真壁海中写真館

Underwater Photography

カエルアマダイ(ジョーフィッシュ)

2007/6/30-7/1の伊豆大島 (19)

この日3本目のお目当ては、抱卵中のジョーフィッシュ(カエルアマダイ)でした。

巣穴をそ~っと覗くと・・・・顔を出していました!
1レ★ジョーフィッシュ31.JPG


2本目のダイビングではすぐに引っ込んでしまったので、驚かせないようにしながら、すばやく撮影です!


でも今回は、しばらく様子を伺っているとすすすっと、首を伸ばしてくれました
2レ★ジョーフィッシュ32.JPG



若くない皆さん(失礼!)は、モグラたたきの動きがゆっくりになったイメージで、見ていただければ良いかと思います。


口に卵をほおばっているので、顔の形が変わっていますね。
3レ★ジョーフィッシュ33.JPG



ジョーさん、2,3粒、こぼれそうですよ~!
4レ★ジョーフィッシュ35.JPG




これまでにも何匹か、こぼしていませんかね・・・。



そんなこんなのやりとりもつかの間


また、すすすっと、穴に引っ込んでしまいました
5レ★ジョーフィッシュ37.JPG



さらに待つことしばし。


卵を置いて、再登場!
6レ★ジョーフィッシュ38.JPG


ひと仕事終えたような、ケロリとした表情ですね~!



いや~、今回のジョーさんは、サービス精神たっぷり。
一部始終を楽しく撮影することが出来ました。
撮りながら、笑ってしまいましたよ・・・。


魚の生態って、面白いですね。
学ばせてもらいました。


カエルアマダイ
英名:JAWFISH
Stalix histrio
魚類 スズキ目 アゴアマダイ科
2007/6/30
伊豆大島 秋の浜 水深24m

FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/11/27(火) 23:25:28|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

アカスジカクレエビ

2007/6/30-7/1の伊豆大島 (18)

ポリプの開いていないサンゴに乗っている、アカスジカクレエビを撮影しました。
1レ★アカスジカクレエビ33.JPG


この種類は本当にスケスケですね~。


なんとか分かるようにと、角度や光の具合を変えて撮ってみましたが・・・見事なスケスケっぷりに、歯が立ちません。
2レ★アカスジカクレエビ34.JPG



最後は体のフレームが分かるように、アップで!
3レ★アカスジカクレエビ35.JPG



この姿で、生き延びてきたのでしょうね。

「人間がこれだけスケスケだったら・・」と、ヘンなことを想像してしまいました。


アカスジカクレエビ
Periclimenes psamathe
節足動物 エビ類
テナガエビ科 カクレエビ亜科
2007/6/30
伊豆大島 秋の浜 水深32m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/11/26(月) 23:19:51|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

セロガタコダマウサギ

2007/6/30-7/1の伊豆大島 (17)

白いウミウサギガイがいるのを教えてもらいました。

突起が長くて、暖かそう??
1レ★ウミウサギガイ科の1種31.JPG



伊豆大島ではウミウサギガイの仲間をよく見かけますが、このタイプは初めて見たと思います。

2枚目はアップで。

どういう状況かよく分からなかったのですが、足を出して、

『よっこらせ!』
2レ★ウミウサギガイ科の1種33.JPG


細い朱色の線と黄色の線が入っていて、上品な感じの種類ですね。


ウミウサギガイの仲間はいろいろいますねえ。奥が深いです。


ウミウサギガイ科の1種
Diminovula sp.
軟体動物 巻貝類
ウミウサギガイ科
2007/6/30
伊豆大島 秋の浜 水深32m

FC2 Blog Ranking

****
この写真の個体について、セロガタコダマウサギであるという、情報をいただきました。
珍しい種類のようです。ラッキー!でした。

表題と、以下に種名を訂正します。

セロガタコダマウサギ
Diminovula culmen
軟体動物 巻貝類
ウミウサギガイ科


(2008/01/14)

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/11/25(日) 17:58:38|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ムチカラマツエビ

2007/6/30-7/1の伊豆大島 (16)

秋の浜では定番の被写体、ムチカラマツエビです。
1レ★ムチカラマツエビ31.JPG


まだ小さな個体でした。
2レ★ムチカラマツエビ35_r1.jpg



姿形の良いエビなので、いつ見てもカメラを向けてしまいます。


ムチカラマツエビ
Pontonides sp.
節足動物 エビ類
テナガエビ科 キサンゴカクレエビ属
2007/6/30
伊豆大島 秋の浜 水深26m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/11/24(土) 20:36:21|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コシオリエビの仲間

2007/6/30-7/1の伊豆大島 (15)

この日の3本目も、秋の浜で潜りました。

深場への移動中に、花瓶のようなカイメンの中に、何かがいるのに気が付きました。
1レ★コシオリエビの仲間36.JPG


コシオリエビの仲間です。

長い手を伸ばし、こちらを見ていました。
2レ★コシオリエビの仲間35.JPG


カイメンに潜んで、外敵から身を守っているのですねえ。

カイメンが付いていたのはこの場所。

おっと、イソカサゴが接近!
3レ★コシオリエビの仲間37.JPG



見つかったら食べられちゃう!?

海の中で生きていくのは、大変です。


コシオリエビ科の1種
Galatheidae sp.
節足動物 異尾類
コシオリエビ科
2007/6/30
伊豆大島 秋の浜 水深20m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/11/23(金) 18:14:53|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ツマグロミノウミウシ

2007/6/30-7/1の伊豆大島 (14)

小さいウミウシを教えてもらいました。

ツマグロミノウミウシです。
1レ★ツマグロミノウミウシ23.JPG


カイメンのヒダに隠れてしまうような、小さな個体でした。


2枚目はヒダから出てきたところをパシリと。

カイメンに穴があいていて、月面のクレーターのよう??
2レ★ツマグロミノウミウシ24.JPG



かわいらしくて、綺麗なウミウシでした。


ツマグロミノウミウシ
Eubranchus mimeticus
軟体動物 裸鰓目
ミノウミウシ亜目
ヒリミノウミウシ科
2007/6/30
伊豆大島 秋の浜 水深4m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/11/21(水) 22:14:58|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クマノミ

2007/6/30-7/1の伊豆大島 (13)

クマノミを撮影しました。

カメラを構える僕を、威嚇してきました。

目も怒っている??
1レ★クマノミ22.JPG



実は抱卵中でした。

1枚目の右下のあたりの窪み(岩面)に、卵が産み付けられていました。


鮮やかなオレンジ色の卵がびっしり。

巻貝も、卵を狙っています!
2レ★クマノミ23.JPG


最後は卵のアップを。

まだ、目は見えませんね。孵化までは時間がありそうです。
3レ★クマノミ25.JPG


親も大変ですね。

無事にハッチアウトして欲しいものです。



クマノミ
Amphiprion clarkii
魚類 スズキ目 スズメダイ科
2007/6/30
伊豆大島 秋の浜 水深12m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/11/20(火) 21:24:45|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ガラスハゼ

2007/6/30-7/1の伊豆大島 (12)

ムチカラマツに付いていた、ガラスハゼを撮影しました。

お決まりですが、青抜きで!
1レ★ガラスハゼ22.JPG


体スケスケ、目がくりんくりんの、お魚です。

光の加減と撮り方で、バックの色合いが変わります。
今回は深度があったので、濃い青に写りました。

よく見かけるのでついつい、撮影がおろそかになってしまいますが、魅力的な被写体です。


ガラスハゼ
Bryaninopus tigris
魚類 スズキ目 ハゼ科
ハゼ亜科 ガラスハゼ属
2007/6/30
伊豆大島 秋の浜 水深23m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/11/19(月) 21:52:39|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フサカサゴ

2007/6/30-7/1の伊豆大島 (11)

砂地にちょこんと、カサゴがいました。

僕の好きなアングルだったので、ワイドで撮影!1レ★フサカサゴ23.JPG


フサカサゴだと思います。

ストロボを当てて撮ると、紅色が鮮やかですね。

1枚目は怒っているように見えますが、ちょっと角度を変えると・・・お澄まし顔!
2レ★フサカサゴ25.JPG



カサゴの仲間は時々、『撮って!』と言わんばかりの場所にいるので、ついつい、カメラを向けてしまいます。



フサカサゴ
Scorpaena onaria
魚類 カサゴ目 フサカサゴ科
2007/6/30
伊豆大島 秋の浜 水深25m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/11/18(日) 15:17:47|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ヨウジウオ

2007/6/30-7/1の伊豆大島 (10)

ヨウジウオがいるのを、教えてもらいました。

この仲間は顔が面白いので、さっそくズームイン!
1レ★ヨウジウオ23.JPG


口の長い種類です。


正面から撮ると、ダチョウのようにも見えます。
2レ★ヨウジウオ27.JPG



居たのはこのような場所。

しっかりと、まわりに擬態していました。
3レ★ヨウジウオ2.JPG



ヨウジウオ
Syngnathus schlegeli
魚類 トゲウオ目
ヨウジウオ科 ヨウジウオ亜科
2007/6/30
伊豆大島 秋の浜 水深26m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/11/17(土) 16:42:13|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ヨソギ

2007/6/30-7/1の伊豆大島 (9)

斜面の目立つ場所に、1本のトサカが立っていました。

そこに1匹のカワハギの仲間が、寄り添っていました。

ヨソギという種類のようです。
1レ★ヨソギ23.JPG


トサカについた何かを、食べているのか?、口でちょこちょことつっついていました。

綿菓子を食べているみたい??
2レ★ヨソギ21.JPG


ヨソギ
Paramonacanthus japonicus
魚類 フグ目 カワハギ科
2007/6/30
伊豆大島 秋の浜 水深24m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/11/16(金) 20:40:04|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

テンクロスジギンポ

2007/6/30-7/1の伊豆大島 (8)

この日の2本目も、秋の浜で潜りました。

まずは水深10mほどのサンゴに住む、テンクロスジギンポにご挨拶です。

穴からちょっとだけ、顔を覗かせて・・・

ニコニコ顔!
1レ★テンクロスジギンポ23.JPG



心を和ませてくれる、魚です。



テンクロスジギンポ
Plagiotremus tapeinosoma
魚類 スズキ目 イソギンポ科
2007/6/30
伊豆大島 秋の浜 水深10m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/11/14(水) 21:34:18|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ベニカエルアンコウ

2007/6/30-7/1の伊豆大島 (7)

浅場の壁面に居るベニカエルアンコウを教えてもらいました。


オーバーハングの奥のほう、鮮やかなサンゴの森に、まぎれていました。
1レ★ベニカエウアンコウ12.JPG



このアングルだと良く分からないので、2枚目以降は天地逆で。


サンゴの盆栽にそえられた石のようですね??
2レ★ベニカエウアンコウ15.JPG


どこまでがカエルアンコウの体で、どこからがカイメンか、よく分かりません。
3レ★ベニカエウアンコウ14.JPG


上手く擬態しています。


でも、目だけはキラリと光っています。
4レ★ベニカエウアンコウ16.JPG



よく撮影しますが、なかなか自分では見つけられない種類です。




ベニカエルアンコウ
Antennarius nummifer
魚類 アンコウ目 カエルアンコウ科
2007/6/30
伊豆大島 秋の浜 水深3m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/11/13(火) 22:02:00|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハナタツ

2007/6/30-7/1の伊豆大島 (6)


浅場でハナタツを教えてもらいました。

伊豆大島・秋の浜では定番の被写体です。

うつむき加減なのも、おなじみの光景?!
2レ★ハナタツ12.JPG


シャイなので、カメラを向けながら「こっち向いてよ」と、つぶやいてしまいます。

この個体は、目だけで応えてくれました
1レ★ハナタツ11.JPG


ハナタツ
Hippocampus sindpnis
魚類 トゲウオ目
ヨウジウオ科 タツノオトシゴ亜科
2007/6/30
伊豆大島 秋の浜 水深5m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/11/12(月) 21:38:27|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

カワハギ

2007/6/30-7/1の伊豆大島 (5)

海草に寄り添っている、カワハギの子供を見つけました。

『僕は海草だよ~』と、気配を消して、海草になりきっていました。
1レ★カワハギ15.JPG


色も、海草に真似て緑に変身!
2レ★カワハギ14.JPG


大きくなると、1匹で砂地でぶらぶらしている姿を見かけますが、この大きさだとまだ、隠れ家が必要なのですね。
3レ★カワハギ13.JPG



頼りなさそうな、カワハギの子供でした。


カワハギ
Stephanolepis cirrhifer
魚類 フグ目 カワハギ科
2007/6/30
伊豆大島 秋の浜 水深6m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/11/11(日) 16:57:23|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ミノカサゴ

2007/6/30-7/1の伊豆大島 (4)

砂地でミノカサゴを見かけました。

普段は見かけても通り過ぎてしまう種類なのですが、良い場所に居てくれたので、カメラを向けてみました。

砂地バックでワイドに!
1レ★ミノカサゴ17.JPG


しっかりカメラ目線です。



なぜか、カメラを向ける僕に近づいてきました。


突進!
2レ★ミノカサゴ19.JPG



あまりに近づいてくるので、フレームに納まりきりません
3レ★ミノカサゴ1a.JPG



「よけながらカメラを向ける」という、珍しい状況になりました。




最後は正面顔を。
4レ★ミノカサゴ1b.JPG



愛嬌のある、ミノカサゴでした。


ミノカサゴ
Pterois lunulata
魚類 カサゴ目 フサカサゴ科
2007/6/30
伊豆大島 秋の浜 水深18m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/11/10(土) 17:42:26|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

セミホウボウ

2007/6/30-7/1の伊豆大島 (3)

秋の浜の砂地は、生物の密度が濃いと思います。

これまた、砂地ならではの魚を見かけました。

セミホウボウです。

普段はヒレを折りたたんでいますが、僕が近づくと・・・・


全開!
1レ★セミホウボウ15.JPG


まさに「背美」ホウボウです。
模様が妖しげです。

急にこの姿に変身されたら、捕食者もびっくりしてしまうでしょうね。

「よくもここまで進化したなあ」と、感心してしまいます。


セミホウボウ
Dactyloptena orientalis
魚類 カサゴ目 セミホウボウ科
2007/6/30
伊豆大島 秋の浜 水深15m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/11/08(木) 22:08:25|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コウベダルマガレイ

2007/6/30-7/1の伊豆大島 (2)

秋の浜の砂地では、カレイ・ヒラメの姿を良く見かけます。
ちょっと見ただけでは同じ種類のように見えますが、よく見ると、いくつかの種類がいるのが分かります。

今回はその中の一種、コウベダルマガレイです。

くしのような縁側で、ふわりと着底していました。
1レ★コウベダルマガレイ13.JPG


砂地に擬態していて、分かりづらいですね。


この仲間は顔が面白いので、2枚目はアップで狙ってみました。

口が曲がってる~~。
2レ★コウベダルマガレイ12.JPG



宇宙人のような印象の、ヘンテコ顔の魚です。



コウベダルマガレイ
Crossorhombus kobensis
魚類 カレイ目
ダルマガレイ科
2007/6/30
伊豆大島 秋の浜 水深16m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/11/06(火) 22:21:06|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

マダコ

2007/6/30-7/1の伊豆大島 (1)

6/30の伊豆大島ダイビング。

1本目は秋の浜の砂地に行くことにしました。

エントリー後、ほどなくして、マダコの仲間を教えてもらいました。

砂地にめり込んでいる貝殻に、身を潜めていました。

どこまでが体なんだろう??
1レ★マダコの仲間14.JPG


見事に身を隠していますね。
タコの体は変幻自在です。

よく分からないので、目をクローズアップで撮ってみました。


タコに水中で出会うと、知性を感じてしまいます。



マダコ?
Octopus vulgaris
軟体動物 タコ類
マダコ科
2007/6/30
伊豆大島 秋の浜 水深16m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/11/05(月) 22:29:16|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハナオコゼ

2007/6/8-6/9の伊豆大島 (52)

この日、「流れ藻にハナオコゼがいる」という情報がありました。

ハナオコゼはカエルアンコウの仲間です。

他のカエルアンコウは、海底の岩陰などに潜んでいるのですが、このハナオコゼは、海面を漂う藻に住んでいます。
流れ藻には小魚が身を寄せにくるので、それを狙っているのですね。
これまで実物を見たことが無かったので、「会いたいなあ」と思っていた魚です。

ということで、潜んでいると聞いていた流れ藻を、捜索しに行きました。

しかし、藻にカモフラージュしているので、なかなか見つかりません。

ようやく、藻の間に光る目を発見!
1レ★ハナオコゼ63.JPG

いるのは間違いないようです。

しかし、なかなか全身を目にすることができません。

あせって藻を掻き分けると・・・

あっ、泳いでる!
2レ★ハナオコゼ54.JPG


こうなると、こちらも意地になって撮影してしまいます。

なにせ水深0mなので、なかなか自分の体を固定できません。


でもあせりは禁物。
そ~っと、藻を押し寄せて・・・

ようやく、全身を捉えることが出来ました!
3レ★ハナオコゼ61.JPG



木の葉のような、姿をしています。

形や前脚?は、カエルアンコウの特徴が見られますが、体の表面は、他の種類に比べて、つるつるしています。


最後は正面顔を!
4レ★ハナオコゼ66.JPG


この表情で、近づく小魚を待っているのですね。

藻に見事に擬態しているので、小魚たちも気づかずに寄ってしまいそうです。


大海を漂う藻に潜むハンター・・・・出会えてラッキーでした!


ハナオコゼ
Histrio histrio
魚類 アンコウ目
カエルアンコウ科
2007/6/9
伊豆大島 秋の浜 水深0m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/11/02(金) 21:02:34|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

mak

Author:mak
写真、ダイビングそして読書を楽しむ、ごく普通のサラリーマンです。
詳しくは作者紹介をご覧ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

あわせて読みたい