真壁海中写真館

Underwater Photography

イロカエルアンコウ

2011/5/22-23の伊豆海洋公園ダイビング (2)

1泊2日で潜った、2011年5月の伊豆海洋公園。
被写体を絞って、2日間に渡りじっくりと、撮影しました。

その内のひとつが、オレンジ色が鮮やかなイロカエルアンコウです。

まずは顔を、正面から。
02-1★イロカエルアンコウ110523_1-04

正面から見ると、かわいらしい表情ですね。


でも角度を変えると・・・

不気味。
02-2★イロカエルアンコウ110523_1-03

頬がこけているように、見えますね。
獲物にありつけていないのかな?

カイメンに身を潜めて、獲物が近付くのをじっと、待っていました。
02-3★イロカエルアンコウ110523_1-02

この後の潜水でも撮影したので、また後ほど紹介します。


イロカエルアンコウ
Antennarius pictus
魚類 アンコウ目
カエルアンコウ科
伊豆海洋公園
2番の根 水深25m
2011/05/23
Canon EOS 40D

umikuukan_s.jpg

FC2 Blog Ranking
 
スポンサーサイト

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/01/31(火) 22:06:00|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

オキゴンベ

2011/5/22-23の伊豆海洋公園ダイビング (1)

ここからは、2011年5月22日-23日の、伊豆海洋公園の写真を掲載します。

陸上が暑かったので、この日から、ドライスーツからロクハンに衣替えしました。

水温は15度前後で、視界は3mがやっといったところ。
ガイドさんを見失わないように、注意です。

まず1本目は、2番の根に向かいました。

最初に撮影したのは、絵になる場所にいたオキゴンベです。
01-1★オキゴンベ110522_1-01

ドーム状の目で、ぐりぐりと周りの様子を窺っていました
色の薄い個体だったので、淡い色彩の写真に、仕上がってくれました。


オキゴンベ
Cirrhitichthys aureus
魚類 スズキ目 ゴンベ科
伊豆海洋公園
2番の根 水深35m
2011/05/22
Canon EOS 40D

umikuukan_s.jpg

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/01/30(月) 21:52:54|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヤマドリ

2011/4/9の伊豆海洋公園ダイビング (8)

オクリダシでの減圧中に、ヤマドリをみつけました。

1匹でひっそりとたたずむ。
08-1★ヤマドリ110409_2-05
あまり動きませんでした。
自分の擬態に、自信があるのかな。


目がウルトラセブンみたい。
08-2★ヤマドリ110409_2-06

ほっぺたのブルーのにきび?も、チャームポイントです。


ヤマドリ
Neosynchiropus ijimai
魚類 スズキ目 ネズッポ科
伊豆海洋公園
オクリダシ 水深4m
2011/4/9
Canon EOS 40D

umikuukan_s.jpg

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/01/29(日) 20:30:24|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ツリフネキヌヅツミ

2011/4/9の伊豆海洋公園ダイビング (7)

ウミウサギが好きな僕にとって、嬉しい出会いがありました。

かねてから出会いたかった、ツリフネキヌヅツミです。

青抜きで爽やかに!
07-1★ツリフネキヌヅツミ110409_2-11
白いヤギも綺麗で、まさに文句なしのシチュエーション。
大きさは5cmくらいでしょうか、立派な個体でした。

このヤギには2個体、いました。
もう1個体は、やや小ぶり。

でも、横から撮るとまさに・・・

「吊り舟」絹包
07-2★ツリフネキヌヅツミ110409_2-12
良い名前がつけられていますねえ。

ヤギの白いポリプに囲まれていたので、淡い雰囲気でも撮影してみました。
07-3★ツリフネキヌヅツミ110409_2-09
白い水玉模様も、おしゃれです。

最後はまた、大きな個体に戻って。

頭に、白いお花をつけてるみたい。
07-4★ツリフネキヌヅツミ110409_2-05
大きい個体の右下には、ピンク色の卵が見えます。
この場所で、繁殖しているのですねえ。

このヤギがこの貝だらけになったら、面白いなあ。

稀種というわけではないようですが、これまで出会えていなかったので、嬉しかった!
夢中でシャッターを切る、そんな至福の、ひとときでした。


ツリフネキヌヅツミ
Phenacovolva(Calcarovula) longirostrata
軟体動物 巻貝類 ウミウサギ科
伊豆海洋公園
2番の根 水深35m
2011/4/9
Canon EOS 40D

umikuukan_s.jpg

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/01/28(土) 19:29:02|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

クダゴンベ

2011/4/9の伊豆海洋公園ダイビング (6)

この日2本目のダイビングもまず、1本目と同じエリアに向かいました。
ふたたび、クダゴンベを撮影です。

手前にピンク色のフトヤギもあったので、2色を取り合わせて。

漫画の「吹き出し」みたい。
06★クダゴンベ110409_2-03

せっかくの被写体ですからねえ、あれこれと楽しませてもらいました!


クダゴンベ
Oxycirrhites typus
魚類 スズキ目 ゴンベ科
伊豆海洋公園
2番の根 水深36m
2011/4/9
Canon EOS 40D

umikuukan_s.jpg

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/01/27(金) 22:01:45|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ナヌカザメの卵

2011/4/9の伊豆海洋公園ダイビング (5)

この日1本目のダイビングも、深度を上げて、窒素抜きを兼ねて浅場を散策しました。
そこで出会ったのが、この被写体。

人魚の財布。
05-1★ナヌカザメ110409_1-04
ナヌカザメの卵です。

乳白色の殻の中に見える、丸いものが卵です。
普段は深い深度に棲息しているナヌカザメが、浅場に上がってきて産卵するようです。

これを「人魚の卵」と表現した、昔の人々の想像力というか表現力は、現代人に無い素敵な感覚だなあと思います。
でも僕といえば、この卵を見ると「いったんもめん」を思い浮かべてしまいます・・・。

ナヌカザメ
Cephaloscylium umbratile
魚類 メジロザメ目 トラザメ科
伊豆海洋公園
2番の根 水深11m
2011/4/9
Canon EOS 40D

umikuukan_s.jpg

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/01/26(木) 22:21:49|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ウミイチゴ

2011/4/9の伊豆海洋公園ダイビング (4)

1年半ぶりにウミイチゴを撮影しました。

熟しきった、甘そうなイチゴですねえ。
04-1★ウミイチゴ110409_1-01
特に、幹の部分の色が濃くて、甘そうです。

ウミイチゴに限りませんが、サンゴの仲間は、ポリプひとつひとつが食糧調達をします。

パクっと食べる。
04-2★ウミイチゴ110409_1-02
こういうシーンを見ると、ポリプそれぞれに、個性があるように感じますね。
「次はどういうふうに撮ろうかなあ」と考えさせてくれる、被写体です。

ウミイチゴ
Bellonella rubra
刺胞動物 花虫綱
ウミトサカ目 ウミトサカ科
伊豆海洋公園
2番の根 水深23m
2011/4/9
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/01/25(水) 21:59:23|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

クダゴンベ

2011/4/9の伊豆海洋公園ダイビング (3)

クダゴンベその②です。

フトヤギのポリプが咲いていたので・・・

華やかな雰囲気で、撮影。
03★クダゴンベ110409_1-02

フトヤギの黄色とクダゴンベの朱色が、鮮やかですねえ。


フトヤギの枝ぶりも面白かったので・・・

ウネウネした雰囲気で。
03★クダゴンベ110409_1-04

そして最後は、前ボケを入れて。
03★クダゴンベ110409_1-05

こうして見ると、このクダゴンベの色は目立っていますよねえ。
この場所で、身の安全を守れるのでしょうか??

それはともかく、撮影者にとっては嬉しい色の取り合わせ。
夢中で撮らせてもらいました!


クダゴンベ
Oxycirrhites typus
魚類 スズキ目 ゴンベ科
伊豆海洋公園
2番の根 水深36m
2011/4/9
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/01/23(月) 21:17:24|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

クダゴンベ

2011/4/9の伊豆海洋公園ダイビング (2)

この日の1本目は、少し深めの深度まで行って、クダゴンベを撮影しました。

イエローのフトヤギに、付いていたので・・・

雷が落ちたイメージで。
02★クダゴンベ110409_1-19

2枚目はさらに近付いて、顔のアップを。

二段階に伸びた、細長い口です。
02★クダゴンベ110409_1-25

伊豆海洋公園では、「見つかると話題になる」被写体です。
粘って撮影したので、記事を分けて、紹介します。


クダゴンベ
Oxycirrhites typus
魚類 スズキ目 ゴンベ科
伊豆海洋公園
2番の根 水深36m
2011/4/9
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/01/22(日) 19:41:57|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アカホシカクレエビ

2011/4/9の伊豆海洋公園ダイビング (1)

ここからは、2011年4月9日の、伊豆海洋公園の写真を紹介していきます。
大震災の影響もあり、伊豆半島での潜水は3か月以上、間隔が開いてしまいました。

この日の天候は雨。
水温も13℃前後と低く、身が引き締まる??ダイビングとなりました。

エントリーして向かったのは2番の根。
まず紹介するのは、アカホシカクレエビです。

緑の山に、囲まれて。
01★アカホシカクレエビ110409_1-02

グリーンのグビジンイソギンチャクとの取り合わせは、被写体として鉄板ですねえ。
エビの腕の色が際立つように、若干アンダー気味に、撮影しました。

アカホシカクレエビ
Periclimenes sp.
節足動物 エビ類
テナガエビ科 ホンカクレエビ属
伊豆海洋公園
2番の根 水深25m
2011/4/9
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/01/21(土) 20:52:55|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

富戸港の夜明け(5)

2010/12/28 富戸港 早朝撮影 (5)

富戸港での早朝撮影。
これまで2回、このシリーズを載せているのですが、いずれも「朝日が出たらおしまい」てな感じで、朝日そのものの写真をあまり、撮っていませんでした。

今回は海面に写る朝日が強かったので、海面を中心に撮影してみました。

「伊豆の海」という雰囲気ですねえ。
05-1★朝日101228_02

2枚目は、朝日を中央に配置して。

まさに、光の道。
05-2★朝日101228_19

陽が高くなったので、最後は縦位置で。
05-3★朝日101228_26

空がオレンジ色に染まる、強烈な朝日でした。

これで2010年12月28日の早朝撮影は終了。

日の出の撮影は、冬至の頃が一番、時間的には条件が良いのですが、寒くて布団から抜けだすのが・・・。
痛し痒しですが、普段の生活では撮れない被写体なので、チャンスがあれば、繰り出します!


2010/12/28
Canon EOS 40D

umikuukan_s.jpg

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:夕陽・夕焼け・朝日・朝焼け - ジャンル:写真

  1. 2012/01/20(金) 21:55:39|
  2. ■富戸港(陸撮)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

富戸港の夜明け(4)

2010/12/28 富戸港 早朝撮影 (4)

夜明けまでの、刻々と変わる空の色を撮影した、富戸港での早朝撮影。

いよいよ、夜明けです。

雲と漁船と。
04-1★夜明101228_11
雲が綺麗に色づいています。

18mm-55mmのズームレンズだったので、55mm側で雲だけを切り取ってみました。

輝く階段。
04-2★夜明け手前101228_26
朝日は顔を出しましたが、もう少し、撮影を続けました。

2010/12/28
Canon EOS 40D

umikuukan_s.jpg

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:夕陽・夕焼け・朝日・朝焼け - ジャンル:写真

  1. 2012/01/19(木) 22:36:52|
  2. ■富戸港(陸撮)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

富戸港の夜明け(3)

2010/12/28 富戸港 早朝撮影 (3)

”朧げ”な写真にチャレンジした、富戸港での早朝撮影。

お次に紹介するのは、波打ち際の「もやもや」です。
03-1★波打ち際101228_06

「雲海」のようにも、見えますね。
岩の配置によって、雰囲気が変わります。

しっとりした岩の「黒」と、雲のような、水の「白」。
03-2★波打ち際101228_03

昼間でも撮れると思うのですが、淡く赤みが入るのは、この時間帯ならではですね。

これも、撮り続けて行きたいテーマです。


2010/12/28
Canon EOS 40D

umikuukan_s.jpg

FC2 Blog Ranking
  

テーマ:夕陽・夕焼け・朝日・朝焼け - ジャンル:写真

  1. 2012/01/18(水) 22:34:51|
  2. ■富戸港(陸撮)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

富戸港の夜明け(2)

2010/12/28 富戸港 早朝撮影 (2)

刻々と変わる、日の出前の空の色。
空が染まれば、海の色も染まるということで。

夢の中の映像みたい。
02★夜明け前の光101228_34
こういう”朧げ”な雰囲気の写真は、光の弱い時間帯ならではですね。

2010/12/28
Canon EOS 40D

umikuukan_s.jpg

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:夕陽・夕焼け・朝日・朝焼け - ジャンル:写真

  1. 2012/01/17(火) 21:50:04|
  2. ■富戸港(陸撮)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

富戸港の夜明け(1)

2010/12/28 富戸港 早朝撮影 (1)

2010年の年末の伊豆海洋公園ダイビングは、一泊二日の日程でした。
寒くて起きるのがつらかったのですが、頑張って夜明け前に起き出し、お宿の近くの富戸港まで、撮影に行きました。

狙うは、日の出前後の、刻々と変わる空の色です。
まずは日の出までにはまだ、時間がある時のショットを。

濃い藍色の空に、沖合の漁船の灯が、輝きます。
01★夜明け前の光101228_11

この時刻に漁をしているのですねえ。

もう一艘、出勤です。
01★夜明け前の光101228_25

夜の闇に光が動く光景、これからも狙っていきたいです。
チャンスを逃さないようにしないと・・・。

2010/12/28
Canon EOS 40D

umikuukan_s.jpg

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:夕陽・夕焼け・朝日・朝焼け - ジャンル:写真

  1. 2012/01/16(月) 22:18:33|
  2. ■富戸港(陸撮)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ミナミハコフグ

2010/12/27-12/28 伊豆海洋公園 (12)

オクリダシ壁面の割れ目にいる、ミナミハコフグを撮影しました。
まだ子供は子供なんだけれども、「ちっちゃくてかわいい」と言うには、育ってしまった・・・そんな個体でした。

ふてぶてしさが、増しています。
12-1★ミナミハコフグ101228_2-01


正面顔も、落ち着きを感じます。
12-2★ミナミハコフグ101228_2-02


でも、尾びれを振って動く姿は、まだまだかわいらしい。
12-3★ミナミハコフグ101228_2-03

割れ目に逃げ込まず、しばらくの間、相手をしてくれました。
このくらいの大きさの方が、逃げなくて、撮影はしやすいかもしれませんね。


ミナミハコフグ
Ostracion cubicus
魚類 フグ目 ハコフグ科
伊豆海洋公園
オクリダシ 水深4m
2010/12/28
Canon EOS 40D

umikuukan_s.jpg

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/01/15(日) 19:59:35|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

イソギンチャクエビ

2010/12/27-12/28 伊豆海洋公園 (11)

オクリダシでイソギンチャクモエビを撮影しました。

バランスボールで運動中?!
11-1★イソギンチャクエビ101228_2-04
ふくらんだイソギンチャクが、ぼわんぼわんと、心地よさそうでした。

このエビ、目の間がつながっているように見えます。

『天才バカボン』のおまわりさんみたい。
11-2★イソギンチャクエビ101228_2-07
のんびり屋さんなのか、動かないのでじっくり、撮影できました。


イソギンチャクエビ
Prriclimenes brevicarpalis
節足動物 エビ類
テナガエビ科 ホンカクレエビ属
伊豆海洋公園
オクリダシ 水深5m
2010/12/28
Canon EOS 40D

umikuukan_s.jpg

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/01/14(土) 22:49:25|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ミスガイ

2010/12/27-12/28 伊豆海洋公園 (10)

10★ミスガイ101228_2-04

顔がはみ出るくらい近づいて撮影した、ミスガイです。

揺れのある、浅い深度で撮影しました。
体を固定するだけでもひと苦労・・・。

”貝殻を背負うウミウシ”の仲間では、横綱級と言っていい大きさです。
でもこの目はどこか、自信なさげに見えます・・・。

ミスガイ
Hydatina physis
軟体動物 頭楯目
オオシイノミガイ上科 ミスガイ科
伊豆海洋公園
オクリダシ 水深5m
2010/12/28
Canon EOS 40D

umikuukan_s.jpg

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/01/13(金) 22:37:31|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ノコギリハギ

2010/12/27-12/28 伊豆海洋公園 (9)

前日と同じエリアで潜った、この日2本目のダイビング。
またもやノコギリハギを撮影しました。

前日よりも少しは近寄って・・・と粘ってみました。

正面からの顔は・・・口をすぼめて、かわいらしい
09-1★ノコギリハギ101228_2-09

お次は、向きを変えた瞬間を。

腰をくいっと、ひねります。
09-2★ノコギリハギ101228_2-11
良い場所にいた、魅力的な被写体。

でも、なかなか、手ごわい相手でした・・・。
リベンジしたい!


ノコギリハギ
Paraluteres prionurus
魚類 フグ目 カワハギ科
伊豆海洋公園
ブリマチ方面 水深23m
2010/12/28
Canon EOS 40D

umikuukan_s.jpg

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/01/12(木) 21:58:15|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

サツマカサゴ

2010/12/27-12/28 伊豆海洋公園 (8)

日が変わり、ここからは2010年12月28日の写真を紹介します。

まずはオクリダシで撮影した、サツマカサゴから。

上半身だけ、日焼けしてる??。
08★サツマカサゴ101228_1-03

浅い水深だったので、ストロボは使わず、自然光中心に撮影しました。


サツマカサゴ
Scorpaenopsis neglecta
魚類 カサゴ目 フサカサゴ科
伊豆海洋公園
オクリダシ 水深5m
2010/12/28
Canon EOS 40D

umikuukan_s.jpg

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/01/11(水) 21:06:20|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ヤマトカマス

2010/12/27-12/28 伊豆海洋公園 (7)

この日2本目のダイビングも、ブリマチ方面での撮影を終え、オクリダシの近くまで移動してきました。
深度の浅い場所に水面を見上げると、カマスが群れているのが見えました。

なかなか近づけないのですが、なんとか、ストロボが届く位置まで寄って、パシリと。

活きの良い色をしていますねえ。
07★ヤマトカマス101227_2-02
生きているから、当たり前なのですが・・・陸揚げ後はなかなかお目にかかれない、光りっぷりです。

図鑑で調べたところ、ヤマトカマスのようです。

以前、伊豆海洋公園近くの料理屋さんで、「カマス塩焼き定食」をオーダーしたら、1人前に3本!盛り付けられていて、びっくりしたことを思い出しました。


ヤマトカマス
Sphyraena japonica
魚類 スズキ目 カマス科
伊豆海洋公園
オクリダシ 水深4m
2010/12/27
Canon EOS 40D

umikuukan_s.jpg

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/01/10(火) 22:32:13|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アカホシカクレエビ

2010/12/27-12/28 伊豆海洋公園 (6)

2010年12月27日は、2本目も、ブリマチ方面で潜りました。
1本目と同じ、ソフトコーラルが多いエリアです。

イソギンチャクに乗っていた、アカホシカクレエビを撮影しました。
すると近づく僕のことがいやだったのか、このエビにしては珍しく、ふわりと、大きく移動しました。

行きついた先は・・・ウミトサカの、鮮やかなポリプの上!
06★アカホシカクレエビ101227_2-11
「これはラッキー」と、じっくり撮影する体制に入ろうとする僕。
しかし、そんな僕を見透かすかのように、また、ふわりと、元のイソギンチャクに戻ってしまいました。

思わせぶりな、アカホシカクレエビでした。


アカホシカクレエビ
Periclimenes sp.
節足動物 エビ類
テナガエビ科 ホンカクレエビ属
伊豆海洋公園
ブリマチ方面 水深25m
2010/12/27
Canon EOS 40D

umikuukan_s.jpg

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/01/09(月) 17:29:23|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

トウシマコケギンポ

2010/12/27-12/28 伊豆海洋公園 (5)

この日1本目のダイビングでは、ブリマチ方面からオクリダシに戻る手前で、トウシマコケギンポを撮影しました。

目をギョロリとさせて、まわりの様子を窺っています。
05-1★トウシマコケギンポ101227_1-06

光の当て方によっては・・・

ホラーな表情に。
05-2★トウシマコケギンポ101227_1-08

この個体はグリーンの大きなサンゴに、巣穴を構えていました。

これまでも通っていた場所ですが、ここでトウシマコケギンポを撮影したのは、この時が初めてです。
観察眼は、磨き続けていないといけませんね。


トウシマコケギンポ
Neoclinus toshimaensis
魚類 スズキ目 コケギンポ科
伊豆海洋公園
ブリマチ方面 水深6m
2010/12/27
Canon EOS 40D

umikuukan_s.jpg

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/01/08(日) 18:38:28|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ノコギリハギ

2010/12/27-12/28 伊豆海洋公園 (4)

愛嬌のあるノコギリハギ
先に、黒抜きで撮影した写真を紹介したので、今回は青抜きの写真を掲載です。

深みのあるブルーで。
04★ノコギリハギ101227_1-06

2枚目は、淡いブルーで。
04★ノコギリハギ101227_1-11
どちらが好きかは、見る人の好み次第でしょうかね。
このノコギリハギ、後のダイビングでも撮影したので、間をおいてまた、紹介します。


ノコギリハギ
Paraluteres prionurus
魚類 フグ目 カワハギ科
伊豆海洋公園
ブリマチ方面 水深26m
2010/12/27
Canon EOS 40D

umikuukan_s.jpg

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/01/07(土) 22:15:58|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ノコギリハギ

2010/12/27-12/28 伊豆海洋公園 (3)

ウミトサカの畑?で撮影した、この日の伊豆海洋公園ダイビング。
お次はかわいらしい、ノコギリハギです。

雲の上を、ふわふわと。
03★ノコギリハギ101227_1-01

扇子のように、尾びれをぱっと。
03★ノコギリハギ101227_1-02

愛嬌を振り撒きながら、ちょこちょこ泳ぎまわる、ノコギリハギ。
たくさん撮影したので、記事を分けて紹介します。

ノコギリハギ
Paraluteres prionurus
魚類 フグ目 カワハギ科
伊豆海洋公園
ブリマチ方面 水深26m
2010/12/27
Canon EOS 40D

umikuukan_s.jpg

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/01/06(金) 22:52:32|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ウツボ

2010/12/27-12/28 伊豆海洋公園 (2)

この1年もたくさん、ウツボに被写体になってもらいました。
この日は鮮やかな紅色のウミトサカとセットで、撮影です。

「半開きの口に、1本歯」・・・愛嬌があります。
02★ウツボ101227_1-01
ボタンを付けたような目も、かわいらしいです。

この場所にとどまっているのですが、よく観察していると動きがあります。

口を結んで、何か言いたげ。
02★ウツボ101227_1-02

継続して向き合っていると、さまざまな表情があることに気づきます。
微妙な表情の違いを、撮りためていきたいなと思います。

ウツボ
Gymnothorax kidako
魚類 ウナギ目 ウツボ科
伊豆海洋公園
ブリマチ方面 水深23m
2010/12/27
Canon EOS 40D

umikuukan_s.jpg

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/01/05(木) 22:25:21|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

イソカサゴ

2010/12/27-12/28 伊豆海洋公園 (1)

ここからは、2010年12月27日-28日の1泊2日での、伊豆海洋公園の写真を紹介していきます。
2011年の写真展に出展する写真を決めて気が緩んだのか?この時は3か月ぶりのダイビングでした。

天気は晴れで気温は5-6度といったところ。
北風が吹いていて、陸上は寒く感じました。

海は波もなく穏やかで、視界は20m位あり良好。
水温は15度前後と、3か月前から8度前後下がっていたので、真冬の装備で潜りました。

ポイントはブリマチ方面。
ソフトコーラルのポリプが開いているエリアを選んで、撮影しました。

まず最初に紹介するのは、イソカサゴです。
01★イソカサゴ101227_1-05
ピンクのウミトサカに潜んでいたので、ポリプ越しに、撮影してみました。
同じ雰囲気の写真は以前、オレンジのウミトサカに潜んでいた個体の写真を撮影したことがあります。

色が違うとまた、雰囲気が違いますね。
自然光を入れ込んで、ブルーの色合いを添えてみました。

イソカサゴ
Scorpaenodes littoralis
魚類 カサゴ目 フサカサゴ科
伊豆海洋公園
ブリマチ方面 水深23m
2010/12/27
Canon EOS 40D

umikuukan_s.jpg

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/01/04(水) 20:39:17|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「伊豆2011」シリーズスタート!

2011年も、伊豆を中心に潜りました。
写真展への出展作品も決まりましたので、昨年伊豆で撮影した写真を一挙に、紹介していきたいと思います。

ポイントは伊豆海洋公園が中心ですが、海況の影響もあって、富戸、八幡野、大瀬崎でも撮影しています。
撮影日順に紹介していくので、何度も登場する被写体もありますが・・・色々と試しながら撮っているんだなあと、受け取っていただければ嬉しいです。

ホームグラウンドで撮影した写真の数々を、ご覧ください!

umikuukan_s.jpg

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/01/03(火) 20:57:47|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヒレナガスズメダイ

2011/09/07-08の屋久島ダイビング (36)

2011年9月の屋久島ダイビングの写真も、いよいよ最後の一枚となりました。
これも、安全停止中の浅場で見かけた、お魚です。

ヒレナガスズメダイの幼魚です。
36-1★ヒレナガスズメダイ110908_3-17
この種類は以前、沖縄・慶良間で見かけたことがあります。
南方系のスズメダイだと思いますが、屋久島にも定着しているのですね。

英名は"Yellowtail Damsel"。
成長すると、黒いラインがなくなるようです。


これで、2011年9月の屋久島の写真掲載は終了です。
「森」のイメージが強い屋久島ですが、「海」も楽しめる島ですね。
亜熱帯と温帯が混ざった、面白い環境の海域なのだなと感じました。
『屋久島ダイビング・サービス「森と海」』さんのおかげで、被写体に次から次へと出会える、楽しいダイビングになりました。
「また機会を作って訪れたい」と思う、魅力的な島でした。



ヒレナガスズメダイ
Neoglyphidodon nigroris
魚類 スズキ目
スズメダイ科
屋久島
お宮前 水深5m
2011/09/08 
Canon EOS 40D

umikuukan_s.jpg

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/01/01(日) 18:09:19|
  2. ●屋久島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

mak

Author:mak
写真、ダイビングそして読書を楽しむ、ごく普通のサラリーマンです。
詳しくは作者紹介をご覧ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

あわせて読みたい