真壁海中写真館

Underwater Photography

ハナヒゲウツボ

2011/09/07-08の屋久島ダイビング (7)

最近2年以上、南の島でダイビングをしていませんでした。

なので今年はGWに行ったタイ・ラチャヤイ島やこの屋久島でのダイビングで、「お久しぶり!」という種類に多く、会えました。


ハナヒゲウツボもそのひとつ。

久しぶりにこの、無心に口を広げる姿を見ることができました。
07-1★ハナヒゲウツボ110907_2-04

警戒心が強い個体なのか、撮影可能な距離に近づくと、体を巣穴にひっこめようとします。

でも頭だけは隠さず、この写真の程度でおさてくれるあたり、サービス精神旺盛??


なので2枚目は、正面に回って撮影です。

花を撮影している気分になってしまいました。
07-2★ハナヒゲウツボ110907_2-09

ウツボというと凶暴なイメージがありますが、このハナヒゲウツボは別格ですね。

英名:Ribbon Eel

色といい形といい、まさにリボンのような、ウツボです。


ハナヒゲウツボ
Rhinomuraena quaesita
魚類 ウナギ目
ウツボ科
屋久島
オツセ 水深26m
2011/09/07 
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 
スポンサーサイト

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/11/30(水) 22:13:10|
  2. ●屋久島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

カメンタマガシラ

2011/09/07-08の屋久島ダイビング (6)

9/7の2本目のダイビングは、一湊(いっそう)から車で西に走って、永田港からの出航となりました。

ポイントはオツセ

エントリーしてまず撮影したのが、カメンタマガシラの幼魚です。

小さな体で、よく動き回ります。
06-1★カメンタマガシラ110907_2-10

かなり広い範囲を、泳がされました・・。

ブルートイエローのラインが、鮮やかです。

イトヨリダイ科の魚は、個性的ですね。


カメンタマガシラ
Scolopsis xenochrous
魚類 スズキ目
イトヨリダイ科
屋久島
オツセ 水深29m
2011/09/07 
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/11/29(火) 22:22:09|
  2. ●屋久島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アシビロサンゴヤドリガニ

2011/09/07-08の屋久島ダイビング (5)

ガイドさんが、「これ撮ってみて!」と、サンゴの表面を指さしました。

何かいるのですか?
05-1★アシビロサンゴヤドリガニ110907_1-01
実は1枚目の写真の真ん中の亀裂に、カニがいたのですね。

よく見ると、小さな目が光っています。


ガイドさんの魔法の手??によって、巣穴から出てもらいました。

淡いブルーが綺麗な、小さなカニです。
05-2★アシビロサンゴヤドリガニ110907_1-06

アシビロサンゴヤドリガニという種類のようです。

甲殻類は興味があって色々と撮ってきましたが、このカニのことはこれまで、知りませんでした。

Webで調べましたが、科名などつきとめることができませんでした。

最近、和名がついた種類なのでしょうか。

屋久島の甲殻類は、奥が深そうです。


アシビロサンゴヤドリガニ
Pseudocryptochirus viridis
カニ類
屋久島
お宮前 水深7m
2011/09/07 
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/11/28(月) 21:40:02|
  2. ●屋久島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハナゴンベ

2011/09/07-08の屋久島ダイビング (4)

9月の屋久島ダイビングでは、ハナゴンベの姿を、よく見かけました。
04-1★ハナゴンベ110907_1-03

魅惑的な姿をしている魚ですよね。

怒ったような表情が、またかわいらしい。
04-2★ハナゴンベ110907_1-05

この種類は「警戒心が強い」というイメージがありました。

でも屋久島では個体数も多く、警戒心もそれほど強くないように感じました。

この後のダイビングでも撮影したので、また、紹介していきます。


ハナゴンベ
Serranocirrhitus latus
魚類 スズキ目 ハタ科
屋久島
お宮前 水深25m
2011/09/07 
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/11/27(日) 19:50:40|
  2. ●屋久島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ヒメニラミベニハゼ

2011/09/07-08の屋久島ダイビング (3)

オヨギベニハゼの撮影に苦労している僕を見かねて、「こっちも撮ってよ!」と、ガイドさんが別の場所にいざなってくれました。

ここでも・・・

ハゼが浮遊。
03-1★ヒメニラミベニハゼ110907_1-07

別名「シャープアイ」の、ヒメニラミベニハゼですね。

しばらく観察していると、サンゴに着底しました。

お休みモード。
03-2★ヒメニラミベニハゼ110907_1-11

ずっとホバーリングしているのに疲れたのか、それとも近づく僕に警戒したのか・・・。

理由は分かりませんが、僕にとってこれはチャンス。

キリリとした目に、最接近です。
03-3★ヒメニラミベニハゼ110907_1-14

伊豆大島でも撮影したことのある種類ですが、南方に棲息する種類なのでしょうね。

久しぶりに「浮遊タイプ」のハゼと向き合いました。


ヒメニラミベニハゼ
Trimma anaima
魚類 スズキ目 ハゼ科
ハゼ亜科 ベニハゼ属
屋久島
お宮前 水深25m
2011/09/07 
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/11/26(土) 21:16:48|
  2. ●屋久島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オヨギベニハゼ

2011/09/07-08の屋久島ダイビング (2)

ニチリンダテハゼを撮影後、ガイドさんが連れて行ってくれたのは、岩の亀裂。

何を教えてくれたのか、最初は分からなかったのですが、目を凝らすとこんな光景が見えてきました。

浮遊する小さなハゼです。
02-1★オヨギベニハゼ110907_1-02
オヨギベニハゼです。

けっこうな数が、この場所に集まっていました。

その多くが、写真の個体のように頭を上にして浮いていました。

もっと近づいて撮影したかったのですが、隙間にカメラが入っていかず残念!


オヨギベニハゼ
Trimma taylori
魚類 スズキ目 ハゼ科
ハゼ亜科 ベニハゼ属
屋久島
お宮前 水深25m
2011/09/07 
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/11/25(金) 20:41:33|
  2. ●屋久島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ニチリンダテハゼ

2011/09/07-08の屋久島ダイビング (1)

屋久島ダイビング初日9/7はまず、一湊(いっそう)の港から出航しました。

1本目のポイントは「お宮前」

エントリー前の「ニチリンダテハゼ見ますか?」というガイドさんの提案に二つ返事で乗り、まずはその生息場所に向かいました。


砂地のハゼは隠れてしまうこともあるので、リスクがありますが・・・

無事に撮影できました。
01-1★ニチリンダテハゼ110907_1-10
巣穴に逃げ込まないように注意して、徐々に近づきながら撮りました。

上の1枚目の時点ですでに、10回くらいシャッターを切っていたりします。


立派な個体ですね。お腹も膨らんでいます。

2枚目は正面に回り込んで、顔を狙ってのショットです。

黄色の輪っかが、かわいらしい。
01-2★ニチリンダテハゼ110907_1-11
砂地の雰囲気を出そうと思い、自然光を青く乗せて撮影しています。

3枚目は物語っぽく??

水面見上げて、何を待つ?
01-3★ニチリンダテハゼ110907_1-14
しかしこの個体、かなり近づいても、巣穴に隠れようとはしませんでした。

後でガイドさんから聞いたところによると、かなり警戒心が薄い個体のようです。

名前の「日輪」の由来になっている背ビレは、警戒している時に広げるようですが、ほとんど寝かせたままでした。

ときおり思い出したように背ビレを持ち上げるので、その瞬間を狙って、シャッターを切ります。

日輪見えた!?
01-4★ニチリンダテハゼ110907_1-19

砂地のハゼにも、のんびり屋さんがいるのですね。

おかげでじっくり、撮ることが出来ました。


ニチリンダテハゼ
Amblyeleotris randalli
魚類 スズキ目 ハゼ科
ハゼ亜科 ダテハゼ属
屋久島
お宮前 水深25m
2011/09/07 
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/11/24(木) 21:35:10|
  2. ●屋久島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「2011年9月の屋久島ダイビング」シリーズスタート!

2011年9月に、かねてから行きたいと思っていた屋久島に、行ってきました。
屋久島はもちろん、鹿児島県に上陸するのも人生初だったりします・・。

往き帰りも含めた全4日間のスケジュールは、こんな感じ。

1日目: 飛行機で移動(羽田→鹿児島→屋久島)
     ダイビング2本
2日目: ダイビング3本
3日目: 縄文杉トレッキング(往復22km)
4日目: 白谷雲水峡トレッキング(往復6km)
     飛行機で移動(屋久島→鹿児島→羽田)

海も山も!という、自分にとっては体力的に、ハードな4日間でした。

こちら『真壁海中写真館』には、前半2日間のダイビングで撮影した写真を、掲載していきます。

ダイビングサービスは、『屋久島ダイビングサービス 森と海』さんを利用させていただきました。

『屋久島ダイビングサービス 森と海』HP
http://mori-umi.net/

オーナーさんとスタッフさんの2人という、アットホームな雰囲気のお店です。
しかしそのガイディングの(マニアック度の??)高さは、想像以上でした。
そのあたりは、写真を載せながら順次、紹介していきます。

ダイビングスタイルはボートダイビング。
港で器材をセッティングをしてから出港し、ポイントまでの所要時間は数分といったところでした。

海は2日間ともとても穏やかで、視界は30m以上!水温は29度前後。
初めて屋久島を訪れる僕にとっては、これ以上無いグッドコンディションでした。

南の島にデジタル一眼を持ちこむのは久しぶりです。
気合と期待を込めて、ダイビングスタートです!
0_鹿児島-屋久島間
写真は復路の屋久島→鹿児島便。
久しぶりにコンパクトタイプの飛行機に乗りました。


2011/09/10 
Canon IXY 400F

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/11/23(水) 21:06:46|
  2. ●屋久島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

群れ

2011/5/5-5/6のタイ・ラチャヤイ島ダイビング(19)

2011年のゴールデンウィークに潜った、タイ・ラチャヤイ島。

その写真紹介も最後になりました。


この日2本目のダイビングも終わりに近づき、ゆったりとした流れに、身を任せていました。

ふと気配を感じて上を見上げると、こんな光景が目に入ってきました。

雲のような、魚の群れです。
19★?タカサゴ08

少し距離があったので、魚の種類は見分けられませんでしたが、かなり広い範囲に渡って、群れていました。

一定方向に向かって泳いでいるというよりは、ふわふわと浮遊している感じ

これで、タイ・ラチャヤイ島ダイビングの連載も終了!です。
ダイビングボートの船上は欧米人が多く、英語以外の言葉も飛び交っていて、国際色豊かでした。
大きな船でダイバーの人数は多かったのですが、出入りの時間を分けてくれたので、それほど不便は感じませんでした。
そして水中はゆったりモード。
日本できつく巻いたゼンマイを、緩めてもらったような、贅沢な時間でした!



タイ・ラチャヤイ島
Bay1 水深5m
2011/5/6
Canon PowerShot S45

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/11/22(火) 22:12:57|
  2. ●タイ・ラチャヤイ島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

INDIAN DASCYLLUS

2011/5/5-5/6のタイ・ラチャヤイ島ダイビング(18)

ダイビング2日目も、1本目の後に少し船を移動して、船上でランチを食べました。

昼食で停泊した場所から、そのまま2本目のダイビングにドボンとエントリー。

白い砂地の斜面を、流れにまかせて進みました。


そんな中、砂地に点在するサンゴの根で目にしたのが、この光景。

パンダ模様の、スズメダイの群れです。
18★?スズメダイア03
図鑑で調べたところ、INDIAN DASCYLLUSという種類のようです。

この模様のせいか、のんびりした雰囲気に見えて・・・和ませてもらいました。

INDIAN DASCYLLUS
Chrysiptera cameus
魚類 スズキ目 スズメダイ科
タイ・ラチャヤイ島
Bay2 水深10m
2011/5/6
Canon PowerShot S45

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/11/21(月) 20:37:34|
  2. ●タイ・ラチャヤイ島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ローランドダムゼル

2011/5/5-5/6のタイ・ラチャヤイ島ダイビング(17)

一眼レフは持参せず、コンデジのCanon PowerShot S45+純正ハウジングのみで撮影した、ラチャヤイ島ダイビング。

「これはコンデジで撮るのは難しいな」と思いつつ、追いかけてしまったのが、スズメダイの仲間です。


サンゴの隅で進退きわまった??ところを、パシリと。

頭に、ブルーの輪っか。
17★?スズメダイb02

フィリピン・アニラオでも撮影したローランドダムゼルだと思います。

東南アジアでは、広い範囲で生息しているのでしょうかね。

「黒にブルー」というのは、生物の世界ではしばしば見かける、色の取り合わせです。



ROLLAND'S DEMOISELLE
(ローランドダムゼル)
Chrysiptera ROLLANDI
魚類 スズキ目 スズメダイ科
タイ・ラチャヤイ島
Bay2 水深10m
2011/5/6
Canon PowerShot S45

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/11/20(日) 21:45:03|
  2. ●タイ・ラチャヤイ島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コブシメ

2011/5/5-5/6のタイ・ラチャヤイ島ダイビング(16)

ガイドさんが、サンゴの上に浮遊するコブシメがいるのを教えてくれました。

脚をまるめて、きゅっとしたポーズ
16★コブシメ03
これだけ大きな体をしていますが、まわりに体色を溶け込ませているので、近くにいても気づかないことが多いです。

まさに、海の忍者のイメージです。


コブシメ
Sepia latimanus
魚類
軟体動物 コウイカ目
コウイカ科
タイ・ラチャヤイ島
Bay2 水深11m
2011/5/6
Canon PowerShot S45

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/11/19(土) 20:31:59|
  2. ●タイ・ラチャヤイ島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スカシテンジクダイ

2011/5/5-5/6のタイ・ラチャヤイ島ダイビング(15)

「南の島ならでは」の光景というのはいくつかありますが、これもその一つ。

根に集まる、スカシテンジクダイの群れです。
15-1★スカシテンジクダイ04

海の青に溶け込む、半透明の魚影が、なんとも幻想的です。

ぷくぷくっと、泡が湧き出ているみたい。
15-2★スカシテンジクダイ03

この場所では日常的に見られるのかもしれませんが、伊豆ダイバーの僕にとってはとても貴重な光景です。


スカシテンジクダイ
Rhabdamia gracilis
魚類 スズキ目
テンジクダイ科
タイ・ラチャヤイ島
Bay2 水深17m
2011/5/6
Canon PowerShot S45

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/11/18(金) 21:47:16|
  2. ●タイ・ラチャヤイ島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワカヨウジ

2011/5/5-5/6のタイ・ラチャヤイ島ダイビング(14)

2011/5/6も、前日に続いて、ラチャヤイ島に潜りに行きました。

この日の1本目は、前日の1本目と同じくBay2で潜ることに。

「もう一度、沈船に行くのかな」と思いましたが、違いました。
このポイントはエリアが広いようですね。

この日もドリフトスタイルで、白い砂地を進みました。


その砂地で見かけたのがこの・・・

細い紐です。
14★ワカヨウジ01

これでもお魚です。

いわゆる「タツノオトシゴ」の仲間のトゲウオ目の、ワカヨウジです。

ヨウジウオの仲間にしては、体が大きな種類です。
14★ワカヨウジ02


白い砂地に黒い体。

あまり早いスピードで泳がないこの魚にとっては、目立ちすぎな感じがしますが・・・。
14★ワカヨウジ03

南の島ではこれまでも、このようなシチュエーションで見かけたことがあります。

このような環境が、この仲間には適しているのかもしれませんね。


ワカヨウジ
Trachyrhamphus bicoarctatus
魚類 トゲウオ目
ヨウジウオ科
タイ・ラチャヤイ島
Bay2 水深14m
2011/5/6
Canon PowerShot S45

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/11/17(木) 22:49:24|
  2. ●タイ・ラチャヤイ島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

シャコガイの1種

2011/5/5-5/6のタイ・ラチャヤイ島ダイビング(13)

南の海では普通に見かけても、いつも潜っている伊豆の海では、見ることができないもの。

そんな生物に注目していた、タイ・ラチャヤイ島ダイビング。


シャコガイも、そんな被写体のひとつでした。

映画『スター・ウォーズ』に登場しそうなキャラクターです。
13★?シャコガイ01

以前から、狙ってみたいと思っていたショットです。

今でも、この大きな貝殻が閉じる時は、腕をはさまれないかとビクッとしてしまいます。


シャコガイの1種
軟体動物 二枚貝綱
タイ・ラチャヤイ島
Bay3 水深6m
2011/5/5
Canon PowerShot S45

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/11/16(水) 21:25:32|
  2. ●タイ・ラチャヤイ島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ソリハシコモンエビ

2011/5/5-5/6のタイ・ラチャヤイ島ダイビング(12)

ドリフトダイブ中に小休止して行った、ドーム状の根での小物探し。

ガイドさんが、ソリハシコモンエビがいるのを、教えてくれました。


外付けのレンズもストロボも無いコンデジで、撮るのは難しいと思いつつ・・・

かろうじて、姿が分かるように写っていました。
12★ソリハシコモンエビ01


この場所にはけっこうな数の、ソリハシコモンエビがいました。

この場所はお肌に問題を抱えた??魚たちが集まる、クリーニングステーションになっているようです。

魚たちはどうやって、この場所を知るのでしょうね、口コミかな!?


ソリハシコモンエビ
Urocaridella sp.
節足動物 エビ類
テナガエビ科 ソリハシコモンエビ属
タイ・ラチャヤイ島
Bay3 水深10m
2011/5/5
Canon PowerShot S45

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/11/15(火) 21:03:09|
  2. ●タイ・ラチャヤイ島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハルゲルダ・バタンガス

2011/5/5-5/6のタイ・ラチャヤイ島ダイビング(11)

流れに身を任せて進んだ、ドリフトスタイルでのラチャヤイ島ダイビング。

しかしこの日の2本目では、ガイドさんが根にとどまって、小さな生物を見せてくれました。

この生物も、そのひとつ。

オレンジ色のつぶつぶが、特徴的です。
11★コウメウミウシ02

和名はないようで、学名のハルゲルダ・バタンガスで、呼ばれているようです。

タイの海にも、個性的なウミウシがいるのですね。


Halgerda batangas
軟体動物 裸鰓目
ドーリス亜目 ドーリス科
タイ・ラチャヤイ島
Bay3 水深10m
2011/5/5
Canon PowerShot S45

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/11/14(月) 21:19:12|
  2. ●タイ・ラチャヤイ島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヤッコエイ

2011/5/5-5/6のタイ・ラチャヤイ島ダイビング(10)

白い砂地が広がる、この日2本目のポイント「Bay3」。


移動中に「何かが動いた」と思って目を向けると・・・ヤッコエイです。

砂地を掃除するように、泳いでいました。
10★ヤッコエイ03

ついつい尻尾を持ちたくなるようなポーズですが・・・毒有り危険!です。

この場所では数個体、見かけました。ヤッコエイにとって住みやすい環境なのでしょうね。


ヤッコエイ
Dasyatis kuhlii
魚類 エイ目 アカエイ科
タイ・ラチャヤイ島
Bay3 水深12m
2011/5/5
Canon PowerShot S45

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/11/13(日) 21:51:01|
  2. ●タイ・ラチャヤイ島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コラーレバタフライフィッシュ

2011/5/5-5/6のタイ・ラチャヤイ島ダイビング(9)

今回のタイ・ラチャヤイ島ダイビングで意識していたのが、「この海ならではのお魚」。

このチョウチョウウオも、ふだん潜っている海では見かけたことがありません。


コラーレバタフライフィッシュです。
09-1★コラーレバタフライフィッシュ01


まとまりの良い行動をする、群れでした。
09-2★コラーレバタフライフィッシュ03

プーケットのダイビングのパンフレットでは、よく見かける種類です。

尾びれのオレンジ色に、異国の雰囲気を感じました。


コラーレバタフライフィッシュ
Chaetodon collare
魚類 スズキ目
チョウチョウウオ科
タイ・ラチャヤイ島
Bay3 水深6m
2011/5/5
Canon PowerShot S45

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/11/12(土) 21:02:14|
  2. ●タイ・ラチャヤイ島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

タテヒダイボウミウシ

2011/5/5-5/6のタイ・ラチャヤイ島ダイビング(8)

1本目のダイビングが終わり、少し移動した場所で、「船上ランチ」を食べました。

そして「また移動するのかな」と思ったら、その場所からそのままエントリー。

このゆったり感が、タイらしいですね。


ポイント名は「Bay3」

最初に紹介する写真は、タテヒダイボウミウシです。
08★?ソライボウミウシ01

伊豆近辺では、イボウミウシの仲間をほとんど見かけることが無いので、ついつい目が行きます。

南の島らしい、カラフルで大型のウミウシです。


タテヒダイボウミウシ
Pyllidia varicosa
軟体動物 裸鰓目
ドーリス亜目
イボウミウシ科
タイ・ラチャヤイ島
Bay3 水深8m
2011/5/5
Canon PowerShot S45

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/11/11(金) 21:35:06|
  2. ●タイ・ラチャヤイ島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オニカサゴ

2011/5/5-5/6のタイ・ラチャヤイ島ダイビング(7)

ドリフトダイビングの途中、根にぺたっとくっついている、オニカサゴを見つけました。

色がおんなじ。
07★オニカサゴ02
鏡を見ているわけでもないのに、どうして周りと同じような色にできるのか、不思議です。


2枚目は魚の形がわかるように、近づいて撮影です。

目だけが、異彩を放っています。
07★オニカサゴ03

日本でも数多く撮影している種類ですが、海外で出会うと新鮮に見えるから不思議です。


オニカサゴ
Scorpaenopsis cirrhosa
魚類 カサゴ目 フサカサゴ科
タイ・ラチャヤイ島
Bay2 水深9m
2011/5/5
Canon PowerShot S45

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/11/10(木) 20:53:55|
  2. ●タイ・ラチャヤイ島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

タイマイ

2011/5/5-5/6のタイ・ラチャヤイ島ダイビング(6)

流れに身をまかせて進んだ、ドリフトスタイルでのラチャヤイ島ダイビング。

途中の根で、大きなカメが休んでいるのを目にしました。

ちょうどよい大きさの岩陰に、すっぽりと納まっていました。
06-1★タイマイ02

タイマイです。
06-2★タイマイ05
これまで、日本の海で撮影したアオウミガメアカウミガメは紹介したことがありましたが、タイマイは初めての掲載になります。

細長いシルエットの、ウミガメです。


お休みのところだったようですが、僕がかなり近づいて撮影したので・・・

警戒のポーズ。
06-3★タイマイ04

お邪魔のようだったので、パシパシッと撮って、そそくさと退散しました。


タイマイ
Eretmochelys imbricata
爬虫綱 カメ目 ウミガメ科
タイ・ラチャヤイ島
Bay2 水深17m
2011/5/5
Canon PowerShot S45

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/11/09(水) 22:22:27|
  2. ●タイ・ラチャヤイ島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

スズメダイ科の1種

2011/5/5-5/6のタイ・ラチャヤイ島ダイビング(5)

いつもと違う海に潜ると、いつもと違うお魚に出会えます。

こちらもそんな1種。

スズメダイ科の1種です。
05★?タルポットダムゼル01
ラチャヤイ島ではそこここで見かけました。

でも伊豆の魚たちに慣れ親しんでいる僕にとっては、新鮮な被写体。

「コンデジで撮るのは厳しいなあ」とわかっていながらも、ついつい追いかけまわしてしまいました。


スズメダイ科の1種
魚類 スズキ目 スズメダイ科
タイ・ラチャヤイ島
Bay2 水深17m
2011/5/5
Canon PowerShot S45

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/11/08(火) 21:47:50|
  2. ●タイ・ラチャヤイ島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サンゴ点在

2011/5/5-5/6のタイ・ラチャヤイ島ダイビング(4)

小さな被写体を紹介することが多い、この『真壁海中写真館』。

逆に言うと、広い海の一部分を切り取った写真が多いので、後で自分で見返して、「どんな雰囲気の海だったか、思い出せないなあ」と反省!?することが、ままあります。

久しぶりの海外ダイビングだったので、「プーケット・ラチャヤイ島らしい」海の雰囲気を残しておこうと思って撮ったのが、このショット。

白い砂地に、サンゴが付く根が点在しているのが、このポイントの特徴です。
04★サンゴ点在01

こんな光景の中をぷかぷかと、流れに身を任せて、水中散歩しました。


サンゴ点在
タイ・ラチャヤイ島
Bay2 水深17m
2011/5/5
Canon PowerShot S45

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/11/07(月) 21:37:17|
  2. ●タイ・ラチャヤイ島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ムカデミノウミウシ

2011/5/5-5/6のタイ・ラチャヤイ島ダイビング(3)

沈潜のまわりを散策した時に見つけたのが、ムカデミノウミウシです。

コンデジのマクロモードで近づけるところまで寄って、パシリと。

良い具合に自然光も入ってくれました。
03★ムカデミノウミウシ01

伊豆近辺ではブルーが鮮やかな個体を見かけることが多いですが、南の島では地味な色彩が多いような印象があります。

食べているものが、違うのかな??


ムカデミノウミウシ
Pteraeolidia ianthina
軟体動物
裸鰓目 ミノウミウシ亜目
アオミノウミウシ科
タイ・ラチャヤイ島
Bay2 水深17m
2011/5/5
Canon PowerShot S45

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/11/06(日) 21:22:26|
  2. ●タイ・ラチャヤイ島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

沈船

2011/5/5-5/6のタイ・ラチャヤイ島ダイビング(2)

最初の1本目は、「Bay2」というポイントで潜りました。

エントリー早々、出迎えてくれたのが・・・

こちらの沈船です。
02-1★沈船02


大型のクルーザーのような、形をしていました。
02-2★沈船03
沈船ポイントで潜るのは久しぶりです。

前回どこで見たか・・・忘れてしまいました。

この沈船は崩れている感じではなかったので、漁礁用にあえて、沈められたものなのかもしれませんね。
02-3★沈船05

なお、このプーケットダイビングには、一眼レフ(Canon EOS 40D)を持って行きませんでした。
コンデジのCanon PowerShot S45+純正ハウジングのみでの撮影です。
このblogには、トリミングも色補正もしないで掲載していきます。
いつもと比べると画質に難があるので、小さめのサイズで載せていきます。


沈船
タイ・ラチャヤイ島
Bay2 水深22m
2011/5/5
Canon PowerShot S45

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/11/05(土) 20:17:49|
  2. ●タイ・ラチャヤイ島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Chalong Bay

2011/5/5-5/6のタイ・ラチャヤイ島ダイビング(1)

2011年のゴールデンウィークは、タイ・プーケットで過ごしました。

せっかくプーケットに来たので、その内の2日間は、ダイビングに行くことにしました。


プーケットでのダイビングは、この島の沿岸で潜るというよりも、船を出して、近隣の島で潜る場合が多いようです。

その起点は、プーケット島の南東に位置する、Chalong Bay(シャロン湾)です。

長~い桟橋を、専用の車で移動して、ボートに向かいます。
01-1★IMG_5392

港の中は多くの船が係留されていて、リゾート感あふれる雰囲気。
01-2★IMG_5390


この赤いボートに、乗りました。
01-3★IMG_5323
ダイビングサービスが所有するボートではなく、「乗り合い」形式のようでした。


ボートのデッキは、こんな感じ。
01-4★IMG_5322
朝、シャロン湾を出発し、1時間半かけてラチャヤイ島(Koh Racha Yai)に向かいます。

そしてダイビングを2本潜って、夕方に戻るというコース。

お昼ご飯もこのデッキで食べるという、「日帰りクルーズ」のスタイルです。


強い日差しを浴びて、出発です!



2011/5/5,5/6
Canon PowerShot S45

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/11/04(金) 22:15:09|
  2. ●タイ・ラチャヤイ島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ヒメギンポ

2011/1/29-30の伊豆大島ダイビング (31)

2011年1月の伊豆大島ダイビング。

最後の紹介は、浅場で撮影したヒメギンポです。


1枚目はメスの婚姻色

ブルーの網目模様が、妖しげです。
31-1★ヒメギンポ110129_2-02
2枚目からは、オスの婚姻色を。

顔は真っ黒。
31-2★ヒメギンポ110130_2-01
撮影者にとっては、露出に悩む、配色です。

3枚目は、顔に露出を合わせて。

体のオレンジ色が、鮮やか!
31-3★ヒメギンポ110130_2-03


目と口が、かわいらしい。
31-4★ヒメギンポ110130_2-05
オスもメスも、どうしてこの配色が、異性へのアピールになるのか??

人間には理解が難しいですね。

でもお互いには魅力的なようで・・・魅かれあったペアは、このような感じで産卵行動へと移っていきます。


自らの体の色を変えてしまうという、パワフルな、ヒメギンポの婚活シーンでした。



これで2011年1月の伊豆大島の写真は終了です。

真冬でも、魅力的な被写体が多い、伊豆大島の海。

じっくり撮影できました!



ヒメギンポ
Gracilopterygion bapturum
魚類 スズキ目 ヘビギンポ科
伊豆大島
秋の浜 水深4m
2011/1/29,30
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/11/03(木) 20:33:17|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ミヤケテグリ

2011/1/29-30の伊豆大島ダイビング (30)

この日2本目のダイビングも、段の上の浅場まで、戻ってきました。

岩と岩の隙間を探していたガイドさんが、指をさしてこの被写体を教えてくれました。

ミヤケテグリの幼魚です。
30-1★ミヤケテグリ110130_2-03

僕のカメラから逃げようと、岩の隙間をちょこちょこと移動していました。
30-2★ミヤケテグリ110129_2-03
3枚目でようやく全身を。

白い部分の多い、小さな個体です。
30-3★ミヤケテグリ110130_2-04
伊豆大島でもこれまで、何度か撮影している種類です。

もう少し成長すると、紅色の部分が増えてきます

この真っ白な色は、少なくともこの場所では、目立つと思うのですが・・・。

何か理由があっての、色彩の変化なのだとは思います。


それはそうとこの幼魚・・・

目つきは鋭い?!
30-4★ミヤケテグリ110130_2-05

ネズッポの仲間は口が尖っているので、「不満げ」に見えるのが面白いです。

愛嬌のある、ミヤケテグリの幼魚でした。


ミヤケテグリ
Neosynchiropus moyeri
魚類 スズキ目 ネズッポ科
伊豆大島
秋の浜 水深6m
2011/1/29,30
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/11/02(水) 22:31:28|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

イロカエルアンコウ

2011/1/29-30の伊豆大島ダイビング (29)

カエルアンコウの仲間を多く撮影した、1月の伊豆大島ダイビング。

最後の紹介は、イロカエルアンコウです。

カイメンの一部がちぎれて、魚になったみたい。
29-1★イロカエルアンコウd110130_2-02
まさに、カイメンに紛れ込んでいます。

でも良く見ると、色合いが微妙に違うところはご愛嬌。


この1月の伊豆大島ダイビングでは、6個体のカエルアンコウを撮影しました。

これだけ擬態上手なので、見つけられなかった個体もまだまだいるはず・・・。

あちこちで息を潜めているかと思うと、ちょっと不気味かも??


イロカエルアンコウ
Antennarius pictus
魚類 アンコウ目 カエルアンコウ科
伊豆大島
秋の浜 水深7m
2011/1/30
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/11/01(火) 21:37:14|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

mak

Author:mak
写真、ダイビングそして読書を楽しむ、ごく普通のサラリーマンです。
詳しくは作者紹介をご覧ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

あわせて読みたい