真壁海中写真館

Underwater Photography

ホシキヌタ

2008/4/19-4/20の伊豆大島ダイビング (17)

浅場でタカラガイの仲間を、撮影しました。

ホシキヌタという種類のようです。

紅色が鮮やかなサンゴの近くにいたので、あわせて撮影してみました。
1レ★ホシキヌタ33


不思議な語感の、名前ですね。


ホシキヌタ
Cypraea vitellus
軟体動物 巻貝類
タカラガイ科
2008/4/20
伊豆大島 王の浜 水深12m

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/07/31(木) 23:21:39|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ヨゴレヘビギンポ

2008/4/19-4/20の伊豆大島ダイビング (16)

この日の浅場では、ヘビギンポの仲間を多く、見かけることができました。

これは、ヨゴレヘビギンポの雌だと思います。
1レ★ヨゴレヘビギンポ34


魚にとっては、恋の季節です。


ヨゴレヘビギンポ
Helcogramma fuscopinna
魚類 スズキ目 ヘビギンポ科
2008/4/20
伊豆大島 王の浜 水深6m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/07/30(水) 21:25:07|
  2. ●慶良間諸島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トウシマコケギンポ

2008/4/19-4/20の伊豆大島ダイビング (15)

4月の伊豆大島ダイビングの2日目。
この日は北よりの風が強く、王の浜で潜ることになりました。

エントリーそうそう、トウシマコケギンポを撮影しました。

半透明のオレンジのような、不思議な色あいの個体でした。
1レ★トウシマコケギンポ31


頭は金髪!
2レ★トウシマコケギンポ34


そしてやっぱり、気が荒い!?
3レ★トウシマコケギンポ35


どのような理由で、カラーバリエーションがうまれるのか、不思議に感じます。


トウシマコケギンポ
Neoclinus toshimaensis
魚類 スズキ目 コケギンポ科
2008/4/20
伊豆大島 王の浜 水深1m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/07/30(水) 18:53:05|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ヒョウモンダコ

2008/4/19-4/20の伊豆大島ダイビング (14)

秋の浜でも、ヒョウモンダコに遭遇しました。

青い斑点光らせて、岩陰に隠れようとします。
1レ★ヒョウモンダコ24


ガンガゼとヒョウモンダコ・・・

「海辺の危険生物」2大スター共演?!
2レ★ヒョウモンダコ23


どちらも毒を持っているので、さわらないように、注意してます。


ヒョウモンダコ
Hapalochlaena fasciata
軟体動物 タコ類
マダコ科
2008/4/19
伊豆大島 秋の浜 水深9m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/07/29(火) 20:44:17|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ハナタツ

2008/4/19-4/20の伊豆大島ダイビング (13)

秋の浜では定番の被写体、ハナタツです。

カメラを向けるといつも、『イヤイヤ』とされるので、あえてその雰囲気を。

そんなにビクビクしないで~。
1レ★ハナタツ2a3


まわりも絵の具を塗ったようにカラフルで、面白い雰囲気の写真になってくれました。


ハナタツ
Hippocampus sindpnis
魚類 トゲウオ目
ヨウジウオ科 タツノオトシゴ亜科
2008/4/19
伊豆大島 秋の浜 水深9m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/07/27(日) 19:50:05|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オオモンカエルアンコウ

2008/4/19-4/20の伊豆大島ダイビング (12)

この日の2本目は、オオモンカエルアンコウをメインテーマに、撮影しました。

鮮やかな黄色の個体です。
1レ★オオモンカエルアンコウ27


まだ大人というほどではないですが、成長してゴツゴツしはじめていますね。

身を寄せているカイメンともども、絵になる被写体だったので、あれこれと角度を変えて、撮影しました。


真横から撮ると・・・

おどろいた感じ?!
2レ★オオモンカエルアンコウ26


下からアオると・・・

夜空を見ている?!
3レ★オオモンカエルアンコウ2b


正面から見ると・・・

『おっ、親分、てぇへんだぁ~!』
4レ★オオモンカエルアンコウ29


駆けつけてくる感じ??


本人は動いていないのですが、変化に富んだ?写真が撮れました。

最後は、

ポツンと寂しい感じ。。
5レ★オオモンカエルアンコウ2p



『じゃあ、またね・・・』と名残惜しく、この場所を後にしました。



オオモンカエルアンコウ
Antennarius commersoni
魚類 アンコウ目 カエルアンコウ科
2008/4/19
伊豆大島 秋の浜 水深30m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/07/26(土) 20:27:44|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ニシキウミウシ

2008/4/19-4/20の伊豆大島ダイビング (11)

この日の2本目は、秋の浜で潜ることができました。


目的地に向かっての移動中、ニシキウミウシを見かけました。

しばしば撮る種類なので、今回は顔のアップを、切り取ってみました。

原始の宇宙?!
1レ★ニシキウミウシ22


燃えるような、鮮やかな色の、ニシキウミウシでした。


ニシキウミウシ
Ceratosoma trilobatum
軟体動物 裸鰓目
ドーリス亜目 イロウミウシ科
2008/4/19
伊豆大島 秋の浜 水深15m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/07/26(土) 18:31:59|
  2. ●慶良間諸島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

野田浜の浅場

2008/4/19-4/20の伊豆大島ダイビング (10)

久しぶりの野田浜だったので、浅場の景色も撮影してみました。

野田浜は、夏場は海水浴場にもなるようです。

エントリー/エクジットポイントのまわりはしばらく、この写真のような、浅場になっています。
1レ★浅場の風景12


とはいえ、「足が付く」という水深ではありません。

小魚にとってはちょうどよい、環境なのかもしれませんね。
2レ★浅場の風景11


気が付くとこうやって、ぼんやりと水面を見上げている時があります。



2008/4/19
伊豆大島 野田浜 水深2m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/07/25(金) 19:05:01|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アヤアナハゼ

2008/4/19-4/20の伊豆大島ダイビング (9)

1本目のダイビングも浅場に戻ってきました。
ロープにそって戻ってくると、こちらを見つめる目に、気が付きました。

アヤアナハゼです。
1レ★アヤアナハゼ11


おそらくこの場所に潜んで、獲物を待っていたのだと思います。

でもけっこう、目立ってませんか?
2レ★アヤアナハゼ14


地味なのか、派手なのか・・・このファッションセンスは謎です。


アヤアナハゼ
Pseudoblennius marmoratus
魚類 カサゴ目 カジカ科
2008/4/19
伊豆大島 野田浜 水深2m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/07/24(木) 22:00:22|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヘビギンポ

2008/4/19-4/20の伊豆大島ダイビング (8)

伊豆大島ではヘビギンポの仲間を数種類、見ることができます。
雄と雌の姿が違ったり、そして繁殖期は「婚姻色」にドレスアップしたりして、どれがどれだか??、こんがらがっています。

でもこれは、ザ・ヘビギンポのメスです・・・よね?
1レ★ヘビギンポ11


まあ、当の本人にとっては、なんと呼ばれようと、おかまいなしなのでしょうね。

ケロっとしています。
2レ★ヘビギンポ13


パッと見ただけだと思い違いすることもあるので、見かけたらこまめに、撮影するようにしています。


ヘビギンポ
Enneapterygius etheostomus
魚類 スズキ目 ヘビギンポ科
2008/4/19
伊豆大島 野田浜 水深3m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/07/24(木) 21:13:43|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アカエイ

2008/4/19-4/20の伊豆大島ダイビング (7)

岩陰で、大きなアカエイが寝ていました。
1レ★アカエイ13


砂やら小石やらを載せて、上手く擬態しています。
2レ★アカエイ11


写真では小さくて分かりませんが、右目の上あたりに、アオウミウシが乗っていました。
エイがいるとは思わず、乗っかってしまったのかもしれません。

ウミウシが乗っている姿を撮ろうと接近すると・・・
エイは体をくねらせて、泳ぎ去ってしまいました。

『かゆ~い!』ともだえたようで、面白かったです。


エイが泳ぎ去った後、落とされたアオウミウシがぽつんと取り残されていました。
3レ★アオウミウシ11


ウミウシには、何が起こったか?わからなかったと思います。


アカエイ
Dasyatis akajei
魚類 エイ目 アカエイ科

アオウミウシ
Hypselodoris festiva
軟体動物 裸鰓目
ドーリス亜目 イロウミウシ科


2008/4/19
伊豆大島 野田浜 水深11m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/07/23(水) 20:27:40|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

野田浜アーチ

2008/4/19-4/20の伊豆大島ダイビング (6)

野田浜といえば、野田浜アーチ

「定番だよなあ、何度も撮っているし」と思っていたら、blog版では一度も写真を紹介していませんでした。
あらためて調べてみたら、野田浜で潜るのも5年ぶりでした。

うーん、月日がたつのは、はやいものです。



ということで、野田浜アーチ。

どすこい!
1レ★野田浜アーチ13


横綱級のどっしりとした構えの、アーチらしい、アーチです。

いつもアーチの下をくぐっていますが、今度は橋を渡ってみようかしら?!



2008/4/19
伊豆大島 野田浜 水深11m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/07/23(水) 19:15:28|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

バライロマツカサウミウシ

2008/4/19-4/20の伊豆大島ダイビング (5)

ドングリガヤに、鮮やかな色のウミウシが付いていました。
1レ★マツカサウミウシ属の1種11


ミレニアムマツカサウミウシかな?と思ったのですが、どうも違うようです。

この色と枝の長さから見て、バライロマツカサウミウシではないかと、思います。
2レ★マツカサウミウシ属の1種18


複数の個体が集まって、産卵してました。

黄色いのが卵です。
3レ★マツカサウミウシ属の1種14


付いていたドングリガヤは、コロンとした石のかげに、ひと束だけ生えていました。

なぜこれだけの場所に、集中して付いているのでしょう?

ガヤが傾いているのは、うねりのせい? 重みのせい??
4レ★マツカサウミウシ属の1種1b



初めて遭遇した種類です。



バライロマツカサウミウシ
Doto rosacea
軟体動物 裸鰓目
スギノハウミウシ亜目
マツカサウミウシ科
2008/4/19
伊豆大島 野田浜 水深12m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/07/22(火) 22:15:19|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オビアナハゼ

2008/4/19-4/20の伊豆大島ダイビング (4)

海草の上にオビアナハゼが乗っかっていました。
1レ★オビアナハゼ16


ヒレをぴーんとたてて、何かを狙っている様子です。
2レ★オビアナハゼ17


と思ったら・・・

飛び立ちました!
3レ★オビアナハゼ18


海草が茂るこの場所には、あわ粒のような小さな魚が、たくさんいました。

その魚を、狙っていたのですね。

泡にむかって飛び込んでは、パクリと。
4レ★オビアナハゼ14


これぞまさしく、「泡を食う」状態!?

元気なオビアナハゼでした。



オビアナハゼ
Pseudoblennius zonostigma
魚類 カサゴ目 カジカ科
2008/4/19
伊豆大島 野田浜 水深10m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/07/22(火) 21:28:14|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ベニカエルアンコウ

2008/4/19-4/20の伊豆大島ダイビング (3)

ベニカエルアンコウがいるのを、教えてもらいました。
1レ★ベニカエルアンコウ13


胸ビレが両生類の脚のよう!
2レ★ベニカエルアンコウ14


まわりのカイメンと同じ色をしているので、見つけづらい!

炎のようなイソギンチャクを目印に、探してみてください。
3レ★ベニカエルアンコウ11


3枚目の写真も、かなり近づいて撮影してます。

通りすがりに見たら、こんな感じ。
4レ★ベニカエルアンコウ19



こんな分かりづらい生物を、ガイドさんはよく見つけるものです。


ベニカエルアンコウ
Antennarius nummifer
魚類 アンコウ目 カエルアンコウ科
2008/4/19
伊豆大島 野田浜 水深7m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/07/21(月) 18:26:27|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ムカデミノウミウシ

2008/4/19-4/20の伊豆大島ダイビング (2)

着色したビニールのような、ムカデミノウミウシを見つけました。

ブルーが鮮やか!
1レ★ムカデミノウミウシ12


数個体が集まって、交接していたようです。

1個体をアップで撮ると、こんな感じ。

触角の先も、紫に染まってます。
2レ★ムカデミノウミウシ13

自然界の生物なのに、どうしてこう、人工物っぽい色をしているのでしょうか。
3レ★ムカデミノウミウシ11


「見つけた」というよりも「目に飛び込んできた」、鮮やかな被写体でした。


ムカデミノウミウシ
Pteraeolidia ianthina
軟体動物
裸鰓目 ミノウミウシ亜目
アオミノウミウシ科
2008/4/19
伊豆大島 野田浜 水深5m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/07/21(月) 16:12:26|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

ヒョウモンダコ

2008/4/19-4/20の伊豆大島ダイビング (1)

4/19-4/20の2日間、伊豆大島で潜ってきました。

約半年ぶりの、僕にとってはひさびさの、伊豆大島です。

この日は海が波立っていたこともあり、まずは野田浜で潜ることにしました。

エントリーしてまずは、ヒョウモンダコを撮影しました。

青く光る部分が、豹紋です。
1レ★ヒョウモンダコ13



「海の危険生物」に必ず挙げられる、毒をもつ生物です。


ヒョウモンダコ
Hapalochlaena fasciata
軟体動物 タコ類
マダコ科
2008/4/19
伊豆大島 野田浜 水深3m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/07/20(日) 22:44:26|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウツボ

2008/2/29-3/1の八丈島ダイビング (40)

初めてデジタル一眼レフ(Canon EOS Kiss DIGITAL N を借りました)での撮影を楽しんだ八丈島ダイビングも、最後の写真となりました。


ウツボを撮影したものなのですが、ちょっとグロテスクで、心の痛む写真です。

見かけたときに、「様子がへんだなあ」と思ったのですが・・・

口に大きな、釣り針が引っかかっています。
1レ★ウツボ45

大きな針を、使うのですね。
エサも手つかずで、残っています。

引っかかったあと、なんらかの理由で、糸が切れてしまったようです。

この状態だと、このまま衰弱して死んでしまうだろうとのことです。

こんな風につらそうな顔で見られると、取り外してあげたくなります。。
2レ★ウツボ47


でもウツボの口には、鋭い歯がみっしりと、はえています。
生きたままの状態で、口から針を引き抜くことは出来ません。

うしろ髪ひかれる思いで、海から上がりました。


ウツボ
Gymnothorax kidako
魚類 ウナギ目 ウツボ科
2008/3/1
八丈島 底土 水深9m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/07/19(土) 17:56:38|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ミカドウミウシ

2008/2/29-3/1の八丈島ダイビング (39)

浅場に戻ってきて、存在感のある生物を見つけました。

脚があるように見えますが、両生類ではありません
1レ★ミカドウミウシ41


クマノミが住みつきそうですが、イソギンチャクでもありまあせん
2レ★ミカドウミウシ44

風格が牛のようですが・・・

そうです、帝海牛(ミカドウミウシ)です。
3レ★ミカドウミウシ42


ウミウシも、いろいろなタイプ/サイズがいます。




ミカドウミウシ
Hexabranchus sanguineus
軟体動物 裸鰓目
ドーリス亜目 ミカドウミウシ科
2008/3/1
八丈島 底土 水深9m

FC2 Blog Ranking

大きな写真はこちらでも!

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/07/18(金) 22:41:57|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シロタエイロウミウシ

2008/2/29-3/1の八丈島ダイビング (38)

雪のように真っ白な、シロタエイロウミウシを撮影しました。

今回は紫色の海草についていました。


斬新な色あわせ!?
1レ★シロタエイロウミウシ41


こういう色が天然にあるというのも、海の中ならではかもしれません。


シロタエイロウミウシ
Glossodoris pallida
軟体動物 裸鰓目
ドーリス亜目 イロウミウシ科
2008/3/1
八丈島 底土 水深11m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/07/17(木) 21:26:04|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウミウサギ

2008/2/29-3/1の八丈島ダイビング (37)

まっ黒で不思議な雰囲気の生物を、見せてもらいました。
1レ★ウミウサギ41

「あれ、これ何だっけ?」と、しばし考えてしまいました。

ウミウサギです。

巻貝類ウミウサギ科の仲間は、カラフルで綺麗な種類が多いのですが、「ザ・ウミウサギ」は、こういうまっ黒な外套膜なのですね。

そして、他の種類とくらべて大きい!

宿主のトサカが、かくれちゃうくらい。
2レ★ウミウサギ42

ほかの種類がかわいらしいのに対して、たくましい感じがします。

でも角度を変えると・・・


ひょっとこ!?
3レ★ウミウサギ45


最後は青抜きで。

外套膜のあいだから、真っ白い貝殻が見えています。
4レ★ウミウサギ47

この2日間のダイビングで、6種類のウミウサギを見せてもらいました。

ウミウサギ
キヌヅツミ
ベニキヌヅツミ
ベニキヌヅツミ
ホソテンロクケボリ
ラハイナキヌヅツミ
ラハイナキヌヅツミ
ウミウサギ科の1種


どれも個性的で、面白いものばかりです。
これからも狙っていきます!



ウミウサギ
Ovula ovum
軟体動物 巻貝類
ウミウサギ科
2008/3/1
八丈島 底土 水深11m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/07/16(水) 20:09:52|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハナミノカサゴ

2008/2/29-3/1の八丈島ダイビング (36)

逆立ちして漂っている、ハナミノカサゴを撮影しました。

おそらく岩の隙間にいる獲物を、探していたのだと思います。


はじめて一眼で撮るハナミノカサゴは・・・

今にも話しかけてきそう!
1レ★ハナミノカサゴ41



口まわりのしわが・・・リアルな感じに出来上がりました。


ハナミノカサゴ
Pterois volitans
魚類 カサゴ目 フサカサゴ科
2008/3/1
八丈島 底土 水深15m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/07/15(火) 21:15:44|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ケサガケベラ

2008/2/29-3/1の八丈島ダイビング (35)

ふたたび、ベラの幼魚の撮影にチャレンジしてみました。

ケサガケベラの幼魚です。
1レ★ケサガケベラ49



黒いボディーに目立つ黄色い斑点があって、輪郭がわかりづらいように擬態しています。


目がお星様のようで、かわいい!
2レ★ケサガケベラ47





今まで目を向けていませんでしたが、ベラって、いろいろな種類がいるのですね。
そしてかわいい・・・。

ハマったら、大変だろうなあ・・・。



ケサガケベラ
Bodianus mesothorax
魚類 スズキ目 ベラ科 タキベラ亜科
2008/3/1
八丈島 底土 水深11m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/07/14(月) 22:05:05|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

アオウミガメ

2008/2/29-3/1の八丈島ダイビング (34)

岩陰で休憩中の、アオウミガメをみつけました。

寝ぼけていた?ので、かなり接近して撮影してみました。

『なんだよお~ 気持ちよく寝てたのに~~』
1レ★アオウミガメ43



このあと、面倒くさそうに、飛びたっていきました。


アオウミガメ
Chelonia mydas
爬虫類 カメ目 ウミガメ科
2008/3/1
八丈島 底土 水深16m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/07/13(日) 18:42:54|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

パイナップルウミウシ

2008/2/29-3/1の八丈島ダイビング (33)

パイナップルウミウシを撮影しました。
1レ★パイナップルウミウシ42



なぜか、触角と鰓を引っ込めて、ちぢこまっていました。
2レ★パイナップルウミウシ44



鰓も、キュっと!
3レ★パイナップルウミウシ45


触角もしまいこんで、トホホな感じ。
4レ★パイナップルウミウシ46



なんともへたれた感じの、パイナップルウミウシでした。
5レ★パイナップルウミウシ47



パイナップルウミウシ
Halgerda willeyi
軟体動物 裸鰓目
ドーリス亜目 ドーリス科
2008/3/1
八丈島 底土 水深12m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/07/12(土) 17:57:36|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キンチャクガニ

2008/2/29-3/1の八丈島ダイビング (32)

2月-3月の月またぎダイビングも、最後の1本です。
前のダイビングに続いて、底土をじっくり、潜ることにしました。

まず撮影したのが、八丈島ではおなじみのキンチャクガニです。

武器のイソギンチャクをぶらりと下げて、ノーガード戦法!?
1レ★キンチャクガニ45



相手の油断を誘って・・・・

巨大な指に、カウンターパンチ!
2レ★キンチャクガニ46


体勢を立てなおして、

するどい目つきでファイティングポーズ。
3レ★キンチャクガニ41


ガイドさんの指を敵だと思って威嚇します。

そのスキを狙って、甲羅側から撮影してみました。

背中に顔があるみたい!
4レ★キンチャクガニ47



今度は正面から・・・と思ったら、うねりを受けて

おっとっと!
5レ★キンチャクガニ48



さまざまな表情を見せてくれた、キンチャクガニでした。



キンチャクガニ
Lybia tessellata
節足動物 カニ類
オウギガニ科 キンチャクガニ属
2008/3/1
八丈島 底土 水深11m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/07/10(木) 21:37:25|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ゴマヒレキントキ

2008/2/29-3/1の八丈島ダイビング (31)

壁にあいた穴に潜んでいる魚を、教えてもらいました。

赤い体に、白い斑点模様が入っています。
1レ★ゴマヒレキントキ36


ゴマヒレキントキという種類だそうです。

初めて撮影しました。

名前の由来を確認しようと、尾びれを狙ってみました。

あれ?ヒレには白い斑点がないですね??
2レ★ゴマヒレキントキ35


ヒレに黒っぽい部分と白っぽい部分があるため、名前に「ゴマ」と入っているようです。

この写真だと、それも分かりづらいですね・・・。


3枚目は顔の表情を。
3レ★ゴマヒレキントキ32



キビレマツカサに近い種類かと思いましたが、目(もく)が違うようです。

・アカマツカサ:   キンメダイ目 イットウダイ科
・ゴマヒレキントキ: スズキ目 キントキダイ科

分類的に離れていても、似たもの同士というのはいるのですね。



ゴマヒレキントキ
Heteropriacanthus cruentatus
魚類 スズキ目 キントキダイ科
2008/3/1
八丈島 底土 水深10m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/07/09(水) 21:30:03|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

キヌヅツミ

2008/2/29-3/1の八丈島ダイビング (30)

ベニキヌヅツミを見せてもらいました。

前のダイビングでたっぷり、撮っていたので、今回はさらりと。

これもまた、2本目に撮った個体とは、色合いが違います
1レ★ベニキヌヅツミ33


個性がありますね。


****2008/07/14訂正*****

・・・と思ったら、この個体はベニがつかない

キヌヅツミ

という種類であることが分かりました。

いつも「ベニキヌヅツミ」ばかり見ていて、「ザ・キヌヅツミ」という種類がいることを知りませんでした。

勉強不足です・・・お恥ずかしい。。。。

今回初遭遇!の種類です。


キヌヅツミ
Phenacovolva philippinarum
軟体動物 巻貝類 ウミウサギ科
2008/3/1
八丈島 底土 水深12m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/07/08(火) 21:28:50|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハナビラミノウミウシ

2008/2/29-3/1の八丈島ダイビング (29)

ちいさくてもパンチのきいた、ウミウシを撮影しました。

ハナビラミノウミウシです。
1レ★ハナビラミノウミウシ33


派手!
2レ★ハナビラミノウミウシ31



blogでは初掲載!の種類です。


ハナビラミノウミウシ
Phyllodesmium poindimiei
軟体動物 裸鰓目 ミノウミウシ亜目
アオミノウミウシ科
2008/3/1
八丈島 底土 水深11m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/07/07(月) 23:15:13|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ケブカカニダマシ

2008/2/29-3/1の八丈島ダイビング (28)

さらにもう一種類、甲殻類を見せてもらいました。

ケブカカニダマシです。

たしかに毛深い!
1レ★ケブカカニダマシ34


脚の輪郭を、毛で誤魔化しているのでしょうか??

白化した感じの体色といい、背中側から見ると、生きているかどうかも、あやふやな感じがします。


2枚目からは、顔に寄って撮ってみました。
2レ★ケブカカニダマシ35


カニのように見えますが、名前に「ダマシ」とあるように、カニではありません。
ヤドカリと同じ、異尾類の仲間です。

左右のハサミの大きさが、違いますね。
大きなほうのハサミをかざしています。

おまわりさんの敬礼みたい?!
3レ★ケブカカニダマシ38



目も真剣です!
4レ★ケブカカニダマシ36


背中側の生死さだかでない感じと、正面顔とのギャップ・・・これがこの種類の、生き残る術なのかもしれませんね。



ケブカカニダマシ
Petrolisthes pubescens
節足動物 異尾類
カニダマシ科 イソカニダマシ属
2008/3/1
八丈島 底土 水深11m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/07/06(日) 17:47:37|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

mak

Author:mak
写真、ダイビングそして読書を楽しむ、ごく普通のサラリーマンです。
詳しくは作者紹介をご覧ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

あわせて読みたい