真壁海中写真館

Underwater Photography

イソギンポ科の1種

2009/1/16-1/17の伊豆大島ダイビング (24)

この日1本目のダイビングも最後。

エクジットの梯子近くまで戻りました。

その水面に、カエルウオの仲間がいるのを教えてもらいました。

フジツボの穴から、顔だけひょこり。
24-1★カエルウオの仲間3-06

警戒していたのか、これ以上、穴から出てきませんでした。 なので種名も特定できず・・。

水面近くは、うねりに体がゆらゆらしたり、太陽光が強かったりして、撮影の難しい場所です。


イソギンポ科の1種
魚類 スズキ目 イソギンポ科
2009/1/17
伊豆大島 秋の浜 水深1m

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/02/28(土) 15:04:51|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トウシマコケギンポ

2009/1/16-1/17の伊豆大島ダイビング (23)

濃い赤色をした、トウシマコケギンポを撮影しました。
23-1★トウシマコケギンポ3-0

目が大きくて、ぎょろっとしています。
23-2★トウシマコケギンポ3-0

網目模様のサンゴに囲まれて、目がくらくらしちゃったのかな??
23-3★トウシマコケギンポ3-0

この魚を見ると、顔出し看板を思い出してしまいます。


トウシマコケギンポ
Neoclinus toshimaensis
魚類 スズキ目 コケギンポ科
2009/1/17
伊豆大島 秋の浜 水深6m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/02/28(土) 14:30:50|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

シロイソハゼ

2009/1/16-1/17の伊豆大島ダイビング (22)

伊豆大島ではよく、アカイソハゼを見かけます。

良い場所にいてくれれば撮るのですが、通り過ぎてしまうことも多い種類です。

でも、お仲間のこの種類は、これまで撮影したことがありませんでした。

シロイソハゼです。
22-1★シロイソハゼ3-08

赤色が目立つシロイソハゼと比べると、カラフルですねえ。

白い帯と小さなブルーの斑点も、きらきらしています。


しばらく観察していたら・・・


変な顔されました
22-2★シロイソハゼ3-09
落ち武者のようにも見えます。

威嚇のポーズでしょうか? 


アップの写真が続いたので、大きさが伝わらないかもしれませんね。

引いて撮ると・・・こんな感じ。
22-3★シロイソハゼ3-03

3cmくらいの、小さな魚です。


シロイソハゼ
Eviota albolineata
魚類 スズキ目 ハゼ科
ハゼ亜科 イソハゼ属
2009/1/17
伊豆大島 秋の浜 水深6m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/02/26(木) 20:37:22|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イソコンペイトウガニ

2009/1/16-1/17の伊豆大島ダイビング (21)

擬態上手のイソコンペイトウガニです。

前日の2本目に、赤いトサカについた個体を撮影しました。

今回は、黄色いトサカ
21-1★イソコンペイトウガニ3

よく見ると、カニも黄色
21-2★イソコンペイトウガニ3

宿主によって色が違うのですねえ。

甘酸っぱい金平糖??
21-3★イソコンペイトウガニ3


最後は背景を入れて。
21-4★イソコンペイトウガニ3
トサカを食べているからこのような色になるのでしょうかねえ??

それとこれまで、1つのトサカに1個体だけしか見かけたこともありません。

生態についても気になる生物です。


イソコンペイトウガニ
Hoplophrys ogilbyi
節足動物 カニ類
クモガニ科 イソコンペイトウガニ属
2009/1/17
伊豆大島 秋の浜 水深8m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/02/25(水) 19:15:29|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コケギンポ科の1種

2009/1/16-1/17の伊豆大島ダイビング (20)

秋の浜では何種類か観察できる、コケギンポの仲間

今回は、トサカの無いタイプを撮影しました。
20-1★コケギンポ科の1種3-0

サンゴの穴から、くりくりした目を、出していました。

このサンゴのブルーも、きれい!
20-2★コケギンポ科の1種3-0

コケギンポのほっぺにも、きらきらした斑点が!
20-3★コケギンポ科の1種3-0

でも、こんなヘンな顔も・・・。
20-4★コケギンポ科の1種3-0

この仲間も、いろいろな撮影を楽しみたい被写体です。


コケギンポ科の1種
Chaenopsidae sp.
魚類 スズキ目
コケギンポ科
2009/1/17
伊豆大島 秋の浜 水深12m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/02/24(火) 20:01:06|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オキゴンベ

2009/1/16-1/17の伊豆大島ダイビング (19)

ナイスな場所にいる被写体を、教えてもらいました。

トサカにちょこんと乗る、オキゴンベの幼魚です。

まずは黒抜きでバシッと。

ゴージャス!
19-1★オキゴンベ3-01

どうしてこんな、良い場所にいてくれるのでしょう?!

せっかくのチャンスなので、2枚目は青抜きで。

爽やかなブルー!
19-2★オキゴンベ3-02

背景によってだいぶ、印象が変わりますね。

3枚目はオキゴンベの顔を正面から。


かわいい!
19-3★オキゴンベ3-03

トサカもオキゴンベも、珍しいというわけではないですが、このようなシチュエーションはなかなか無いと思います。

あまり長居できない場所だったのが残念。

でも撮ることができてラッキー!でした。


オキゴンベ
Cirrhitichthys aureus
魚類 スズキ目 ゴンベ科
2009/1/17
伊豆大島 秋の浜 水深27m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/02/23(月) 21:35:23|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ゴルゴニアンシュリンプ

2009/1/16-1/17の伊豆大島ダイビング (18)

1月の伊豆大島ダイビングの2日目。

この日も無事に、秋の浜で潜ることができました。

この日の少し前から、秋の浜で話題になっていたのが、ゴルゴニアンシュリンプ

以前から見たいと思っていた種類だったので、この日の最初に、撮りに行くことにしました。

30mを少し過ぎたあたりの場所で、無事に遭遇!


細なが~い!
18-1★ゴルゴニアンシュリン
初めて見る人には、どのような体なのか、わからないかもしれませんね。

しっぽを上、頭をしたにして、ススキカラマツの枝にくっついています。

じっとしているように見えて、微妙に、枝の向こうに逃げ込もうとします・・・。
18-2★ゴルゴニアンシュリン

3枚目はアップで。

赤い輪っかで囲まれたようなボディーが、面白いですね。
18-3★ゴルゴニアンシュリン

輪っかが赤から紫色に変わるあたりに、目があるのがわかりますか?

最後の写真で、少し突き出ている白い部分が、目です。
18-4★ゴルゴニアンシュリン

南方系の種類のはずなので、まさか1月の伊豆大島で撮影できるとは思っていませんでした。

寒々とした?ススキカラマツに付いているというのも、面白いですね。

嬉しい初遭遇でした。

トガリモエビ属の1種
通称”ゴルゴニアンシュリンプ”
Tozeuma sp.
節足動物 エビ類
モエビ科 トガリモエビ属
2009/1/17
伊豆大島 秋の浜 水深32m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/02/22(日) 17:20:58|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イソコンペイトウガニ

2009/1/16-1/17の伊豆大島ダイビング (17)

紅色のトサカに潜む、イソコンペイトウガニを撮影しました。

で、どこにいるでしょう?!
17-1★イソコンペイトウガニ2

正解はこちら。 まだ小ぶりな個体でした。
17-2★イソコンペイトウガニ2

しばらく観察。


目をこすってます。
17-3★イソコンペイトウガニ2

お腹かいてます。
17-4★イソコンペイトウガニ2

よく見ると、けっこう動いているのですね。

でも、この赤い目は表情が読み取りづらいです。
17-5★イソコンペイトウガニ2

最後は背中からのショットを。

金平糖です。
17-6★イソコンペイトウガニ2

擬態上手なので、どうやって撮ろうかと考え込んでしまう、被写体です。


イソコンペイトウガニ
Hoplophrys ogilbyi
節足動物 カニ類
クモガニ科 イソコンペイトウガニ属
2009/1/16
伊豆大島 秋の浜 水深7m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/02/21(土) 17:07:35|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マツカサウオ

2009/1/16-1/17の伊豆大島ダイビング (16)

この2本目のダイビングの最初のほうで、金色に輝く、マツカサウオの幼魚を撮影しました。

この時の個体も小さかったのですが、今回の個体は・・・

さらに小さい!
16-1★マツカサウオ2b-01

金色のウロコもまだ目立たず、黒くくちゃくちゃした感じでした。

なんとか形がわかるようにと、逆立ちして! 悪戦苦闘の撮影です。

目と、透明な尾ビレが、わかりますか?
16-2★マツカサウオ2b-03

これまで撮影した中でも一番、小さなマツカサウオだと思います。

岩陰の奥のほう、ガンガゼの棘にも寄り添って、漂っていました。

がんばって成長してほしいものです。


マツカサウオ
Monocentris japonica
魚類 キンメダイ目 マツカサウオ科
2009/1/16
伊豆大島 秋の浜 水深8m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/02/19(木) 20:39:45|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フトスジイレズミハゼ

2009/1/16-1/17の伊豆大島ダイビング (15)

さまざまな色が張り合わさっていた壁面に、フトスジイレズミハゼがいるのを、教えてもらいました。

こうやって見ると、地味でめだたない。
15-1★フトスジイレズミハゼ2

ちょっと敏感な個体で、あまり近づきすぎると、奥に引っ込んでしまいそうでした。

そろりそろりと近づいての、撮影です。

でも委縮しているわけでなく・・・

ヒレは全開!
15-2★フトスジイレズミハゼ2

名前のとおり、顔に入った太いラインが特徴的な種類です。


フトスジイレズミハゼ
Priolepis latifascima
魚類 スズキ目
ハゼ科 ハゼ亜科 イレズミハゼ属
2009/1/16
伊豆大島 秋の浜 水深7m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/02/18(水) 21:34:11|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ベニカエルアンコウ

2009/1/16-1/17の伊豆大島ダイビング (14)

壁面の奥の方に、ベニカエルアンコウがいるのを、教えてもらいました。

ひっそりと暮らしているのかと思いきや、なかなか良い場所のようです。

なぜそう思ったかと言うと・・・

おなかでっぷり!
14-1★ベニカエルアンコウ2-0

獲物を食べたすぐあとのようです。

この場所はなかなか良い、漁場のようです。

それにしてもこのお腹じゃあ、しばらく動けないでしょうね・・。


ベニカエルアンコウ
Antennarius nummifer
魚類 アンコウ目 カエルアンコウ科
2009/1/16
伊豆大島 秋の浜 水深8m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/02/18(水) 19:51:57|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フタスジタマガシラ

2009/1/16-1/17の伊豆大島ダイビング (13)

浅場の段下、ダイバーのとおりの多いコーナーに、フタスジタマガシラが漂っていました。

約4か月前に、幼魚を撮影した種類です。

そのころに比べると・・・

だいぶ大きくなりました。
13-1★フタスジタマガシラ2-0

しかしこの個体、これだけ近づいても逃げようとしません

大きくなって肝が据わったというわけではなさそうで・・・。

どうやら南方系のこの種類にとって、1月の伊豆大島の15度の水温は、かなりこたえる冷たさのようです。


『さ、寒くて動けない・・・』
13-2★フタスジタマガシラ2-0

こころなしか、お腹もへこんでいるように、見えますね。

かわいそうですが、この種類も伊豆大島では冬をこせないようです。


フタスジタマガシラ
Scolopsis bilineata
魚類 スズキ目 イトヨリダイ科
2009/1/16
伊豆大島 秋の浜 水深8m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/02/17(火) 20:22:05|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サキシマミノウミウシ

2009/1/16-1/17の伊豆大島ダイビング (12)

伊豆大島ではしばしば見かける、サキシマミノウミウシ

だいぶ見慣れてきたので? さいきんは、見かけてもカメラを向けないこともあります。

でもこの個体は、良い場所にいてくれたので、しっかりと撮影しましたよ。

まわりが暗い色だと、このウミウシは浮き上がって見えます。
12-1★サキシマミノウミウシ2

このウミウシを見ると、「炎みたいだなあ」と感じます。
12-2★サキシマミノウミウシ2

これからも、良い被写体になってくれることでしょう。


サキシマミノウミウシ
Flabellina bicolor
軟体動物 裸鰓目
ミノウミウシ亜目 サキシマミノウミウシ科
2009/1/16
伊豆大島 秋の浜 水深14m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/02/16(月) 18:34:52|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バサラカクレエビ

2009/1/16-1/17の伊豆大島ダイビング (11)

秋の浜に、僕の好きなバサラカクレエビがいると聞いて、「ぜひ見たい!」とリクエストしました。

伊豆大島にもいるのですねえ。国内では慶良間でしか、見たことがありませんでした。

ガイドさんがお目当てのウミシダを発見!
なかをかきわけて、見せてくれました。

白バージョン!
11-1★バサラカクレエビ2-01

このエビは宿主のウミシダの色によって、体色が違いますが、この色のタイプはフィリピン・リロアンで見て以来です。

綺麗だなあ。

でもすぐに、ウミシダの茂みに、潜りこもうとしてしまいます。

ちょっと目を離すと、どこにいるのか分からなくなってしまいます。

ほら、もうわからない・・・。
11-2★バサラカクレエビ2-04

単独でいると目立つ色も、周り次第で保護色になるのですね。

また、この種類のさまざまな色のタイプを、撮りためたいなと思いました。


バサラカクレエビ
Periclimenes amboinensis
節足動物 エビ類 テナガエビ科
2009/1/16
伊豆大島 秋の浜 水深16m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/02/10(火) 20:48:55|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マツカサウオ

2009/1/16-1/17の伊豆大島ダイビング (10)

「黄色い魚」というと、コガネスズメダイやミナミハコフグの幼魚など、何種類か思い浮かびます。

でも、「金色の魚」と言われてすぐに思い出すのは、この種類くらいです。

マツカサウオの幼魚です。
10-1★マツカサウオ2-04
岩陰でひとり、ぷかぷかと漂っていました。


輝く黄金色!
10-2★マツカサウオ2-02

このお魚を見かけたら金運上昇!・・・なんてことになれば嬉しいのですが。。。


マツカサウオ
Monocentris japonica
魚類 キンメダイ目 マツカサウオ科
2009/1/16
伊豆大島 秋の浜 水深22m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/02/09(月) 22:07:19|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ムチカラマツエビ

2009/1/16-1/17の伊豆大島ダイビング (9)

「撮り方によって雰囲気が変わる」という話の続き。

次のお題は、ムチカラマツエビです。

黒抜きだとシリアスな雰囲気。
09-1★ムチカラマツエビ2-02


青抜きでさわやか?な雰囲気。
09-2★ムチカラマツエビ2-10

ハサミを前に出しているので、『いらっしゃいませ~』と言っているようにも見えます。


最後はその中間くらいの明るさで。
09-3★ムチカラマツエビ2-11

どの色を選ぶかは、人それぞれでしょうね。

こういう場所に被写体がいると、あれこれと試してみたくなります。


ムチカラマツエビ
Pontonides sp.
節足動物 エビ類
テナガエビ科 キサンゴカクレエビ属
2009/1/16
伊豆大島 秋の浜 水深22m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/02/08(日) 16:11:58|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スケロクウミタケハゼ

2009/1/16-1/17の伊豆大島ダイビング (8)

1/16の伊豆大島ダイビングの2本目。

この日は2本とも秋の浜で潜ることができました。


最初に、赤みの強いトサカに付いたスケロクウミタケハゼを撮りました。

まずはゴージャスな雰囲気で。
08-1★スケロクウミタケハゼ2

トサカが綺麗に開いていたので、撮り甲斐がありました。

2枚目は自然光を入れて青抜きで。
08-2★スケロクウミタケハゼ2

最後はさらにほわっとした感じで
08-3★スケロクウミタケハゼ2

同じ被写体でも撮り方によって、ずいぶん印象が変わります。


スケロクウミタケハゼ
Pleurosicya boldinghi
魚類 スズキ目 ハゼ科
ハゼ亜科 ウミショウブハゼ属
2009/1/16
伊豆大島 秋の浜 水深17m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/02/08(日) 13:17:04|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ソラスズメダイ

2009/1/16-1/17の伊豆大島ダイビング (7)

撮りやすい場所にソラスズメダイがいるのを見かけるとついつい、カメラを向けてしまいます。

た~くさんいる種類なので、「なんでソラスズメなんて・・」とまわりの皆さんには言われるのですが、このブルーの体は、とても綺麗だと思うからです。

そして、メタリックな質感なので”どのような明るさで撮ったらよいのか難しい”というのも、撮影意欲をそそられる理由です。

今回は光を少し抑えて撮ってみました。

うろこ一枚一枚の形が、分かります。
07-1★ソラスズメダイ1-03
眠そうな目も面白い・・。

これからもしばしばチャレンジしたい、被写体です。


ソラスズメダイ
Pomacentrus coelestis
魚類 スズキ目
スズメダイ科
2009/1/16
伊豆大島 秋の浜 水深4m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/02/07(土) 12:54:36|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ツマニケボリ

2009/1/16-1/17の伊豆大島ダイビング (6)

秋の浜では、僕の好きなウミウサギの仲間を何種類か、見ることができます。

ツマニケボリはその中でも代表選手的な存在。


小さなトサカに2個体が、かじりついていました。
06-1★ツマニケボリ1-02

右側の個体は外套膜をひっこめていますね。ピンク色の貝殻が、見えています。


2個体をフレームに入れるのは難しそうだったので、1つに集中して撮ってみました。

触角の根元に小さな目があるのが、わかりますか?
06-2★ツマニケボリ1-07

目に気がつくと、急に表情があるように思えるのが不思議です。


ツマニケボリ
Primovula beckeri
軟体動物 巻貝類
ウミウサギ科
2009/1/16
伊豆大島 秋の浜 水深5m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/02/07(土) 12:40:42|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コクテンベンケイハゼ

2009/1/16-1/17の伊豆大島ダイビング (5)

以前、秋の浜の壁面でベンケイハゼをいっしょうけんめい撮影していたら、一緒に潜っていた人に不思議がられたことがあります。
秋の浜では数の多い”普通種”なので、「なんでわざわざ撮るのだろう」ということらしかったのですが、僕はベンケイハゼのかわいらしい表情が好きで撮っていたのです。

今回、ガイドさんがわざわざ、この魚を指差して教えてくれました。

ベンケイハゼとはちょっと、雰囲気が違うようです。
05-1★コクテンベンケイハゼ1

一番の特徴は・・・

白くふちどられた尾びれ。
05-2★コクテンベンケイハゼ1

種名はコクテンベンケイハゼです。

背びれにある黒い点が、名前の由来のようです。

ベンケイハゼとおなじく

エメラルドグリーンの目がきれい!
05-3★コクテンベンケイハゼ1

ベンケイハゼと比べると、この種類は個体数が少ないようです。

表情が精悍に見えるのも、少数でがんばって生きているからでしょうか??

動かないでいてくれたので、じっくり撮影することができました。

コクテンベンケイハゼ
Priolepis sp.
魚類 スズキ目 ハゼ科
ハゼ亜科 イレズミハゼ属
2009/1/16
伊豆大島 秋の浜 水深9m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/02/07(土) 11:49:34|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イロカエルアンコウ

2009/1/16-1/17の伊豆大島ダイビング (4)

1/16の1本目のダイビング。

秋の浜での人気の被写体は、この生物でした。

イエローのイロカエルアンコウです。
04-1★イロカエルアンコウ1-0
僕がおもちゃバージョンと呼んでいる、子供の個体です。

かなり小さい!
04-2★イロカエルアンコウ1-0

でもこの場所で獲物を待つ姿は・・・

立派なハンター!?
04-3★イロカエルアンコウ1-0

無事に育ってほしいと思います。

それにしても、ガイドさんはよく、こんな小さな生物に気が付くものです・・・。


イロカエルアンコウ
Antennarius pictus
魚類 アンコウ目 カエルアンコウ科
2009/1/16
伊豆大島 秋の浜 水深28m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/02/06(金) 23:41:19|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ナマコマルガザミ

2009/1/16-1/17の伊豆大島ダイビング (3)

ガイドさんが砂地にいたナマコをくるん、とひっくり返しました。

近寄ってみて見ると、

カニがひしっと、つかまっていました。
03-1★ナマコマルガザミ1-04
ナマコマルガザミです。名前のとおり、ナマコにくっついて生活する、カニです。

背中の模様が人の顔みたい!
03-2★ナマコマルガザミ1-13

こんなふうにがっしり掴まれたら、ナマコもいたいんじゃないかな??
03-3★ナマコマルガザミ1-03

「ナマコのおなか」で、このように暮らしている生物がいるというのも、面白いですね。


ナマコマルガザミ
Lissocarcinus orbicularis
節足動物 カニ類
ワタリガニ科 マルガザミ属
2009/1/16
伊豆大島 秋の浜 水深19m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/02/06(金) 23:10:36|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シロオビコダマウサギ

2009/1/16-1/17の伊豆大島ダイビング (2)

紫色のカリフラワーのようなトサカに付く、ヒナコダマウサギです。

めりこむ!
02-1★ヒナコダマウサギ1-01

2枚目はアップで。

網をかぶったような模様!
02-2★ヒナコダマウサギ1-06

宿主の色に影響されるのか、妖しく濃い色をした個体でした。


ヒナコダマウサギ
Prionovolva aenigma
軟体動物 巻貝
ウミウサギ科
2009/1/16
伊豆大島 秋の浜 水深19m


*******追記 2010/1/11********

当初、ヒナコダマウサギとして掲載していました。
しかし、その後調べたところ、シロオビコダマウサギのようですので、タイトルと種名情報を訂正します。

シロオビコダマウサギ
Prionovolva brevis
軟体動物 巻貝
ウミウサギ科
2009/1/16
伊豆大島 秋の浜 水深19m


******************************

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/02/05(木) 22:31:04|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヒラメ

2009/1/16-1/17の伊豆大島ダイビング (1)

1/16-1/17の1泊2日で、伊豆大島で潜りました。

陸上は冬の寒さでしたが、海は穏やか。
ジェット船も順調で、3ヶ月ぶりに伊豆大島に上陸しました。



秋の浜のコンディションも上々ということで、さっそくエントリー!

行きがけにまず、ヒラメを撮影しました。
01-1★ヒラメ1-03
はんぶん砂に埋もれていて、モザイクのパーツのように見えました。


ヒラメ
Paralichthys olivaceus
魚類 カレイ目 ヒラメ科
2009/1/16
伊豆大島 秋の浜 水深14m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/02/05(木) 22:19:14|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オキナワベニハゼ

2008/11/14-11/15の八丈島ダイビング (48)

前日の八重根につづきナズマドでも、壁面にぴょこんとくっつく、オキナワベニハゼを撮影しました。

イボヤギをアクセントに入れて。
48-1★オキナワベニハゼ4-06

この種類は目が大きくて、かわいらしいですね。

なので2枚目は正面から
48-2★オキナワベニハゼ4-07




これで11月の八丈島ダイビングも終了。
八重根中心に潜りましたが、撮りかたをあれこれ考えて、じっくり撮影することができました!




オキナワベニハゼ
Trimma okinawae
魚類 スズキ目
ハゼ科 ハゼ亜科 ベニハゼ属
2008/11/15
八丈島 ナズマド 水深14m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/02/04(水) 18:48:53|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マルクチヒメジ

2008/11/14-11/15の八丈島ダイビング (47)

さまざまな種類の魚が寄り集まっていた岩陰。

その中でも色彩的に目立っていたのが・・・

マルクチヒメジの黄色バージョン。
47-1★マルクチヒメジ4-06

地味な色彩のバージョンのものは数が多く、カメラを向けることがありませんが、この黄色バージョンはあまり個体数が多くないようです。

カメラに追い回されて、困惑ぎみ??
47-2★マルクチヒメジ4-07

黄色は水中でも、目立つ色です。



マルクチヒメジ
Parupeneus cyclostomus
魚類 スズキ目 ヒメジ科
2008/11/15
八丈島 ナズマド 水深20m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/02/04(水) 07:05:51|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ホウセキキントキ

2008/11/14-11/15の八丈島ダイビング (46)

岩陰に魚が集まっていた、流れのあるナズマドの海。

でもこの種類はもともと、岩陰で見かけることが多い種類です。

ホウセキキントキです。

ホンソメワケベラに、クリーニングをねだっています。
46-1★ホウセキキントキ4-03

どのくらいの頻度で、体をきれいにいしてもらうのでしょうね。

目と口のバランスが特徴的な、種類です。



ホウセキキントキ
Priacanthus hamrur
魚類 スズキ目 キントキダイ科
2008/11/15
八丈島 ナズマド 水深22m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/02/03(火) 19:31:16|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シロボシスズメダイ

2008/11/14-11/15の八丈島ダイビング (45)

この日1本目の八重根に続いてナズマドでも、シロボシスズメダイの幼魚を見かけました。

まわりにたくさんいるキンギョハナダイと比べると・・・

このブルーは異質!
45-1★シロボシスズメダイ4-2


全身ブルーと思いきや、ヒレの一部は透明
45-2★シロボシスズメダイ4-2

別の場所ではもう少し、成長した個体がいました。

成長すると黒ずんでくるみたいです。
45-3★シロボシスズメダイ4-1

となるとこのブルーは、幼魚が身を守る手段なのでしょうか?

観察していると、いろいろな疑問が頭に浮かんできます。


シロボシスズメダイ
Chromis albomaculata
魚類 スズキ目 スズメダイ科
2008/11/15
八丈島 ナズマド 水深22m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/02/03(火) 19:20:19|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シコクスズメダイ

2008/11/14-11/15の八丈島ダイビング (44)

”マイブーム”のスズメダイの幼魚。

またひとつ、コレクション?が増えました。

シコクスズメダイです。

お尻だけが白い。
44-1★シコクスズメダイ4-05

よく見ると、唇?をブルーに彩っています。

これまた「いっけん地味でも、おしゃれ心を感じる」デザインですね。

いろいろな種類がいますねえ。
しばらくの間は、せっせとコレクションしていきたいと思います。


シコクスズメダイ
Chromis margaritifer
魚類 スズキ目
スズメダイ科
2008/11/15
八丈島 ナズマド 水深16m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/02/02(月) 18:45:45|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ソラスズメダイ

2008/11/14-11/15の八丈島ダイビング (43)

魚も集まれば喧嘩がはじまるというお話。


流れを避けて魚たちが集まっていた岩陰で、キンギョハナダイとともに数が多かったのが、ソラスズメダイです。

少しでも良い場所を確保したいのか? 同じ種類どうしで・・・

吼えあっています。
43-1★ソラスズメダイ4-01

こうやって見ると、コワイ顔つきをしていますね。

このあたりも、個体数多く繁栄しているゆえんなのかもしれませんね。



ソラスズメダイ
Pomacentrus coelestis
魚類 スズキ目
スズメダイ科
2008/11/15
八丈島 ナズマド 水深16m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/02/02(月) 18:28:30|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

mak

Author:mak
写真、ダイビングそして読書を楽しむ、ごく普通のサラリーマンです。
詳しくは作者紹介をご覧ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

あわせて読みたい