真壁海中写真館

Underwater Photography

イロカエルアンコウ

2010/09/20の伊豆海洋公園ダイビング (7)

2010年9月20日のダイビング、最後に紹介する写真は、ベニカエルアンコウです。

オレンジ色が鮮やか。
07-1★イロカエルアンコウ100920_2-09
エスカ(疑似餌)を振って、小魚をおびき寄せていました。

横から見ると・・・

お腹が出っ張ってます。
07-2★イロカエルアンコウ100920_2-08
獲物を飲み込んだ直後なのでしょうか。

けっこう有能な、ハンターなのかもしれませんね。

最後は、ポーズを決めてもらいました。

歌舞伎役者が見得を切っているみたい。
07-3★イロカエルアンコウ100920_2-12


これで、2010年の伊豆海洋公園シリーズも終了。

なんと、昨年の10月14日の連載スタートから、11か月以上、かかってしまいました。

ちょっと、のんびりしすぎました。

2011年に各地で撮影した写真もかなりたまってきたので・・・スピードあげて掲載していきます!





イロカエルアンコウ
Antennarius pictus
魚類 アンコウ目 カエルアンコウ科
伊豆海洋公園
オクリダシ 水深6m
2010/9/20
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 
スポンサーサイト

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/09/26(月) 22:16:49|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

カミナリベラ

2010/09/20の伊豆海洋公園ダイビング (6)

この日2本目のダイビングも終盤、オクリダシまで戻ってきました。

減圧をしつつ、オクリダシの壁面を探索です。

すると壁面の砂地に、カミナリベラがいるのに気付きました。

しかしこのカミナリベラ、いつもと様子が違います。

なぜか、砂地の上に、ごろんと横たわっていました。

寝坊して怒られた、子供みたい。
06★カミナリベラ100920_2-02
理由は良く分かりませんが、ベラの、「リアルな日常生活」を覗き見してしまったような・・・そんな気持ちになりました。

この後ベラは、覚醒したかのように我に帰り、泳ぎ去って行きました。


カミナリベラ
Stethojulis interrupta terina
魚類 スズキ目 ベラ科
伊豆海洋公園
オクリダシ 水深5m
2010/9/20
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/09/25(日) 17:39:04|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

アオサハギ

2010/09/20の伊豆海洋公園ダイビング (5)

フトヤギの繁みの中に身を潜める、アオサハギを撮影しました。


目の前に、大きなカメラをつきつけられているのが気に入らないのか・・・

ぷいっと、顔をそむけます。
05★アオサハギ100920_2-02
どうも、この魚には嫌われているようです。

それでは、と思い、真横を向いた瞬間を狙ってパシリと。

満月に、雲がかかっているみたい。
05★アオサハギ100920_2-03

嫌がられても追いかけたくなる、かわいらしい被写体です。


アオサハギ
Brachaluteres ulvarum
魚類 フグ目 カワハギ科
伊豆海洋公園 
2番の根 水深18m
2010/9/20
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/09/24(土) 20:15:22|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コガネスズメダイ

2010/09/20の伊豆海洋公園ダイビング (4)

この日の僕の撮影テーマの一つが、コガネスズメダイの幼魚でした。

フトヤギに、数匹の幼魚が身を寄せていたので、様子をうかがいながら撮影です。

しかし幼魚の警戒心が強いのか、僕の「撮りたいオーラ」が強すぎるのか??
なかなか、撮影できる距離に近づかせてもらえません。

粘り強く待って、ファインダーに入ってくれた瞬間を狙って、シャッターを切りました。

みずみずしいレモンのような、明るいイエローです。
04-1◆コガネスズメダイ100920_2-11


驚いたような表情が、かわいらしい。
04-2◆コガネスズメダイ100920_2-03
目に縦に、黒のラインが入るのも、幼魚時代の特徴です。

3枚目はさらに小さな、別の個体を。

うしろから、ベラが狙ってる?!
04-3◆コガネスズメダイ100920_2-17
以前、柱の陰??から覗くスズメダイを撮った時もそうでしたが、コガネスズメダイの幼魚を撮影しているとなぜか、他の魚が潜んでいる姿が、目に入ってきます。

この幼魚を上手く手なずけられる術??を習得して、じっくり撮影したい、被写体です。



コガネスズメダイ
Chromis analis
魚類 スズキ目 スズメダイ科
伊豆海洋公園 
2番の根 水深30m
2010/9/20
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/09/23(金) 20:43:46|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

アカイソハゼ

2010/09/20の伊豆海洋公園ダイビング (3)

「カイメンに潜む魚」のシリーズ。

第3弾はふたたび、アカイソハゼです。


先にオレンジ色のカイメンにいる個体を紹介しましたが、今度は、淡いパープルのカイメン。

笑った口の中に、いるみたい。
03-1★アカイソハゼ100920_1-05
こうやって続けて見てみると、カイメンの入口の形状も、いろいろありますね。

1枚めはカイメンの存在感が強かったので、お次はアカイソハゼ中心で。

半開きの口もとが、チャームポイント??
03-2★アカイソハゼ100920_1-09
カイメンに潜む魚のシリーズ、ひとまず終了です。

このシリーズも、さらに追及していきたいですね。


アカイソハゼ
Eviota sp.
魚類 スズキ目
ハゼ科 ハゼ亜科 イソハゼ属
伊豆海洋公園
ブリマチ方面 水深20m
2010/9/20
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/09/22(木) 21:34:44|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウイゴンベ

2010/09/20の伊豆海洋公園ダイビング (2)

ブリマチ方面のソフトコーラルエリアでのダイビング。

先にアカイソハゼを見つけたせいか、花瓶状のカイメンに、自然と目がいきました。

すると、こんな光景が目に入ってきました。

カイメンから、這い出る!
02★ウイゴンベ100920_1-01
ウイゴンベです。

目をぐりっとさせて、僕を睨みつけています。

次の瞬間には、目の前から姿を消してしまいました。


幼魚は以前、2006年のベストショットの被写体になってもらいました。

伊豆海洋公園では、個体数はそれほど、多くない種類だと思います。


ウイゴンベ
Cyprinocirrhites polyactis
魚類 スズキ目 ゴンベ科
伊豆海洋公園
ブリマチ方面 水深20m
2010/9/20
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/09/20(火) 21:59:37|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

アカイソハゼ

2010/09/20の伊豆海洋公園ダイビング (1)

ここからまた、海の中の写真に戻ります。

2010年9月20日の、伊豆海洋公園での写真を掲載していきます。


1本目はブリマチ方面のソフトコーラルのエリアを、散策しました。

まずはカイメンから顔をのぞかせているアカイソハゼを撮影です。

遠赤外線で温まってる?!
01★アカイソハゼ100920_1-02
オレンジ色のふんわりしたカイメンだったので、暖かそうな雰囲気で撮ってみました。

まわりの色のせいか、ハゼものぼせているように、見えませんか?


アカイソハゼ
Eviota sp.
魚類 スズキ目
ハゼ科 ハゼ亜科 イソハゼ属
伊豆海洋公園
ブリマチ方面 水深20m
2010/9/20
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/09/18(日) 17:39:37|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

昇った!

2010/09/11 富戸港 早朝撮影 (5)

富戸港での早朝撮影。

これまでご紹介してきた写真は、日の出前のもの。

さまざまな光の芸術を楽しませてくれた後、いよいよ、太陽が姿を現しました。


水平線から、絞り出されてきたみたい。
05-1★朝日100911_0-03

この日は水平線近くの雲が薄かったので、低い位置から観察できました。

昇った!
05-2★朝日100911_0-09


雲を押しのける!
05-3★朝日100911_0-12
太陽が昇りきったところで、早朝撮影は終了。

早起きは辛いですが、疲れた心身?に滲みいるこの光景に、やみつきになりました!



2010/09/11
Canon EOS 40D


FC2 Blog Ranking
 

テーマ:夕陽・夕焼け・朝日・朝焼け - ジャンル:写真

  1. 2011/09/16(金) 20:57:10|
  2. ■富戸港(陸撮)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

岩の表情

2010/09/11 富戸港 早朝撮影 (4)

早朝の海岸を、あれこれ考えて撮りました。

今回紹介するのは、特徴的な、岩の表情。

富戸の海岸にも、大きな岩が、ごろごろと横たわっています。

その中から「これは」というものを選んで、イメージを膨らませて撮ってみました。


まずは、「峻嶮な峰」のような岩を選んで。

海抜ゼロメートルの、雲海。
04-1★波打ち際100911_0-15

2枚目は、大きな岩の間を選んで。

雲の通り道。
04-2★波打ち際100911_0-11

そして3枚目は、波を受けて立つ、大岩を主役に。

存在感。
04-3★波打ち際100911_0-14

朝日の撮影というと、ワイドで撮るイメージがありますが、このように部分を切り取る楽しみも、あるのですね。

このテーマは今後も、追及していきたいと思います。



2010/09/11
Canon EOS 40D


FC2 Blog Ranking
 

テーマ:夕陽・夕焼け・朝日・朝焼け - ジャンル:写真

  1. 2011/09/12(月) 21:36:25|
  2. ■富戸港(陸撮)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

陸と海のさかいめ

2010/09/11 富戸港 早朝撮影 (3)

「岸に打ち寄せる波」の続きです。

波打ち際をアップで、撮影です。


霧がたちこめる!?
03-1★波打ち際100911_0-07
波が来た時だけ水に浸るところは、このように、霧のように写ります。

逆に、波が引いたときだけ、陸上に出る岩は・・・


雲の下に、隠れているみたい。
03-2★波打ち際100911_0-01
陸と海のさかいめというのは、あやふやというか、もやもやというか。


そして、朝日が差してくると・・・

ほんのり、色づく。
03-3★波打ち際100911_0-04
さまざまな表情を見せてくれる、早朝の波打ち際。

まだ続きます!


2010/09/11
Canon EOS 40D


FC2 Blog Ranking
 

テーマ:夕陽・夕焼け・朝日・朝焼け - ジャンル:写真

  1. 2011/09/05(月) 21:39:57|
  2. ■富戸港(陸撮)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

波に洗われる

2010/09/11 富戸港 早朝撮影 (2)

この日の早朝撮影で、意識して撮影したのが、「岸に打ち寄せる波」

動かない岸、そこに打ち寄せる波。


波が来た!
02-1★夜明け前の光明100911_0-18

波に洗われる。
02-2★夜明け前の光明100911_0-16
「静と動」の対比。

自分の目では写しとれないものを記録できるというのも、カメラならではの楽しみですね。


2010/09/11
Canon EOS 40D


FC2 Blog Ranking
 

テーマ:夕陽・夕焼け・朝日・朝焼け - ジャンル:写真

  1. 2011/09/02(金) 21:08:33|
  2. ■富戸港(陸撮)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

mak

Author:mak
写真、ダイビングそして読書を楽しむ、ごく普通のサラリーマンです。
詳しくは作者紹介をご覧ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

あわせて読みたい