真壁海中写真館

Underwater Photography

ベンケイハゼ

2008/7/4-7/5の伊豆大島ダイビング (21)

壁面にいるベンケイハゼを、久しぶりに撮りました。

ペアでいたのですが、1匹は逃げてしまいました。

でも穴の中からこっそり、こちらを見ています。
1レ★ベンケイハゼ33
2匹いるのが、わかりましたか?


このおどおどした感じが、かわいらしいですね~。


ベンケイハゼ
Priolepis cincta
魚類 スズキ目 ハゼ科
ハゼ亜科 イレズミハゼ属
2008/7/5
伊豆大島 秋の浜 水深9m

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
  1. 2008/09/30(火) 21:35:33|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イソカサゴ

2008/7/4-7/5の伊豆大島ダイビング (20)

秋の浜の崖下で一本松のようにはえている、サビカラマツ。

そこを通る時にはいつも、付近を観察しています。

今回はイソカサゴが乗っていました。

なんだか面白い雰囲気だったので・・・

ダイバーも入れてワイドに撮影してみました。
1レ★イソカサゴ34


スズメダイともどもなぜか無機質な感じですね。

この場所は見るたびに、付いている生物が違うように思えます。

人気の待ち合わせスポットなのかもしれませんね??


イソカサゴ
Scorpaenodes littoralis
魚類 カサゴ目 フサカサゴ科
2008/7/5
伊豆大島 秋の浜 水深9m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/09/30(火) 20:56:30|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キイボキヌハダウミウシ

2008/7/4-7/5の伊豆大島ダイビング (19)

このダイビングでも、キイボキヌハダウミウシを撮影しました。

お、大きすぎて入りきらない・・・。
1レ★キイボキヌハダウミウシ32


・・・なので正面から全身が入るように。

光る怪獣!
2レ★キイボキヌハダウミウシ35


いろいろと撮影のしがいのある被写体です。


キイボキヌハダウミウシ
Gymnodoris rubropapillosa
軟体動物 裸鰓目
ドーリス亜目 キヌハダウミウシ科
2008/7/5
伊豆大島 秋の浜 水深16m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/09/30(火) 20:24:32|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ベニキヌヅツミ

2008/7/4-7/5の伊豆大島ダイビング (18)

ベニキヌヅツミを撮影しました。
1レ★ベニキヌヅツミ31


鮮やかなヤギにくるまれているようで、綺麗!
2レ★ベニキヌヅツミ32


このヤギは光の当て方によって、雰囲気が変わります。

ビニールのボンボンみたい?!
3レ★ベニキヌヅツミ33


宿主ともども、楽しめる被写体でした。


ベニキヌヅツミ
Phenacovolva rosea
軟体動物 巻貝類 ウミウサギ科
2008/7/5
伊豆大島 秋の浜 水深28m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/09/29(月) 21:29:47|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミズヒキガニ

2008/7/4-7/5の伊豆大島ダイビング (17)

ミズヒキガニがいるのを、教えてもらいました。

毒のあるガヤを身につけて、猛毒のスナイソギンチャクに身をよせていました。

その念の入れようがおもしろかったので、全体の写真を。
1レ★ミズヒキガニ32


イソギンチャクの根元で、長い脚を折り曲げているのが、ミズヒキガニです。

このスナイソギンチャクも、黒にグリーンの縦じまが入っていて、なかなか奇抜な色合いですね。


ミズヒキガニ
Eplumula phalangium
甲殻類 カニ類
ミズヒキガニ科 ミズヒキガニ属
2008/7/5
伊豆大島 秋の浜 水深29m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/09/29(月) 20:40:54|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ムチカラマツエビ

2008/7/4-7/5の伊豆大島ダイビング (16)

ビシャモンエビがいたのとは別のムチカラマツで、ムチカラマツエビを撮影しました。

小さいので、ちょこんと乗っている雰囲気で、撮影してみました。
1レ★ムチカラマツエビ32


透明のボディーに薄い黄色の帯が入っていて、上品な雰囲気のエビです。

体の帯と帯の間に、赤っぽいワタ(内臓)が、見えていますね。
2レ★ムチカラマツエビ34


この種類は、光の当て方によって、写り方が変わってきます。


最後は少し、光を抑えて。

帯にもスポンジのような模様が入っているのが、わかりますか?
3レ★ムチカラマツエビ33


撮影の良い練習台になってくれる、被写体です。


ムチカラマツエビ
Pontonides sp.
節足動物 エビ類
テナガエビ科 キサンゴカクレエビ属
2008/7/5
伊豆大島 秋の浜 水深27m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/09/29(月) 20:13:10|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビシャモンエビ

2008/7/4-7/5の伊豆大島ダイビング (15)

6年ぶりに、ビシャモンエビに出会うことができました。

それもペアで!
1レ★ビシャモンエビ31

大きいほうがメス、小さい個体がオスです。

2枚目はメスの顔を正面から。

目が横に飛び出ています。
2レ★ビシャモンエビ34

体にも突起があって、イカツい雰囲気です。

この雰囲気が、甲冑をまとう毘沙門天に例えられたのですね。
3レ★ビシャモンエビ35


被写体として好きなエビのひとつなので、久しぶりに出会えて嬉しかった!


ビシャモンエビ
Miropandalus hardingi
節足動物 エビ類
タラバエビ科 ビシャモンエビ属
2008/7/5
伊豆大島 秋の浜 水深25m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/09/28(日) 20:29:21|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カゲロウカクレエビ

2008/7/4-7/5の伊豆大島ダイビング (14)

カゲロウカクレエビを撮影しました。

前日も撮影した種類です。

今回はアップで。

電飾!
1レ★カゲロウカクレエビ35


金粉をまぶしたような、きれいな個体でした。


カゲロウカクレエビ
Periclimenes hertwigi
節足動物 エビ類
テナガエビ科 ホンカクレエビ属
2008/7/5
伊豆大島 秋の浜 水深21m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/09/28(日) 16:52:32|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ハナタツ

2008/7/4-7/5の伊豆大島ダイビング (13)

7月の伊豆大島ダイビングの2日目。

この日も秋の浜に潜りに行きました。

まずご紹介するのが、ハナタツです。

海藻にクルンと、からまっていました。
1レ★ハナタツ3a3


背中だけが紅色の、これまた個性的な個体でした。


ハナタツ
Hippocampus sindpnis
魚類 トゲウオ目
ヨウジウオ科 タツノオトシゴ亜科
2008/7/5
伊豆大島 秋の浜 水深13m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/09/28(日) 13:30:57|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

メシマウバウオの仲間

2008/7/4-7/5の伊豆大島ダイビング (12)

浅場でウバウオの仲間を撮影しました。

カラフルなオタマジャクシ??
1レ★メシマウバウオ22

以前、八丈島で撮影した個体と同じメシマウバウオの仲間ではないかと、思います。


メシマウバウオ属の1種
Pherallodichthys sp.
魚類 スズキ目 ウバウオ科
2008/7/4
伊豆大島 秋の浜 水深7m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/09/27(土) 21:01:54|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アライソコケギンポ

2008/7/4-7/5の伊豆大島ダイビング (11)

この日の2本目も、秋の浜で潜りました。

休憩時間にカメラの電池を変えたのですが、その時の注意が十分でなく、潜ってしばらくすると、ハウジングの内側が曇ってしまいました。

カメラの扱いには、念には念を入れないといけないと、反省しました。

ということで少々お見苦しいですが、面白かった被写体だけを、証拠写真として紹介します。


まずはアライソコケギンポです。

ギロリと、空をにらんでいました。
1レ★アライソコケギンポ27


この仲間は攻撃的なのか、それとも条件反射なのか?? 指を近づけると・・・・

大きく口をあけます!

2レ★アライソコケギンポ26

歯を治療して欲しいのかな??


おちゃめな表情を紹介しましたが、この種類はトサカが長いので・・・

番長系?!
3レ★アライソコケギンポ25


この個体がいたのは垂直な壁面でした。

水面を上にした写真はこの通り。
4レ★アライソコケギンポ24


ニラミをきかす、アライソコケギンポでした。


アライソコケギンポ
Neoclinus okazakii
魚類 スズキ目 コケギンポ科
2008/7/4
伊豆大島 秋の浜 水深7m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/09/27(土) 17:20:25|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

イシダイ

2008/7/4-7/5の伊豆大島ダイビング (10)

秋の浜には、エントリー/エクジット用に、岸から階段がかけられています。

ここにはよく小さな生物が住み着いているので、帰りがけにチェックするようにしています。

今回は、ち~いさなイシダイの幼魚を見つけました。
1レ★イシダイ12



鉄パイプの直径と比べると、小ささがよくわかると思います。

成魚は磯釣りで人気ですが、幼魚はこのように水面の近くに身を潜めている姿を、よく見かけます。


イシダイ
Oplegnathus fasciatus
魚類 スズキ目 イシダイ科
2008/7/4
伊豆大島 秋の浜 水深2m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/09/27(土) 16:21:39|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハナタツ

2008/7/4-7/5の伊豆大島ダイビング (9)

ハナタツがいるのを、教えてもらいました。


えり巻きのような模様が入った、個体でした。
1レ★ハナタツ16


「目が分かりづらいなあ」と思ったら、目の周りにも帯模様が入っていますね。
2レ★ハナタツ17


そばかすのような斑点もあって、なかなかユニークなスタイルの、ハナタツでした。

ハナタツ
Hippocampus sindpnis
魚類 トゲウオ目
ヨウジウオ科 タツノオトシゴ亜科
2008/7/4
伊豆大島 秋の浜 水深7m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/09/26(金) 21:53:19|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コウイカの仲間

2008/7/4-7/5の伊豆大島ダイビング (8)

浮遊しているコウイカに気が付きました。

もーのすごく、脚を開いていました。
1レ★コウイカ科の1種17


よく見ると、近くに別の個体がいました。
おそらく、なんらかのアピール行動だと思います。

普通このような状態でも、カメラを近づけるとと遠ざかっていくのですが、なぜか?近づいてきました!

真っ赤になって、怒っている??!
2レ★コウイカ科の1種16


なんでこんなに、興奮していたのでしょう??

理由はわかりませんが、カメラにからんできそうだったので、そそくさと退散しました。


コウイカ科の1種
軟体動物 イカ類
コウイカ目 コウイカ科
2008/7/4
伊豆大島 秋の浜 水深8m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/09/26(金) 19:04:42|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

キイロウミウシ

2008/7/4-7/5の伊豆大島ダイビング (7)

キイロウミウシを撮影しました。

まわりに擬態しているかのように、クチャクチャっとなっていました。
1レ★キイロウミウシ12


2枚目もほぼ同じ角度から、アップで。
2レ★キイロウミウシ13


いろいろな海で見かける種類ですが、見かけるとつい、カメラを向けてしまいます。


キイロウミウシ
Glossodoris atromarginata
軟体動物 裸鰓目
ドーリス亜目 イロウミウシ科
2008/7/4
伊豆大島 秋の浜 水深9m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/09/26(金) 18:45:16|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カスザメ

2008/7/4-7/5の伊豆大島ダイビング (6)


ひらけた砂地に来ると、ガイドさんが何かを探し始めました。

しばらくすると、パタパタパタっと、砂をあおぎ始めました。

するとそこには、大きなカスザメが、横たわっていました。
1レ★カスザメ1d


こんなに大きな体をしているのに、砂に身を隠しているのですねえ。

名前に「サメ」と付いていても、おとなしい性格の魚です。

それをいいことに、グっと近づいて、撮影してしまいました。

2枚目は目のアップです。

ネコよりも瞳が細い!?
2レ★カスザメ1j


この目で、何を見ているのでしょうね。


最後はまた、フィッシュアイレンズで全身を。

体のふちが、砂と離れていません。

海底と一体化して、見つかりづらくしているのだと思います。
3レ★カスザメ17


大きな「サメ」ですが、かなり用心深いようです。

久し振りの出会いだったので、じっくりと撮影しました。


カスザメ
Squatina japonica
魚類 カスザメ目 カスザメ科
2008/7/4
伊豆大島 秋の浜 水深14m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/09/25(木) 22:08:26|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キイボキヌハダウミウシ

2008/7/4-7/5の伊豆大島ダイビング (5)

伊豆大島ではおなじみの、キイボキヌハダウミウシを撮影しました。

まずは顔のアップを。
1レ★キイボキヌハダウミウシ11


お次は、王冠のような二次鰓を強調。
2レ★キイボキヌハダウミウシ13


そしてその二次鰓と、重そうな腰を。
3レ★キイボキヌハダウミウシ17


最後はウミウシの白さが目立つように、背景を入れて。
4レ★キイボキヌハダウミウシ15


うーむ、何度か撮っているせいか、どれも今までに撮ったカットに似てしまいました。

他に斬新なアングルはないものか・・・・またトライしてみます!



キイボキヌハダウミウシ
Gymnodoris rubropapillosa
軟体動物 裸鰓目
ドーリス亜目 キヌハダウミウシ科
2008/7/4
伊豆大島 秋の浜 水深17m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/09/25(木) 20:42:50|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カゲロウカクレエビ

2008/7/4-7/5の伊豆大島ダイビング (4)

バライロマツカサウミウシを撮影していて、カゲロウカクレエビがいるのに、気が付きました。

目だけが、白く光っています。
1レ★カゲロウカクレエビ16

このドングリガヤには、複数のカゲロウカクレエビがいました。
2レ★カゲロウカクレエビ15


すでにお気づきの方もいると思いますが、このドングリガヤにはワレカラヨコエビも、たくさん、ついていました。


3枚目はカゲロウカクレエビのアップを撮った写真です。

でも右上でガヤを?き分けてエビを見る、ワレカラが不気味です!
3レ★カゲロウカクレエビ17


「アニメに出てくる悪魔」のような、風貌ですね。


最後はカゲロウカクレエビのペアを。
手前の個体はスケスケ~。

でも2匹のエビの向こうには、竹馬をしているワレカラが・・・
4レ★カゲロウカクレエビ12


ヨコエビも、電線に止まったスズメのように、たくさんついていますね。

なぜだか生物密度の濃い、ドングリガヤでした。



カゲロウカクレエビ
Periclimenes hertwigi
節足動物 エビ類
テナガエビ科 ホンカクレエビ属
2008/7/4
伊豆大島 秋の浜 水深25m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/09/25(木) 19:57:06|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バライロマツカサウミウシ

2008/7/4-7/5の伊豆大島ダイビング (3)

ドングリガヤにつく、バライロマツカサウミウシを見せてもらいました。

すぐ近くには、黄色の卵が
1レ★バライロマツカサウミウシ13

以前、同じ伊豆大島の野田浜で撮影した時も、卵を産んでいました。

たまたま見かけたのがそういうタイミングなのかもしれませんが、僕の中では、繁殖能力が高い??イメージがあります。
2レ★バライロマツカサウミウシ12


樹木の芽のような形をした突起が、印象的な種類です。


バライロマツカサウミウシ
Doto rosacea
軟体動物 裸鰓目
スギノハウミウシ亜目
マツカサウミウシ科
2008/7/4
伊豆大島 秋の浜 水深25m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/09/24(水) 21:08:30|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウミシダヤドリエビ

2008/7/4-7/5の伊豆大島ダイビング (2)

ウミシダにひそむ、ウミシダヤドリエビを撮影しました。

目だけがこっちを、意識している??
1レ★ウミシダヤドリエビ11


しかしこの色のウミシダは、炎のようですね~。
2レ★ウミシダヤドリエビ13


焼かれてはいけないので??、ウミシダをかきわけて、出てきてもらいました。

熱そう?!
3レ★ウミシダヤドリエビ19


この種類にしては、大きくて立派な個体でした。


ウミシダヤドリエビ
Periclimenes commensalis
節足動物 エビ類
テナガエビ科 ホンカクレエビ属
2008/7/4
伊豆大島 秋の浜 水深27m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/09/24(水) 20:08:01|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フタイロハナゴイ

2008/7/4-7/5の伊豆大島ダイビング (1)

7/4-7/5の一泊二日で、伊豆大島で潜りました。
「本格的な夏シーズンになる前に、じっくり撮影しよう!」というのが、今回のコンセプト??でした。

海況は問題なく、秋の浜に潜りに行きました。
7月とはいえまだまだ水温は低く、ドライスーツでのダイビングです。


1本目はまず、フタイロハナゴイを見に行くことにしました。

決まった場所に定住しているようで、ガイドさんの案内で無事に、出会うことができました。

鮮やか!
1レ★フタイロハナゴイ1d


背中側と腹側で色が違うので、この名前が付いているそうです。

鮮やかですが、毒々しくなく、上品な雰囲気ですね。

微妙な距離感だったので、ピントとストロボの調整に苦労しながら、何枚も撮影してしまいました。
2レ★フタイロハナゴイ12


ヒレのふちがブルーになっていて、綺麗ですね。
3レ★フタイロハナゴイ16


南方系の種類なのか、伊豆大島では個体数は多くないようです。

この子も一人ぼっちのようで、ちょっと寂しそうでした。


フタイロハナゴイ
Pseudanthias bicolor
魚類 スズキ目 ハタ科
2008/7/4
伊豆大島 秋の浜 水深25m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/09/24(水) 19:49:45|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

キイボキヌハダウミウシ

2008/6/12-6/14の阿嘉島ダイビング (85)

楽しい生物に妨害??されて、上がるに上がれなかったこの日3本目のダイビング。

潜水時間も80分を超えて、「さすがにそろそろ」と、船を目指しました。

でもこんな時にまた、この生物が目に飛び込んできました。

なぜかコロンとしていた、キイボキヌハダウミウシです。
1レ★キイボキヌハダウミウシ93

伊豆大島などでよく撮影している種類ですが、このように丸まっているところは、初めて見ました。

触角も二次鰓も、そしてイボも、ひっこめていますね。

いつもと違う雰囲気が楽しくて・・・

横からも撮影
2レ★キイボキヌハダウミウシ94


寒そうにしている猫のようで、かわいらしかったです。


キイボキヌハダウミウシ
Gymnodoris rubropapillosa
軟体動物 裸鰓目
ドーリス亜目 キヌハダウミウシ科
2008/6/14
慶良間 マジャの浜

FC2 Blog Ranking



これで6月の阿嘉島ダイビングも終了です。

約2年ぶりの慶良間は・・・やっぱり楽しかった!

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/09/23(火) 17:01:48|
  2. ●慶良間諸島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヒメイカ

2008/6/12-6/14の阿嘉島ダイビング (84)

キンメモドキが群れる根もまわり終わり、「そろそろ上がりましょうか」ということになりました。

その帰り途中、浅い砂地に、葉っぱのような海藻が生えているエリアがありました。

ガイドさんがしばらくその海藻の中を探したあと、指をさして何かを教えてくれました。


「???」

1レ★ヒメイカ91


最初はこの生物が何なのか、認識できませんでした。


よ~く見て、これがイカだということがわかりました。

目がかわいい!
2レ★ヒメイカ93


ヒメイカという小型のイカです。

このように海藻に擬態して、身を守っているのですねえ。

海藻の大きさからして、1.5cmあるかないかという大きさです。

近寄って撮影していると・・・


泳ぎました!
3レ★ヒメイカ95


これで、イカだということがわかっていただけたと思います。

警戒しているのか、体の色も濃くなっていますね。


それほど長くは泳げないのか、また近くの海藻に着地しました。

色も薄くして、海藻になりきっています
4レ★ヒメイカ98


でもカメラを近づける僕の気配を察してか、また・・・

警戒モードになりました。
5レ★ヒメイカ9a


これ以上驚かせてはかわいそうなので、撮影はここまで。

こういう場所にいるイカを見たのは、今回が初めてです。
けなげに生きているのですね。

この海藻を見かけたらまた、探してみます。


ヒメイカ
Idiosepius paradoxus
軟体動物 ミミイカ目 ヒメイカ科
2008/6/14
慶良間 マジャの浜

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/09/23(火) 13:19:25|
  2. ●慶良間諸島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キンメモドキ④

2008/6/12-6/14の阿嘉島ダイビング (83)

キンメモドキが群れる根は結局、3ヶ所を回りました。
1レ★キンメモドキ9c2


最後の根は、さらにひとまわり小さいエリアでした。

先に紹介したクマノミのいるイソギンチャクと比べると、大きさがわかりますよね。

このような場所に、生物は集まるのですね。その必死さに、エールを送ります!


キンメモドキ
Parapriacanthus ransonneti
魚類 スズキ目 ハタンポ科
2008/6/14
慶良間 マジャの浜

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/09/22(月) 20:59:43|
  2. ●慶良間諸島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クマノミ

2008/6/12-6/14の阿嘉島ダイビング (82)

「キンメモドキが群れる根」をめぐるダイビング、3ヶ所目の訪問です。

まずここで目に入ったのが、大きなイソギンチャクに住む、クマノミの一家です。

ダイバーに囲まれて、「イソギンチャクに潜り込め~!
1レ★クマノミ91


避難しているのですが、なんだか気持ちよさそうに見えてしまいます。



同じイソギンチャクには、ミツボシクロスズメダイも身を寄せていました。

数では圧倒的に不利?!
2レ★クマノミ96


縄張り争いが大変なのではないか? 心配してしまいますが、イソギンチャクからの距離で、微妙に、テリトリーが分かれているようです。


クマノミ
Amphiprion clarkii
魚類 スズキ目 スズメダイ科
2008/6/14
慶良間 マジャの浜

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/09/22(月) 19:03:16|
  2. ●慶良間諸島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キンメモドキ③

2008/6/12-6/14の阿嘉島ダイビング (81)

白い砂地を移動して、キンメモドキが集まる根、その2に向かいました。

まずは上空?からの写真を。
1レ★キンメモドキ9ba


先に紹介した根よりも、一回り、小さな根でした。

この根も、キンメモドキに覆われていました
2レ★キンメモドキ9b5


白い砂地と、あわ粒のようなキンメモドキが、幻想的です。
3レ★キンメモドキ9b3


広い砂地の中では、このような根がオアシスのような場所になっているのでしょうね。


キンメモドキ
Parapriacanthus ransonneti
魚類 スズキ目 ハタンポ科
2008/6/14
慶良間 マジャの浜

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/09/21(日) 20:18:15|
  2. ●慶良間諸島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チャマダラミドリガイ

2008/6/12-6/14の阿嘉島ダイビング (80)

根に住んでいたのは、魚だけではありません。
ウミウシもいました。

チャマダラミドリガイです。


触角が不気味??
1レ★チャマダラミドリガイ92


一見、地味ですが、細かい斑点がたくさん入っていますね。

ガラス工芸や陶器のような雰囲気の、ウミウシです。


チャマダラミドリガイ
Thuridilla flavomaculata
軟体動物 襄舌目
ゴクラクミドリガイ上科 ゴクラクミドリガイ科
2008/6/14
慶良間 マジャの浜

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/09/21(日) 16:52:48|
  2. ●慶良間諸島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タイワンマイトイシモチ

2008/6/12-6/14の阿嘉島ダイビング (79)

砂地にたたずむ、かわいらしい幼魚を撮影しました。

タイワンマイトイシモチという種類のようです。
1レ★タイワンマイトイシモチ93


じっとポーズをとってくれて、とっても良い子でした!?


タイワンマイトイシモチ
Foa brachygramma
魚類 スズキ目 テンジクダイ科
2008/6/14
慶良間 マジャの浜

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/09/21(日) 11:36:07|
  2. ●慶良間諸島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キンメモドキ②

2008/6/12-6/14の阿嘉島ダイビング (78)

キンメモドキの続きです。

まだ幼魚だそうで、1匹は小さいのですが、これだけ集まると・・・

パワーを感じます!
7レ★キンメモドキ9ah


他の種類のお魚は・・・

一致団結して追い払う!?
8レ★キンメモドキ9ak


この根からわいて出てきた??と思うほど、たくさんいました。
9レ★キンメモドキ9aj


根と一体!
10レ★キンメモドキ9ad


キャンプファイアー!
11レ★キンメモドキ9al


このパワーに見せられて、皆で夢中に、撮影してしまいました。

今回最後の? 水中撮影の舞台裏!
12レ★キンメモドキ9a8



キンメモドキ、またのちほど、紹介します!


キンメモドキ
Parapriacanthus ransonneti
魚類 スズキ目 ハタンポ科
2008/6/14
慶良間 マジャの浜

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/09/20(土) 21:22:24|
  2. ●慶良間諸島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

イトマンクロユリハゼ

2008/6/12-6/14の阿嘉島ダイビング (77)

キンメモドキの根の砂地で、イトマンクロユリハゼを見せてもらいました。
1レ★イトマンクロユリハゼ97


名前からして沖縄の固有種かと思いましたが、図鑑を見てみると、伊豆にも分布しているようです。
今度、探してみます。


イトマンクロユリハゼ
Ptereleotris microlepis
魚類 スズキ目
クロユリハゼ科 クロユリハゼ属
2008/6/14
慶良間 マジャの浜

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/09/20(土) 18:36:04|
  2. ●慶良間諸島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

mak

Author:mak
写真、ダイビングそして読書を楽しむ、ごく普通のサラリーマンです。
詳しくは作者紹介をご覧ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

あわせて読みたい