真壁海中写真館

Underwater Photography

マツカサウオ

2009/4/11-4/12の伊豆大島ダイビング (7)

壁面のくぼみに、マツカサウオの幼魚がいるのを、教えてもらいました。

天井?に身を寄せて、おどおどしています。
07-1★マツカサウオ1-03
ファインダーを覗きにくい角度だったので、逆立ちしての撮影です。
水中撮影ならでは、ですね。

この種類も、幼魚はかわいいですね。

松かさカサカサ。
07-2★マツカサウオ1-04

このお魚を見ると、小判が頭に浮かびます。

金運上昇、あやかりたいあやかりたい。


マツカサウオ
Monocentris japonica
魚類 キンメダイ目 マツカサウオ科
2009/4/11
伊豆大島 秋の浜 水深9m

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/06/30(火) 21:25:23|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ミアミラウミウシ

2009/4/11-4/12の伊豆大島ダイビング (6)

濃い色の海藻の上に、大きなミアミラウミウシが付いていました。

こういう場所で撮ると、ウミウシだけが浮き立ちます。
06-1★ミアミラウミウシ1-02

「海牛」というより「海怪獣」!?
06-2★ミアミラウミウシ1-01

触角が長いですね。

大島には大きな個体がいますね。 迫力があります。


ミアミラウミウシ
Ceratosoma sinuata
軟体動物 裸鰓目
ドーリス亜目 イロウミウシ科
2009/4/11
伊豆大島 秋の浜 水深20m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/06/30(火) 20:15:31|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イソカサゴ

2009/4/11-4/12の伊豆大島ダイビング (5)

浅場への移動中、僕の好きな色のウミトサカがはえているのを見つけました。

「何か魚が付いていればいいなあ」と思って裏側をのぞくと・・・イソカサゴがはりついていてくれました!

「おおっ!」と、膝をたたいてしまいましたよ。 あわてて撮影です。

鮮やかなパープル!
05-1★イソカサゴ1-02

イソカサゴもこころなしか、赤みが強い気がします。

ウミトサカの白いポリプも取り入れて撮影したかったのですが、ガイドさんとはぐれてしまいそうだったので、ここで断念。

また探してみよう!


イソカサゴ
Scorpaenodes littoralis
魚類 カサゴ目 フサカサゴ科
2009/4/11
伊豆大島 秋の浜 水深20m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/06/29(月) 22:22:12|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タツノイトコ

2009/4/11-4/12の伊豆大島ダイビング (4)

この日の1本目は、お目当ての被写体を探しに水深30m近辺を散策しました。

残念ながら狙っていた生物には遭遇することができなかったのですが、そんな僕のカメラのお相手をしてくれたのが、この被写体です。

タツノイトコです。
04-1★タツノイトコ1-01

海藻に擬態して、棒のように体を伸ばしていました。

口はやや上向き。
04-2★タツノイトコ1-04

目が体の色と同じなのでちょっと、わかりづらいですね。


3枚目は、背景に色を入れて
04-3★タツノイトコ1-06

いとこ??のタツノオトシゴほど人気はありませんが、このお魚もなかなか、ユニークです。


タツノイトコ
Acentronura(Acentronura) gracilissima
魚類 トゲウオ目
ヨウジウオ科 ヨウジウオ亜科
2009/4/11
伊豆大島 秋の浜 水深30m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/06/29(月) 22:06:44|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ガラスハゼ

2009/4/11-4/12の伊豆大島ダイビング (3)

ガイドさんがお目当ての被写体を探している間に、ガラスハゼを撮影しました。

レントゲン写真?!
03-1★ガラスハゼ1-02

あいかわらずの、スケスケぶりです。

深度もあったので、青抜きは断念。

バックは黒でビシっと、撮影です。

劇画っぽく。
03-2★ガラスハゼ1-04

体の長さがあったせいか、痩せて見える個体でした。

見かけるとついついカメラを向けてしまう、魅力的な被写体です。


ガラスハゼ
Bryaninopus tigris
魚類 スズキ目 ハゼ科
ハゼ亜科 ガラスハゼ属
2009/4/11
伊豆大島 秋の浜 水深26m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/06/28(日) 17:02:15|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コトヒメウミウシ

2009/4/11-4/12の伊豆大島ダイビング (2)

この4月の伊豆大島では、ウミウシの仲間をよく、撮りました。

まずはコトヒメウミウシからご紹介。

ギザギザ!
02-1★コトヒメウミウシ1-01


付いている海藻もギザギザ。
02-2★コトヒメウミウシ1-02

ゆがんだ歯車のような、ギザギザっぷりですね。

"稀種"というイメージはありませんが、久しぶりに撮影した、ウミウシです。


コトヒメウミウシ
Goniodoridella savignyi
軟体動物
裸鰓目
ドーリス亜目
ネコジタウミウシ科
2009/4/11
伊豆大島 秋の浜 水深23m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/06/28(日) 16:08:54|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミギマキ

2009/4/11-4/12の伊豆大島ダイビング (1)

4/11-4/12の1泊2日で、伊豆大島で潜りました。

例年、天候・海況が不安定な時期ですが、今回は問題無し。
往路のジェット船もスムーズでした。

さっそく、1本目のダイビングに出発!
ポイントはもちろん、秋の浜です。

水中は少々、見通しが良くありませんでしたが、ダイビングには支障なし。
水温は16度前後。陸上が暖かかっただけに、ひんやり感じました。
身を引き締めて??泳ぎはじめます。



最初にガイドさんが見せてくれたのがこの、ミギマキの幼魚です。

モヒカンスタイルの、独特の体系です。
01-1★ミギマキ1-04

成魚は口紅を塗ったように、赤い口をしていますが・・・

幼魚は口が白いのですね。
01-2★ミギマキ1-02

成魚はもっさりした雰囲気ですが、幼魚の時は利発な感じがします。


ミギマキ
Goniistius zebra
魚類 スズキ目 タカノハダイ科
2009/4/11
伊豆大島 秋の浜 水深23m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/06/28(日) 11:11:58|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

作者紹介

簡単に、管理人makの自己紹介をさせていただきます。

1105861377_927jp.gif


1995年 ダイビングライセンス取得
1997年 水中写真をはじめる
1999年 コンパクトデジタルカメラを水中で使い始める
2000年 HP『真壁海中写真館』を立ち上げる
2004年 『真壁海中写真館』をblog化
2006年 mixiに読書感想文を書き始める(現在休止)
2008年 カメラをデジタル一眼レフに切り替える
2009年 陸上写真を現在の『Googleフォト』に掲載開始
2011年 blog『三ッ池公園撮物帳』開始
2011年 読書感想をブクログ『makabe38の本棚』に移行
2017年 blog『美術探求手控帖』開始


写真、ダイビングそしてアート鑑賞と読書を楽しむ、ごく普通のサラリーマンです。

カメラは2台を使用しています。
・Canon EOS 5D Mark III
・Canon EOS 40D

水中の撮影器材については、こちらの記事をご覧ください。
また、水中撮影の様子については、こちらの写真(撮影:atopapa様、モデル?:管理人)をご覧ください。

ダイビングでよく行くのは静岡県の伊豆半島。
東伊豆の伊豆海洋公園を中心に潜っていて、近くの富戸や八幡野、西伊豆の田子で潜ることもあります。
また、沖縄慶良間諸島の阿嘉島にも、継続的に潜りに行っています。
過去には海外や他の国内ポイントでも潜っていたので、『真壁海中写真館』には各所で撮影した水中写真を掲載しています。

陸上での撮影も楽しんでいます。
神奈川県横浜市の三ッ池公園に継続的に通い、写真を『三ッ池公園撮物帳』に掲載しています。
また旅行などで撮影した写真は、『Google フォト』に整理しています。

ダイビングや旅行で移動する際などには読書をしていますので、その感想をブクログ『makabe38の本棚』に載せています。

写真の勉強になるかと思い、美術展や写真館に通っていましたが、アート鑑賞そのものが趣味になってしまいました。
アート鑑賞の感想については、『美術探求手控帖』に載せています。

複数のブログを平行して管理しているので、それぞれの更新は週に1~数回といった頻度です。
たまに1-2週間ほど更新が無い場合がありますが、ネタ切れか管理人不在のためですので、お待ち頂ければ復活します。

マイペースに更新していますので、末長くお付き合いください。

[本文章の最終更新:2017/01/02]

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/06/27(土) 20:30:03|
  2. ★管理人Profile
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

『真壁海中写真館』にようこそ


『真壁海中写真館』ようこそ。

このブログは、スキューバダイビングで撮影した水中写真を紹介しています。

海の中はおどろきがいっぱい!

そんな楽しさを写真で表現していきたいと、カメラと格闘しています。

ダイバー以外の方にも、楽しんでいただければと思います。
たまに専門用語??も混じりますが、読み飛ばして下さい。

お子様にも楽しんでいただける、健全な!!ブログを目指します。

地道にコツコツと更新していますので、ゆったりとご覧になって下さい。


『真壁海中写真館』のこれまで

『真壁海中写真館』は2000年7月に立ち上げたホームページです。
設立当初は、手作りのHPで運営していました。
2004年11月23日から、blog化しました。
はじめはDoblog、そして2005年11月29日から、こちらFC2ブログも利用させてもらっています。
3年半の間は、2つのブログサービスを併用していましたが、2009年5月30日にDoblogがサービス終了となったため、現在はこちらFC2のみで運営しています。
Doblogの閉鎖とともに、2005年11月29日より前の記事と写真は閲覧できなくなってしまいました。
気分一新、また新たな写真を撮って、紹介していきます!

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/06/26(金) 19:39:53|
  2. ★このブログについて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

チョウチョウコショウダイ

2009/2/12-2/14のフィリピン・アニラオダイビング (134)

フィリピン・アニラオでの最終ダイビングも、いよいよ終盤。

そろそろ上がろうかと思っていた時に、ガイドさんが呼んでいるのに気づきました。

その指さす先を見ると・・・

極小の、チョウチョウコショウダイ
134-1★チョウチョウコショウ

これは小さかったなあ。

その大きさと反比例して?? 動きが速い!

外敵から身を守ろうと、必死なのでしょうね。

こちらもシャッタースピードを早くして一瞬をとらえます
134-2★チョウチョウコショウ
ヒレがたなびいていて、動いているのがわかりますね。


『あらよっと!』
134-3★チョウチョウコショウ


遠くから見ていると、楽しそうにヒラヒラ泳いでいるのですが、本人?は必死なのかもしれませんね。

目が真剣です。
134-4★チョウチョウコショウ


最後は、カメラ目線で決めポーズ
134-5★チョウチョウコショウ

これだけ速く動き続けていたら、疲れるでしょうね。

優雅に見えても、ハードに生きているのですね。




これで、2月のフィリピン・アニラオでのダイビングも終了。

どっぷり潜って、どっさり写真を撮りました!





チョウチョウコショウダイ
Plectorhinchus chaetodonoides
魚類 スズキ目 イサキ科
2009/2/13
フィリピン・アニラオ
ビスタマール 水深4m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/06/24(水) 23:49:23|
  2. ●フィリピン・アニラオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シロオビイソハゼ

2009/2/12-2/14のフィリピン・アニラオダイビング (133)

アニラオでよく目についたのがこの、シロオビイソハゼです。

サンゴの色合いがおもしろかったので、背景を交じえて撮影
133-1★シロオビイソハゼ11-0

南の島ならではの、種類のようですね。

その海域では普通種でも、気になったお魚は撮るようにしています。


シロオビイソハゼ
Eviota pellucida
魚類 スズキ目 ハゼ科
ハゼ亜科 イソハゼ属
2009/2/13
フィリピン・アニラオ
ビスタマール 水深4m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/06/23(火) 21:51:43|
  2. ●フィリピン・アニラオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TALBOT'S DEMOISELLE

2009/2/12-2/14のフィリピン・アニラオダイビング (132)

今回のアニラオでよい被写体になってくれた1種、タルボットダムゼルです。

目じり吊り上げて、怒ってる?!
132-1★タルボットダムゼル11


子供のころ、こういう色の丸いガムを食べたなあ」と、思い出がよみがえりました。


TALBOT'S DEMOISELLE
(タルボットダムゼル)
Chrysiptera talboti
魚類 スズキ目 スズメダイ科
2009/2/13
フィリピン・アニラオ
ビスタマール 水深5m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/06/22(月) 22:06:03|
  2. ●フィリピン・アニラオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クロスジリュウグウウミウシ

2009/2/12-2/14のフィリピン・アニラオダイビング (131)

クロスジリュウグウウミウシを見つけました。

名前のとおり、黒い線がいっぱい
131-1★クロスジリュウグウウ

触角と鰓が長いですね。

これも南の海で見かけることが多い、種類だと思います。


クロスジリュウグウウミウシ
Nembrotha lineolata
軟体動物 裸鰓目
ドーリス亜目 クロスジリュウグウウミウシ科
2009/2/13
フィリピン・アニラオ
ビスタマール 水深2m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/06/22(月) 20:55:23|
  2. ●フィリピン・アニラオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ニセネッタイスズメダイ

2009/2/12-2/14のフィリピン・アニラオダイビング (130)

「ビスタマール」の浅場でも、このスズメダイを撮影しました。

斑点が浮き上がる。
130-1★ニセネッタイスズメダ

同定に自信がないのですが、ニセネッタイスズメダイと紹介している種類です。
130-2★ニセネッタイスズメダ

黄色い腹ビレも、きれいですね。

今回のアニラオでは、ちらほらと見かけた種類でした。


ニセネッタイスズメダイ
Pomacentrus amboinensis
魚類 スズキ目 スズメダイ科
2009/2/13
フィリピン・アニラオ
ビスタマール 水深5m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/06/21(日) 19:33:54|
  2. ●フィリピン・アニラオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミカドチョウチョウウオ

2009/2/12-2/14のフィリピン・アニラオダイビング (129)

「何かいるかな?」とサンゴの枝を覗いてみたら、ミカドチョウチョウウオの幼魚が隠れていました。

子供どうしで、ないしょ話?
129-1★ミカドチョウチョウウ

スズメダイの幼魚も、かわいらしいですね。

いかにも「サンゴがたよりです」という、シーンでした。


ミカドチョウチョウウオ
Chaetodon baronessa
魚類 スズキ目 チョウチョウウオ科
2009/2/13
フィリピン・アニラオ
ビスタマール 水深4m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/06/21(日) 11:26:32|
  2. ●フィリピン・アニラオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オトメハゼ

2009/2/12-2/14のフィリピン・アニラオダイビング (128)

今回のアニラオでは、砂地で何度かオトメハゼを見かけました。

思ったよりも警戒心が強く、近付いての撮影は、なかなかできませんでした。
最後のダイビングになってようやく、距離間がつかめてきました。
128-1★オトメハゼ11-03

口が大きくて、味のある表情をしたハゼです。
128-2★オトメハゼ11-01

こういう表情の人、いますよね・・。


オトメハゼ
Valenciennea puellaris
魚類 スズキ目
ハゼ科 ハゼ亜科 クロイトハゼ属
2009/2/13
フィリピン・アニラオ
ビスタマール 水深8m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/06/20(土) 16:28:06|
  2. ●フィリピン・アニラオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サラサウミウシ

2009/2/12-2/14のフィリピン・アニラオダイビング (127)

移動中にサラサウミウシを見つけました。

赤と白の鮮やかな対比。
127-1★サラサウミウシ11-01

名前のとおり、服の生地になりそうな、デザインですね。

南の海で見かける個体のほうが、このように鮮やかででっぷりしているように思います。


サラサウミウシ
Chromodoris tinctoria
軟体動物 裸鰓目
ドーリス亜目 イロウミウシ科
2009/2/13
フィリピン・アニラオ
ビスタマール 水深10m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/06/18(木) 21:56:42|
  2. ●フィリピン・アニラオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

メガネスズメダイ

2009/2/12-2/14のフィリピン・アニラオダイビング (126)

「ビスタマール」の浅場でも、メガネスズメダイを見かけました。

まわりのグリーンに、色が映えます。
126-1★クロメガネスズメダイ

横顔が凛々しい??
126-2★クロメガネスズメダイ

この種類の幼魚は、写真映えがしますね。


幼魚ばかりを撮っていたので、このポイントでは成魚も撮影してみました。

かわいさ半減、貫禄倍増!?
126-3★クロメガネスズメダイ

それぞれの年代?で特徴があって、面白いですね。

今回のアニラオでは、被写体として大活躍してくれました。


メガネスズメダイ
Pomacentrus bankanensis
魚類 スズキ目 スズメダイ科
2009/2/13
フィリピン・アニラオ
ビスタマール 水深10m、6m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/06/17(水) 21:20:20|
  2. ●フィリピン・アニラオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

THREADFIN ANTHIAS

2009/2/12-2/14のフィリピン・アニラオダイビング (125)

2月のフィリピン・アニラオでのダイビングも、いよいろ最後の1本となりました。

翌日の飛行機のこともあって、この日は3本まで・・・それでも十分、潜っていますね。

船を使って、ビスタマールというポイントに、行きました。

お目当ての被写体を撮りに深場に行きましたが、カメラに収めることはできず。

無理せず、浅場まで戻ってきました。


「そういえば、この種類の成魚の写真を撮っていないな」と思い、メラネシアン・アンティアスを撮影。

幼魚は目にちらっとオレンジ色が入っているだけでしたが、成魚は・・・


号泣!!
125-1★THREDFIN-ANTHIAS11-0

鮮やかなラインが、目からのびています。


尾びれのブルーも、きれいですね。
125-2★THREDFIN-ANTHIAS11-0

これまた「フィリピンらしいなあ」と感じさせてくれた、色彩でした。


THREADFIN ANTHIAS
Pseudanthias huchtii
魚類 スズキ目 ハタ科
2009/2/13
フィリピン・アニラオ
ビスタマール 水深11m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/06/16(火) 21:27:16|
  2. ●フィリピン・アニラオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アゴアマダイ科の1種

2009/2/12-2/14のフィリピン・アニラオダイビング (124)

「マイニット」の砂地では、ジョーフィッシュの姿をちらほら見かけました。

その多くが、頭だけを出していました。


でも帰りがけに見かけたこの個体は・・・

首を長~く、出していました。
124-1★アゴアマダイ科の1種

しばらく観察していると・・・

体が伸びた??!
124-2★アゴアマダイ科の1種

・・・穴の中の胴体を出しただけなのですが、頭とのバランスが、可笑しいですね。



ただならぬ雰囲気に、カメラを構えると・・・

ついに、全身を出してしまいました!
124-3★アゴアマダイ科の1種

ジョーフィッシュが自発的に??全身を穴から出した姿を見るのは、これが初めてかもしれません。

それも一瞬ではありませんでした。
しばらくこの体制で、ホバーリング。

あちら側が、気になるご様子。
124-4★アゴアマダイ科の1種

どうしたのかな?と見ていると・・・


隣の穴に、ジャ~ンプ!


50-60cm離れた所にある穴に、するりと全身を隠してしまいました。

一瞬の出来事だったので、移動シーンは捉えることができず・・。

でもなんで、穴を移動したのかなあ。

ひょっとして「引っ越し」シーンだったのでしょうか??

住みごこちが良さそうか、見極めていたのかもしれませんね。

面白いシーンを、見ることができました。




これで2/13の3本目のダイビングも終了。

ゆったりじっくり、散策できました。





アゴアマダイ科の1種
Opistognathus sp.
魚類 スズキ目 アゴアマダイ科
2009/2/13
フィリピン・アニラオ
マイニット 水深5m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/06/15(月) 22:09:23|
  2. ●フィリピン・アニラオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

イレズミウミヘビ

2009/2/12-2/14のフィリピン・アニラオダイビング (123)

砂の中から頭だけを出している、イレズミウミヘビがいるのを、教えてもらいました。

刺青!
123-1★イレズミウミヘビ10-0

目を細めて、ワルそうです。
123-2★イレズミウミヘビ10-0

ウミヘビとはいっても、ウナギ目に分類される、お魚です。念のため。

この頭の先には、長~い胴体が続いています。 どのような模様なのか、見てみたいものです。


イレズミウミヘビ
Ophichthus bonaparti
魚類 ウナギ目 ウミヘビ科
2009/2/13
フィリピン・アニラオ
マイニット 水深4m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/06/15(月) 21:23:14|
  2. ●フィリピン・アニラオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シマヒメヤマノカミ

2009/2/12-2/14のフィリピン・アニラオダイビング (122)

石の隙間に気配を感じたので、覗きこんでみました。

すると、シマヒメヤマノカミが大きな目で、こちらを見ていました。
122-1★シマヒメヤマノカミ10

若い個体は、かわいらしいですね。

今回のアニラオでは、このような場所で何度か、この種類を見かけました。


シマヒメヤマノカミ
Dendrochirus brachypterus
魚類 カサゴ目 フサカサゴ科
2009/2/13
フィリピン・アニラオ
マイニット 水深2m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/06/14(日) 19:57:04|
  2. ●フィリピン・アニラオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コウイカ科の1種

2009/2/12-2/14のフィリピン・アニラオダイビング (121)

浅場を移動していると、コウイカがホバーリングしているのに、気付きました。

イカも、僕らが見ていることに気づいたのか、警戒モードに。


体色を真っ白にし、イカった目!?をして、飛び去っていきました。
121-1★コウイカ科の1種10-0

見かけた時は、まわりの石と同じような色をしていたのですけれどね。
ハンティングの邪魔をされて、怒っていたのかもしれません。

イカの七変化には、いつも驚かされます。


コウイカ科の1種
軟体動物 イカ類
コウイカ目 コウイカ科
2009/2/13
フィリピン・アニラオ
マイニット 水深2m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/06/14(日) 15:06:11|
  2. ●フィリピン・アニラオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

イソギンチャクエビ

2009/2/12-2/14のフィリピン・アニラオダイビング (120)

砂地にべたっと、イソギンチャクがはりついていました。

その触手を覗いてみると・・・

イソギンチャクエビのペアが、仲良くこちらを見ていました。
120-1★イソギンチャクエビ10

エビのペアは微笑ましいのですが、イソギンチャクが毒々しいですね・・。

そんなギャップが楽しめる?一枚が撮れました。


イソギンチャクエビ
Prriclimenes brevicarpalis
節足動物 エビ類
テナガエビ科 ホンカクレエビ属
2009/2/13
フィリピン・アニラオ
マイニット 水深4m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/06/13(土) 20:17:44|
  2. ●フィリピン・アニラオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ダンダラダテハゼ

2009/2/12-2/14のフィリピン・アニラオダイビング (119)

小石混じりの砂地を散策していると、ハゼが顔を出しているのに気づきました。

周囲を警戒中。
119-1★ダンダラダテハゼ10-1

クビアカハゼとはちょっと違うな」と思って撮っていました。

あとで図鑑で調べたところ、同じダテハゼ属のダンダラダテハゼだということが分かりました。

少しずつにじりよって撮影したところ、かなり近寄っても、穴に隠れませんでした。

でも、目は警戒モード。
119-2★ダンダラダテハゼ10-1

色は地味ですが、ヒレをひろげて堂々とした雰囲気のハゼでした。


ダンダラダテハゼ
Amblyeleotris periophthalma
魚類 スズキ目 ハゼ科
ハゼ亜科 ダテハゼ属
2009/2/13
フィリピン・アニラオ
マイニット 水深4m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/06/13(土) 16:59:58|
  2. ●フィリピン・アニラオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クロモドーリス・ヒントゥアネンシス

2009/2/12-2/14のフィリピン・アニラオダイビング (118)


地味な色の砂地に、ポツンとウミウシがいました。

クロモドーリス・ヒントゥアネンシスです。
118-1★クロモドーリスヒント

初日の1本目にも撮影した種類です。

今回は成長した個体ですね。

風格がある??
118-2★クロモドーリスヒント

不思議な模様です。

まわりが地味なだけに、目立ちます。

別の宇宙の、入口みたい??
118-3★クロモドーリスヒント

ウミウシを見ていると、「デザインって無限の可能性があるなあ」と思います。


クロモドーリス・ヒントゥアネンシス
Chromodoris hintuanensis
裸鰓目 ドーリス亜目
イロウミウシ科
2009/2/13
フィリピン・アニラオ
マイニット 水深5m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/06/12(金) 23:25:51|
  2. ●フィリピン・アニラオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

トゲダルマガレイ

2009/2/12-2/14のフィリピン・アニラオダイビング (117)

砂地を移動していると、何かがヒラヒラと移動する姿が、目に入りました。

その着地した場所に近づいてみると・・・

イカツイ顔が!
117-1★セイテンビラメ10-05

トゲダルマガレイです。

目の上に、長い棘が飛び出ていますね。

口もはんびらきで、ちょっとガラが悪そうです。


僕を警戒しているのか、まわりの様子が気になるのか・・・

目をグルリと動かします。
117-2★セイテンビラメ10-03

全方向が、見えてしまいそうですね。


ヒラメ・カレイの仲間は顔がおもしろいのでついつい、顔のアップばかりを撮ってしまいます。


トゲダルマガレイ
Bothus pantherinus
魚類 カレイ目 ダルマガレイ科
2009/2/13
フィリピン・アニラオ
マイニット 水深5m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/06/11(木) 21:53:46|
  2. ●フィリピン・アニラオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サメハダヤドカリ

2009/2/12-2/14のフィリピン・アニラオダイビング (116)

「マイニット」浅場の目の荒い砂地を散策していると、大きな石が動いているのに気づきました。

よくみると、石にはいくつものイソギンチャクがついていました。

のぞきこむと・・・

石の下敷きになってる?!
116-1★サメハダヤドカリ10-0
いえいえ、これはヤドカリです。

大きな貝殻を見つけて、すみかにしているようです。

そしてこのイソギンチャクも、このヤドカリがくっつけているようです。

二重の防御策ですね。


正面から撮ると・・・

目ヂカラが強い!?
116-2★サメハダヤドカリ10-0

サメハダヤドカリではないかと思います。

大型でゴツゴツした、立派なヤドカリでした。



サメハダヤドカリ
Dardanus gemmatus
節足動物 異尾類
ヤドカリ科 ヤドカリ属
2009/2/13
フィリピン・アニラオ
マイニット 水深5m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/06/11(木) 21:15:24|
  2. ●フィリピン・アニラオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ソデカラッパ

2009/2/12-2/14のフィリピン・アニラオダイビング (115)

2本目のポイント、マイニットの浅場は、砂地というのは目の荒い、小石をしきつめたような海底でした。

そんな石のあいだで・・・見ぃつけた!
115-1★カラッパ属の1種10-0

ちょっと分かりづらいですかね。

では、目を出してもらいましょう。

にょきっと。
115-2★カラッパ属の1種10-0

これで分かりましたでしょうか。 カニです。

甲羅の質感が、周りの石によく似ていますね。

ソデカラッパという種類です。

袖で顔かくしてます。
115-3★カラッパ属の1種10-0

このポーズでひたすら、丸まっています。


『むむむ~!』
115-4★カラッパ属の1種10-0

頑固一徹なキャラクター?の、マルソデカラッパでした。



ソデカラッパ
Calappa hepatica
節足動物 カニ類
カラッパ科 カラッパ属
2009/2/13
フィリピン・アニラオ
マイニット 水深5m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/06/10(水) 21:04:43|
  2. ●フィリピン・アニラオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハナタカサゴ

2009/2/12-2/14のフィリピン・アニラオダイビング (114)

ケラマハナダイを撮影していると、すぐ近くに同じような模様の魚がいることに気づきました。

マネしてる?!
114-1★スズキ目の1種10-01

でもこうやって見比べると、体の形やウロコの質感が、違いますね。

ハナタカサゴという、タカサゴ科の幼魚のようです。
114-2★スズキ目の1種10-02

「他人のそら似」かもしれませんが、すぐ近くにいたので、「ハナダイになりすましてるのかな??」と考えてしまいました。


ハナタカサゴ
Caesio lunaris
魚類 スズキ目 タカサゴ科
2009/2/13
フィリピン・アニラオ
マイニット 水深10m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/06/09(火) 05:18:57|
  2. ●フィリピン・アニラオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

mak

Author:mak
写真、ダイビングそして読書を楽しむ、ごく普通のサラリーマンです。
詳しくは作者紹介をご覧ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

あわせて読みたい