真壁海中写真館

Underwater Photography

ハナミノカサゴ

2007/9/29-9/30の伊豆大島 (18)

ハナミノカサゴの綺麗な幼魚がいるのを、教えてもらいました。

良い場所にいてくれたので、まずはカイメンを入れて、青抜きで!
1レ★ハナミノカサゴ42.JPG



2枚目は、一段絞って、真横から
2レ★ハナミノカサゴ45.JPG


撮影の、良い練習になります。

3枚目は、近くからこっそり?撮影。

胸ビレは半透明なのですね。
体の模様が、透けて見えます3レ★ハナミノカサゴ41.JPG


最後はふたたび、ワイドで。
4レ★ハナミノカサゴ48.JPG



魅惑的な、ハナミノカサゴでした~。



ハナミノカサゴ
Pterois volitans
魚類 カサゴ目 フサカサゴ科
2007/9/30
伊豆大島 王の浜 水深14m

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/02/28(木) 21:12:29|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

モクズショイ

2007/9/29-9/30の伊豆大島 (17)

ガイドさんが、岩の隙間から何かをおびき出してくれました。

モクズショイという、カニの仲間です。
1レ★モクズショイ43.JPG


体に黄色いカイメンを、たくさんつけています。

写真では伝わりにくいと思いますが、カイメンがもこもこしていて、動く姿はぬいぐるみのようです。
2レ★モクズショイ42.JPG


脚の先までカイメンを付けているので、どこまでがカニの本体だか、分かりませんね。

大きな個体でした。


モクズショイ
Camposcia retusa
甲殻類 カニ類
クモガニ科 モクズショイ属
2007/9/30
伊豆大島 王の浜 水深13m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/02/27(水) 20:11:34|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

マアジ

2007/9/29-9/30の伊豆大島 (16)

群れがすごかった、王の浜。

イサキだけでなく、マアジも群れていました。
1レ★マアジ42.JPG


イサキほどまとまり?は良くありませんでしたが、これはこれで、かなりの数です。
2レ★マアジ45.JPG


1匹の大きさは、
「フライにするには大きいけれど、刺身にするには物足りない」
と言ったところ?!
3レ★マアジ49.JPG


イサキとマアジの、群れの勢力争い!?
4レ★マアジとイサキ44.JPG


イサキのほうが、群れとしての迫力がありますね。

マアジ、退散~!
5レ★マアジとイサキ4b.JPG


これだけの魚が暮らしていけるということは、栄養が豊かな海なのですね。

この他にも群れていた種類がありますので、のちほど紹介していきます!


マアジ
Trachurus japonicus
魚類 スズキ目 アジ科
2007/9/30
伊豆大島 王の浜 水深10m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/02/26(火) 20:59:03|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

イサキ

2007/9/29-9/30の伊豆大島 (15)

この日の2本目で潜ったのは、王の浜でした。
秋の浜が波が出てきたということもあったのですが、選択の決め手は「王の浜は今、魚の群れが凄いですよ~」という、ガイドさんのオススメのひと言でした。

透明度次第では見えなくなってしまうので、期待しすぎないようにしていたのですが、入ってみたら視界も良好!
そしてお約束?!の、魚の群れが、僕たちを迎えてくれました。

一番、数が多くて大きな群れだったのが、イサキです。

ごっちゃり!
1レ★イサキ45.JPG


ついつい、「一網打尽」という言葉が、頭に浮かんでしまいました・・・。
2レ★イサキ46.JPG


”ウリ坊”と呼ばれる、線の入った中型の個体です。
でもこれだけいると、ボリュームがあります。
3レ★イサキ47.JPG


群れで移動する姿は、川の流れのよう??
4レ★イサキ43.JPG


群れは僕のすぐ近くを通って~
5レ★イサキ48.JPG


去っていきました~
6レ★イサキ4c.JPG


群れに巻き込まれると、興奮してしまいます。
あまりに近かったので、のけぞって撮影してしまいました。

この他にも群れを撮影したので、種類ごとに、紹介していきます!


イサキ
Parapristipoma trilineatum
魚類 スズキ目 イサキ科
2007/9/30
伊豆大島 王の浜 水深10m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/02/25(月) 20:18:33|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヨゴレヘビギンポ

2007/9/29-9/30の伊豆大島 (14)

この日の2本目。
秋の浜は波が強くなっていました。
潜れないことはなかったのですが、状態の良い王の浜で潜ることにしました。

エントリーしてしばらくして、まずはこの魚を撮影しました。

ヨゴレヘビギンポです。

岩陰に、ぴょこんと乗っていました。

婚姻色になるとアゴのあたりが黒くなりますが、この個体は、ヒゲを剃ったように、青々としていました。
1レ★ヨゴレヘビギンポ42.JPG



名前とは違い、オシャレな魚です。


ヨゴレヘビギンポ
Helcogramma fuscopinna
魚類 スズキ目 ヘビギンポ科
2007/9/30
伊豆大島 王の浜 水深6m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/02/24(日) 17:21:18|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ニジギンポ

2007/9/29-9/30の伊豆大島 (13)

この日1本目のダイビングもいよいよ終盤。

秋の浜のエクジットポイントには、鉄パイプで出来た、ハシゴがかけられています。

ここには、愛嬌もののカエルウオが住み着いていたりして、エクジット前のおまけが楽しめます。

今回は、小さなニジギンポが、顔を出していました。
1レ★ニジギンポ22.JPG


かわいらしい表情で、星空??を見上げています
2レ★ニジギンポ23.JPG


ニジギンポの体色が、錆びついた鉄パイプと同化していて、良い保護色になっています。
3レ★ニジギンポ33.JPG



また撮影したい被写体です。


ニジギンポ
Petroscirtes breviceps
魚類 スズキ目 イソギンポ科
2007/9/29,30
伊豆大島 秋の浜 水深2m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/02/23(土) 17:19:40|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

イロカエルアンコウ

2007/9/29-9/30の伊豆大島 (12)

壁面のコーナーにへばりつく、イロカエルアンコウを教えてもらいました。
1レ★イロカエルアンコウ31.JPG



窪みに身を潜め、獲物が近づくのを待っています。
2レ★イロカエルアンコウ32.JPG


まだ子供の個体です。

あどけない表情です。
3レ★イロカエルアンコウ38.JPG


けっこう目立つように思えますが・・・ここで捕食できるのでしょうか??
4レ★イロカエルアンコウ36.JPG



無事に育って欲しいものです。


イロカエルアンコウ
Antennarius pictus
魚類 アンコウ目 カエルアンコウ科
2007/9/30
伊豆大島 秋の浜 水深10m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/02/22(金) 18:11:36|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

スミゾメミノウミウシ

2007/9/29-9/30の伊豆大島 (11)

サンゴにつく、スミゾメミノウミウシを教えてもらいました。

ミノがふさふさしている個体だと分かりやすいのですが、この個体はミノが短く、サンゴの枝に付いたゴミのようでした。
1レ★スミゾメミノウミウシ32.JPG


2枚目はアップで。

白っぽいのがウミウシ本体、左上のピンクの螺旋は、このウミウシの卵だと思います。
2レ★スミゾメミノウミウシ31.JPG



小さくても、立派な成体のようです。


スミゾメミノウミウシ
Protaeolidiella atra
軟体動物 裸鰓目
ミノウミウシ亜目 オオミノウミウシ科
2007/9/30
伊豆大島 秋の浜 水深11m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/02/21(木) 20:38:38|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

テンクロスジギンポ

2007/9/29-9/30の伊豆大島 (10)

テンクロスジギンポを撮影しました。
秋の浜でのダイビングではしばしば訪れる、おなじみの個体です。

サンゴにあいた穴に、住んでいます。
カラフルなイバラカンザシに囲まれています。

こっそりお花見中?!
1レ★テンクロスジギンポ31.JPG



・・・と思ったら、穴から乗り出してきました。

『もっと良く見た~い!』
2レ★テンクロスジギンポ32.JPG



顔はいつも、ニコニコしています。
3レ★テンクロスジギンポ33.JPG



テンクロスジギンポ
Plagiotremus tapeinosoma
魚類 スズキ目 イソギンポ科
2007/9/30
伊豆大島 秋の浜 水深11m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/02/20(水) 19:30:54|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

セボシウミタケハゼ

2007/9/29-9/30の伊豆大島 (9)

9/30のダイビング。
1本目は、前日と同じく秋の浜で潜ることが出来ました。


綺麗なパープルのカイメンにつくハゼを、教えてもらいました。

カイメンにぴょこんと乗って、こちらの様子をうかがっています
1レ★ウミタケハゼの仲間34.JPG


ウミタケハゼの仲間です。
セボシウミタケハゼではないかと思います。

このカイメンには2個体、ついていました。
この体勢のまま、ぴょんぴょん移動して裏に回ってしまったので、1個体のみの撮影となりました。


セボシウミタケハゼ?
Pleurosicya mossambica
魚類 スズキ目
ハゼ科 ハゼ亜科 ウミショウブハゼ属
2007/9/30
伊豆大島 秋の浜 水深22m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/02/19(火) 20:11:33|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハナタツ

2007/9/29-9/30の伊豆大島 (8)

浅場の壁面で、ハナタツを撮影しました。

シャイなので、斜め上方から、そっと撮影。
1レ★ハナタツ22.JPG


2枚目は、顔の部分をトリミング。

白く囲んだ、耳のような部分・・・これが胸ビレです
2-レ★ハナタツ22.JPG



他の魚とはずいぶんと、体の構造が違います。


ハナタツ
Hippocampus sindpnis
魚類 トゲウオ目
ヨウジウオ科 タツノオトシゴ亜科
2007/9/29
伊豆大島 秋の浜 水深4m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/02/18(月) 21:10:59|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カミソリウオ

2007/9/29-9/30の伊豆大島 (7)

砂地でカミソリウオを撮影しました。
1レ★カミソリウオ25.JPG


海草の切れはしのように、ゆらりゆらりと、漂っていました。
2レ★カミソリウオ23.JPG


目もめだたず、魚のような気配がしません。


しばしば撮影していると思っていたのですが、国内では3年ぶりの撮影です。
3レ★カミソリウオ2a.JPG


念のため、見かたを確認。

右を向いています。
口が細長く、胸ビレが横に広がっています。
尾びれの先が、ハートのように切れ込みが入っていますね。
4レ★カミソリウオ2b.JPG


大きさは10cmくらい
5レ★カミソリウオ21.JPG



カメラのフラッシュを浴びても、海草になりきって、ゆらゆらとしていました。


カミソリウオ
Solenostomus cyanopterus
魚類 トゲウオ目 カミソリウオ科
2007/9/29
伊豆大島 秋の浜 水深25m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/02/17(日) 17:29:14|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ホタテツノハゼ属の1種

2007/9/29-9/30の伊豆大島 (6)

秋の浜の砂地では、様々な種類のハゼを、見ることができます。
これもその内の1種。

ホタテツノハゼの仲間です。

胴が長く、ヒレの大きな、ハゼです。
1レ★ホタテツノハゼ属の1種28.JPG


共生しているのは、コトブキテッポウエビ
せっせと、巣穴の補修をしています。
2レ★ホタテツノハゼ属の1種27.JPG



なんだか、ペアの信頼感を感じる、写真となってくれました。


この種類は、和名が付けられていないようです。

この仲間はそもそも、ホタテツノハゼにも正式な学名が付けられていないようです("sp."扱い)。
研究途中の分野なのでしょうね。


ホタテツノハゼ属の1種
Flabelligobius sp.
魚類 スズキ目
ハゼ科 ハゼ亜科 ホタテツノハゼ属
2007/9/29
伊豆大島 秋の浜 水深25m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/02/16(土) 16:35:54|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ベニカエルアンコウ

2007/9/29-9/30の伊豆大島 (5)

ガイドさんが、壁面を指差してくれました。

??・・・何かいますか~?
1レ★ベニカエルアンコウ23.JPG



正解はベニカエルアンコウです。

三点頭立のような、体勢です。
2レ★ベニカエルアンコウ23.JPG



体にいろいろなものをつけて、周りの壁以上に汚れています

尾ビレと目が分からなければ、魚がいるとは気が付きませんね。
認識するのに、時間がかかりました。



ベニカエルアンコウ
Antennarius nummifer
魚類 アンコウ目 カエルアンコウ科
2007/9/29
伊豆大島 秋の浜 水深20m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/02/15(金) 19:25:17|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ホソテンロクケボリとツマニケボリ

2007/9/29-9/30の伊豆大島 (4)

この日2本目も、秋の浜で潜りました。

エントリーしてほどなくの浅場で、ガイドさんがトサカを指差してくれました。

覗いてみると・・・貝がたくさん!
1レ★ホソテンロクケボリガイ23.JPG


黒っぽい斑点の貝(2個体見えます)が、ホソテンロクケボリ、下側に見える少し尖った形をしている2個体は、ツマニケボリだと思います。


異なる種類の貝が、こうやって集まっているのですねえ。

付いて居たのは、このようなトサカ。
2レ★ホソテンロクケボリガイ22.JPG


貝にとっては魅力的な宿主なのでしょうか?

これからは、このように疲れ気味??のトサカを、リサーチしたいと思います。



ホソテンロクケボリ
Diminovula alabaster
軟体動物 巻貝類
ウミウサギガイ科

ツマニケボリ
Primovula beckeri
軟体動物 巻貝類
ウミウサギガイ科
2007/9/29
伊豆大島 秋の浜 水深7m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/02/14(木) 21:09:48|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キイロウミウシ

2007/9/29-9/30の伊豆大島 (3)

キイロウミウシを撮影しました。
1レ★キイロウミウシ11.JPG


伊豆大島でも、しばしば見かける種類です。

このウミウシを見ると、僕はホワイトチョコレートを、連想してしまいます。
2レ★キイロウミウシ13.JPG



キイロウミウシ
Glossodoris atromarginata
軟体動物 裸鰓目
ドーリス亜目 イロウミウシ科
2007/9/29
伊豆大島 秋の浜 水深20m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/02/13(水) 20:58:53|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ミナミゴンベ

2007/9/29-9/30の伊豆大島 (2)

岩陰に隠れている、ミナミゴンベを撮影しました。

おどおどしている??
1レ★ミナミゴンベ13.JPG



髪の毛を結んだような、背ビレもキュートです。
2レ★ミナミゴンベ12.JPG



最後は顔のアップを。

この部分だけだと、錦鯉のようにも見えますね。
3レ★ミナミゴンベ11.JPG



すこしほっそりした、個体でした。


ミナミゴンベ
Cirrhitichthys aprinus
魚類 スズキ目 ゴンベ科
2007/9/29
伊豆大島 秋の浜 水深25m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/02/12(火) 21:00:56|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ニシキフウライウオ

2007/9/29-9/30の伊豆大島 (1)

3ヶ月ぶりの伊豆大島ダイビング。

9/29の1本目は秋の浜で潜りました。

お目当ての被写体は、ニシキフウライウオです。

しっかり、遭遇することが出来ました。

ペアです!2匹並んで、下を向いて漂っていました。

音符のよう??
1レ★ニシキフウライウオ1d.JPG


ふわりふわりと、体勢を変えます。

横になったところを、パシリと。

あっでも、小さいほうがひっくりかえっちゃった!
2レ★ニシキフウライウオ1a3.JPG


最後は再び、逆立ちした状態で。

目がキラキラ!
3レ★ニシキフウライウオ1b.JPG


伊豆大島では、初めての遭遇だと思います。

魚らしくない風貌をした、ユニークな種類です。


ニシキフウライウオ
Solenostomus paradoxus
魚類 トゲウオ目 カミソリウオ科
2007/9/29
伊豆大島 秋の浜 水深25m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/02/11(月) 19:53:59|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ミスガイ

2007/8/16の三浦半島・逗子(小坪)(20)

真夏の逗子ダイビング、最後の写真の紹介です。

ミスガイです。
1レ★ミスガイ23.JPG



濃い色をした個体で、ブルーのふちどりが目立っていました。
2レ★ミスガイ24.JPG



上品な布で、宝石をくるんだよう??
3レ★ミスガイ25.JPG



岩の隙間に、潜り込みたい様子でした。

顔をかくして、『早く隠れろ~!』
4レ★ミスガイ26.JPG



「そう言わずに、顔を見せてよ~」とつぶやきながら、あれこれアングルを変えて、撮影しました。

ようやく、かわいらしい目が見えた瞬間を、パシリと!
5レ★ミスガイ27.JPG



逗子でミスガイを見るのは、今回が初めてでした。

さらなる出会いが期待できる、真夏の逗子の海でした。


ミスガイ
Hydatina physis
軟体動物 頭楯目
オオシイノミガイ上科 ミスガイ科
2007/8/16
三浦半島・逗子(小坪)
ツブ根 水深16m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/02/10(日) 16:57:04|
  2. ●逗子
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

オオウミシダトウマキクリムシ

2007/8/16の三浦半島・逗子(小坪)(19)

オオウミシダトウマキクリムシを、撮影しました。
1レ★オオウミシダトウマキクリムシ26.JPG


巻貝らしい、綺麗な形をした貝です。

そして上品な紫色に、鮮やかな黄色のラインが入っていて、美しいですね。
2レ★オオウミシダトウマキクリムシ27.JPG



いるのはこのような場所です。
3レ★オオウミシダトウマキクリムシ22.JPG



逗子の海では、黒いウミシダの根元を掻き分けると、この貝を見つけることが出来ます。


オオウミシダトウマキクリムシ
Annulobalcis yamamotoi
軟体動物 巻貝類 ハナゴウナ科
2007/8/16
三浦半島・逗子(小坪)
ツブ根 水深12m

FC2 Blog Ranking


テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/02/09(土) 16:06:23|
  2. ●逗子
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ハナオトメウミウシ

2007/8/16の三浦半島・逗子(小坪)(18)

サンゴの根元に、ごっちゃりと固まっているハナオトメウミウシを撮影しました。
1レ★ハナオトメウミウシ22.JPG


4個体以上が、固まっています。
おそらく交接中だと思います。
2レ★ハナオトメウミウシ23.JPG


オレンジ色の模様に、真っ青な触角・・・毒々しい風貌のウミウシです。
3レ★ハナオトメウミウシ25.JPG


逗子の海ではよく見かけます。
でも、他のポイントではあまり、見かけたことがありません。
この海が合っているのでしょうかねえ??


ハナオトメウミウシ
Dermatobranchus ornatus
軟体動物 裸鰓目
タテジマウミウシ亜目 タテジマウミウシ科
2007/8/16
三浦半島・逗子(小坪)
ツブ根 水深14m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/02/08(金) 20:11:42|
  2. ●逗子
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イセエビ

2007/8/16の三浦半島・逗子(小坪)(17)

岩の隙間から顔を出している、大きなイセエビを教えてもらいました。
1レ★イセエビ24.JPG


イセエビというと、真っ赤な甲羅を連想されるかもしれませんが、自然の海の中ではこのように、地味な色をしています

手前に写っているのは僕の指です。
遠近の関係で小さいように見えますが、立派な個体でした。

このあたりでは「鎌倉海老」と呼ばれ、食材として珍重されています。

イセエビ
Panulirus japonicus
節足動物 エビ類
イセエビ科 イセエビ属
2007/8/16
三浦半島・逗子(小坪)
ツブ根 水深13m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/02/07(木) 21:02:45|
  2. ●逗子
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

マダイ

2007/8/16の三浦半島・逗子(小坪)(16)

逗子の海では巨大なマダイを見ることが出来ます。
1レ★マダイ21.JPG


このように中層でホバーリングして、他の魚にクリーニングしてもらうのを待っているのを、よく見かけます。

顔も大人びていて、ゴツゴツしています
2レ★マダイ22.JPG


釣り針や他の魚との生存競争を、くぐり抜けてきたのでしょうね。

風格があります。


マダイ
Pagras major
魚類 スズキ目 タイ科 マダイ亜科
2007/8/16
三浦半島・逗子(小坪)
ツブ根 水深15m

FC2 Blog Ranking


テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/02/06(水) 22:53:40|
  2. ●逗子
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゼブラガニ

2007/8/16の三浦半島・逗子(小坪)(15)

触ると痛いイイジマフクロウニに住む、ゼブラガニを教えてもらいました。
1レ★ゼブラガニ2.JPG


逗子の海にはイイジマフクロウニがたくさんいて、そのいくつかを観察すると、このカニを見つけることが出来ます。

てっきり、何度も写真を紹介していると思っていましたが、blog版では初めての掲載です。
2レ★ゼブラガニ24.JPG



「毒をもつウニの棘の間に住む」という、いじらしい生活をするカニです。

しかしよく見ると、腕はゴツいし、目も血走っている?!
3レ★ゼブラガニ23.JPG


目の間のリーゼントのような突起もあいまって、「硬派」な印象を受けるカニです。


ゼブラガニ
Zebrida adamsii
節足動物 カニ類
ゴカクガニ科 ゼブラガニ属
2007/8/16
三浦半島・逗子(小坪)
ツブ根 水深22m

FC2 Blog Ranking


テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/02/05(火) 21:16:52|
  2. ●逗子
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

オニカサゴ

2007/8/16の三浦半島・逗子(小坪)(14)

海底にいる、オニカサゴを見つけました。

背景が開けていたので、まずは逗子グリーンをバックに。
1レ★オニカサゴ22.JPG



ボロボロな感じが、この場に合っています。

2枚目は顔のアップを。
2レ★オニカサゴ26.JPG




「鬼」の割には、愛嬌があります。
3レ★オニカサゴ21.JPG




口は開けっぱなし。
4レ★オニカサゴ27.JPG



かなり近づいて撮影しましたが、逃げませんでした。

これだけ周りに溶け込んでいれば、餌となる生物も、近づいてしまうでしょうね。



オニカサゴ
Scorpaenopsis cirrhosa
魚類 カサゴ目 フサカサゴ科
2007/8/16
三浦半島・逗子(小坪)
ツブ根 水深21m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/02/04(月) 21:33:32|
  2. ●逗子
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

エダツノガニ

2007/8/16の三浦半島・逗子(小坪)(13)

黒いウミシダの付け根に、藻のかたまりが付いていました。
1レ★エダツノガニ23.JPG



「何かヘンだなあ」と思って、つんつんしてみると・・・

動き出しました。
2レ★エダツノガニ22.JPG



カニです。

全身に藻を付けているので、同定に自信がありませんが、エダツノガニではないかと思います。


藻を付けてまわりに溶け込み、そして毒をもつウミシダにひしっとつかまる・・・。
3レ★エダツノガニ21.JPG


けなげ?!

かなり気の小さい、カニのようです。


エダツノガニ
Naxioides mammillata
節足動物 カニ類
クモガニ科 エダツノガニ属
2007/8/16
三浦半島・逗子(小坪)
ツブ根 水深21m

FC2 Blog Ranking


テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/02/04(月) 21:09:33|
  2. ●逗子
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ベニサンゴガニ

2007/8/16の三浦半島・逗子(小坪)(12)

サンゴの枝の付け根にいる、ベニサンゴガニを教えてもらいました。
2レ★ベニサンゴガニ22.JPG



サンゴと同じような、鮮やかなオレンジ色をしています。
1レ★ベニサンゴガニ23.JPG



「ここなら安全」ということなのでしょうが、「逃げ場が無い」ようにも見えますね・・。


ベニサンゴガニ
Quadrella boopsis
甲殻類 カニ類
サンゴガニ科 ベニサンゴガニ属
2007/8/16
三浦半島・逗子(小坪)
ツブ根 水深18m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/02/03(日) 16:48:37|
  2. ●逗子
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コウイカの仲間

2007/8/16の三浦半島・逗子(小坪)(11)

岩陰に、何かがいるのに気が付きました。

コウイカの仲間です。

背景の岩に、見事に同化しています。

忍法、壁隠れ!
1レ★コウイカの仲間22.JPG



影がなければ、気付かなかったと思います。
気配も消して、見事な忍びの術でした。


コウイカ科の1種
軟体動物 イカ類
コウイカ目 コウイカ科
2007/8/16
三浦半島・逗子(小坪)
ツブ根 水深22m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/02/02(土) 17:27:43|
  2. ●逗子
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ヒイラギ

2007/8/16の三浦半島・逗子(小坪)(10)

この日の2本目はポイントを変えて、ツブ根で潜りました。

1本目のオオタカ根ほどではありませんでしたが、透明度は12mくらいと、なかなかのコンディション。

魚の群れも見渡せたので、まずはワイドに撮影です。

キラキラと光っているのは全部、魚です
1レ★ヒイラギ21.JPG


何種類かが混ざっていると思いますが、一番数が多いのは、ヒイラギのようです。

すごい数だなあ。 まさに「ひしめき合っている」という状況でした。


ヒイラギ
Leiognathus nuchalis
魚類 スズキ目 ヒイラギ科
2007/8/16
三浦半島・逗子(小坪)
ツブ根 水深15m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/02/01(金) 23:00:34|
  2. ●逗子
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

mak

Author:mak
写真、ダイビングそして読書を楽しむ、ごく普通のサラリーマンです。
詳しくは作者紹介をご覧ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

あわせて読みたい