真壁海中写真館

Underwater Photography

トカラベラ

2008/2/29-3/1の八丈島ダイビング (24)

”EOS Kiss DIGITAL N”を借りての、2日目のダイビング。

この日は風が強くなったこともあり、底土で潜りました。

前日は貝やウミウシなど、動かないもので撮影練習したので、

「今日は動くものにもチャレンジしてみましょう!」ということになりました。

ということで、コンデジでは難しい、ベラの幼魚にチャレンジしてみました。


まずは、ベラの中では撮りやすい?ということで、トカラベラに挑戦!
1レ★トカラベラ3b


いきなりでも、撮れちゃうのですねえ。

ベラの幼魚はくねくねと泳いでいるのですが、ピントが合わせやすいので、瞬間を切り取ることができます。


ストロボの当てかたのせいか・・・

飛び跳ねているよう?!
2レ★トカラベラ35


でも、止まっているわけでは、ありません。

いつのまにか・・・ハゼの上に浮いています
3レ★トカラベラ3a


こうやって見ると、ベラの表情も、かわいらしいですね。




小さくて動くものでも、撮れるのですねえ。

イチガンに変えたら、撮影対象がググッと、広がりそうです。



トカラベラ
Halichoeres hortulanus
魚類 スズキ目 ベラ科 カンムリベラ亜科
2008/3/1
八丈島 底土 水深9m

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/06/30(月) 21:14:56|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ベニヤカタ

2008/2/29-3/1の八丈島ダイビング (23)

タイドプールでの「貝殻をもつウミウシ」探し

特に「見たい!」とリクエストしていたのが、ベニヤカタです。

この種類はこれまで、貝殻をおがんだことしかありませんでした。
今回も出会えるか心配だったのですが・・・・

さすがです! ガイドさんがあっさり、見つけてくれました。

かわいい!
1レ★ベニヤカタ23



しかも、2個体!
2レ★ベニヤカタ26


お互い、視線をそらしていますねえ。

恥ずかしがってる??
3レ★ベニヤカタ27



ようやく、見詰め合ってくれました。
4レ★ベニヤカタ28



ふたりそろって、カメラ目線!
5レ★ベニヤカタ2a


ボディーは半透明で、上品な感じですね。
貝殻もさわやかなデザインで、まるで人間が作り出したキャラクターのように見えてしまいます。


最後は、よりそって記念撮影!
6レ★ベニヤカタ2c



ようやく、出会うことが出来て、ラッキーでした。

満足!



ベニヤカタ
Hydatina amplustre
軟体動物 頭楯目
オオシイミノガイ上科 ミスガイ科
2008/2/29
八丈島 乙千代ケ浜タイドプール 水深1m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/06/29(日) 17:38:48|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コンシボリガイ

2008/2/29-3/1の八丈島ダイビング (22)

タイドプールでの貝殻のあるウミウシ探し


第2弾は、コンシボリガイです。

この種類は、短い耳を立てているように見えます。
僕は「忍者ハットリくん」の”獅子丸”を連想してしまいます。
1レ★コンシボリガイ24


貝殻は藻が付いていて、模様もかすれていました。

でも本体は妖艶
2レ★コンシボリガイ27


黄色バージョンの個体ですが、下半身?は黄色のフチが目立たず、青っぽく見えます。




この種類も、顔?の真ん中に小さな目があります。

目がしょんぼりしていて、眠たそう?!
3レ★コンシボリガイ22




『そんなことないよ!』と、クワっと見開いた!?
4レ★コンシボリガイ25



・・・これが限界のようです。


かわいらしいウミウシです。




コンシボリガイ
Micromelo undata
軟体動物 頭楯目
オオシイミノガイ上科 ミスガイ科
2008/2/29
八丈島 乙千代ケ浜タイドプール 水深1m

FC2 Blog Ranking


テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/06/28(土) 17:53:35|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミスガイ

2008/2/29-3/1の八丈島ダイビング (21)

乙千代ケ浜左側での、「バニーちゃんダイビング」を終えました。

しかし海からは帰らず・・・。
すぐ横のタイドプールに入ることにしました。

お目当ては、「貝殻を持つウミウシ」

今回はとことん、「貝」にこだわってみました!


ということでエントリー!・・・というよりも「顔を水につける」感じですが、浅いタイドプールに入りました。


まずガイドさんが見せてくれたのが、ミスガイです。

貝殻を持つウミウシの王様??です。
1レ★ミスガイ24



貝殻に比べて、本体が広く、広がっていますね。

でも、目は小さい!!
2レ★ミスガイ21


この角度で見ると、ミッキーマウスのようにも、見えますね。

この仲間は「顔」があるように見えるので、楽しく撮影できます。




ミスガイ
Hydatina physis
軟体動物 頭楯目
オオシイノミガイ上科 ミスガイ科
2008/2/29
八丈島 乙千代ケ浜タイドプール 水深1m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/06/27(金) 21:29:56|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラハイナキヌヅツミ

2008/2/29-3/1の八丈島ダイビング (20)

ふたたび、ラハイナキヌヅツミを見せてもらいました。

今回は、ペアで!
2レ★ラハイナキヌヅツミ2b3


2個体の近くには、ピンクの卵もありました。
1レ★ラハイナキヌヅツミ2b5



産卵直後なのでしょうか。


大きいほうの個体は、外套膜がかぶっています。
小さいほうはめくれて、貝殻が見えていますね。

先に撮影した個体とは、外套膜の色合いや、線の太さが違います。
3レ★ラハイナキヌヅツミ2b2



今回のバニーちゃん探しで、この仲間は同じ種類でも個性があることが、分かりました。



ラハイナキヌヅツミ
Phenacovolva lahainaensis
軟体動物 巻貝類 ウミウサギ科
2008/2/29
八丈島 乙千代ケ浜左側 水深24m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/06/26(木) 21:27:14|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ベニキヌヅツミ

2008/2/29-3/1の八丈島ダイビング (19)

ふたたび、バニーちゃんに戻ります。

ベニキヌヅツミガイです。

くにくにっとまがった枝の奥についていたので、撮るのに苦労しました。
1レ★ベニキヌヅツミ2b2



外套膜の割れ目から見える貝殻が、象牙のような光沢です。
2レ★ベニキヌヅツミ2b5


先に紹介した個体と比べると、外套膜の色が薄いですね。

宿主の色は、こちらのほうが濃いのですが・・・不思議です。


ベニキヌヅツミ
Phenacovolva rosea
軟体動物 巻貝類 ウミウサギ科
2008/2/29
八丈島 乙千代ケ浜左側 水深20m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/06/25(水) 20:46:58|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ホシダカラ

2008/2/29-3/1の八丈島ダイビング (18)

ウミウサギの写真が続いたので、ちょっと休憩します。

といっても、またもや、貝!

八丈島ではよく見かけるタカラガイの仲間、ホシダカラです。

今回は外套膜をひっこめていたので・・・

つるつるした貝殻を強調して撮ってみました。
1レ★ホシダカラ21



顔が映りそうなほど、表面がつるつるしていますね。


これまた重量感のある個体でした。



ホシダカラ
Cypraea tigris
軟体動物 巻貝類 タカラガイ科
2008/2/29
八丈島 乙千代ケ浜左側 水深24m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/06/24(火) 20:36:24|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ウミウサギ科の1種

2008/2/29-3/1の八丈島ダイビング (17)

乙千代ケ浜でのウミウサギ探し。

まだまだ続きます。

これまた綺麗な、ウミウサギです。


ベニキヌヅツミに似ていますが、突起の先が黄色くなっています。
1レ★ウミウサギ科の1種2a3



突起も、ベニキヌヅツミに比べて大きいように思えます。

違う種類の可能性があるということで、ここではウミウサギ科の1種としておきます。
2レ★ウミウサギ科の1種2a2



黄色い突起が半透明の膜に覆われていて、電飾が光っているようで綺麗!
3レ★ウミウサギ科の1種2a4



いろいろ居るのですねえ。

ますますウミウサギに、ハマってしまいました。




ウミウサギ科の1種
Phenacovolva sp.
軟体動物 巻貝類 ウミウサギ科
2008/2/29
八丈島 乙千代ケ浜左側 水深25m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/06/22(日) 18:45:59|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ベニキヌヅツミ

2008/2/29-3/1の八丈島ダイビング (16)

乙千代ケ浜での「バニーちゃん探し」

第2弾はベニキヌヅツミです。
1レ★ベニキヌヅツミ2a1


細長いタイプのウミウサギの中では、もっともポピュラーな種類だと思います。

とはいえ、この流線型はやはり、美しい!
2レ★ベニキヌヅツミ2a8



個体によってバリエーションがあります。

この個体は紫色の濃い、個体でした。
3レ★ベニキヌヅツミ2a4




ベニキヌヅツミ
Phenacovolva rosea
軟体動物 巻貝類 ウミウサギ科
2008/2/29
八丈島 乙千代ケ浜左側 水深25m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/06/21(土) 17:46:43|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラハイナキヌヅツミ

2008/2/29-3/1の八丈島ダイビング (15)

この日の2本目は、「乙千代ケ浜」で潜ることにしました。

僕からガイドさんへのリクエストは、「ウミウサギが見たい!」

この仲間は、綺麗なので撮影していて楽しいのです。

ということで、最近ハマっているウミウサギを探しに、お目当ての場所を探索。



いきなり、存在感のあるウミウサギを見せてもらいました!

ラハイナキヌヅツミという種類のようです。
1レ★ラハイナキヌヅツミ21


初遭遇!の種類です。

と言うよりも、そもそもこの種類の生態写真じたい、あまり無いようです(現時点で)。

ウミウサギの仲間はまだ研究途上のようで、このような「発掘」の楽しさもあります。



突起が長くて多くて、そして複雑な模様が入っていますね。

僕は古代エジプトの「ヒエログラフ」を連想してしまいました。
2レ★ラハイナキヌヅツミ24



乙千代ケ浜での”バニーちゃん探し”、幸先良し!です。




ラハイナキヌヅツミ
Phenacovolva lahainaensis
軟体動物 巻貝類 ウミウサギ科
2008/2/29
八丈島 乙千代ケ浜左側 水深23m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/06/20(金) 21:26:40|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

サツマカサゴ

2008/2/29-3/1の八丈島ダイビング (14)

サツマカサゴを撮影しました。

痩せた個体でした。

げっそりしている??
1レ★サツマカサゴ16


エサにありつけていないのでしょうか。

そう思ってみると・・・


うらめしそうな視線??
2レ★サツマカサゴ11



無事に育って欲しいものです。



サツマカサゴ
Scorpaenopsis neglecta
魚類 カサゴ目 フサカサゴ科
2008/2/29
八丈島 八重根港 水深12m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/06/18(水) 21:45:22|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

シロタエイロウミウシ

2008/2/29-3/1の八丈島ダイビング (13)

綺麗なシロタエイロウミウシを見つけました。

鰓が、バラのよう!
1レ★シロタエイロウミウシ18



2枚目は横から。

甘~い和菓子みたい!
2レ★シロタエイロウミウシ11



正面から見ると・・・

タラコくちびる?!
3レ★シロタエイロウミウシ16



触角は綿棒のようで、気持ち良さそう。。。
4レ★シロタエイロウミウシ15



背中の模様も、立派な矢のようで、存在感があります。
5レ★シロタエイロウミウシ19



良い撮影練習になりました。




シロタエイロウミウシ
Glossodoris pallida
軟体動物 裸鰓目
ドーリス亜目 イロウミウシ科
2008/2/29
八丈島 八重根港 水深12m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/06/17(火) 21:03:08|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

イソギンチャクエビ

2008/2/29-3/1の八丈島ダイビング (12)

足ふきマットのようなミノイソギンチャクに身を潜める、イソギンチャクエビを教えてもらいました。

透明なエビの輪郭が、分かりますか?
1レ★イソギンチャクエビ15


白いラインの両端に、目があります。
小さな黒い点で、こちらを見ています。

イソギンチャクのミノが、このエビにとってちょうど良い長さのようです。

つかまり易そう。
2レ★イソギンチャクエビ16



けなげな雰囲気の、イソギンチャクエビでした。



イソギンチャクエビ
Prriclimenes brevicarpalis
節足動物 エビ類
テナガエビ科 ホンカクレエビ属
2008/2/29
八丈島 八重根港 水深12m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/06/16(月) 21:37:17|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

センテンイロウミウシ

2008/2/29-3/1の八丈島ダイビング (11)

センテンイロウミウシを撮影しました。
1レ★センテンイロウミウシ13



くるくるくる~~~
2レ★センテンイロウミウシ11


見返り美人~~~
3レ★センテンイロウミウシ16


うねりに揺られて、伸び~~る!
4レ★センテンイロウミウシ17


へばってます?!
5レ★センテンイロウミウシ19



八丈島でも出会ったことのある種類ですが、この個体は白っぽさが際立っていました。



センテンイロウミウシ
Hypselodoris maculosa
軟体動物 裸鰓目
ドーリス亜目 イロウミウシ科
2008/2/29
八丈島 八重根港 水深11m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/06/15(日) 22:04:27|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ミナミコブヌメリ

2008/2/29-3/1の八丈島ダイビング (10)

砂利場で、ミナミコブヌメリを撮影しました。

ヤマドリと同じネズッポ科の魚ですが、赤みが薄いボディーをしています。

けっこう胴長?!
1レ★ミナミコブヌメリ14


薄い金色の胸ビレが、上品で良い感じです。
2レ★ミナミコブヌメリ16


よく見ると、体にも金粉のように細かい、点が入っているのが分かります。

顔の青いラインも鮮やか!
3レ★ミナミコブヌメリ18


この仲間は、正面顔もかわいらしいです。

ヘバってる?!
4レ★ミナミコブヌメリ13



ミナミコブヌメリ
Diplogrammus goramensis
魚類 スズキ目 ネズッポ科
2008/2/29
八丈島 八重根港 水深12m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/06/10(火) 20:57:31|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

イソギンチャクモエビ

2008/2/29-3/1の八丈島ダイビング (9)

1月にも訪れたイソギンチャクで、イソギンチャクモエビを撮影しました。
1レ★イソギンチャクモエビ13


前回の写真と比べると、カメラによる色合いの違いが、分かるかと思います。
2レ★イソギンチャクモエビ11


一眼はピントが合わせやすいので、このような被写体を撮るのがラクですねえ。

模様にピントを合わせるとこんな感じ。
3レ★イソギンチャクモエビ12


顔をアップで写すとこんな感じ。
4レ★イソギンチャクモエビ18


楽しいですねえ。

イソギンチャクモエビも、けらけらと、笑っています!?
5レ★イソギンチャクモエビ1k


このイソギンチャクの形も、楽しいですね。

キノコがにょきにょき生えているみたい??
6レ★イソギンチャクモエビ1m



大家も店子も楽しい、ナイスな被写体でした。



イソギンチャクモエビ
Thor amboinensis
節足動物 エビ類
モエビ科 ヒメサンゴモエビ属
2008/2/29
八丈島 八重根港 水深12m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/06/09(月) 21:27:09|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

タヌキイロウミウシ

2008/2/29-3/1の八丈島ダイビング (8)

ちょっと大きめのタヌキイロウミウシを見せてもらいました。

でっぷりとしていて、たしかに信楽焼のたぬきを連想する風貌です。
1レ★タヌキイロウミウシ11



ウネリにゆられてコロコロとしていました。
警戒モードになったようで、体が白っぽくなって、粘液を出していました。


2枚目は触角のアップを。

雪の降りはじめのような、細かい模様が入っているのですね。

きな粉餅のよう?
2レ★タヌキイロウミウシ13



ユーモラスな雰囲気の、ウミウシです。


タヌキイロウミウシ
Glossodoris hikuerensis
軟体動物 裸鰓目
ドーリス亜目 イロウミウシ科
2008/2/29
八丈島 八重根港 水深12m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/06/08(日) 16:29:48|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

シボリイロウミウシ

2008/2/29-3/1の八丈島ダイビング (7)

シボリイロウミウシを見せてもらいました。
1レ★シボリイロウミウシ15



透ける服を重ね着したような、独特のデザインです。
2レ★シボリイロウミウシ13


撮る角度によって表情が変わるので、いろいろ試してみました。


子猫のように丸まった感じ??
3レ★シボリイロウミウシ11



『どうもぉ~~』とおじぎするような感じ?
4レ★シボリイロウミウシ12



チラ見?流し目??
5レ★シボリイロウミウシ14



八丈島ではたまに出会いますが、他のポイントでは見かけたことがない種類です。



シボリイロウミウシ
Chromodoris strigata
軟体動物 裸鰓目
ドーリス亜目 イロウミウシ科
2008/2/29
八丈島 八重根港 水深12m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/06/07(土) 21:22:34|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ホソテンロクケボリ

2008/2/29-3/1の八丈島ダイビング (6)

トサカにつく、ホソテンロクケボリを見せてもらいました。

ペアで、お互いを見あって?いました。
1レ★ホソテンロクケボリ11



この紫色は独特ですね。
2レ★ホソテンロクケボリ15



宿主とおそろいカラーで、かわいらしい感じです。
3レ★ホソテンロクケボリ18




最近、ウミウサギの仲間に魅了されています。



ホソテンロクケボリ
Diminovula alabaster
軟体動物 巻貝類
ウミウサギガイ科
2008/2/29
八丈島 八重根港 水深8m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/06/05(木) 20:56:09|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ミルクオトメウミウシ

2008/2/29-3/1の八丈島ダイビング (5)

小さなウミウシを撮影しました。

ミルクオトメウミウシのようです。
1レ★ミルクオトメウミウシ17


白一色と思いきや、細かい斑点が入っているのですね。

そして、縦に溝が入っているのが分かります。
2レ★ミルクオトメウミウシ19



背景も、良いボケ具合で写ってくれました。


ミルクオトメウミウシ
Dermatobranchus sp.
軟体動物 裸鰓目 
タテジマウミウシ亜目 タテジマウミウシ科
2008/2/29
八丈島 八重根港 水深8m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/06/04(水) 21:00:58|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フリソデエビ②

2008/2/29-3/1の八丈島ダイビング (4)

フリソデエビの続きです。

この場所には、ペアでいました。
もう一方の個体は、背中に傷?のある個体でした。
5レ★フリソデエビ1a



ウニに刺されたのかしら??
6レ★フリソデエビ1c



その①で紹介した個体と比べると、大きな体をしていました。
7レ★フリソデエビ1f


今回も、じっくり撮らせてもらいました!
8レ★フリソデエビ1k



フリソデエビ
Hymenocera picta
節足動物 エビ類
フリソデエビ科 フリソデエビ属
2008/2/29
八丈島 八重根港 水深10m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/06/03(火) 21:30:45|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フリソデエビ①

2008/2/29-3/1の八丈島ダイビング (3)

八重根といえばフリソデエビです。
1レ★フリソデエビ11



Kiss N で撮影したフリソデエビは、マイカメラと比べて、赤みの強さがやわらいだ仕上がりになりました。
2レ★フリソデエビ13



ストロボも自動で反応してくれるので、悩みどころが少ないですね。

いかめしい正面顔も、撮れちゃいます。

フリソデエビのハサミは、マッコウクジラのようです。
3レ★フリソデエビ17

振袖の面積が広いだけに・・・バランスが偏っていますね。



4枚目はその振袖で、顔を隠したところを。

奥ゆかしい?!
4レ★フリソデエビ1h



その②に続きます!


フリソデエビ
Hymenocera picta
節足動物 エビ類
フリソデエビ科 フリソデエビ属
2008/2/29
八丈島 八重根港 水深10m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/06/02(月) 20:27:20|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

オイランヤドカリ

2008/2/29-3/1の八丈島ダイビング (2)

デジイチを借りての八重根港ダイビング。
まずは動かないもので試し撮りしてみるということで、ヤドカリを見せてもらいました。

背景のピンク色は、ガイドさんのグローブです。

ヤドカリとしては大きいサイズだと思います。
イモガイの貝殻に入っていました。
1レ★オイランヤドカリ11


オイランヤドカリでないかと思います。


一眼レフは、ピントを細かく合わせられますね~。

2枚目はアップで、目にピントを合わせて撮ってみました。

背景のボケ具合も、一眼ならでは?!
2レ★オイランヤドカリ16



操作はぎこちないですが、一眼の楽しさに、早くも目覚めてしまいました。


オイランヤドカリ
Dardanus lagopodes
節足動物 異尾類
ヤドカリ科 ヤドカリ属
2008/2/29
八丈島 八重根港 水深10m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/06/01(日) 17:54:14|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

mak

Author:mak
写真、ダイビングそして読書を楽しむ、ごく普通のサラリーマンです。
詳しくは作者紹介をご覧ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

あわせて読みたい