真壁海中写真館

Underwater Photography

ベニクダウミヒドラ

2010/3/27の伊豆海洋公園ダイビング (6)

3月27日の伊豆海洋公園ダイビング、最後に紹介する写真もベニクダウミヒドラです。

先に紅色のイソバナと一緒に撮影したショットを紹介しましたので、今回は違う背景の写真です。


1枚めは黄色いイソバナと一緒に。

タンポポをイメージして。
06-1★ベニクダウミヒドラか100327_2-02
黄色という色は、かわいらしい印象を受けますね。


そして最後は、オレンジを背景に。

ほんわり暖かい雰囲気で。
06-2★ベニクダウミヒドラか100327_2-01

単体でも絵になりますが、背景によってさまざまなイメージに変わりますね。

これからもシチュエーションを選んで、撮影していきたい被写体です。



ベニクダウミヒドラ
Tubularia mesembryanthemum
刺胞動物 ヒドロ虫綱
クダウミヒドラ科
2010/3/27
伊豆海洋公園 2番の根
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 
スポンサーサイト

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/10/31(日) 19:44:57|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

ソメンヤドカリ

2010/3/27の伊豆海洋公園ダイビング (5)

2番の根の砂地で、ソメンヤドカリを撮影しました。

大きな貝殻から顔を出したところをパシリと。
05-1★ソメンヤドカリ100327_2-10
この種類は貝殻に、ベニヒモイソギンチャクをつけて身を守ります。

ハートのかたち。
05-2★ソメンヤドカリ100327_2-14

まさに二段構えの防御策です。

自分自身も、殻とトゲをまとってるのに・・・。

食べられて
→姿を変えて
→でも食べられて
→貝殻の中に入って
→でもでも食べられて
→イソギンチャクつけてみました。


こんなことを、長~い世代にわたって、繰り返してきたのでしょうね。

その結果が、このお姿。
05-3★ソメンヤドカリ100327_2-01
おかげで、被写体としては撮り甲斐のあるビジュアルです。

最後はアップで。

ニット帽かぶったお兄さんみたい。
05-4★ソメンヤドカリ100327_1-02

生物の進化って面白いなあと思います。



ソメンヤドカリ
Dardanus pedunculatus
節足動物 異尾類
ヤドカリ科 ヤドカリ属
2010/3/27
伊豆海洋公園 2番の根
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/10/29(金) 21:12:24|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ベニクダウミヒドラ

2010/3/27の伊豆海洋公園ダイビング (4)

この日のダイビングでの、僕の狙いのひとつはベニクダウミヒドラでした。

伊豆半島や伊豆大島では、季節と場所を選べば、遭遇率の高い生物です。

「なんでこんなへんてこな生物を・・・」と自分でも思いますが、独特の雰囲気に魅かれて、コンデジ時代から撮影していました。

まずは紅色が鮮やかなイソバナといっしょに、撮影してみました。

ひょろひょろっとあがった花火みたい。
04-1★ベニクダウミヒドラか100327_2-03
この細い花びらのようなものが、ウミヒドラです。


この時はゆらゆらとうねりがありました。

そのうねりにあわせて、横を向いたところをパシリと。


儚げでしょう?!
04-2★ベニクダウミヒドラか100327_2-04

背景によって、雰囲気が変わります。

この日はあまり透明度が良くなかったので、青抜きならぬ緑抜きで。


光をもとめて。
04-3★ベニクダウミヒドラか100327_2-05

別の場所でも撮影したので、後ほど紹介します。


ベニクダウミヒドラ
Tubularia mesembryanthemum
刺胞動物 ヒドロ虫綱
クダウミヒドラ科
2010/3/27
伊豆海洋公園 2番の根
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/10/23(土) 17:11:36|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

ヒラメ

2010/3/27の伊豆海洋公園ダイビング (3)

伊豆大島ほどではありませんが、伊豆海洋公園でもしばしばヒラメを見かけます。


この個体は半分、砂地に埋まっていました。

まさに砂まみれの状態。


引いて撮っても分かりづらいと思ったので、顔をアップで撮影しました。

目がビー玉みたい。
03★ヒラメ100327_2-08
アゴが尖って見える、シャープな個体でした。

ちょっとヘバり気味??



ヒラメ
Paralichthys olivaceus
魚類 カレイ目 ヒラメ科
2010/3/27
伊豆海洋公園 2番の根
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/10/19(火) 21:11:05|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ホヤの仲間

2010/3/27の伊豆海洋公園ダイビング (2)

伊豆海洋公園で撮影する時はたいてい、何を撮りたいかを事前にイメージしてから潜ります。

しかし自然が相手だと、なかなか思う通りにはなりません。

お目当ての被写体がいなかったりすることも、ままあります。


しかし逆に、「おっ、これは!」と思うものに偶然、出会えることもあります。


この被写体もそのひとつ。

たまたま手を置こうとした場所に、白い色が目立っていたので、撮影してみました。


撮りながら僕が考えていたことは・・・

「ゼリーが食べたい!」
02★キノコボヤの仲間か100327_1-03

スプーンがつるんと入りそうな、ひんやりしたゼリーを、連想してしまいました。


撮っている時は、「カイメンの仲間かなあ」と思っていたのですが、図鑑をめくってみるとどうやら、ホヤの仲間のようです。

おそらく海洋公園では、それほど珍しい生物ではないと思います。

これまで素通りしていたものが、急に気になる・・・カメラを持って潜ると、しばしばこんなことがあります。


ホヤの1種
2010/3/27
伊豆海洋公園 2番の根
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/10/17(日) 17:54:42|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

ソウシカエルアンコウ

2010/3/27の伊豆海洋公園ダイビング (1)

今年最初に伊豆海洋公園で潜ったのは、3月27日でした。

天気は良かったのですが気温は低め、水温は13℃、透明度は5m程度と、浮遊物が多い冷たい海でした。


そんなコンディションのなか、まず撮影したのが、ソウシカエルアンコウでした。

壁面が砂地に落ちていく境い目。

入口が狭く、ようやく人が入れる大きさの洞窟に、この個体がいました。


きらりと、ブルーに光る目。
01-1★ソウシカエルアンコウ100327_1-12
バレーボールくらいの大きさでしょうか、立派な個体でした。

60mmマクロを装着していたので、ひたすら顔のアップの撮影です。


口の端が、垂れていますね。
01-2★ソウシカエルアンコウ100327_1-06
撮影場所は洞窟。

視界はライトの光だけが頼りです。

じっと動かないとはいえ、この顔と向き合っていたら、なんだか息苦しくなってしまいました。


この迫力に、負けました。
01-3★ソウシカエルアンコウ100327_1-13


ソウシカエルアンコウ
Antennarius scriptissimus
魚類 アンコウ目 カエルアンコウ科
2010/3/27
伊豆海洋公園 2番の根
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/10/15(金) 22:12:41|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

「伊豆海洋公園2010」シリーズスタート!


今年2010年も、伊豆海洋公園を中心に潜りました。

・・・というよりも今年は、東伊豆と伊豆大島でしか、潜っていなかったりします

理由はいろいろありますがそれはともかく、、、今年もせっせと、伊豆海洋公園に通いました。


伊豆海洋公園で撮りためた写真を、撮影日順に掲載していきます。

撮影練習のために、繰り返し撮っている被写体もありますが・・・読み飛ばしてください。

ではホームグラウンドでじっくり撮影した写真の数々を、これからご紹介していきます!


FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/10/14(木) 21:41:24|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

『真壁海中写真館』の水中撮影器材

自分の水中撮影器材については、カメラをコンデジからデジイチに変えたときに、ご紹介したことがあります。

そのときの記事はこちら


カメラとハウジングは変えていないのですが、その後、周辺装備を少しずつ、改良?しました。

せっかくなので、2010年バージョンの姿をご紹介します。
撮影装備2010夏

①カメラ本体:   Canon EOS 40D
②レンズ:     (1)Canon EF-S60mm F2.8 マクロ USM
            (2)Canon EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS
③ハウジング:   Seatool SDH-C40D
④外付けストロボ: INON D-2000
⑤ターゲットライト: INON LE550-S

最近では、④ストロボを2灯に、⑤ターゲットライトをLEDハイパワータイプにしたのが、おもな変更点です。


大きさの比較用に、腕時計型ダイブコンピュータとマスクを入れて撮りました。

陸上では重くてかさばります。

でも水中では浮力がかかるので、ほとんど重さは感じません。


移動中は片手でぶらぶらさせています。
5-29-IMG_1158.jpg
atopapa様撮影 @伊豆大島。
 ぼ~っとしていたら撮られてました・・・。



アームのとりまわしなど、見直したい部分がいくつかあります。

そしてレンズもあれこれ試したいのですが・・・あまりお金もかけられないので、しばらくはこの装備で撮影を続けると思います。


体力的にもお財布的にも?? 水中での撮影は、なかなかタイヘンなのです。


FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/10/09(土) 17:38:34|
  2. ★このブログについて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

イトフエフキ

2010/5/29-5/30の伊豆大島ダイビング (30)

この日2本目の、秋の浜でのダイビング。

浅場の段をあがって、エクジットポイントまでゆっくりと、移動していました。

移動中、左手の壁面からこちらを見つめる視線に、気づきました。


なにか言いたそう。
30-1★イトフエフキ4-01

岩陰で休んでいるところに僕が通ったので、警戒モードになったようです。

さらに近付いて撮影しようとすると・・・

びゅ~んと。
30-2★イトフエフキ4-02
・・・逃げ去ってしまいました。 ヒレ全開で。


じっくり観察できなかったのですが、おそらくイトフエフキだと思います。

この種類はこれまで2回、掲載していました。


赤ちゃんの個体

お子さまの個体


今回はようやく? 成魚のご紹介でした。

大島の海中で、育っているのですね。

でもこの種類の成長を追って撮っている人って、少ないでしょうね・・。

僕はなぜだか、この魚の表情が気になるのです。




これで5月の伊豆大島シリーズも終了。

18-55mmレンズも試せて、収穫の多い大島合宿でした!





イトフエフキ
Lethrinus genivittatus
魚類 スズキ目 フエフキダイ科
2010/5/30
伊豆大島 秋の浜 水深4m
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/10/06(水) 21:45:36|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ベニカエルアンコウ

2010/5/29-5/30の伊豆大島ダイビング (29)

この日2本目のダイビングも後半。

秋の浜の浅場の段まで戻ってきました。

ここで前日に18-55mmレンズで撮影したベニカエルアンコウに、再びカメラを向けてみました。


正面から、顔が浮き上がるように。
29★ベニカエルアンコウ4-02

今後のために、この日は60mmマクロで撮って、比べてみました。

どちらのレンズでもしっかりフレームに納まってくれる、ほどよい大きさの個体でした。


ベニカエルアンコウ
Antennarius nummifer
魚類 アンコウ目 カエルアンコウ科
2010/5/30
伊豆大島 秋の浜 水深8m
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/10/02(土) 15:08:17|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

プロフィール

mak

Author:mak
写真、ダイビングそして読書を楽しむ、ごく普通のサラリーマンです。
詳しくは作者紹介をご覧ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

あわせて読みたい