真壁海中写真館

Underwater Photography

ミズタマウミウシ

2011/1/29-30の伊豆大島ダイビング (28)

先に紹介したカンナツノザヤウミウシの近くで、ミズタマウミウシを撮影しました。

いたのはこのような場所。
28-1★ミズタマウミウシ110130_2-02
カンナツノザヤウミウシに比べると、小さな体のウミウシです。

2枚目は近づいて、横からアップで撮影。

なぜかきゅっと、丸まっていました。
28-2★ミズタマウミウシ110130_2-05
カンナツノザヤウミウシと同じ、フジタウミウシ科のウミウシです。

この黒い斑点が、名前の由来ですね。

先端が黄色いのも、この種類の特徴です。


「久しぶりに見たなあ」と思って調べたところ、どうやら10年ぶりの再会のようです。

時が流れるのは早いですね・・・ひとつひとつの出会いを、大切にしていきたいと思います。


ミズタマウミウシ
Thecacera pennigera
裸鰓目 ドーリス亜目
フジタウミウシ科
フジタウミウシ亜科
伊豆大島
秋の浜 水深25m
2011/1/30
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 
スポンサーサイト

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/10/31(月) 22:34:02|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クマドリカエルアンコウ

2011/1/29-30の伊豆大島ダイビング (27)

この日1本目のダイビングで、おおあくびをしている姿を撮影したクマドリカエルアンコウを、ふたたび訪れました。

横からの姿は、1本日にさんざん撮ったので、今度は正面から撮影です。

背中の付着物が、リボンみたいでかわいらしい。
27-1★クマドリカエルアンコウ110130_2-01
2枚目はほぼ同じアングルから、自然光を取り込んでのショットです。

ドキッとして、後ずさりしている!?
27-2★クマドリカエルアンコウ110130_2-02
・・・ただ単に、青みが強くなったせいですが、色によって雰囲気が変わりますね。


3枚目は、斜めからのショットを。
27-3★クマドリカエルアンコウ110130_2-05

カエルアンコウの仲間は、それぞれが特徴を持っていて面白いですね。

久しぶりに出会ったクマドリカエルアンコウ・・・撮影を堪能しました!


クマドリカエルアンコウ
Antennarius maculatus
魚類 アンコウ目 カエルアンコウ科
伊豆大島
秋の浜 水深21m
2011/1/30
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 
  1. 2011/10/30(日) 18:10:31|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

カンナツノザヤウミウシ

2011/1/29-30の伊豆大島ダイビング (26)

ここからは、1/30の2本目のダイビングの写真です。

結局は2日間4本のダイビング全て、秋の浜で潜ることができました。


砂地で撮影したのが、カンナツノザヤウミウシです。

流れに耐えて、移動中。
26-1★カンナツノザヤウミウシ110130_2-01
ウミウシにしては、ハイスピードで移動していました。

先回りして、正面から顔のアップを狙います。


牛の顔みたい。
26-2★カンナツノザヤウミウシ110130_2-03
この角度から撮ると、牛よりも凛々しい??顔立ちに見えます。

そして、角がたくさんあるので・・・

「麒麟」を連想しました。
26-3★カンナツノザヤウミウシ110130_2-04
色も黄色ですし・・・。


最後はふたたび、横からのショットを。

自然光を入れて、背景をブルーにしてみました。
26-4★カンナツノザヤウミウシ110130_2-09
この仲間では、ウデフリツノザヤウミウシと、クチナシツノザヤウミウシを、これまでに紹介したことがあります。

いずれも、伊豆大島で撮影した種類。

伊豆大島の環境の何かが、このウミウシの仲間には合っているのだろうなあと、思います。



カンナツノザヤウミウシ
Thecacera sp.1
裸鰓目 ドーリス亜目
フジタウミウシ科
フジタウミウシ亜科
伊豆大島
秋の浜 水深25m
2011/1/30
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/10/29(土) 21:24:48|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

クロスジギンポ

2011/1/29-30の伊豆大島ダイビング (25)

この日2本目のダイビングも終盤、浅場の段の上まで戻ってきました。

1本目はミナミギンポを撮影しましたが、2本目はクロスジギンポと向き合いました。
25-1★クロスジギンポ110129_2-06


ドーム状の目が、表情豊かです。
25-2★クロスジギンポ110130_1-03


両目が、別々に動きます。
25-3★クロスジギンポ110130_1-06
かわいらしい表情ですね。

でも・・・

意外と狡猾な表情も垣間見えます。
25-4★クロスジギンポ110129_2-04
伊豆大島ではギンポの仲間を、多く見かけます。

生息しやすい環境なのでしょうね。

巣穴から顔を出している姿を見つけ出すのも、楽しみのひとつです。



クロスジギンポ
Aspidontus dussumieri
魚類 スズキ目 イソギンポ科
伊豆大島
秋の浜 水深4m
2011/1/29,30
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/10/28(金) 21:02:21|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アナハゼの卵

2011/1/29-30の伊豆大島ダイビング (24)

竹輪のようなカイメンの中に、魚の卵が産み付けられているということで、覗いてみました。

穴が細く、ストロボが奥まで届かないので、ちょっと工夫して撮影です。

目がこっちを見てる!
24-1★アナハゼの卵110130_1-01
ガイドさんによると、アナハゼの仲間の卵ではないか、ということです。

このくらい目がはっきり見えてきたということは、孵化も間近かもしれませんね。

魚もいろいろな場所を見つけて卵を産むもんだと、感心してしまいます。


アナハゼの卵?
伊豆大島
秋の浜 水深10m
2011/1/30
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/10/27(木) 21:12:17|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

クマノミ

2011/1/29-30の伊豆大島ダイビング (23)

伊豆大島ではクマノミを多く見かけます。

そんな中から、かわいらしい子供を選んで、撮影しました。

2本の白線が、鮮やか。
23-1★クマノミ110130_1-01
そしてどうしても撮りたくなるのが、正面顔。

ほっぺがふっくら、かわいらしい。
23-2★クマノミ110130_1-03

怒っているような、様子を伺っているような、複雑な表情。
23-3★クマノミ110130_1-04

定番の被写体というのも、しっかり撮っておこう!と反省した、クマノミとのひとときでした。



クマノミ
Amphiprion clarkii
魚類 スズキ目 スズメダイ科
伊豆大島
秋の浜 水深10m
2011/1/30
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/10/26(水) 22:39:08|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ハナミドリガイ

2011/1/29-30の伊豆大島ダイビング (22)

久しぶりに、ハナミドリガイを撮影しました。

体の模様が・・・

宇宙的。
22-1★ハナミドリガイ110130_1-01
白い大きな斑点と、黄色い小さな点が、「銀河」を連想させます。

どうしてこういう、体色になったのでしょうね??

この個体はなぜか、急いで移動していました。
22-2★ハナミドリガイ110130_1-03


体を伸ばして、先を急ぎます。
22-3★ハナミドリガイ110130_1-04

「この種類を撮るのは久しぶりだなあ」と思って、このブログを調べたら、5年ぶりの撮影だったようです。

最近、ウミウシへの興味が薄れていたかも・・・たまには撮ろう!


ハナミドリガイ
Thuridilla splendens
軟体動物 襄舌目
ゴクラクミドリガイ上科
ゴクラクミドリガイ科
伊豆大島
秋の浜 水深25m
2011/1/30
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/10/25(火) 21:34:41|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オオモンカエルアンコウ

2011/1/29-30の伊豆大島ダイビング (21)

カエルアンコウの仲間を多く撮影した、1月の伊豆大島。

5個体目に紹介するのは、オオモンカエルアンコウです。

真横から見ると・・・

カイメンがちぎれているみたい。
21-1★オオモンカエルアンコウ110130_1-06
薄い黄色の個体でした。

でもカイメンのパープルも、少し入っていますね。

変身中かな??


2枚目は別の角度から。

ヒレをかなり広げて、体を支えています。
21-2★オオモンカエルアンコウ110130_1-09
角度によって、印象が違いますね。


最後は再び、真横から。

背びれの先端がぴょんと、持ち上がってます。
21-3★オオモンカエルアンコウ110130_1-02

この種類は体の表面に付着物がない個体が多く、綺麗ですね。

「スポンジらしさ」では、カエルアンコウの中でも随一ではないかと思います。


オオモンカエルアンコウ
Antennarius commersoni
魚類 アンコウ目 カエルアンコウ科
伊豆大島
秋の浜 水深25m
2011/1/30
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/10/24(月) 21:41:30|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

モンハナシャコ

2011/1/29-30の伊豆大島ダイビング (20)

お目当ての被写体をガイドさんが探している間、ふと岩陰に見ると、こんな光景が目に入ってきました。

お出かけ中のモンハナシャコです。
20-1★モンハナシャコ110130_1-01
おそらく、伊豆大島でこの種類を見るのは初めてだと思います。

しかも、穴に隠れている姿ではなく、全身が目の前にあったので、意表をつかれました。

カメラを向けると、かさこそかさこそと、隣の岩陰に、移動していきました。
20-2★モンハナシャコ110130_1-02

巣穴に移動していたところなのかもしれませんが、僕には「ご近所に買い物に出かけている」ような姿に、見えてしまいました。


モンハナシャコ
Odontodactylus scyllarus
節足動物 異尾類
ハナシャコ科 ハナシャコ属
伊豆大島
秋の浜 水深28m
2011/1/30
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/10/23(日) 20:29:46|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

アカホシカクレエビ

2011/1/29-30の伊豆大島ダイビング (19)

ポリプの咲いたフトヤギにアカホシカクレエビが付いているということで、その場所に向かいました。

しかしフトヤギの茂みを探しても、エビは見つからず。

そろそろ諦めようかというころ、枝と枝の間に隠れている小さな個体を、発見しました。

かなり奥まったところにいます。
19-1★アカホシカクレエビ110130_1-09
これではなかなか、見つからないはずです。

ようやく表面に出てきてくれたところを狙って、2枚目を。

咲き誇るポリプに、半透明の体が埋もれています。
19-2★アカホシカクレエビ110130_1-01
3枚目は自然光を取り込んで。

体長よりも、ヒゲが長いかも!?
19-3★アカホシカクレエビ110130_1-04

まだ若い個体で、フトヤギに守られているなあと、感じました。


アカホシカクレエビ
Periclimenes sp.
節足動物 エビ類
テナガエビ科 ホンカクレエビ属
伊豆大島
秋の浜 水深21m
2011/1/30
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/10/22(土) 21:30:56|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クマドリカエルアンコウ

2011/1/29-30の伊豆大島ダイビング (18)

久しぶりに掲載するクマドリカエルアンコウの、その②です。

エスカ(疑似餌)を振ったり、怪しい動きをしていたこの個体。


しばらく観察していると・・・

『ぱお~ん!』
18-1★クマドリカエルアンコウ110130_1-01

口がのび~る!
18-2★クマドリカエルアンコウ110130_1-02

ヒレも全開!
18-3★クマドリカエルアンコウ110130_1-03

ふわ~あ~!
18-4★クマドリカエルアンコウ110130_1-05
まさに、「大あくび」でした。

突然の出来事だったので、撮ってるこちらは、右往左往。

でもなんとか、一部始終を、カメラに収めることができました。

魚って、想像以上に、口が大きく開くのですよね。

あくびをする理由については諸説あるようですが、この光景を目にすると、「相手を驚かすため」ではないかと、思ってしまいます。


クマドリカエルアンコウ
Antennarius maculatus
魚類 アンコウ目 カエルアンコウ科
伊豆大島
秋の浜 水深21m
2011/1/30
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/10/21(金) 23:09:49|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

クマドリカエルアンコウ

2011/1/29-30の伊豆大島ダイビング (17)

カエルアンコウの仲間を多く撮影した、1月の伊豆大島。

4番目に紹介するのは、黄色のクマドリカエルアンコウです。

岩肌に身を隠して・・・

おとぼけの表情。
17-1★クマドリカエルアンコウ110130_1-11
でもこう見えて・・・

エスカ(疑似餌)を振って、ハンティング中。
17-2★クマドリカエルアンコウ110130_1-08
さりげない様子が、逆にコワイですね。

調べてみたら、このブログではクマドリカエルアンコウを紹介するのは、4年ぶりでした。

その間も何度か、見かけてはいたはずですが、上手く撮れなかったようです。

じっくり撮影しましたので、その②でさらに紹介します。


クマドリカエルアンコウ
Antennarius maculatus
魚類 アンコウ目 カエルアンコウ科
伊豆大島
秋の浜 水深21m
2011/1/30
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/10/21(金) 00:42:43|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イソコンペイトウガニ

2011/1/29-30の伊豆大島ダイビング (16)

ウミトサカに同化する、イソコンペイトウガニを撮影しました。

どこにいるか、わかりますか?
16-1★イソコンペイトウガニ110129_2-03
正解は、トサカとカイメンの境界付近です。

トゲの尖り具合など、宿主によく似ています。
16-2★イソコンペイトウガニ110129_2-05

撮影していても、途中で見失ってしまうことが多いです。


3枚目は、カニのシルエットが分かるように工夫して。

目は真剣!?
16-3★イソコンペイトウガニ110129_2-01
意外と、コワイ表情をしています。

睨み合い。
16-4★イソコンペイトウガニ110129_2-06
この宿主あっての、このカニですね。

生物の進化って、すごいなと思います。


イソコンペイトウガニ
Hoplophrys ogilbyi
節足動物 カニ類
クモガニ科 イソコンペイトウガニ属
伊豆大島
秋の浜 水深7m
2011/1/29
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/10/19(水) 22:06:18|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

チビハナダイ

2011/1/29-30の伊豆大島ダイビング (15)

ふたたび、チビハナダイを撮影しました。

先に撮った個体がいた根から、一つ離れた根での撮影です。

岩の隙間に身を潜め、目だけがこちらを窺っています。
15-1★チビハナダイb110129_2-03
かなり、警戒心が強いようですね。

岩の隙間の奥に、入り込んでしまいました。
15-2★チビハナダイb110129_2-05

でもこの場所で安心したのか、この後はカメラを近づけても、動きませんでした。

でも目は、警戒しています。
15-3★チビハナダイb110129_2-08

ダイビングで観察される個体数は、あまり多くないようです。

2個体も撮れて、ラッキーでした。


チビハナダイ
Plectranthias longimanus
スズキ目 ハタ科
伊豆大島
秋の浜 水深22m
2011/1/29
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/10/18(火) 22:30:58|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イズカサゴ

2011/1/29-30の伊豆大島ダイビング (14)

砂地に、イズカサゴがいるのに気付きました。

逃げそうに無かったので、正面に回って顔をアップで狙いました。


目が淡く、ブルーに光ります。
14-1★イズカサゴ110129_2-08
2枚目は少し、上から見下ろす角度で。

眉間に皺を寄せて、険しい表情です。
14-2★イズカサゴ110129_2-06
かなり接近していたので、僕のことが鬱陶しかったのでしょうね。

胸ビレを広げて・・・

『あっち行け~!』
14-3★イズカサゴ110129_2-02

カサゴの仲間は、食べて美味しい種類が多いそうですが、このイズカサゴは中でも「最上クラス」だとか。

生きている姿を見てしまうと気が引けますが・・・そう聞くとやっぱり、「どんな味なのだろう」と、気になってしまいます。



イズカサゴ
Scorpaena izensis
魚類 カサゴ目 フサカサゴ科
伊豆大島
秋の浜 水深22m
2011/1/29
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/10/17(月) 22:23:05|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

チビハナダイ

2011/1/29-30の伊豆大島ダイビング (13)

この日2本目のダイビングに行く前、ガイドさんに、「チビハナダイを見に行ってみましょう」と提案されました。

これまで見たことが無い種類だったのですが、「ハナダイ」というだけに、岩やソフトコーラルのまわりで浮遊しているものと思っていました。

しかし、ガイドさんが探していたのは、岩の表面。

そして、指さす先にいたのは・・・

岩陰に身を寄せる、小さな魚。
13-1★チビハナダイa110129_2-08
これが、チビハナダイなのですね。

確かに、小さいです。

でも、このような場所にいるとは思いませんでした。

ハナダイの中では珍しい、着底性の種類のようです。


カメラを近づけると・・・

警戒の表情です。
13-2★チビハナダイa110129_2-07
地味な岩肌にいるので、もったいないのですが、なかなか綺麗な色をしています。

特に・・・

グリーンの目が綺麗。
13-3★チビハナダイa110129_2-05

こういうハナダイも、いるのですね。

潜るたびに、新しい出会いがあります。



チビハナダイ
Plectranthias longimanus
スズキ目 ハタ科
伊豆大島
秋の浜 水深22m
2011/1/29
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/10/16(日) 22:05:56|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

カスザメ

2011/1/29-30の伊豆大島ダイビング (12)

砂地で大きな、カスザメを撮影しました。

半分以上、砂に埋まった状態でした。

輪郭がわかるように撮るのは難しそうだったので、近寄って、顔のアップを狙いました。

鼻息がかかってきそう。
12★カスザメ110129_2-02
伊豆大島ではこれまで、何度か撮影したことのあるサメです。

撮り方によっては、愛嬌のある顔に写ります。



カスザメ
Squatina japonica
魚類 カスザメ目 カスザメ科
伊豆大島
秋の浜 水深21m
2011/1/29
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/10/15(土) 19:34:46|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

シロオビコダマウサギ

2011/1/29-30の伊豆大島ダイビング (11)

ウミトサカの中に潜り込んでいる、シロオビコダマウサギを撮影しました。


この貝がいる部分だけ・・・

トサカが削れています。
11-1★シロオビコダマウサギ110129_2-01
かなりの食欲のようです。

よく見ると、奥にも小さな個体が、いますね。

2個体とも、丸々としていて、血色も良い?ようです。
11-2★シロオビコダマウサギ110129_2-04
ウミトサカにとってはきっと、迷惑な存在なのでしょうね。

でも、食いつくしてしまっているという場面も、見た記憶がありません。

ほどよいところで、場所を移動しているのかもしれませんね。

宿主との関係も気になる、シロオビコダマウサギでした。


シロオビコダマウサギ
Prionovolva brevis
軟体動物 巻貝
ウミウサギ科
伊豆大島
秋の浜 水深17m
2011/1/29
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/10/14(金) 21:17:32|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

イロカエルアンコウ

2011/1/29-30の伊豆大島ダイビング (10)

カエルアンコウの仲間を多く撮影した、1月の伊豆大島。

3番目に紹介するのは、イエローの小さな、イロカエルアンコウです。

僕が勝手に、「おもちゃバージョン」と呼んでいるタイプです。


僕の指と比べると・・・

小さい。
10-1★イロカエルアンコウc110129_2-01
黒いのが、グローブをした、僕の指です。
(魚には触れていませんので、ご安心を)


小さい個体でしたが、獲物をとらえようと必死なのか、真剣な表情をしていました。

凝視。
10-2★イロカエルアンコウc110129_2-09
何か、獲物になりそうなものが、近くにあったのでしょうか。

この種類にしては、体をよく動かしていました。

DJがレコードを回しているみたい。
10-3★イロカエルアンコウc110129_2-06
でも、あどけない表情はやはり、子供ならではですね。

ほっぺにケチャップがついているようで、かわいらしいです。
10-4★イロカエルアンコウc110129_2-05

魚にしては表情が豊かな、愛嬌のあるイロカエルアンコウでした。


イロカエルアンコウ
Antennarius pictus
魚類 アンコウ目 カエルアンコウ科
伊豆大島
秋の浜 水深16m
2011/1/29
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/10/13(木) 22:08:00|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

イソカサゴ

2011/1/29-30の伊豆大島ダイビング (9)

1月29日は、2本目のダイビングも秋の浜で潜ることが出来ました。


エントリー早々、ショッキングなシーンに遭遇です。

イソカサゴの死骸です。
09-1★イソカサゴ110129_2-01

大型の捕食者に噛みつかれたのか?体の中央が大きく、削り取られていました。

そこに多くの巻貝が集まり、イソカサゴの体から栄養を吸収していました。
09-2★イソカサゴ110129_2-02

海の中で魚を死骸を見るというのは、あまり多く有りません。

このような形で、命のサイクルが回っているのですね。


イソカサゴ
Scorpaenodes littoralis
魚類 カサゴ目 フサカサゴ科
伊豆大島
秋の浜 水深4m
2011/1/29
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/10/12(水) 21:55:36|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ミナミギンポ

2011/1/29-30の伊豆大島ダイビング (8)

この日1本目のダイビングも終盤、段を上がり浅場に戻ってきました。

その浅場で撮影したのが、ミナミギンポです。


巣穴から、ちょっと顔を出して・・・

ニヤリ。
08-1★ミナミギンポ110129_1-02
2枚目は、ギンポのお腹側からのショットを。

スマイルマーク。
08-2★ミナミギンポ110129_1-03

訳あってこういう口の形をしているのだと思いますが・・・心和む表情ですね。


ミナミギンポ
Plagiotremus rhinorhynchos
魚類 スズキ目 イソギンポ科
伊豆大島
秋の浜 水深6m
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/10/11(火) 22:17:10|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

オキナワベニハゼ

2011/1/29-30の伊豆大島ダイビング (7)

壁面にぺたっと乗るタイプのハゼが多いのも、伊豆大島の浅場の特徴です。

この時はオキナワベニハゼを撮影しました。

目がくっきりとしています。
07★オキナワベニハゼ110129_1-01
小さな個体でした。

その分、警戒心が強く、この1枚を撮った時のストロボに驚いて、隠れてしまいました。


オキナワベニハゼ
Trimma okinawae
魚類 スズキ目
ハゼ科 ハゼ亜科 ベニハゼ属
伊豆大島
秋の浜 水深9m
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/10/10(月) 13:41:53|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ナカザワイソバナガニ

2011/1/29-30の伊豆大島ダイビング (6)

浅場の段の下、いつもの場所にいるナカザワイソバナガニを撮影しました。

宿主のサビカラマツの、奥のほうに潜んでいるところを、パシリと。

色は意外と、宿主に似ていないですね。
06-1★ナカザワイソバナガニ110129_1-02
だから余計、警戒心が強いのかな?

2枚目はさらに、カメラを近づけて。

この長い鼻は、何のためにあるのだろう??
06-2★ナカザワイソバナガニ110129_1-05
野生動物なので、生存に関する何かの理由が、きっとあるとは思うのですが・・・。

アンバランスな体をした、特徴的なカニです。


ナカザワイソバナガニ
Xenocarcinus conicuc
節足動物 カニ類
クモガニ科 イソバナガニ属
伊豆大島
秋の浜 水深9m
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/10/09(日) 18:06:26|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

イロカエルアンコウ

2011/1/29-30の伊豆大島ダイビング (5)

カエルアンコウの仲間を多く撮影した、1月の伊豆大島。

2番目に紹介するのは、90度を超える壁面に張り付いていた、イロカエルアンコウです。


模様のせいか、げっそりしているように見えます。
05-1★イロカエルアンコウb110129_1-01

でも正面から顔を撮ると・・・

王冠をかぶってるように、見えなくもない。
05-2★イロカエルアンコウb110129_1-04

この表情のまま、じ~っと、獲物を待っています。

獲物となる、小魚の立場から見たら、「死神」のような表情の、イロカエルアンコウでした。


イロカエルアンコウ
Antennarius pictus
魚類 アンコウ目 カエルアンコウ科
伊豆大島
秋の浜 水深15m
2011/1/29
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/10/08(土) 17:21:37|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

サラサウミウシ

2011/1/29-30の伊豆大島ダイビング (4)

岩の亀裂に、サラサウミウシがいるのに気付きました。

カイメンに、「がぶっ!」と、食いついているみたい。
04★サラサウミウシ110129_1-06

隙間を横断しようと、体を伸ばしていたようです。

ちょっと、無理したのかな・・・。


サラサウミウシ
Chromodoris tinctoria
軟体動物 裸鰓目
ドーリス亜目 イロウミウシ科
伊豆大島
秋の浜 水深14m
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/10/06(木) 21:38:29|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イロカエルアンコウ

2011/1/29-30の伊豆大島ダイビング (3)

この1月の伊豆大島では、カエルアンコウの仲間を多く、撮影しました。

まずは、ユニークな表情が印象的だった、イロカエルアンコウからご紹介です。


石ころが空を見上げているみたい。
03-1★イロカエルアンコウa110129_1-05
ヒレが、岩の間に隠れるような位置にいました。

ヒレが見えないと、さらに「魚らしからぬ」ように見えますね。


2枚目は正面から。

『ムムムッ!』
03-2★イロカエルアンコウa110129_1-03
目は横に張り出していて、口は「への字」。

インパクトのある顔立ちです。

最後は再び、背景を取り込んで。


天の川を見上げてる!?
03-3★イロカエルアンコウa110129_1-01

きっと、この場所で獲物となる魚を待っていたのだと思います。

でもなんだか、哲学的なことを考えていそうな??面白い雰囲気のイロカエルアンコウでした。


イロカエルアンコウ
Antennarius pictus
魚類 アンコウ目 カエルアンコウ科
伊豆大島
秋の浜 水深25m
2011/1/29
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/10/04(火) 22:24:50|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

オキゴンベ

2011/1/29-30の伊豆大島ダイビング (2)

ガイドさんが「良い場所にオキゴンベがいますよ」と、教えてくれました。

覗いて見ると確かに、ウミトサカの枝に、良い具合にちょこんと、乗っていました。

そ~っと近づいてシャッターを切ると・・・


ヒレと目をおっぴろげて、逃げ去ってしまいました。
02★オキゴンベ110129_1-01

あっという間の出来ごとでした。

いろいろ構図を考えながら撮りたかったのですが、これはこれで、決定的瞬間?!の面白い写真が撮れました。


オキゴンベ
Cirrhitichthys aureus
魚類 スズキ目 ゴンベ科
伊豆大島
秋の浜 水深27m
2011/1/29
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/10/02(日) 18:03:27|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

イソバナカクレエビ

2011/1/29-30の伊豆大島ダイビング (1)

ここからようやく、2011年の写真です。

1/29-30の1泊2日で行った、伊豆大島の写真です。


到着日は晴れ。

でも陸上は寒く、ダイバーはまばらでした。

海況は大きな問題がなく、秋の浜で潜ることができました。


最初に撮影したのは、この被写体です。

イソバナカクレエビです。
01★イソバナカクレエビ110129_1-03

紫色のフトヤギに、体を潜めていました。

小さくて透明なので、撮っている途中に目を離すと、どこに行ったかわからなくなってしまいます・・。

ストロボを当てると、輪郭が淡く光るように移る、写真映えのするエビです。


イソバナカクレエビ
Hamodactylus noumeae
節足動物 エビ類
テナガエビ科 イソバナカクレエビ属
伊豆大島
秋の浜 水深28m
2011/1/29
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/10/01(土) 17:15:50|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

mak

Author:mak
写真、ダイビングそして読書を楽しむ、ごく普通のサラリーマンです。
詳しくは作者紹介をご覧ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

あわせて読みたい