真壁海中写真館

Underwater Photography

イソギンチャクモエビ

2008/1/4-1/5の八丈島ダイビング (8)

面白い場所にいるイソギンチャクモエビを、撮らせてもらいました。

イソギンチャクの毛先が球!
1レ★イソギンチャクモエビ13


このタイプのイソギンチャクにも、つくのですねえ。
ありそうでなかなか見ない、光景です。



2枚目はアンダー気味に撮って、エビもイソギンチャクも、妖しい感じで!

『目玉おやじ』がたくさんいる~!?
2レ★イソギンチャクモエビ15



イソギンチャク自体も、小さなものでした。

引いて撮ると、こんな感じです。
3レ★イソギンチャクモエビ11



また撮りたい、面白い被写体でした。


イソギンチャクモエビ
Thor amboinensis
節足動物 エビ類
モエビ科 ヒメサンゴモエビ属
2008/1/4
八丈島 八重根港 水深11m

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/04/28(月) 20:10:56|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ホシダカラ

2008/1/4-1/5の八丈島ダイビング (7)

大きくて立派なタカラガイを見せてもらいました。

僕が見たときにはすでに、外套膜をひっこめて、つるんとした状態でした。
1レ★ホシダカラ12.JPG

これだけ見ると、貝殻だけが落ちているのでは??と思われるかもしれませんね。
でもよく見ると、下のほうに、納めきっていない外套膜があるのが分かります。

そして貝殻の左端から飛び出ている触角をみつけると、「重たい貝殻を背負っているのだなあ」ということを実感します。
2レ★ホシダカラ14.JPG


普段から、外套膜を出したり入れたりしているのでしょうね。

そのおかげで、昔の人たちが重宝した、つるつるの貝殻になるのですね。
3レ★ホシダカラ15.JPG

ピカピカ!


ちなみに、タカラガイも巻貝の仲間です。

貝殻を下から見ると・・・模様がぐにゃりと、巻いてます。
4レ★ホシダカラ16.JPG


ホシダカラ
Cypraea tigris
軟体動物 巻貝類
タカラガイ科
2008/1/4
八丈島 八重根港 水深10m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/04/27(日) 18:03:17|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

フリソデエビ②

2008/1/4-1/5の八丈島ダイビング (6)

フリソデエビの続きです。

この場所では2個体!、見ることが出来ました。

このポーズで並んでいると、振袖着て盆踊りしているように見えますね?!
\6レ★フリソデエビ16.JPG



2匹で仲良く、、かと思ったのですが、
餌のヒトデは独り占め・・・
7レ★フリソデエビ15.JPG


大:『一人で食べちゃうもんね~』
小:『えぇぇー、そんな殺生な~』
8レ★フリソデエビ14.JPG


この種類は、姿ももちろんですが、生態も面白いですね。
堪能しました。



フリソデエビ
Hymenocera picta
節足動物 エビ類
フリソデエビ科 フリソデエビ属
2008/1/4
八丈島 八重根港 水深10m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/04/26(土) 20:06:42|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

フリソデエビ①

2008/1/4-1/5の八丈島ダイビング (5)

浅場でのウミウシ撮影を終え、棚を一段、降りました。

その棚の壁で、フリソデエビを撮らせてもらいました。
1レ★フリソデエビ17.JPG


初遭遇以来、1年半ぶりの、フリソデエビです。

とても自然の産物とは思えない、模様と形です。
2レ★フリソデエビ19.JPG


今回も、主食!のヒトデをくわえていました。


下から引き上げ、『よっこらせっと!』
3レ★フリソデエビ1a.JPG


『おっとっとっと! 落としちゃダメダメ!』
4レ★フリソデエビ1b.JPG


『ぐわ~っはっは! わしのもんじゃ~』
5レ★フリソデエビ18.JPG



・・・・見かけとは違い、食いしん坊です。

その②に続きます!


フリソデエビ
Hymenocera picta
節足動物 エビ類
フリソデエビ科 フリソデエビ属
2008/1/4
八丈島 八重根港 水深10m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/04/25(金) 23:53:49|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

キシマオトメウミウシ

2008/1/4-1/5の八丈島ダイビング (4)

小さなオトメウミウシを、見せてもらいました。

キシマオトメウミウシです。
1レ★キシマオトメウミウシ13.JPG


よく観てみると、黄色っぽいボディーに、白い線が縦に通っています。

フチもほのかにピンク色ですね。
2レ★キシマオトメウミウシ14.JPG



触角の先が球状になっています。
3レ★キシマオトメウミウシ15.JPG


色合いは控えめですが、かわいらしい、乙女ウミウシでした。



キシマオトメウミウシ
Dermatobranchus albus
軟体動物 裸鰓目
タテジマウミウシ亜目 タテジマウミウシ科
2008/1/4
八丈島 八重根港 水深9m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/04/24(木) 21:09:41|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チゴミドリガイ

2008/1/4-1/5の八丈島ダイビング (3)

まだまだウミウシの紹介が続きます。

第3弾はチゴミドリガイです。

ネオンのよう!
1レ★チゴミドリガイ15.JPG


ボディーが暗めの色なので、側足の縁の鮮やかさが、目立ちます。

青く光っているように見えますね。
2レ★チゴミドリガイ14.JPG


3枚目はアンダー気味に撮って、明暗を強調してみました。

妖しい!
3レ★チゴミドリガイ12.JPG


これも、外敵から身を守る手段なのでしょうか。
自然のデザインには、いつも驚いてしまいます。



チゴミドリガイ
Thuridilla livida
軟体動物 襄舌目
ゴクラクミドリガイ上科
ゴクラクミドリガイ科
2008/1/4
八丈島 八重根港 水深4m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/04/23(水) 21:22:50|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イシガキリュウグウウミウシ

2008/1/4-1/5の八丈島ダイビング (2)

エントリーそうそう、たて続けにウミウシを見せてもらいました。

2番手は、イシガキリュウグウウミウシです。
1レ★イシガキリュウグウウミウシ11.JPG



何度も紹介していると思いましたが、blog版では初掲載の種類でした。

でも、リュウグウウミウシとの見分けに、自信がありません・・。

いずれにしても、リュウグウウミウシの仲間は『毒もってます!』と主張しているようなカラーが多いと思います。


イシガキリュウグウウミウシ
Roboastra luteolineata
軟体動物 裸鰓目
ドーリス亜目 フジタウミウシ科
クロスジリュウグウウミウシ亜科
2008/1/4
八丈島 八重根港 水深4m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/04/22(火) 20:49:02|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スカシキヌハダウミウシ

2008/1/4-1/5の八丈島ダイビング (1)

2008年1月4日からの2泊3日で、八丈島で潜ってきました。
2008年の潜り初めです。

年末から海が荒れていたということで、この日の1本目は八重根港で潜りました。


エントリー早々、ウミウシがいるのを、教えてもらいました。

体が半透明!
1レ★スカシキヌハダウミウシ13.JPG



スカシキヌハダウミウシという種類のようです。

以前にも、八丈島で見かけたことがありますが、他の海では見たことが有りません。


この場所では、2個体を見せてもらいました。
八丈島では個体数の多い種類なのかもしれません。

個体によって、色あいが違います。
2レ★スカシキヌハダウミウシ112.JPG



前回もこの位の深度で見かけました。
浅場を好む種類なのでしょうか。



スカシキヌハダウミウシ
Gymnodoris sp.
軟体動物
裸鰓目 ドーリス亜目
キヌハダウミウシ科 キヌハダウミウシ属
2008/1/4
八丈島 八重根港 水深4m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/04/21(月) 18:51:56|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ネジリンボウ

2007/11/3の黄金崎 (14)

2007年11月3日の西伊豆・黄金崎ダイビングも、最後の写真の紹介です。

砂地で撮影したネジリンボウです。

巣穴から体を出して、ホバーリングしていました。
1レ★ネジリンボウ2b5.JPG


何ヶ所かのダイビングポイントで、この種類を撮影しましたが、黄金崎ビーチは数もいて、また居る場所もそれほど深くないので、撮影しやすいですね。

この日も数個体、見かけました。

中でもこの個体は大きめだったので、徐々に距離を近づけながら、じっくり撮影しました。

でも、警戒は怠ってないようでした。

『なんだ、こっち来るの?!』
2レ★ネジリンボウ2b4.JPG


目をこちらに向けて、問いかけているような表情です。


3枚目は定番?の角度から。
3レ★ネジリンボウ2b6.JPG


黒のラインもくっきりしていて、綺麗な個体でした。


黄金崎では「撮影しやすい」と書きましたが、広い砂地の中で、巣穴から顔を出しているハゼを見つけるというのは、簡単ではありません。

むしろ、見つけられたらラッキー!かな?
4レ★ネジリンボウ2b1.JPG




これで今回の黄金崎ダイビングも終了!

定期的に訪れたい、楽しい海です。



ネジリンボウ
Stonogobiops xanthorhinica
魚類 スズキ目 ハゼ科
ハゼ亜科 ネジリンボウ属
2007/11/3
西伊豆 黄金崎ビーチ 水深14m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/04/18(金) 21:55:55|
  2. ●西伊豆・黄金崎
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

サツマカサゴ

2007/11/3の黄金崎 (13)

黄金崎の砂地の風景をご紹介です。
砂地に設置されたケーソン、ロープ、そしてダイバーも入れてみました
1レ★サツマカサゴ25.JPG


でもこの写真の主役は実は、サツマカサゴです。

ロープの右にちょこんと、魚が居るのが分かりますか?



2枚目は横からのショットを。

ギロリと、こちらを睨んでいます。
2レ★サツマカサゴ23.JPG



海水の色と砂地の色が交じり合っていて、幻想的に写ってくれました。


3枚目はサツマカサゴの表情が分かるように、寄って撮影。

顔はイカツイですが、星空を眺めているようで、ロマンチック??
3レ★サツマカサゴ21.JPG



絵になる場所にいる、サツマカサゴでした。



サツマカサゴ
Scorpaenopsis neglecta
魚類 カサゴ目 フサカサゴ科
2007/11/3
西伊豆 黄金崎ビーチ 水深16m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/04/17(木) 21:19:38|
  2. ●西伊豆・黄金崎
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アミメハギ

2007/11/3の黄金崎 (12)

ケーソン近くの砂地に固定されているロープに、アミメハギの幼魚が集まっていました。

かわいらしい魚なので、アップで撮りたくなりましたが、どの個体を選んだらよいか悩んでしまって・・・結局、全部まとめて、撮ってみました。
1レ★アミメハギ22.JPG


バラバラにいたので、個々の姿がよく、分からない写真になってしまいました。

なので、どこにいるか、矢印を書いてみました。
2レ★アミメハギ22.JPG


写真に写っているだけで、8匹いますね。

この種類の幼魚はこのように、寄り添って居る姿を、よく見かけます。


アミメハギ
Rudarius ercodes
魚類 フグ目 カワハギ科
2007/11/3
西伊豆 黄金崎ビーチ 水深15m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/04/16(水) 21:39:09|
  2. ●西伊豆・黄金崎
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

クロホシイシモチ

2007/11/3の黄金崎 (11)

沖の砂地に設置されている、ケーソンを見に行きました。

ケーソンの壁につく、小さな生物を探しに行ったのですが、僕はまず、霞のように集まっている小魚の群れに見とれてしまいました。
1レ★クロホシイシモチ2b1.JPG


同定に自信がありませんが、クロホシイシモチの幼魚ではないかと思います。


水面方向を見上げると、群れと海水、そして陽の光が一体になったように見えます。
2レ★クロホシイシモチ2b2.JPG



砂地ではついつい、ワイドを撮影したくなります。


クロホシイシモチ
Apogon notatus
魚類 スズキ目 テンジクダイ科
2007/11/3
西伊豆 黄金崎ビーチ 水深15m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/04/15(火) 21:47:31|
  2. ●西伊豆・黄金崎
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミジンベニハゼ

2007/11/3の黄金崎 (10)

この2本目のダイビングでは、沖の砂地を散策しました。

そこで出迎えてくれたのが、ミジンベニハゼです。
黄金崎では定番の被写体ですが、何度見てもかわいい!

今回は、コーヒーの空き缶を巣穴にした個体でした。

それも、ペアで仲良く!
1レ★ミジンベニハゼ24.JPG


ツーショットを紹介するのは、たぶん初めてです。

2匹がこちらを向いた瞬間を狙っていたのですが、なかなか、言うことを聞いてくれませんでした。
両方にピントを合わすのも、難しいものです。


いろいろな意味で、撮影意欲の湧く、被写体です。
またチャレンジします!


ミジンベニハゼ
Lubricogobius exiguus
魚類 スズキ目 ハゼ科
ハゼ亜科 ミジンベニハゼ属
2007/11/3
西伊豆 黄金崎ビーチ 水深16m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/04/14(月) 21:29:38|
  2. ●西伊豆・黄金崎
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ミチヨミノウミウシ

2007/11/3の黄金崎 (9)

小さな生物を探していたら、このウミウシが目に入ってきました。

ミチヨミノウミウシです。
1レ★ミチヨミノウミウシ21.JPG


小さい個体でした。
5mm程度だったと思います。

まだ幼体ですね。

ミノが同じ向きに揃っていて、かわいらしい感じです。
2レ★ミチヨミノウミウシ22.JPG



薄い紫色と黄色で、上品な色合いのウミウシです。



ミチヨミノウミウシ
Cuthona sibogae
軟体動物 裸鰓目
ミノウミウシ亜目 オショロミノウミウシ科
2007/11/3
西伊豆 黄金崎ビーチ 水深17m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/04/13(日) 18:16:45|
  2. ●西伊豆・黄金崎
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

クロホシイシモチ

2007/11/3の黄金崎 (8)

この日の2本目は、左側の沖にあるケーソンに行きました。

中層移動中、岸側では1本目と同じように、クロホシイシモチの群れが、出迎えてくれました。
1レ★クロホシイシモチ2a1.JPG


ソラスズメダイのブルーが、良いアクセントになってくれました。


2枚目はお決まりの?、青抜きワイドで。
2レ★クロホシイシモチ2a2.JPG



このほか、キビナゴの群れにブリがアタックしていたりして、岩場はなかなか、賑やかでした。



クロホシイシモチ
Apogon notatus
魚類 スズキ目 テンジクダイ科
2007/11/3
西伊豆 黄金崎ビーチ 水深7m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/04/12(土) 21:54:37|
  2. ●西伊豆・黄金崎
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

セスジミノウミウシ

2007/11/3の黄金崎 (7)

小さなウミウシを教えてもらいました。


セスジミノウミウシです。
1レ★セスジミノウミウシ14.JPG


一本松に鮮やかな着物がかかっているようで、面白い光景でした。



セスジミノウミウシ
Flabellina rubrolineata
軟体動物 裸鰓目
ミノウミウシ亜目 サキシマミノウミウシ科
2007/11/3
西伊豆 黄金崎ビーチ 水深12m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/04/11(金) 23:14:42|
  2. ●西伊豆・黄金崎
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

砂地の風景

2007/11/3の黄金崎 (6)

左手ケーソンからの帰りは、岩場と砂地の境界線ぞいを通ってきました。



壁側から撮ると、こんな光景です。
1レ★砂地の風景12.JPG



砂地にぽつんと立つトサカも、巨木のようで存在感がありますね。

僕は黄金崎ビーチの、広い砂地の風景が好きです。


2007/11/3
西伊豆 黄金崎ビーチ 水深17m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/04/10(木) 21:12:48|
  2. ●西伊豆・黄金崎
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シュスヅツミ

2007/11/3の黄金崎 (5)

この1本目では、ウミウサギガイの探索をしてみました。

さすがは黄金崎ビーチ。
ちょっと探しただけでも、いるものですね。

これまた紫のフトヤギに、付いていました。
1レ★シュスヅツミ14.JPG


「普通のベニキヌヅツミとは違うなあ」と思って撮っていました。

後でいろいろと調べてみて、シュスヅツミという種類ではないかと、同定しました。

外套膜に透けて見える、貝殻の白い帯模様が、特徴的です。
2レ★シュスヅツミ12.JPG



形といい、居る場所といい、絵になる被写体でした。


シュスヅツミ
Phenacovolva brevirostris
軟体動物 巻貝類
ウミウサギガイ科
2007/11/3
西伊豆 黄金崎ビーチ 水深17m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/04/09(水) 22:04:02|
  2. ●西伊豆・黄金崎
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハナタツ

2007/11/3の黄金崎 (4)

大きな岩に付いている、ハナタツを教えてもらいました。


毛皮を着て、金髪カツラをかぶっているよう!?
1レ★ハナタツ15.JPG



周りに擬態しているのだと思いますが、こう見ると、ゴージャスな感じですね。


ハナタツ
Hippocampus sindpnis
魚類 トゲウオ目
ヨウジウオ科 タツノオトシゴ亜科
2007/11/3
西伊豆 黄金崎ビーチ 水深14m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/04/08(火) 20:41:26|
  2. ●西伊豆・黄金崎
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ベニキヌヅツミ

2007/11/3の黄金崎 (3)

黄金崎ではウミウサギガイの仲間を、よく見かけます。

この日も綺麗な紫色のフトヤギを探してみると、ベニキヌヅツミが付いていました。
1レ★ベニキヌヅツミガイ12.JPG



上手に擬態してますね。
でも、この貝はサンゴのポリプを食べるようなので、ポリプが剥げた所を探すと、見つけることが出来ます。


ベニキヌヅツミ
Phenacovolva rosea
軟体動物 巻貝類 ウミウサギガイ科
2007/11/3
西伊豆 黄金崎ビーチ 水深17m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/04/07(月) 20:41:01|
  2. ●西伊豆・黄金崎
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アオウミウシ

2007/11/3の黄金崎 (2)

1本目は、左奥のケーソンを見に行きました。

お目当ての被写体があったのですが、見つけることができず・・。

探している途中に見つけた、このウミウシを撮影しました。

アオウミウシです。
1レ★アオウミウシ13.JPG


くぼみに張り付いているような感じで、居ました。

へばっているように見えますね。
お腹が減っていたのでしょうか??

でも、色は鮮やか!
2レ★アオウミウシ14.JPG


普通種とはいえ、撮り甲斐のある被写体です。



アオウミウシ
Hypselodoris festiva
軟体動物 裸鰓目
ドーリス亜目 イロウミウシ科
2007/11/3
西伊豆 黄金崎ビーチ 水深18m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/04/06(日) 18:00:10|
  2. ●西伊豆・黄金崎
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クロホシイシモチ

2007/11/3の黄金崎 (1)

2007年11月3日に、西伊豆・黄金崎ビーチで潜ってきました。

約1年ぶりの黄金崎でした。

この日は水温20度。
透明度も12mと、なかなか良いコンディションでした。

エントリー後、のんびりと、中層を移動しました。

壁際では、黄金崎ビーチおなじみ?の、小魚の群れが出迎えてくれました。

日差しを受けて・・・気持ちの良い光景でした。
1レ★クロホシイシモチ12.JPG


おそらく、クロホシイシモチの群れではないかと思います。

こういう光景をポケっと眺めていられるのも、黄金崎の楽しみの一つです。



クロホシイシモチ
Apogon notatus
魚類 スズキ目 テンジクダイ科
2007/11/3
西伊豆 黄金崎ビーチ 水深13m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/04/05(土) 18:00:52|
  2. ●西伊豆・黄金崎
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ニジギンポ

2007/10/5の伊豆大島 (28)

10月の伊豆大島も、最後の写真の紹介です。

エクジット用のハシゴに住んでいる、ニジギンポです。
1レ★ニジギンポ38.JPG


鉄パイプから、顔だけを出していました。

口元が少し長く、先が下に下がっています。

この角度から見ると、意地悪な子供のようにも見えますね??
2レ★ニジギンポ37.JPG



でも正面から撮ると、かわいらしいのです。



星空を見ているみたい?!
3レ★ニジギンポ36.JPG



また撮りにくるからね~!
4レ★ニジギンポ32.JPG


これで10月の伊豆大島ダイビングも終了!

今回もイロイロと、撮ることができました。



ニジギンポ
Petroscirtes breviceps
魚類 スズキ目 イソギンポ科
2007/10/5
伊豆大島 秋の浜 水深2m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/04/04(金) 19:24:06|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

イロカエルアンコウ

2007/10/5の伊豆大島 (27)

黒いイロカエルアンコウを、撮影しました。

この日の2本目のダイビングでも、撮影した個体です。

鮮やかな色のカイメンの上に居ました。
1レ★イロカエルアンコウ35.JPG


カエルアンコウの輪郭は、分かりますね?!



2枚目からは頭を下にした形で撮影しました。
2レ★イロカエルアンコウ36JPG.JPG


黒一色ではなく、斑点があるのが、分かりますでしょうか。

その中に紛れる目がコワい!
3レ★イロカエルアンコウ34.JPG


この姿でひたすら、獲物を待っているのですね。

おそらく小魚たちも、ここにイロカエルアンコウがいるとは気が付かないでしょう。
4レ★イロカエルアンコウ33.JPG


色が違うだけなのですが、普通とは雰囲気の違う、イロカエルアンコウでした。


イロカエルアンコウ
Antennarius pictus
魚類 アンコウ目 カエルアンコウ科
2007/10/5
伊豆大島 秋の浜 水深5m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/04/03(木) 22:08:27|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キリンミノカサゴ

2007/10/5の伊豆大島 (26)

キリンミノカサゴの幼魚を撮影しました。

この種類は背ビレの面積が広いので、妖艶度合い?が高い!
1レ★キリンミノカサゴ31.JPG



真上から撮ると・・・


『芸術は爆発だ!!』
2レ★キリンミノカサゴ32.JPG



キリンミノカサゴ
Dendrochirus zebra
魚類
カサゴ目 フサカサゴ科
2007/10/5
伊豆大島 秋の浜 水深7m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/04/02(水) 21:36:25|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

サキシマミノウミウシ

2007/10/5の伊豆大島 (25)

暗い色の海草の茂みにいる、サキシマミノウミウシを撮影しました。

ミノがうねりに揺られて、疲れたサラリーマンのよう??
1レ★サキシマミノウミウシ31.JPG




サキシマミノウミウシ
Flabellina bicolor
軟体動物 裸鰓目
ミノウミウシ亜目 サキシマミノウミウシ科
2007/10/5
伊豆大島 秋の浜 水深6m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/04/01(火) 21:42:52|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

mak

Author:mak
写真、ダイビングそして読書を楽しむ、ごく普通のサラリーマンです。
詳しくは作者紹介をご覧ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

あわせて読みたい