真壁海中写真館

Underwater Photography

コクテンベンケイハゼ

2010/2/26の伊豆大島ダイビング (17)

秋の浜の浅場の段。

その壁面で、コクテンベンケイハゼを撮影しました。

この仲間は敏感なので、少し離れた位置から、撮影です。

ちょっと痩せ気味。
17★ベンケイハゼ2-07
この角度からは分かりづらいですが、背ビレに黒点があるように見えるので、この種類と同定しました。

少しずつ近づいて撮影しましたが、いっこうに逃げる気配がありませんでした。


最終的には、ここまで寄れました。

口が大きい。
17★ベンケイハゼ2-10

目も大きく見えて、げっそりしているようにも見えます。

おとなしかったのか元気がなかったのか??じっとこの場にたたずむ、コクテンベンケイハゼでした。


コクテンベンケイハゼ
Priolepis sp.
魚類 スズキ目 ハゼ科
ハゼ亜科 イレズミハゼ属
2010/2/26
伊豆大島 秋の浜 水深9m
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 
スポンサーサイト
  1. 2010/05/30(日) 22:02:37|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ザラカイメンカクレエビ

2010/2/26の伊豆大島ダイビング (16)

筒状のカイメンの奥にいる、ザラカイメンカクレエビを撮影しました。


穴の入口がせまかったので、カイメンならでは?の、工夫した撮り方にチャレンジです。


「鍵穴の向こう側」
16★ザラカイメンカクレエビ2-04

半透明のエビの体が透けて、レントゲン写真のような仕上がりになってくれました。

独特の撮影環境なので、今後もあれこれ試してみたい、被写体です。


ザラカイメンカクレエビ
Periclimenaeeus gorgonidarum
節足動物 エビ類
テナガエビ科 カイメンカクレエビ属
2010/2/26
伊豆大島 秋の浜 水深14m
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 
  1. 2010/05/28(金) 21:50:01|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チゴミドリガイ

2010/2/26の伊豆大島ダイビング (15)


チゴミドリガイを撮影しました。


「緑に囲まれて」
15-1★チゴミドリガイ2-07
人工的ともいえる、鮮やかなグリーンですね。

これだと、地味な色のチゴミドリガイも、逆に目立ちます。


2枚目は触角にフォーカスして。

先端のブルーが映えます。
15-2★チゴミドリガイ2-06

緑がまぶしい、目に優しい??被写体でした。


チゴミドリガイ
Thuridilla livida
軟体動物 襄舌目
ゴクラクミドリガイ上科
ゴクラクミドリガイ科
2010/2/26
伊豆大島 秋の浜 水深14m
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 
  1. 2010/05/26(水) 21:35:33|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウミトサカ

2010/2/26の伊豆大島ダイビング (14)

魚や小動物が寄りそう、ソフトコーラルの仲間ウミトサカ

色の綺麗なものが多いので、お目当ての被写体の背景として、写真に撮る機会が多いです。


しかし、脇役にしておくのはもったいない!と思う個体も、しばしば見かけます。

伊豆大島ではたまに見かける、パープルの幹に白いポリプの個体が生えていたので、主役として撮影しました。


王冠!
14★ウミトサカ2-02
どちらかというと、王妃という雰囲気でしょうか。

気持ちの良いブルーをバックに、エレガントに撮影してみました。


ウミトサカの仲間
刺胞動物 花虫綱
ウミトサカ目
2010/2/26
伊豆大島 秋の浜 水深21m
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 
  1. 2010/05/24(月) 21:29:04|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ガラスハゼ

2010/2/26の伊豆大島ダイビング (13)

ガラスハゼがいたので、オーソドックスに真横から、撮影してみました。

尾っぽのあたりに、卵を産みつけています
13★ガラスハゼ2-02
宿主のムチカラマツをコーティングしているような、半透明なものが、ガラスハゼの卵です。

この場所でじっと、卵を守っているのでしょうね。

深い藍色をバックに、静的な雰囲気で撮影してみました。


ガラスハゼ
Bryaninopus tigris
魚類 スズキ目 ハゼ科
ハゼ亜科 ガラスハゼ属
2010/2/26
伊豆大島 秋の浜 水深27m
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 
  1. 2010/05/22(土) 19:54:26|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オキゴンベ

2010/2/26の伊豆大島ダイビング (12)

この日2本目のダイビングも、ソフトコーラルエリアにいるオキゴンベを撮りに行きました。

薄いピンクのウミトサカの陰にいたので、青抜きで撮影しました。


「夜空を見上げる」
12-1★オキゴンベ2b-08
濃いブルーに、オキゴンベの黄色が映えます。


このお魚は目に表情があります。

くりくりと動かすので、良い雰囲気の瞬間を狙って、シャッターを切ります。


困惑の表情??
12-2★オキゴンベ2b-06

いろいろな視点からの撮影が楽しめる、身近な優等生の、被写体です。


オキゴンベ
Cirrhitichthys aureus
魚類 スズキ目 ゴンベ科
2010/2/26
伊豆大島 秋の浜 水深30m
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 
  1. 2010/05/19(水) 21:39:44|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

インターネットウミウシ

2010/2/26の伊豆大島ダイビング (11)

岩の上に、立派なインターネットウミウシがいました。

正面に回って、撮影です。


鉄兜。
11★インターネットウミウシ2-01
突起の先が上向きに曲がっていて、イカツイ雰囲気ですね。


開けた場所にいたので、2枚目は青抜きで撮影しました。

このほうが和らいで見える??
11★インターネットウミウシ2-02
背景でずいぶんと、イメージが変わりますね。


存在感のある、肉厚な個体でした。


インターネットウミウシ
Halgerda okinawa
軟体動物 裸鰓目
ドーリス亜目 ドーリス科
2010/2/26
伊豆大島 秋の浜 水深22m
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 
  1. 2010/05/17(月) 21:13:27|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

アカエソ

2010/2/26の伊豆大島ダイビング (10)

この日2本目のダイビングも、秋の浜で潜ることが出来ました。

目的の場所に移動している途中、海底を見る僕の眼に、こんなシーンが飛び込んできました。


アカエソの捕食シーンです。
10-1★アカエソ2-01
尻尾から、ガバリといったようです。


食べられたお魚は、ムナテンベラ

目に愛嬌がありますが、残念ながらここまでの命だったようですね。


正面からストロボを当てて撮影したので、1枚撮っただけで、アカエソはびゅ~んと、逃げて行ってしまいました。

獲物をくわえているぶん、体が重くて動けないと思ったのですが、意外と俊敏でした。



「残念!」とあきらめかけたところ、少し離れたところで、ガイドさんがまた、見つけてくれました。

こんどは慎重に、少し離れた場所から横顔を撮影です。


喰らいついています。
10-2★アカエソ2-03
先ほどより少し、奥まで飲み込んだようですね。

でもいっきには、飲み込めなかったようです。

ひょっとしたら、ベラが胸ビレで突っ張って抵抗しているのかもしれません。


食べる方も、簡単には行きませんね。

ヒレをバタつかせて、必死に飲み込もうとしています。
10-3★アカエソ2-04
アカエソの体が、いつも以上に、赤くなっているように見えます。

食う-食われる・・・これが自然の営みなのですね。


アカエソ
Synodus ulae
魚類 ヒメ目 エソ科
2010/2/26
伊豆大島 秋の浜 水深8m
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 
  1. 2010/05/15(土) 16:43:02|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ニジギンポ

2010/2/26の伊豆大島ダイビング (9)

この日1本目の、秋の浜でのダイビング。

最後に、エクジット用のハシゴの下にいた、ニジギンポを撮影しました。

この場所では、ハシゴの鉄パイプの中から顔を出している姿を良く見かけます。

でもこの時は、パイプの中にはいませんでした。

所在無い感じで、ひょこひょこと泳いでいました。
09-1★ニジギンポ1-01
場所取りが出来なかったのでしょうか??

全身をあらわにして、不安なのかもしれません。

でもこのニジギンポ・・・

楽しそうな顔をしています。
09-2★ニジギンポ1-02
ヒレも全開で、「元気ハツラツ」といった雰囲気です。

たぶん本人?は、一生懸命生きていると思うのですが・・・なごみます。

幸せな気分で、1本目のダイビングを終えることができました。


ニジギンポ
Petroscirtes breviceps
魚類 スズキ目 イソギンポ科
2010/2/26
伊豆大島 秋の浜 水深4m
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 
  1. 2010/05/13(木) 22:37:29|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ベニカエルアンコウ

2010/2/26の伊豆大島ダイビング (8)

カエルアンコウの中でも特に擬態上手な、ベニカエルアンコウ

今回も、まわりのごちゃごちゃした色あいに良く溶け込んだ個体を、撮影しました。

まずは、分かり易いように、顔のアップを。
08-1★ベニカエルアンコウ2-02
ついつい、このアングルが多くなってしまいます。

同じようなショットばかりでは新鮮味が無いので、あれこれ工夫して、全身を撮影。

ベニカエルアンコウの体が、立体的に見えるように。
08-2★ベニカエルアンコウ1-07
こうやって撮ると、存在感が増しますね。

同じ撮りかたで、顔のアップを。

左手?の指先が、持ちあがっています。
08-3★ベニカエルアンコウ1-10
「ちょっと待って!」とでも言っているようで、面白い。

これまでも数多く撮ってきた被写体ですが、まだまだ楽しめそうです。


ベニカエルアンコウ
Antennarius nummifer
魚類 アンコウ目 カエルアンコウ科
2010/2/26
伊豆大島 秋の浜 水深9m
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 
  1. 2010/05/11(火) 21:24:36|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ナカザワイソバナガニ

2010/2/26の伊豆大島ダイビング (7)

この日1本目のダイビングも、浅い場所まで戻ってきました。


その浅場の段の下、コーナーのサビカラマツにいるナカザワイソバナガニを撮影しました。

サビカラマツの繁みに、ひっそりとたたずんでいます。
07-1★ナカザワイソバナガニ1-02
クリスマスツリーのようなサビカラマツの枝に、見事に溶け込んでいますね。

2枚目は同じアングルで、なんとか、カニが分かるように工夫しての撮影。

カニがふわっと浮き上がる感じで。
07-2★ナカザワイソバナガニ1-03


擬態上手の生物の撮影には苦労しますが、こんなふうに、工夫して撮っていきたいと思います。


ナカザワイソバナガニ
Xenocarcinus conicuc
節足動物 カニ類
クモガニ科 イソバナガニ属
2010/2/26
伊豆大島 秋の浜 水深9m
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 
  1. 2010/05/09(日) 16:15:26|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

シロオビコダマウサギ

2010/2/26の伊豆大島ダイビング (6)

パープルのウミトサカに付いていた、2種類のウミウサギ。

お次は、シロオビコダマウサギです。


六角形の網目模様が、整然と並んでいます。
06-1★シロオビコダマウサギ1-01

先に紹介したヒナコダマウサギと比べると、ほっそりした貝殻をしています。

突起の先端も、丸くて、トゲトゲした感じがしませんね。

2枚目はウミウサギがふわっと浮かび上がる雰囲気で。

鬼が持っているこん棒みたい。
06-2★シロオビコダマウサギ1-03

ウミウサギはそれぞれ特徴があるので、撮影のし甲斐のある被写体です。


シロオビコダマウサギ
Prionovolva brevis
軟体動物 巻貝
ウミウサギ科
2010/2/26
伊豆大島 秋の浜 水深26m
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 
  1. 2010/05/07(金) 21:53:51|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヒナコダマウサギ

2010/2/26の伊豆大島ダイビング (4)

パープルのウミトサカに、2種類のウミウサギが付いていました。

まずはヒナコダマウサギから撮影です。

突起の先端がとがっているので・・・

ウミトサカにめり込んでいるように見えます。
05-1★ヒナコダマウサギ1-01
2枚目はさらに寄っての撮影。

迷路のような模様が、悩ましい。
05-2★ヒナコダマウサギ1-03

外套膜に透けて見える、貝殻の赤い模様も不規則で、「もやっと感」がありますね。

この貝殻の模様を見て、ウズラの卵を連想してしまいました。


ヒナコダマウサギ
Prionovolva aenigma
軟体動物 巻貝
ウミウサギ科
2010/2/26
伊豆大島 秋の浜 水深26m
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 
  1. 2010/05/05(水) 21:04:01|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ベニキヌヅツミ

2010/2/26の伊豆大島ダイビング (4)

ついつい、カメラを向けてしまう、ベニキヌヅツミ

こんどは、ポリプの開いたサンゴの枝先にいた個体を、撮影しました。

ポリプが綺麗だったので、それを前景に入れて撮ってみました。


ブルーがかった写真が、最近のマイブームです。
04★ベニキヌヅツミ1b-01
やっぱり、「海らしい」雰囲気になりますからねえ。

こんな雰囲気の写真を、さらに追及していきたいと思います。


ベニキヌヅツミ
Phenacovolva rosea
軟体動物 巻貝類 ウミウサギ科
2010/2/26
伊豆大島 秋の浜 水深28m
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 
  1. 2010/05/03(月) 19:50:14|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

mak

Author:mak
写真、ダイビングそして読書を楽しむ、ごく普通のサラリーマンです。
詳しくは作者紹介をご覧ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

あわせて読みたい