真壁海中写真館

Underwater Photography

シロオビコダマウサギ

2012/01/02-01/03 伊豆大島 (11)

カゲロウカクレエビを撮影していたら今度は、ウミトサカに付くシロオビコダマウサギを見せてもらいました。
棍棒のような外套膜が、特徴的です。
11-1★シロオビコダマウサギ120102_2-01

外套膜に目が行きますが、透けて見える貝殻には確かに、白い帯が入っていますね。

撮影しやすい状況だったので、写真の練習を兼ねてあれこれ、撮影してみました。

2枚目は背景の色をさらに明るくして。
11-2★シロオビコダマウサギ120102_2-03

僕はウミウサギの仲間に興味があり、Web上に自作図鑑を作ってもいます。

「そろそろ新しい写真を、図鑑に追加しよう」と思い出させてくれた、今回のシロオビコダマウサギとの遭遇でした。


シロオビコダマウサギ
Prionovolva brevis
軟体動物 巻貝
ウミウサギ科 コダマウサギ属
伊豆大島
秋の浜 水深23m
2012/01/02
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 
スポンサーサイト

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/06/29(金) 22:33:37|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カゲロウカクレエビ

2012/01/02-01/03 伊豆大島 (10)

ガヤに、カゲロウカクレエビが付いているのを、教えてもらいました

この種類は何度か撮影しているので、あえてアンダー気味にして・・・

電飾のように
10★カゲロウカクレエビ120102_2-04

写真を見てから気付いたのですが、頭に見える白いものは、このエビの卵ではないかと思います。
(エビの卵の謎?については以前、こちらに書きました)


カゲロウカクレエビ
Periclimenes hertwigi
節足動物 エビ類
テナガエビ科 ホンカクレエビ属
伊豆大島
秋の浜 水深23m
2012/01/02
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/06/27(水) 21:58:02|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ミズヒキミノカサゴ

2012/01/02-01/03 伊豆大島 (9)

この日2本目のダイビングも、秋の浜で潜ることができました。

その移動中に、フトヤギにはりついている、ミノカサゴがいるのを教えてもらいました。

フトヤギの枝を檻(おり)のようにして、身を守っているみたい。
09★ミズヒキミノカサゴ120102_2-03


上がってからガイドさんと話をしていると・・・

これまで僕らダイバーがネッタイミノカサゴと呼んでいた種類が、2つの種類に分けられたとのこと。
この写真の個体は、ミズヒキミノカサゴと命名された種類に、分類されるようです。

でも、この写真からは判別できない・・・。
次回は、体の形がわかるように撮ります。


ミズヒキミノカサゴ
Pterois mombasae
魚類 カサゴ目 フサカサゴ科
伊豆大島
秋の浜 水深23m
2012/01/02
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/06/25(月) 21:35:21|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カエルウオ

2012/01/02-01/03 伊豆大島 (8)

ダイバーみんなが使う、エクジット用の鉄パイクはしご。

そこに今回も、カエルウオが入っていました。
下膨れの顔が面白いので、下からあおって、撮ってみました。

「雷親父」が、怒っているみたい。
08★カエルウオ120102_1-03

表情があるので、何度撮っても飽きない被写体です。


カエルウオ
Istiblennius edentulus
魚類 スズキ目 イソギンポ科
伊豆大島
秋の浜 水深3m
2012/01/02
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/06/23(土) 20:01:03|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ミヤケテグリ

2012/01/02-01/03 伊豆大島 (7)

段下の足元の、転石エリアで、ミヤケテグリの幼魚を撮影しました。

以前掲載した個体と比べると、成長して白い部分が少なくなっています

ちょこまかと、よく動きます。
07-1★ミヤケテグリ120102_1-04

ちょこっと動いては、口を動かして、そしてまた移動。

そんな動きに翻弄されながらも、止まったところを狙ってパシリと。
07-2★ミヤケテグリ120102_1-05


幸せな気持ちにさせてくれる、鮮やかな紅白の個体でした。


ミヤケテグリ
Neosynchiropus moyeri
魚類 スズキ目 ネズッポ科
伊豆大島
秋の浜 水深9m
2012/01/02
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/06/21(木) 22:25:48|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コクテンベンケイハゼ

2012/01/02-01/03 伊豆大島 (6)

浅場の段下、崖の根元のあたりでガイドさんに教えてもらった、コクテンベンケイハゼです
06-1★コクテンベンケイハゼ120102_1-03
まだ若い個体ですね

警戒心が強そうだったので、これ以上は近づくのを諦めました。
エメラルドグリーンに光る目を目印に、撮影です。

2枚目のシャッターを押すと・・・

飛んだ!
06-2★コクテンベンケイハゼ120102_1-04

この種類については以前、大人の個体を撮影したこともあります。
イレズミハゼ属にとって、この場所は住みやすい環境なのでしょうね。


コクテンベンケイハゼ
Priolepis sp.
魚類 スズキ目 ハゼ科
ハゼ亜科 イレズミハゼ属
伊豆大島
秋の浜 水深10m
2012/01/02
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/06/19(火) 20:45:03|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ベニカエルアンコウ

2012/01/02-01/03 伊豆大島 (5)

深度を上げて、根が点在するエリアに戻ってきました。
ガイドさんが被写体を探している間に、僕も根の周囲をぐるりと捜索です。

すると、岩陰にベニカエルアンコウがいるのを、見つけました。
05★ベニカエルアンコウ120102_1-03

この種類を自力で見つけたのは、いつ以来だろう・・・ずいぶん久しぶりです。
擬態上手な種類なので「自分では見つけられないもの」と端から諦めていました。

周りとは違う色だったので、目に入ってきたのかもしれません。
こういう偶然の遭遇というのも、あるのですね。


ベニカエルアンコウ
Antennarius nummifer
魚類 アンコウ目 カエルアンコウ科
伊豆大島
秋の浜 水深12m
2012/01/02
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/06/17(日) 20:33:31|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

アカエソ

2012/01/02-01/03 伊豆大島 (4)

ホウセキキントキの近くに、アカエソがいるのを見つけました。

ちょうど、青抜きできそうな場所にいたので、ついつい、カメラを向けてしまいました

胸ビレ広げて、空を飛んでいるみたい。
04★アカエソ120102_1-01

口はキリっと、目はぎょろっとさせて、意志の強そうな表情でした。


アカエソ
Synodus ulae
魚類 ヒメ目 エソ科
伊豆大島
秋の浜 水深16m
2012/01/02
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/06/14(木) 22:20:37|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ホウセキキントキ

2012/01/02-01/03 伊豆大島 (3)

ぽつんと単体でたたずんでいた、ホウセキキントキ
03★ホウセキキントキ120102_1-05

この種類は八丈島でよく見かけるイメージがあります。
伊豆大島では、これが初めての撮影です。

まだ子どもの個体なのか、小さくてかわいらしく見えました


ホウセキキントキ
Priacanthus hamrur
魚類 スズキ目 キントキダイ科
伊豆大島
秋の浜 水深20m
2012/01/02
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/06/12(火) 22:41:07|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イソコンペイトウガニ

2012/01/02-01/03 伊豆大島 (2)

これもウミトサカエリアでの撮影です
イソコンペイトウガニです

開けた場所にいたので、青抜きで
02★イソコンペイトウガニ120102_1-02

擬態がばれやすい場所にいるのが嫌だったのか、すぐにウミトサカの裏側へと、隠れてしまいました


イソコンペイトウガニ
Hoplophrys ogilbyi
節足動物 カニ類
クモガニ科 イソコンペイトウガニ属
伊豆大島
秋の浜 水深28m
2012/01/02
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/06/10(日) 17:11:57|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウイゴンベ

2012/01/02-01/03 伊豆大島 (1)

ここからは、2012年1月2日-3日の、伊豆大島での写真を紹介していきます。

1年ぶりの伊豆大島・・・間があいてしまいました。

晴れの予報とは裏腹に、どんよりした曇り空の中で、ジェット船に乗り込みました
気温は5度といったところでしょうか、この時期らしい寒さでした。

風はありましたが、秋の浜で潜ることができました。
まずは正面のウミトサカエリアへ。

立派なウミトサカに潜んでいたウイゴンベを、ガイドさんに教えてもらい撮影です。

ウミトサカに溶け込むような、淡い色合いです。
01★ウイゴンベ120102_1-06

上がってから話をしたところ、ガイドさんが指したのは別の被写体だったとのこと。
あらびっくり。

どうやら僕は、集中するとまわりが見えなくなる性質のようです。

ウイゴンベ
Cyprinocirrhites polyactis
魚類 スズキ目 ゴンベ科
伊豆大島
秋の浜 水深29m
2012/01/02
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/06/07(木) 22:50:47|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コマチコシオリエビ

2011/11/20 富戸 (6)

ガイドさんが、ウミシダに潜り込んでいるコマチコシオリエビを見せてくれました。

ウミシダの先に出てきたところを、青抜きで撮影です。

まるで、柱を持ちあげようとしているみたい!?
06-1★コマチコシオリエビ111120_3-03


「うわっ、手がすべった!」
06-2★コマチコシオリエビ111120_3-08


ウネリに翻弄される、コマチコシオリエビでした。

前に手を伸ばしているので、「腰が引けてる」ように見える、ユーモラスな姿です。


これで2011年11月20日の富戸ダイビングの写真も終了です。
出入りは緊張感がありましたが、入ってみれば穏やかな海。
そんな、富戸の懐の深さ??が、僕は好きです。



コマチコシオリエビ
Allogalathea elegans
節足動物 異尾類
コシオリエビ科 コマチコシオリエビ属
富戸
ヨコバマ 水深15m
2011/11/20
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/06/05(火) 23:15:58|
  2. ●富戸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ホウライヒメジ

2011/11/20 富戸 (5)

砂地にじっとしている、ホウライヒメジを見つけました。

砂地にアゴを預けて、リラックスしているみたい
05★ホウライヒメジ111120_3-02

獲物を待っているような緊張感は、感じませんでした。

この種類はときおり、このような姿を見かけます。
とぼけたような、寝ぼけたような??表情に惹かれて、カメラを向けてしまいます。


ホウライヒメジ
Parupeneus ciliatus
魚類 スズキ目 ヒメジ科
富戸
ヨコバマ 水深17m
2011/11/20
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/06/03(日) 21:21:34|
  2. ●富戸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

トラウツボ

2011/11/20 富戸 (4)

オトヒメエビがいる岩のすきまに、トラウツボが入っていました。

「お掃除してよ!」と、じっと見つめるトラウツボ。
04-1◆トラウツボ111120_1-03

しばらくそっぽを向いていた、オトヒメエビ。

ようやく、掃除をする気になりました。
04-2◆トラウツボ111120_1-13



「おお、奥歯のそこそこ!」
04-3◆トラウツボ111120_1-20


「汚れがたんまり、溜まってたからなあ」
04-4◆◆トラウツボ111120_3-13


「ごきげんごきげん!」
04-5◆トラウツボ111120_3-08

大満足の表情の、トラウツボでした。

以前、オトヒメエビにクリーニングしてもらうウツボを撮影しました。
トラウツボのクリーニングシーンは、初めての撮影。

ウツボの仲間は汚れが溜まっているのでしょうか??とても嬉しそうです。


トラウツボ
Muraena pardalis
魚類 ウナギ目 ウツボ科

オトヒメエビ
Stenopus hispidus
節足動物 エビ類
オトヒメエビ科 オトヒメエビ属

富戸
ヨコバマ 水深26m
2011/11/20
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/06/01(金) 22:20:47|
  2. ●富戸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

mak

Author:mak
写真、ダイビングそして読書を楽しむ、ごく普通のサラリーマンです。
詳しくは作者紹介をご覧ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

あわせて読みたい