真壁海中写真館

Underwater Photography

2007年 「マイ・ベストショット」


2007年も、あっという間に年末になってしまいました。

いつも年末に、その年に撮影した写真を振り返っています。
思い出深い写真がたくさんあるのですが、今年も「マイ・ベストショット」1枚を選んで、掲載します。

2007年のマイ・ベストショットは、この写真です。

1月に伊豆大島で撮影した、アカホシカクレエビです。
1レ★アカホシカクレエビ11_r1.jpg


満開に咲いたヤギのポリプに、透明なエビがちょこんと乗って・・・どちらも良く見かける生物なのですが、このように絵になるシチュエーションには初めて、出会えました。

海の中は、青だけでなく、さまざまな色彩にあふれているな~と、感じた1枚です。


アカホシカクレエビ
2007/1/5 伊豆大島


*********************************

今年も『真壁海中写真館』にお付き合いいただき、ありがとうございました。
2007年も無事に、ダイビングを楽しむことが出来ました。

2008年はもっと潜るぞ~!

皆様、良いお歳をお迎えください~!

FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/12/30(日) 14:48:44|
  2. ◆今年を振り返る
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

カエルアマダイ(ジョーフィッシュ)

2007/6/30-7/1の伊豆大島 (39)

前日に続いて、ジョーフィッシュを撮影しに行きました。

抱卵中の個体です。

数少ないシャッターチャンスを逃さないように、カメラを構えて待ちます。

すると・・・今日も顔を出してくれました!
1レ★ジョーフィッシュ53.JPG


よく見ると、口の中の卵に、目があるのがわかります

前日に撮影した時は気が付きませんでした。

成長しているのですね~。



今回のジョーフィッシュ観察はここまで。

楽しませてもらいました。

無事に卵から孵って、秋の浜がジョーフィッシュだらけになって欲しい!


カエルアマダイ
英名:JAWFISH
Stalix histrio
魚類 スズキ目 アゴアマダイ科
2007/7/1
伊豆大島 秋の浜 水深24m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/12/29(土) 17:10:53|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ネジリンボウ

2007/6/30-7/1の伊豆大島 (38)

砂地でネジリンボウを撮影しました。
1レ★ネジリンボウ5c.JPG


砂地の穴に住む、ハゼの仲間です。

これまでも何度か、伊豆大島で見かけていたのですが、穴に潜り込んでしまい、撮影できませんでした。
今回は、そろりそろりと、近づいて、なんとか撮影することが出来ました。

2枚目はアップを。

床屋さんの看板のよう??
2レ★ネジリンボウ5d.JPG




そして、顔だけを黄色く塗っている、個性的な風貌のハゼです。



ネジリンボウ
Stonogobiops xanthorhinica
魚類 スズキ目 ハゼ科
ハゼ亜科 ネジリンボウ属
2007/7/1
伊豆大島 秋の浜 水深32m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/12/28(金) 17:32:13|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イボイソバナガニ

2007/6/30-7/1の伊豆大島 (37)

イボイソバナガニです。
1レ★イボイソバナガニ5a.JPG



宿主のムチカラマツに、ひしっと、つかまっています。
2レ★イボイソバナガニ59.JPG



この種類はムチカラマツから離れて歩き回る姿を、見かけた記憶がありません。
おそらく、宿主になりきってひたすら、しがみついているのでしょうね。

背景を入れて撮ると、こんな感じです。

ぴろ~んと伸びたムチカラマツに、ひしっと。
3レ★イボイソバナガニ51.JPG



本人は見つかっていないつもり??でも、見る人が見れば分かる、イボイソバナガニでした。


イボイソバナガニ
Xenocarcinus tuberculatus
節足動物 カニ類
クモガニ科 イソバナガニ属
2007/7/1
伊豆大島 秋の浜 水深29m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/12/27(木) 22:18:40|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キイボキヌハダウミウシ

2007/6/30-7/1の伊豆大島 (36)

この日2本目のダイビングも、「秋の浜」で潜りました。

ある程度の深さまで、寄り道せずに行きました。

そこで目に付いたのが、キイボキヌハダウミウシです。

伊豆大島ではよく見かける種類です。

アップで撮ることが多いので、今回はワイドで!
1レ★キイボキヌハダウミウシ51.JPG



広い海でも目立つ、派手なウミウシです。


キイボキヌハダウミウシ
Gymnodoris rubropapillosa
軟体動物 裸鰓目
ドーリス亜目 キヌハダウミウシ科
2007/7/1
伊豆大島 秋の浜 水深25m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/12/26(水) 21:30:55|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ナカハラタナバタウオ②

2007/6/30-7/1の伊豆大島 (35)

2日間に渡って観察した、ナカハラタナバタウオのレポートです。

岩の隙間に身を潜めていたのに、何故か?出てきました。
5レ★ナカハラタナバタウオ3h.JPG



急いで、岩場を駆け上がって行きます
6レ★ナカハラタナバタウオ35.JPG



しばらく見ていると、これを何度か、繰り返していました。
7レ★ナカハラタナバタウオ39.JPG


実は、上の岩の隙間には、メスがいました。
婚姻色にめかしこんだこのオスが、メスを誘いに行っていたのです



なるほど、必死に頑張るはずですねえ。
何度も、アタックを繰り返していました。


しつこく撮影する僕をキッと睨んで・・・

『ジャマしないでよ!』
8レ★ナカハラタナバタウオ3j.JPG



・・・イライラしています。



そんな努力を続けた結果・・・・・、


無事に、メスを引き込むことに成功!


そして観察する僕の目の前で、2匹は、体をふるわし始めました!
9レ★ナカハラタナバタウオ3l.JPG

(顔が見えるのがメス、尾ビレはオスです)


奥まった穴だったので、残念ながら卵は確認できませんでしたが、おそらく産卵行動だったと思います。
この後も、間隔をあけて何度か、2匹で体をふるわせていました。




次の日、この穴を覗いてみると・・・

オスの顔だけが、見えました
10レ★ナカハラタナバタウオ41_r1.jpg


産卵後は、一人で子守なのでしょうか??
無事に孵化するまで、頑張って欲しいですね。


今回は思いがけず、貴重なシーンを見ることができました。
じっくり観察すると、新しい発見がありますね。
ラッキーでした。


ナカハラタナバタウオ
Plesiops nakaharae
魚類 スズキ目 タナバタウオ科
2007/6/30,7/1
伊豆大島 秋の浜 水深4m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/12/25(火) 21:07:53|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ナカハラタナバタウオ①

2007/6/30-7/1の伊豆大島 (34)

エクジット間際の浅場にて。

ゴロタの合間に、何かの気配を感じました。
覗いてみると、こちらを睨む、魚の目が光っていました
1レ★ナカハラタナバタウオ12.JPG


「なんだろう」と首を突っ込みましたが、警戒されて、穴の奥に引っ込んでしまいました。



あきらめて離れようと思ったら・・・

穴から出てきました!
2レ★ナカハラタナバタウオ37.JPG



ナカハラタナバタウオです。

体全体は暗い色なのですが、頭部とヒレは、妖しく輝いています
3レ★ナカハラタナバタウオ3f.JPG


頭だけを見ると、観賞魚のような美しさ!?
4レ★ナカハラタナバタウオ3e.JPG



それにしても何故、穴から出てきたのか??


そのワケは・・・その②で紹介します!


ナカハラタナバタウオ
Plesiops nakaharae
魚類 スズキ目 タナバタウオ科
2007/6/30,7/1
伊豆大島 秋の浜 水深4m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/12/24(月) 17:58:04|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ツマグロミノウミウシ

2007/6/30-7/1の伊豆大島 (33)

前日の2本目に続いて、ツマグロミノウミウシを撮影しました。

前日の個体よりも、ミノの赤色が鮮やか!
1レ★ツマグロミノウミウシ41.JPG


ゴージャスなステージ衣装のよう?!
2レ★ツマグロミノウミウシ43.JPG



神様のデザインのセンスに、脱帽です。


ツマグロミノウミウシ
Eubranchus mimeticus
軟体動物 裸鰓目
ミノウミウシ亜目 ヒリミノウミウシ科
2007/7/1
伊豆大島 秋の浜 水深4m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/12/23(日) 19:35:14|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ハナタツ

2007/6/30-7/1の伊豆大島 (32)

伊豆大島では撮影する機会が多いのが、ハナタツです。

アップで撮ることが多いので、今回は背景を入れてみました。

海草に埋もれて、気配を消しています
レ★ハナタツ46.JPG


でも視線は、『見つかっちゃった?!』とでも言っているかのようですね。


ひたすら、自分の存在を悟られまいとする、魚です。


ハナタツ
Hippocampus sindpnis
魚類 トゲウオ目
ヨウジウオ科 タツノオトシゴ亜科
2007/7/1
伊豆大島 秋の浜 水深14m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/12/22(土) 16:47:39|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サキシマミノウミウシ

2007/6/30-7/1の伊豆大島 (31)

サキシマミノウミウシを撮影しました。
1レ★サキシマミノウミウシ41.JPG


暗い色の海草の上にいたので、浮き上がるように、写ってくれました。

ボディーに薄いブルーが入っていて、綺麗な個体です。
2レ★サキシマミノウミウシ42.JPG


3枚目は横からの撮影。

ミノはまんべんなくではなく、間隔を空けて、はえています。
3レ★サキシマミノウミウシ44.JPG



伊豆近辺ではよく見かける種類ですが、写真栄えがするので、撮影の良い練習相手になってくれます。



サキシマミノウミウシ
Flabellina bicolor
軟体動物 裸鰓目
ミノウミウシ亜目 サキシマミノウミウシ科
2007/7/1
伊豆大島 秋の浜 水深14m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/12/19(水) 22:54:02|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

テンロクケボリ

2007/6/30-7/1の伊豆大島 (30)

トゲトサカにめり込むように居る、ウミウサギガイを教えてもらいました。
1レ★ウミウサギガイ科の1種42.JPG


細かい模様が多く入り、トゲトゲに色が付いていないタイプです。
2レ★ウミウサギガイ科の1種43.JPG


前日の3本目に撮影した個体とはまた、違いますね。


足にも模様が入っています。

僕は、熟れたイチゴを連想しました。
3レ★ウミウサギガイ科の1種45.JPG


居たのは比較的小さな、トゲトサカでした。

トゲにさわっても、痛くないのでしょうかね??
4レ★ウミウサギガイ科の1種41.JPG


居る場所や食べているもので、模様が変わるのかもしれませんね。

この仲間は一度、写真を整理してみたいと思っています。


ウミウサギガイ科の1種
Diminovula sp.
軟体動物 巻貝類
ウミウサギガイ科
2007/7/1
伊豆大島 秋の浜 水深11m

FC2 Blog Ranking

****
その後の情報により、この写真の個体は、テンロクケボリのようですので、表題と、以下に種名を訂正します。

テンロクケボリ
Diminovula punctata
軟体動物 巻貝
ウミウサギガイ科

(2008/01/15)

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/12/17(月) 23:03:07|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

イロカエルアンコウ②

2007/6/30-7/1の伊豆大島 (29)

イロカエルアンコウの「おもちゃバージョン」の続きです。

小さい個体ですが、さすがはハンター。

海底に踏ん張って、ひたすら獲物を待っていました。
4レ★イロカエルアンコウ45.JPG


哲学者のような、考え深げな表情です。

この表情で、日がな一日、過ごしているのでしょうね。

・・・と思っていたら、モゾモゾと、動き出しました
5レ★イロカエルアンコウ46.JPG



「どうしたんだろう」と思った次の瞬間・・・




大あくび~~!
6レ★イロカエルアンコウ47.JPG



口が大きい~。


顔つきが全然、変わりますね。

心の準備が出来ていなかったので、びっくりしてしまいました。

なんとか一枚、撮影することが出来ましたが、次の瞬間には・・・


再び、渋い表情に
7レ★イロカエルアンコウ48.JPG



あくびを見たのが夢だったのかのような、一瞬の変わりようです。



本人?も、『何かあった?』とでも言いたげです。
8レ★イロカエルアンコウ49.JPG




カエルアンコウのあくびは、これまで写真を見たことがありましたが、初めて今回、自分で撮影することが出来ました。

貴重な一瞬をとらえることができて、ラッキー!でした。



イロカエルアンコウ
Antennarius pictus
魚類 アンコウ目 カエルアンコウ科
2007/7/1
伊豆大島 秋の浜 水深35m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/12/15(土) 18:02:50|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

イロカエルアンコウ①

2007/6/30-7/1の伊豆大島 (28)

この日最初のダイビングのお目当ては、この被写体でした。

イロカエルアンコウです。

まだ子供の、「おもちゃバージョン!」です。
1レ★イロカエルアンコウ43.JPG



約1ヶ月前にも、撮影した個体です。

アップで撮ると大きさが分かりませんが・・・



小さい!
3レ★イロカエルアンコウ42.JPG



カメラが巨大に、見えるでしょう!?


この小さな体で、1ヶ月前と同じように、砂地にポツンとたたずんでいました。
2レ★イロカエルアンコウ41.JPG



しかしこの後、思わぬ光景が・・・!

その②に続きます!



イロカエルアンコウ
Antennarius pictus
魚類 アンコウ目 カエルアンコウ科
2007/7/1
伊豆大島 秋の浜 水深35m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/12/13(木) 22:17:36|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

アカスジカクレエビ

2007/6/30-7/1の伊豆大島 (27)

月またぎの伊豆大島ダイビングの2日目。

この日も秋の浜で潜ることが出来ました。
まず撮影したのは、アカスジカクレエビです。

前日はポリプが閉じたサンゴにつく個体を撮影しましたが、

今回は満開!
1レ★アカスジカクレエビ42_r1.jpg


真っ白のポリプというのも、雪の結晶みたいで、綺麗ですね。
2レ★アカスジカクレエビ48.JPG


個体数は多いと思われるエビですが、このように絵になる場所にいてくれるので、撮り甲斐があります。


アカスジカクレエビ
Periclimenes psamathe
節足動物 エビ類
テナガエビ科 カクレエビ亜科
2007/7/1
伊豆大島 秋の浜 水深35m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/12/12(水) 22:31:47|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

オトメウミウシ

2007/6/30-7/1の伊豆大島 (26)

オトメウミウシがペアでいるのを教えてもらいました。
1レ★オトメウミウシとサメジマオトメウミウシ32.JPG


顔をあわせて、挨拶でもしているかのようです。

よく見るとすぐ左には、鮮やかなブルーサメジマオトメウミウシのお尻?がのぞいていました。

狭いエリアに集まっていますね。
ひょっとしたら、ここはオトメウミウシの仲間にとっては、良い餌場なのかもしれません。


オトメウミウシ
Dermatobranchus otome
軟体動物 裸鰓目
タテジマウミウシ亜目 タテジマウミウシ科

サメジマオトメウミウシ
Dermatobranchus striatellus
軟体動物 裸鰓目
タテジマウミウシ亜目 タテジマウミウシ科

2007/6/30
伊豆大島 秋の浜 水深4m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/12/10(月) 22:57:42|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ベニカエルアンコウ

2007/6/30-7/1の伊豆大島 (25)

またまた、ベニカエルアンコウを教えてもらいました。

歌舞伎のようなポーズ??
1レ★ベニカエルアンコウb33.JPG



今回の個体も、オーバーハングの、撮り辛い場所にいました。
2レ★ベニカエルアンコウb31.JPG


腰には厳しい、被写体です。

ベニカエルアンコウ
Antennarius nummifer
魚類 アンコウ目 カエルアンコウ科
2007/6/30
伊豆大島 秋の浜 水深8m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/12/09(日) 21:15:32|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ヘビギンポ科の1種(通称:赤ヘビ)

2007/6/30-7/1の伊豆大島 (24)

ガイドさんがヘビギンポがいるのを、教えてくれました。
3レ★赤ヘビ39.JPG


伊豆大島ではよく見かける種類なので、「なんで教えてくれたのだろう??」と不思議に思ったのですが、この個体をよく見てみると、その理由が分かりました。


2枚目の写真をよく見ると、頭がピンクなのが分かりますか??
1レ★赤ヘビ35.JPG


他にも特徴があるようで、普通のヘビギンポとは違うようです。

ダイバーの間では、赤ヘビと呼ばれています。
2レ★赤ヘビ37.JPG


話には聞いていましたが、実物は初めてみました。

種名はまだついていないので、ヘビギンポと違う種類なのかどうか、研究中なのでしょうね。

突然変異なのでしょうかね。それにしても何で頭がピンクなのかしら??

生物の進化って、不思議だなあと、思います。



ヘビギンポ科の1種
Tripterygiidae sp.
魚類 スズキ目 ヘビギンポ科
2007/6/30
伊豆大島 秋の浜 水深4m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/12/08(土) 19:20:37|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ツマニケボリ

2007/6/30-7/1の伊豆大島 (23)

浅場の紅色のサンゴにつくウミウサギガイの仲間を撮影しました。
1レ★ウミウサギガイ科の1種b3.JPG



秋の浜では、ウミウサギガイの仲間を何種類か見かけます。
中でもこの種類が、一番ポピュラーではないかと思います。


2枚目は寄れるところまで寄って。

模様に縁どりがあるのが、わかります。
2レ★ウミウサギガイ科の1種b38.JPG



貝殻との境目が分からないくらい、外套膜が薄いのですね。


自然ののデザインには、いつも感心してしまいます。



ウミウサギガイ科の1種
Diminovula sp.
軟体動物 巻貝類
ウミウサギガイ科
2007/6/30
伊豆大島 秋の浜 水深4m

FC2 Blog Ranking

****
その後の情報により、この写真の個体は、ツマニケボリのようですので、表題と、以下に種名を訂正します。

ツマニケボリ
Primovula beckeri
軟体動物 巻貝類
ウミウサギガイ科

(2008/01/15)

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/12/06(木) 22:46:57|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ベニカエルアンコウ

2007/6/30-7/1の伊豆大島 (22)

壁面にいるベニカエルアンコウを撮影しました。

正面顔は、あどけない!
1レ★ベニカエルアンコウ32.JPG


斜めから撮ると、シリアス!

でも、鼻息フガ~!
2レ★ベニカエルアンコウ34.JPG



ベニカエルアンコウ
Antennarius nummifer
魚類 アンコウ目 カエルアンコウ科
2007/6/30
伊豆大島 秋の浜 水深9m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/12/03(月) 22:53:48|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

オキナワベニハゼ

2007/6/30-7/1の伊豆大島 (21)

浅場の壁面の奥でこちらを覗いている、オキナワベニハゼを教えてもらいました。
1レ★オキナワベニハゼ33.JPG



奥まった場所に居て、警戒心も強いので、時間をかけて慎重に撮影です。

少し手前に出てきてくれたところを狙って、全身をパシリと。
2レ★オキナワベニハゼ31.JPG


この仲間は、秋の浜では定番の被写体です。
かわいらしいので、何度見てもカメラを向けてしまいます。


オキナワベニハゼ
Trimma okinawae
魚類 スズキ目
ハゼ科 ハゼ亜科 ベニハゼ属
2007/6/30
伊豆大島 秋の浜 水深9m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/12/02(日) 19:35:41|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヤマドリ

2007/6/30-7/1の伊豆大島 (20)

海草の茂みに鎮座する、ヤマドリを見つけました。

威風堂々!
1レ★ヤマドリ32.JPG


この種類はもっと小さくて、ぴょこぴょこ動く個体をよく見かけます。
この個体は大きくて、近づいても動じないので、「本当にヤマドリかなあ」と、考えてしまいました。


大きくても、体の紅色は、鮮やかですね。

エラとヒレの模様も、綺麗です。
2レ★ヤマドリ33.JPG



3枚目は、僕の指を入れて、大きさを比べてみました。
3★ヤマドリ34.JPG


遠近の関係で小さく見えますが、写真以上に大きく感じた個体でした。

そしてこれだけ指を近づけても・・・逃げませんでした。


ヤマドリに対する印象が、少し変わりました。


ヤマドリ
Neosynchiropus ijimai
魚類 スズキ目 ネズッポ科
2007/6/30
伊豆大島 秋の浜 水深19m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/12/01(土) 17:28:24|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

mak

Author:mak
写真、ダイビングそして読書を楽しむ、ごく普通のサラリーマンです。
詳しくは作者紹介をご覧ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

あわせて読みたい