真壁海中写真館

Underwater Photography

カエルウオ

2009/10/9-10/11の伊豆大島ダイビング (18)

秋の浜での定番の被写体のひとつ、カエルウオ

今回もエクジット用階段の鉄パイプにいるところを、撮影しました。

接近した僕を警戒していたのか、パイプの中に、体を沈めていました。


でもその表情は・・・

ぐったり疲れてるみたい。
18-1★カエルウオ3-01

このパイプの中で顔をこすりつけたのか、鉄のサビが、顔についています。

そんな”汚れた”姿にも、「お疲れ」を感じます。


「あ゙~~、くたびれた!」
18-2★カエルウオ3-02

なんど撮っても飽きない、表情豊かなカエルウオです。



カエルウオ
Istiblennius edentulus
魚類 スズキ目 イソギンポ科
2009/10/10
伊豆大島 秋の浜 水深2m
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/11/30(月) 21:54:47|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ミチヨミノウミウシ

2009/10/9-10/11の伊豆大島ダイビング (17)

浅場に戻る途中、ミチヨミノウミウシが2個体いるのを、ガイドさんに教えてもらいました。

大きな木の下で寄りそう、カップルみたい。
17-1★ミチヨミノウミウシ3-0

ウミウシはアップで撮ることが多いので、今回は背景を入れて物語仕立てにしてみました・・。



ミチヨミノウミウシ
Cuthona sibogae
軟体動物 裸鰓目
ミノウミウシ亜目 オショロミノウミウシ科
2009/10/10
伊豆大島 秋の浜 水深18m
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/11/30(月) 20:51:03|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アカスジウミタケハゼ

2009/10/9-10/11の伊豆大島ダイビング (16)

秋の浜でのハゼ撮影。

とはいっても砂地ではなく、トサカやサンゴに住み着いた種類がターゲットです。

第2弾はアカスジウミタケハゼです。

住みかのサンゴの模様が・・・

悩ましい・・・。
16-1★アカスジウミタケハゼ3

色といい、線の曲がり具合といい、宇宙っぽく見えますね。


そんなサンゴの表面をすべるように、このハゼは移動します。

2枚目はサンゴの崖の上?に立ち止ったところを、パシリと。

宇宙のかなたを見つめている?!
16-2★アカスジウミタケハゼ3

海中で撮影していると、想像力がたくましくなっていくような気がします。

宿主とセットで楽しめた、被写体でした。



アカスジウミタケハゼ
Pleurosicya micheli
魚類 スズキ目 ハゼ科
ハゼ亜科 ウミショウブハゼ属
2009/10/10
伊豆大島 秋の浜 水深27m
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/11/29(日) 17:20:33|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スケロクウミタケハゼ

2009/10/9-10/11の伊豆大島ダイビング (15)

10月の伊豆大島の2日目。

この日も海況は問題なく、秋の浜で潜ることができました。

潜行前の「なに撮りたい?」というガイドさんの質問に、「ハゼが撮りたい!」と答えた僕。


まずはウミトサカの群生エリアでスケロクウミタケハゼを撮影しました。

トサカのポリプが開いていなかったのは残念でしたが、奥まったところに「潜んでいる」感じで、撮影してみました。

目がきりりと、引き締まっています。
15-1★スケロクウミタケハゼ3

トサカが紅色なので、ハゼも赤みがかって、見えますね。

情熱的な??雰囲気の、スケロクウミタケハゼでした。



スケロクウミタケハゼ
Pleurosicya boldinghi
魚類 スズキ目 ハゼ科
ハゼ亜科 ウミショウブハゼ属
2009/10/10
伊豆大島 秋の浜 水深26m
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/11/28(土) 17:09:05|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イシガキダイ

2009/10/9-10/11の伊豆大島ダイビング (14)

この日2本目のダイビングもいよいよ終盤。

いつも通る段下のコースの一角で、イシガキダイがたたずんでいるのを、見かけました。

なんだか、楽しそうな表情。
14-1★イシガキダイ2-03

さらに近付くと、逃げ出してしまいました。

なので2枚目は背中側からのショットを。

目がかわいい。
14-2★イシガキダイ2-01
ボディーもヒョウ柄で、特徴的ですね。

釣り人には人気のお魚ですが、ダイバーがカメラを向ける場面は、あまりなさそうです。

伊豆大島ではしばしば見かける、種類です。



イシガキダイ
Oplegnathus punctatus
魚類 スズキ目 イシダイ科
2009/10/9
伊豆大島 秋の浜
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/11/27(金) 21:16:36|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミサキウバウオ

2009/10/9-10/11の伊豆大島ダイビング (13)

岩陰にミサキウバウオがいるのを、ガイドさんに教えてもらいました。

そぉ~っと近づいて、撮影です。
13-1★ミサキウバウオ2-02
すぐに岩の下に逃げ込んでしまう、お魚です。

しかしこの時はなぜか、この場所から離れませんでした。


「もしかして」と思って良く見ると・・・

頭の下に、紫色の卵を守っていました。
13-2★ミサキウバウオ2-03

実はこの仲間は、他の魚の卵を食べる種類です。

でも?だから?? 自分の卵はこうしてしっかり、守っているのですねえ。

「カンベンしてくださいよ~」
13-3★ミサキウバウオ2-06

気のせいか、気弱な感じに見えました。目もうるうるしているような・・・。


抱卵中のミサキウバウオ・・・はじめて見ました。



ミサキウバウオ
Lepadichthys frenatus
魚類 スズキ目 ウバウオ科
2009/10/9
伊豆大島 秋の浜
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/11/26(木) 21:06:02|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

オキゴンベ

2009/10/9-10/11の伊豆大島ダイビング (12)

カイメンの根元にちょこんと、オキゴンベがいるのに気付きました。

今回は、光り輝く目に注目して、撮影してみました。

グリーンがキラーン!!
12-1★オキゴンベ2-03

こうやって見ると、何か考えごとでもしていそうな顔に、見えます。

2枚目は正面に回り込んで撮影。

背ビレの先が線香花火みたい?!
12-2★オキゴンベ2-04

伊豆近辺では良く見かける種類です。

様々なアングルから楽しめる、良い子な被写体です。


オキゴンベ
Cirrhitichthys aureus
魚類 スズキ目 ゴンベ科
2009/10/9
伊豆大島 秋の浜
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/11/25(水) 21:39:25|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ベニキヌヅツミ

2009/10/9-10/11の伊豆大島ダイビング (11)

ガイドさんが、鮮やかなヤギを、指さして教えてくれました。

満開!
11-1★ベニキヌヅツミ2-02
・・・いえいえ、教えてくれたのは、ヤギに付いたベニキヌヅツミでした。

あまりにヤギが立派に咲き誇っているので、そちらに目が行ってしまいました。

2枚目はベニキヌヅツミ中心で・・。

紅色!
11-2★ベニキヌヅツミ2-06

宿主ともども、鮮やかな色の被写体でした。


ベニキヌヅツミ
Phenacovolva rosea
軟体動物 巻貝類 ウミウサギ科
2009/10/9
伊豆大島 秋の浜
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/11/23(月) 20:16:51|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カゲロウカクレエビ

2009/10/9-10/11の伊豆大島ダイビング (10)


ドングリガヤをひっくり返して、ガイドさんがカゲロウカクレエビを見せてくれました。

透明人間。
10-1★カゲロウカクレエビ2-0

頭の中に「こういう生物だ」というイメージがないと、気付かないですね。

まさに、陽炎のような存在のエビです。


カゲロウカクレエビ
Periclimenes hertwigi
節足動物 エビ類
テナガエビ科 ホンカクレエビ属
2009/10/9
伊豆大島 秋の浜
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/11/23(月) 16:23:39|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウミウシカクレエビ

2009/10/9-10/11の伊豆大島ダイビング (9)

移動中、ガイドさんがたびたび、ナマコをひっくり返していました。


いくつかひっくりかえして、ビンゴ!

ウミウシカクレエビを発見です。さっそく撮影。

火星の景色??
09-1★ウミウシカクレエビ2-0
赤っぽいナマコだったので、荒涼とした雰囲気に映りました。


この写真は、ナマコのおなか側を映しています。

このエビは、ナマコのおなかの下に隠れて、暮らしています。

ひっくり返されて困ったようです。

しばらくすると、背中側に隠れようとしました。

さささっと。
09-2★ウミウシカクレエビ2-0

エビ:逃げる。

僕: ナマコをまわす。



・・・このくり返しでした。


この個体は程よい大きさで、背中の白い斑点が綺麗でした。
09-3★ウミウシカクレエビ2-0
額角という頭のツノが前にせり出していて・・・

ちょんまげ??
09-4★ウミウシカクレエビ2-0
この後、ナマコの体の下に、潜り込んで行きました。

見た目はかっこいいけど警戒心の強い、ウミウシカクレエビでした。


ウミウシカクレエビ
Periclimenes imperator
節足動物 エビ類
テナガエビ科 ホンカクレエビ属
2009/10/9
伊豆大島 秋の浜
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/11/22(日) 21:10:37|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キイロウミウシ

2009/10/9-10/11の伊豆大島ダイビング (8)

岩の上に、キイロウミウシがいるのに気がつきました。

ボリューム感のあるウミウシなので、その雰囲気で撮ってみました。

ソファーみたい?!
08-1★キイロウミウシ2-02

座り心地を試したくなる??キイロウミウシでした。


キイロウミウシ
Glossodoris atromarginata
軟体動物 裸鰓目
ドーリス亜目 イロウミウシ科
2009/10/9
伊豆大島 秋の浜
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/11/22(日) 17:24:40|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヒラメ

2009/10/9-10/11の伊豆大島ダイビング (7)

沖へ移動中にヒラメ横たわっているのを、ガイドさんに教えてもらいました。

顔が面白いので、ついつい、アップで撮ってしまいます

今回はこれまで以上に近付いての撮影に挑戦!

大きな口と、出っ張った目に注目して、撮ってみました。

「歯、治療しませんか・・?」
07-1★ヒラメ2-03
・・・やっぱり、面白い顔です。

こうやって見ると、上面の黒さと、下面の白さの違いが、はっきりと分かりますね。

さまざまな楽しみ方のある、魅力的な被写体です。


ヒラメ
Paralichthys olivaceus
魚類 カレイ目 ヒラメ科
2009/10/9
伊豆大島 秋の浜
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/11/22(日) 00:07:16|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ミアミラウミウシ

2009/10/9-10/11の伊豆大島ダイビング (6)

10/9の2本目のダイビング。

ややうねりはあるものの支障ない範囲だったので、秋の浜で潜ることにしました。


エントリーするとさっそく、眼の前に被写体がいました。

ミアミラウミウシです。

付いている岩ともども・・・

妖しい紫色。
06-1★ミアミラウミウシ2-03
1本目には見かけなかったのですが、けっこう目立つ場所にいました。

立派な個体でした。

ごつごつして、堂々とした雰囲気に見えますね。


でもこの場所はうねりをうけるので・・・

「おっとっと」
06-2★ミアミラウミウシ2-04
姿勢を保つのが大変なように見えました。

どこか別の場所から、流れ着いたのかもしれませんね。

秋の浜ではしばしば見かける、ウミウシです。


ミアミラウミウシ
Ceratosoma sinuata
軟体動物 裸鰓目
ドーリス亜目 イロウミウシ科
2009/10/9
伊豆大島 秋の浜
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/11/20(金) 22:06:00|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コウワンテグリ

2009/10/9-10/11の伊豆大島ダイビング (5)

1本目のダイビングも終盤。

段を上がって浅場に戻ってきました。

ガイドさんが岩の間を覗いて、何かを探していました。

近づいて一緒に覗いてみると・・・

うらめしそうに、こちらを見る目と、視線が合いました。
05-1★コウワンテグリ1-02
コウワンテグリの幼魚です。

小さいときはこうして、岩の下に身を隠しているのですね。



この後すぐにまた、岩の下に潜り込んで行きました。



コウワンテグリ
Neosynchiropuos ocellatus
魚類 スズキ目 ネズッポ科
2009/10/9
伊豆大島 秋の浜 水深6m
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/11/19(木) 21:49:17|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ナカザワイソバナガニ

2009/10/9-10/11の伊豆大島ダイビング (4)

水深20m近辺での撮影を終え、浅場の段下まで戻ってきました。

コーナーに道しるべのように生えている立派なサビカラマツを、ガイドさんがかき分けて見ていました。

わさわさしたサビカラマツの間を覗いて見ると、ナカザワイソバナガニが付いているのが見えました。

この種類は宿主の破片を、体にくっつけるようなのですが、この個体はなぜか、あまり付けていませんでした。

なんだか、ハゲワシみたい。
04-1★ナカザワイソバナガニ1
自信がなさそうにも、見えますね。

だから奥のほうに隠れていたのかな??

裸を見られて恥ずかしそうな、ナカザワイソバナガニでした。



ナカザワイソバナガニ
Xenocarcinus conicuc
節足動物 カニ類
クモガニ科 イソバナガニ属
2009/10/9
伊豆大島 秋の浜 水深9m
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/11/18(水) 20:54:32|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビシャモンエビ

2009/10/9-10/11の伊豆大島ダイビング (3)

魅力的な被写体が集まっていた、秋の浜の水深20mエリア。

まだまだ、撮影が続きました。


ビシャモンエビです。
03-1★ビシャモンエビ1-01


ボディーのグリーンと、突起の黄色が、鮮やかな個体でした。
03-2★ビシャモンエビ1-05

甲冑のようなゴツゴツしたボディーがカッコイイ、エビです。

顔も、横に飛び出た目と、口髭のような触角が、特徴的です。
03-3★ビシャモンエビ1-08

イカつく見えますが、これはメスの個体です。


このムチカラマツをよく探すと、少し離れた場所に、オスの個体がいました。

遠慮がちに・・・。
03-4★ビシャモンエビ1-12

夫唱婦随ならぬ、「婦唱夫随」という言葉がぴったりな、ビシャモンエビのペアです。


ビシャモンエビ
Miropandalus hardingi
節足動物 エビ類
タラバエビ科 ビシャモンエビ属
2009/10/9
伊豆大島 秋の浜 水深22m
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/11/17(火) 21:58:21|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シロオビコダマウサギ

2009/10/9-10/11の伊豆大島ダイビング (2)

ニシキフウライウオをじっくり、時間をかけて撮影しました。

すぐに深度を上げるかなと思っていたら、それまでいた場所より少し下がった砂地で、ガイドさんが僕を呼んでいました。

何かな?と思ったら、この被写体でした。

ヒナコダマウサギです。
02-1★ヒナコダマウサギ1-02
ポリプが半分だけ開いて、もわもわっとした感じのトサカに、ついていました。


左側の個体は、面白い形をしていました。

ひょっとして、おなか側なのかな??
02-2★ヒナコダマウサギ1-04

ウミウサギの仲間はよく撮っていますが、こういう姿は初めて見ました。

もう一方の個体は、丸々としていました。

貝殻の模様が、透けて見えますね。
02-3★ヒナコダマウサギ1-05

この2匹はペアなのでしょうかねえ?

それにしてはけっこう、距離があいています。
02-4★ヒナコダマウサギ1-07

最後はアップでほわっと、撮ってみました。

白い突起が、かわいらしい。
02-5★ヒナコダマウサギ5-03

トサカの切子模様も、綺麗です。

これまた時間をかけて、撮影してしまいました。


ヒナコダマウサギ
Prionovolva aenigma
軟体動物 巻貝
ウミウサギ科
2009/10/9
伊豆大島 秋の浜 水深23m
Canon EOS 40D


*******追記 2010/1/11********

当初、ヒナコダマウサギとして掲載していました。
しかし、その後調べたところ、シロオビコダマウサギのようですので、タイトルと種名情報を訂正します。

シロオビコダマウサギ
Prionovolva brevis
軟体動物 巻貝
ウミウサギ科
2009/10/9
伊豆大島 秋の浜 水深23m
Canon EOS 40D

******************************
FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/11/16(月) 21:13:33|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ニシキフウライウオ

2009/10/9-10/11の伊豆大島ダイビング (1)


体育の日の連休を利用して、伊豆大島に行きました。

半年ぶりの大島なので気合を入れて??2泊3日でたっぷり、潜ることにしました。


しかし、前日の10/8に台風18号が関東地方を通過し、強い風と雨で交通も大混乱。

直後の10/9にジェット船が運航するか心配でしたが、無事運航ということでなんとか、東京・竹芝桟橋から伊豆大島に渡ることができました。


潜行可能なポイントも限られているだろうなあと、覚悟していましたがなんと、秋の浜は潜れるとのこと。

風向きが良かったのですね・・ラッキーです。


うねりが少々ありましたが、問題なくエントリーできました。

1本目のダイビングではまず、ニシキフウライウオを撮影しに行くことにしました。

台風前から観察されていた、ダイバーに人気の被写体です。

ダイバーの数が少ないうちにじっくり、撮らせてもらいました。


この種類はガンガゼの周りなど、地味な場所にいることが多いのですが、今回は鮮やかな色のトサカに寄り添っていました。


ペアで飛行機スタイル!
01-1★ニシキフウライウオ1-1

こういう場所で浮かんでいると、なんだか楽しそうに見えてしまいます。

2枚目は1個体を選んで、顔のアップを。


口が長~い!
01-2★ニシキフウライウオ1-0
胸ビレに薄く、ブルーが入っているのもチャームポイントですね。

背景ともども紅白で、なんだかおめでたい雰囲気の、ニシキフウライウオのペアでした。

ニシキフウライウオ
Solenostomus paradoxus
魚類 トゲウオ目 カミソリウオ科
2009/10/9
伊豆大島 秋の浜 水深21m
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/11/15(日) 16:02:46|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フタイロカエルウオ

2009/7/25の伊良部島ダイビング (9)

7/25の一日限りの伊良部島ダイビング。

最後の写真は、フタイロカエルウオです。

巣穴から顔だけを出して・・・

「また来てね!」
3-05フタイロカエルウオ
(Canon PowerShot S45)




今回の伊良部島の写真は全て、Canon PowerShot S45+純正ハウジングのみで撮影しました。

このblogには全て、トリミングも色補正も無しで掲載しました。

被写体は限られますが、軽装備でも撮れるものですね。

次回は一眼+ワイドレンズでじっくり撮りたい! 伊良部島の海でした。




フタイロカエルウオ
Ecsenius bicolor
魚類 スズキ目 イソギンポ科
2009/7/25
沖縄・伊良部島 L字アーチ&ワープホール

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/11/14(土) 15:27:03|
  2. ●伊良部島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ハートのアーチ

2009/7/25の伊良部島ダイビング (8)

初めての伊良部島でのダイビング。

3本目はL字アーチに行き、ワープホールをくぐった後、この場所に行きました。

ハートのアーチ!
3-04ハートのアーチ
(Canon PowerShot S45)

人工的に作った、建築物のように見えますね。

「神様のいたずら」と感じてしまう、伊良部島の海中景観でした。

ハートのアーチ
2009/7/25
沖縄・伊良部島 L字アーチ&ワープホール

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/11/13(金) 19:28:00|
  2. ●伊良部島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワープホール

2009/7/25の伊良部島ダイビング (7)

この日3本目のダイビングで潜りこんだ海中洞窟、ワープホール

予想以上に、長い洞窟でした。

この洞窟は横幅があるのですが、高さはあまりなく、頭上を注意しながら進みます。

途中でカーブがあったりして、冒険気分が味わえます。


洞窟内に群れる魚を照らしながら進むとようやく、出口が見えてきました。


横に広がった出口から光が差し込んでいて・・・

口の中から外を見てる気分?!
3-03ワープホール
(Canon PowerShot S45)

日の光を受けて、ほっとしました。

お化け屋敷よりもスリルを味わえる??ワープホールでした。


ワープホール
2009/7/25
沖縄・伊良部島 L字アーチ&ワープホール

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/11/12(木) 21:32:10|
  2. ●伊良部島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アカマツカサ

2009/7/25の伊良部島ダイビング (6)

L字アーチに行った後、ワープホールに潜りこみました。

ここも海中洞窟。

しかも長い!

中に入ってしばらく進むと、まさに闇!

今回は水中ライトを持っていかなかったのですが、このダイビングの前に、ガイドさんから借りていました。

その水中ライトで行き先を照らしながら、洞窟内を進みます。

ライトの光の輪の中を見ると、魚が群れているのに気づきました。

いくつかの種類が目に入りましたが、その中の1種類が、アカマツカサです。

目が大きい!
3-02アカマツカサ
(Canon PowerShot S45)

真っ暗な洞窟に、よく似合います。

真っ赤で目立ちそうですが、洞窟の中ではまったく、見えません。

何が出るか予想できない、海中洞窟探検でした。


アカマツカサ
Myripristis berndti
魚類 キンメダイ目 イットウダイ科
2009/7/25
沖縄・伊良部島 L字アーチ&ワープホール

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/11/11(水) 21:03:34|
  2. ●伊良部島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロウニンアジ

2009/7/25の伊良部島ダイビング (5)

この日3本目のダイビングも、リクエストは「地形」。

まずはL字アーチに向かいました。

そのアーチに進むと、巨大なロウニンアジが2個体!

威風堂々。
3-01ロウニンアジ
(Canon PowerShot S45)

僕らダイバーにはおかまいなしという感じで、アーチの下を悠々と、巡回?していました。

ロウニンアジなんて、久々に撮ったなあ。

最近ご無沙汰の大物ネタだったので、ドキドキしてしまいました。

ロウニンアジ
Caranx ignobilis
魚類 スズキ目 アジ科
2009/7/25
沖縄・伊良部島 L字アーチ&ワープホール

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/11/10(火) 21:45:57|
  2. ●伊良部島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

白鳥岬の海中景観

2009/7/25の伊良部島ダイビング (4)

7/25の伊良部島でのダイビング。

2本目も、1本目と同じ場所からエントリーしました。

行き先は変えて、別の地形ポイントに向かいます。

ここは、狭い隙間から・・・

かすかな青い光が差し込んでいました。
2-01白鳥岬地形

さらに近付くと、光の量が増えていきます。

波があたるので・・・

泡がしゅわしゅわ。
2-02白鳥岬地形

真下に近づくと・・・

光の帯が!
2-03白鳥岬地形


まさに、光のシャワー!
2-04白鳥岬地形

スポットライト!
2-05白鳥岬地形
(Canon PowerShot S45)


この色の光を見るとなぜだか、興奮してしまいます・・。

こんな地形を楽しんだあと、小さな生物も見せてもらい、2本目のダイビングは終了しました。


白鳥岬
2009/7/25
沖縄・伊良部島 白鳥岬

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/11/09(月) 22:19:59|
  2. ●伊良部島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

白鳥ドーム

2009/7/25の伊良部島ダイビング (3)

宮古島エリアでのダイビングといえばやはり、「地形」

いつもは小さな生物を撮ることが多い僕も、ガイドさんに「どこに行きたい?」と聞かれて迷わず、「地形が面白いところ!」とリクエストしました。


1本目のエントリー早々、迎えてくれたのも・・・

気持ちの良い陽射し。
1-01白鳥岬地形

このポイントは海中洞窟になっていて、外海から島内に開いたに、通り抜けることができます。

洞窟を進むと、こんな光景が・・・。

「白鳥ドーム」です。
1-02白鳥ドーム

ぽっかりと水面に開いた穴から、夏の陽射しが差し込んで・・・


「未知との遭遇」!
1-03白鳥ドーム

この青い光に魅せられて、夢中でシャッターを切ってしまいました。

最少装備のコンデジで撮れちゃうのも嬉しい!

光の取り込み方によって微妙に、印象が変わります。

大きなクラゲのようにも見えます??
1-06白鳥ドーム
(Canon PowerShot S45)

このダイビングでは、この池に浮上したりして、のんびりと洞窟ダイビングを楽しみました。



なお、今回の宮古島・伊良部島ツアーでは、陸上の写真も多く、撮影しました。

こちらに載せていますので、よろしかったら見てください。

ちなみに、白鳥岬の陸上はこんな景色



海中も陸上も楽しんだ、7月の宮古島・伊良部島。 まだまだ続きます!


白鳥ドーム
2009/7/25
沖縄・伊良部島 白鳥ドーム

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/11/08(日) 17:35:25|
  2. ●伊良部島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ヒトスジギンポ

2009/7/25の伊良部島ダイビング (2)

ふだん、伊豆半島や伊豆諸島で潜ることが多い僕にとって、沖縄の海の「普通種」は新鮮に見えます。

このヒトスジギンポも、そんな魚のひとつ。

伊良部島でもあちこちで、見かけました。


開けた場所にいる個体を選び・・・

背景を入れてパチリと。
1-05ヒトスジギンポ
(Canon PowerShot S45)

うるうるした目で水面を見上げる姿がかわいらしい、ギンポ君です。


ヒトスジギンポ
Ecsenius lineatus
魚類 スズキ目 イソギンポ科
2009/7/25
沖縄・伊良部島 白鳥ドーム

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/11/07(土) 21:41:01|
  2. ●伊良部島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クマノミ

2009/7/25の伊良部島ダイビング (1)

7月の終盤、宮古島に行きました。
今回は陸上も楽しみたかったので、ダイビングは1日だけにしました。


はじめての宮古島でのダイビング。

風向きの影響で、この日は伊良部島の「白鳥岬」で潜りました。


荷物を軽くしたかったので、EOS 40Dは水中に持ち込まず、以前使っていたコンデジ、Canon PowerShot S45で撮ることにしました。

外付けのストロボ、ライトもつけずに、純正ハウジングのみでの撮影です。

なので画質は大目に見てください。

そして被写体も細かいもの、遠いものはご勘弁。


このクマノミあたりが良い被写体です。
1-04クマノミ(Canon PowerShot S45)

手に持つカメラが小さいと、身軽な半面、不安にも感じてしまいます。


クマノミ
Amphiprion clarkii
魚類 スズキ目 スズメダイ科
2009/7/25
沖縄・伊良部島 白鳥ドーム

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/11/07(土) 21:21:21|
  2. ●伊良部島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アカハチハゼ

2009/6/5-6/6の八丈島ダイビング (89)

6月の八丈島ダイビングも、いよいよ最後の写真の紹介です。

浅場の砂地でホバーリングしていた、アカハチハゼの幼魚です。

顔だけがオレンジ!
89-1★アカハチハゼ6-08


ブルーのラインが、目立ちます。
89-2★アカハチハゼ6-09


これまでも何度か見かけていましたが、写真を掲載するのは今回がはじめてです。



以前紹介したオトメハゼと同じように、この種類も、砂を飲み込んでは・・・

エラから吐き出します。
89-3★アカハチハゼ6-06

かなり近づいて撮影したのですが、せっせとこの動作を繰り返していました。

でも、こちらが気になる様子??
89-4★アカハチハゼ6-10

綺麗な個体でした。






これで6月の八丈島ダイビングも終了!

今回はウミウシ、ウミウサギが多めでした。

そのほか「魚の顔」など、自分なりのテーマを決めて、じっくりと撮影させてもらいました。




アカハチハゼ
Valenciennea strigata
魚類 スズキ目
ハゼ科 ハゼ亜科 クロイトハゼ属
2009/6/6
八丈島 八重根 水深8m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/11/06(金) 21:49:35|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シコクスズメダイ

2009/6/5-6/6の八丈島ダイビング (88)

ウミコチョウの撮影も終わり、さらに浅場に戻ってきました。

そこでガイドさんにまた、スズメダイの幼魚がいるのを教えてもらいました。

シコクスズメダイです。
88-1★シコクスズメダイ6-01

尾びれの根元が白いのが、特徴的です。

警戒心が強いようで、あまり近づかせてもらえませんでした。

サンゴに隠れて、にらみます。
88-2★シコクスズメダイ6-02

以前、撮影した個体よりも、ひとまわり小さな個体でした。

スズメダイの仲間は、成長するにつれて地味になる種類が多いのですが、この種類は成長するにつれて、白い部分が広がっていくようです。


シコクスズメダイ
Chromis margaritifer
魚類 スズキ目
スズメダイ科
2009/6/6
八丈島 八重根 水深7m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/11/05(木) 22:12:53|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シフォプテロン・クアドリスピノーサム

2009/6/5-6/6の八丈島ダイビング (87)

ウミコチョウの仲間を多く撮影した、この日3本目のダイビング。

ふたたび、シフォプテロン・クアドリスピノーサムです。
87-1★シフォプテロン・クア

この個体もこの種類だとわからずに、撮影していました。

でも、線の入り方がオレンジウミコチョウと違うので、「違う種類かも」と思い、真面目に??撮影しました。

先に紹介した個体は、羽の部分の線がくっきりしていましたが、この個体はほとんどありません。

おしりに入ったラインも、薄めです。
87-2★シフォプテロン・クア

ボディーの色は、この個体のほうが赤みが強いですね。

この個体は、せっせと移動していました。

白鳥が首ふって、泳いでいるみたい。
87-3★シフォプテロン・クア

ウミコチョウの仲間も、いろいろといるのですね。

出会っていない種類もまだまだいるようなので、これからも開拓していきたいと思います。


シフォプテロン・クアドリスピノーサム
Siphopteron quadrispinosum
軟体動物 頭楯目
キセワタ上科 ウミコチョウ科
2009/6/6
八丈島 八重根 水深8m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/11/04(水) 21:42:58|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

mak

Author:mak
写真、ダイビングそして読書を楽しむ、ごく普通のサラリーマンです。
詳しくは作者紹介をご覧ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

あわせて読みたい