイカの写真、その③です。

イカも興奮、僕も興奮の、産卵シーンの撮影です。


イカたちは、産卵床にペアで、近づいてきます。

2匹が寄り添う姿には、「絆」のようなものを感じます。
08-1★アオリイカ120608_2-94


雲天のため日の光は強くありませんでしが、「八丈ブルー」に、このイカの姿は映えますね。
08-2★アオリイカ120608_2-90

イカは流線形の体をしていて、ヒレが半透明なので、絵画的なイメージで撮影できます。


ヒレがオーロラみたい!?
08-3★アオリイカ120608_2-93

このダイビングでは大部分の時間を使って、アオリイカを撮影しました。
それでも、飽きることなくずっと、夢中でシャッターを切ってしまいましたよ。

とっても久しぶりに遭遇した、アオリイカの産卵シーン。
堪能しました!


アオリイカ
Sepioteuthis lessoniana
軟体動物 ジンドウイカ科
八丈島
八重根 水深17m
2012/06/08
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/08/26(日) 21:02:32|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

アオリイカ

2012/06/08-06/09 八丈島 (7)

産卵のために集まってきたアオリイカ、その②です。

大きなイカがたくさん集まり、熱気がむんむんと、漂っていました。
07-1★アオリイカ120608_2-73


メスの体で、湿布薬のように見えるのが、このイカの卵です。
07-2★アオリイカ120608_2-65

そして、卵を持つイカに、オスが精子の入ったカプセルを渡します。

これがその瞬間!
07-3★アオリイカ120608_2-64

イカの交接シーンはを撮影するのは、今回が初めて!
目の前で繰り広げられるワイルドなシーンに、夢中でシャッターを切りました。

このシリーズ、さらに続きます。


アオリイカ
Sepioteuthis lessoniana
軟体動物 ジンドウイカ科
八丈島
八重根 水深17m
2012/06/08
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/08/25(土) 21:42:29|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アオリイカ

2012/06/08-06/09 八丈島 (6)

この日2本目のダイビングも、「行ける時に行っときましょう!」ということで、八重根で潜りました。

そしてこの潜水での狙いは・・・アオリイカの産卵シーン。

八重根には、イカが産卵するための「産卵床」として、木が沈められている場所があります。

ちょうどこの時期は、産卵のシーズン。

潮回りが良かったのか、たくさんのアオリイカが、集まっていました!


八丈島のアオリイカは・・・・

でかい!
06-1★アオリイカ120608_2-03

図鑑『イカ・タコガイドブック』によると、アオリイカは複数の種類に分けられるようです。

その中でも、八丈島に棲息するのは「アカイカ」と呼ばれる、最も大型の種類だそうです。

大きい個体がオス、小さいほうがメスです。
06-2★アオリイカ120608_2-60


このあとじっくり撮影できたので、3回に分けて紹介します!


アオリイカ
Sepioteuthis lessoniana
軟体動物 ジンドウイカ科
八丈島
八重根 水深17m
2012/06/08
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/08/24(金) 22:12:23|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

アオウミガメ

2012/06/08-06/09 八丈島 (5)

八重根でのダイビングでは、けっこうな頻度で、アオウミガメを見かけました。

この個体は、岩の隙間で、グテっとしてたみたい。
05★アオウミガメ120608_1-03

甲羅に苔のようなものが付いていますね。
デッキブラシで、こすってあげたい。


アオウミガメ
Chelonia mydas
爬虫類 カメ目
ウミガメ科
八丈島
八重根 水深7m
2012/06/08
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/08/21(火) 22:30:46|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クロユリハゼ

2012/06/08-06/09 八丈島 (4)

中層を単体で泳いでいる、クロユリハゼを撮影しました。

追うと逃げる・・・をくり返し、粘った末のショットです。

ヒレをパッと、広げたところを。
04★クロユリハゼ120608_1-14

ストロボを反射するメタリックなボディーも、綺麗ですね。


クロユリハゼ
Ptereleotris evides
魚類 スズキ目
クロユリハゼ科
八丈島
八重根 水深15m
2012/06/08
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/08/18(土) 20:55:54|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アマミスズメダイ

2012/06/08-06/09 八丈島 (3)

今回の八丈島ダイビングも、レグルスダイビングを利用させていただきました。

そのオーナー様が2011年に出版したのが、『スズメダイ (ネイチャーウォッチングガイドブック) 』(誠文堂新光社)

この日1本目のガイドもしていただいたのでさっそく、スズメダイを撮影!


アマミスズメダイの幼魚です。

蛍光ブルーが美しい。
03★アマミスズメダイ120608_1-06

ところでこの『スズメダイ』の図鑑は、イラスト入りでその種類の特徴が説明されているので、僕たちダイバーにとって分かりやすい内容になっています。

「今度、八丈島行ったら買おう」と思っていて、ようやく今回、実現しました。
首都圏では大きな本屋さんであればまず置いてあるのですが、どうせなら、ご本人から買いたいじゃないですか。

最近は決まった種類のスズメダイばかりを撮っていたのですが、また、あれこれ探して撮ってみたくなりました。


アマミスズメダイ
Chromis chrysura
魚類 スズキ目
スズメダイ科
八丈島
八重根 水深15m
2012/06/08
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/08/16(木) 22:14:46|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

クマノミ

2012/06/08-06/09 八丈島 (2)

この日の1本目は、まず沖を目指して、クマノミが密集するエリアに行きました。

たくさんいるクマノミの中から、写真映えする個体を選らんで、撮影です。

玄関の足ふきマットに、くるまれてるみたい。
02★クマノミ120608_1-02

この足ふきマットみたいなものは、イソギンチャクです。

裏面が、リアルに足ふきマットに似てる・・・。


この、めくれた隙間に、身を隠していました。

出てきたところを、パシリと。

『あらびっくり!』
02★クマノミ120608_1-04

口をあけたクマノミを正面から撮るのは、これが初めてかもしれません。

表情があって面白いなあ。

またひとつ、クマノミ撮影の楽しみ方を、憶えてしまいました。


クマノミ
Amphiprion clarkii
魚類 スズキ目
スズメダイ科
八丈島
八重根 水深17m
2012/06/08
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/08/14(火) 22:03:43|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

アオウミガメ

2012/06/08-06/09 八丈島 (1)

ここからは、2012年6月8日-9日の、八丈島の写真を紹介していきます。

八丈島を訪れるのは3年ぶり。
久しぶりの訪問を楽しみにしていたところ、直前に台風が・・・。
心配しましたが、予報以上に早く通過してくれたため、無事に飛行機が飛んでくれました。

しかし、台風と、それに続いてやってきた低気圧の影響で、海況は良くないとのこと。
ひょっとしたら潜れないかも・・・という条件付きで、八重根に行くことに。

八重根に着くと、想像されていたほど荒れていなく、他のショップのダイバーたちも潜水している様子。
ではいってみましょう!ということで、エントリーしました。

海中は水温22-24度、視界は20mといったところ。
ロクハンの僕には、ストレスを感じない条件でした。
ただし浅場はうねりがあり、ゆらゆら揺られながらのダイビングです。

最初に紹介するのは、アオウミガメの写真です。

移動中に、岩陰で休んでいる個体を見かけたので、近づいて撮影しました。

ちょっと、寝ぼけたような表情??
01-1★アオウミガメ120608_1-02

首が太いですねえ。

アオウミガメは、八丈島ではかなりの確率で、見かけます。
でも普段、カメを見かける水域で潜っていない僕にとっては、新鮮に感じる被写体なのでした。


アオウミガメ
Chelonia mydas
爬虫類 カメ目 ウミガメ科
八丈島
八重根 水深5m
2012/06/08
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/08/11(土) 21:09:08|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ニジギンポ

2012/01/02-01/03 伊豆大島 (31)

この日2本目のダイビングも終盤。

前日、エクジット用の鉄パイプのハシゴでカエルウオを撮影したので、「また撮ってみようかな」と、覗いてみました。

するとそこにいたのは・・・

ニジギンポでした。
31-1★ニジギンポ120103_2-02

カエルウオは何処に??

呑気そうに見えても、この場所の競争率は激しいのかもしれませんね。

駅前の人気物件といったところでしょうかね。


これで2012年お正月の伊豆大島ダイビングも終了!
寒かったけど、2日間とも秋の浜で潜れて、満足なダイビングでした。
温泉もあるし、やっぱり大島は良いなあ。




ニジギンポ
Petroscirtes breviceps
魚類 スズキ目 イソギンポ科
伊豆大島
秋の浜 水深3m
2012/01/03
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/08/09(木) 23:00:42|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ツユベラ

2012/01/02-01/03 伊豆大島 (30)

段下の壁面と海底が交差するあたりで、ツユベラの幼魚を撮影しました。


鼻の頭に、白い絆創膏を貼ってるみたいで、かわいらしい。
30-1★ツユベラ120103_2-06

この個体は前日も撮影したのですが、小さな体で動き回られ、上手く撮れませんでした。

リベンジの一枚です。


ツユベラ
Coris gaimard
魚類 スズキ目
ベラ科 カンムリベラ亜科
伊豆大島
秋の浜 水深9m
2012/01/03
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/08/07(火) 21:14:50|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミヤケテグリ

2012/01/02-01/03 伊豆大島 (29)

段下の転石エリアで、ミヤケテグリを撮影しました。

前日撮った個体よりも、成長した個体でした。

でっぷりしていて、風格があります。
29-1★ミヤケテグリ120103_2-08

この個体も、このあたりをちょこちょこ動いては、口を動かしていました。

これがこの種類の、捕食行動なのでしょうかねえ。

血走った目??で、周りを見渡します。
29-2★ミヤケテグリ120103_2-07

この種類も、この場所で良く見かけます。

このエリアで繁殖のサイクルが回っているということは、ミヤケテグリにとって生息しやすい環境なのでしょうね。


ミヤケテグリ
Neosynchiropus moyeri
魚類 スズキ目 ネズッポ科
伊豆大島
秋の浜 水深9m
2012/01/03
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/08/05(日) 20:49:54|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アカスジウミタケハゼ

2012/01/02-01/03 伊豆大島 (28)

立派なキクメイシ(サンゴ)の上に、小さなハゼがいるのを教えてもらいました。

ひょこひょこと移動するので、止まったところを狙って、パシリと。

アカスジウミタケハゼです。
28-1★アカスジウミタケハゼ120103_2-03


動き回ってはいるのですが、僕のカメラから逃げるという訳ではなく、しばらく観察していると、近づくことが出来ました。

21世紀の新幹線のような、流線形の体をしています。
28-2★アカスジウミタケハゼ120103_2-06


最後は顔の表情を狙って。

頭の大きさに対して、目が巨大ですねえ。
28-3★アカスジウミタケハゼ120103_2-05


いる場所がクレーターみたいだったので、宇宙的な?面白い写真になってくれました。


アカスジウミタケハゼ
Pleurosicya micheli
魚類 スズキ目 ハゼ科
ハゼ亜科 ウミショウブハゼ属
伊豆大島
秋の浜 水深22m
2012/01/03
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/08/03(金) 22:04:29|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミナミギンポ

2012/01/02-01/03 伊豆大島 (27)

段下の壁面で、細い穴から顔を出す、ミナミギンポを撮影しました。

かなり、おどおどした表情。
27-1★ミナミギンポ120103_2-01

すぐ近くにイソカサゴが写っていますね。

こんなに近くにいるのに、お互い「知らん顔」な感じが可笑しい・・・。


ミナミギンポ
Plagiotremus rhinorhynchos
魚類 スズキ目 イソギンポ科
伊豆大島
秋の浜 水深9m
2012/01/03
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/08/01(水) 23:05:49|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

mak

Author:mak
写真、ダイビングそして読書を楽しむ、ごく普通のサラリーマンです。
詳しくは作者紹介をご覧ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

あわせて読みたい