真壁海中写真館

Underwater Photography

クチナシツノザヤウミウシ①

2007/6/8-6/9の伊豆大島 (13)

かねてより見たいと思っていたウミウシに、出会うことが出来ました。

クチナシツノザヤウミウシです。
1レ★クチナシツノザヤウミウシ22.JPG


まさに、「海牛」という風貌ですね~!

”ピカチュウ”こと、ウデフリツノザヤウミウシに近い種類です。

この仲間は、面白い形をしていますねえ。
2レ★クチナシツノザヤウミウシ28.JPG



横からのうねりに、揺ら~~りと。
3レ★クチナシツノザヤウミウシ27.JPG


うねりが止まれば、キリリと!
4レ★クチナシツノザヤウミウシ21.JPG


今回は、事前に目撃情報が無かったようなので、出会えたのはラッキーでした。

魅力的な被写体だったので、夢中で撮影してしまいました。

その②に続きます!


クチナシツノザヤウミウシ
Thecacera sp.
軟体動物 裸鰓目 ドーリス亜目
フジタウミウシ科 フジタウミウシ亜科
2007/6/8
伊豆大島 秋の浜 水深26m

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/08/30(木) 22:47:05|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スミゾメミノウミウシ

2007/6/8-6/9の伊豆大島 (12)

見通しの良い壁面のサンゴにスミゾメミノウミウシがいるのを教えてもらいました。

せっかくなので、青抜きで!
1レ★スミゾメミノウミウシ25.JPG



2枚目はアップで。

黒ベースで、ミノの先端だけが白くなっています。

不思議な存在感の、ウミウシです。
僕はブラシを連想してしまいます。
2レ★スミゾメミノウミウシ27.JPG


伊豆近辺では見かける種類なので、何度も紹介していると思いましたが、blog版では初めての紹介です。

最後はふたたび、青抜きで。

こういう場所がよく似合う、ウミウシです。
3レ★スミゾメミノウミウシ21.JPG

スミゾメミノウミウシ
Protaeolidiella atra
軟体動物 裸鰓目
ミノウミウシ亜目 オオミノウミウシ科
2007/6/8
伊豆大島 秋の浜 水深26m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/08/28(火) 19:07:51|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

アカホシカクレエビ

2007/6/8-6/9の伊豆大島 (11)

シマキッカイソギンチャクに住む、アカホシカクレエビを見に行きました。
2レ★アカホシカクレエビ22.JPG

イソギンチャクも先端だけが紫色で、妖しい感じですね。


そして、1枚目の写真でもお分かりかもしれませんが、エビの頭の部分だけが白くなっています。
1レ★アカホシカクレエビ26.JPG


これはです。

この仲間はまず、頭に卵を抱えるようです。
この後、お腹のほうに移動していくので、頭部に抱えている卵は、次卵と呼ぶそうです。


3枚目はその、頭のアップを。

頭の内側に、卵の粒粒があるのが分かりますでしょうか?
3レ★アカホシカクレエビ28.JPG


4枚目はさらにアップを。

卵がぎっしり!

そして、目の間から透明な触角が突出しています。
リーゼントのよう?!
4レ★アカホシカクレエビ2b.JPG


この種類は、様々な海でよく見かける、いわゆる普通種です。
しかし、頭→腹の順で卵が移動していくというのは、今回初めて知りました。
そして透明なリーゼントも、今回が初めての撮影です。

身近と思っていた生物でも、まだまだ知らないことがたくさんあります。
また1つ、学びました。


アカホシカクレエビ
Periclimenes sp.
節足動物 エビ類
テナガエビ科 ホンカクレエビ属
2007/6/8
伊豆大島 秋の浜 水深26m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/08/26(日) 18:14:31|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

ムラサキウミコチョウ

2007/6/8-6/9の伊豆大島 (10)

小さなウミウシを教えてもらいました。

ムラサキウミコチョウです。
1レ★ムラサキウミコチョウ21.JPG


満開のハコベのような、ニホンアワサンゴの近くにいました。

せっかくなので、まずはニホンアワサンゴと一緒に撮影です。
2レ★ムラサキウミコチョウ22.JPG


3枚目からはアップで。

この紫色は、上品ですね~!
3レ★ムラサキウミコチョウ24.JPG


そして黄色い鰓は、王冠のよう!
4レ★ムラサキウミコチョウ27.JPG


上品でかわいらしい、王女のような、ウミウシです。
5レ★ムラサキウミコチョウ2a.JPG

ムラサキウミコチョウ
Sagaminopteron ornatum
軟体動物 頭楯目 ウミコチョウ科

ニホンアワサンゴ
Alveopora japonica
刺胞動物 花虫綱
ハマサンゴ科

2007/6/8
伊豆大島 秋の浜 水深30m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/08/25(土) 18:52:24|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コウイカの仲間

2007/6/8-6/9の伊豆大島 (9)

砂地にふわりと浮かぶ、コウイカを見つけました。

体色を黒にしていました。
が目立ちます。
1レ★コウイカの仲間2c.JPG


2枚目は、横に回りこんで。

「へ」の字~!
2レ★コウイカの仲間2d.JPG


3枚目はアップで。

目元が光って、お化粧をしているみたいです。
足にも模様が入って、綺麗だなあ。
3レ★コウイカの仲間2a.JPG


あまりに近づき過ぎたので、足を上げて威嚇されました
4レ★コウイカの仲間25.JPG


後ろに、もう1個体が写っています。

ペアでデート中でした。 お邪魔だったようです。


でも目は・・・・、眠そうです
5レ★コウイカの仲間2b.JPG


コウイカ科の1種
軟体動物 イカ類
コウイカ目 コウイカ科
2007/6/8
伊豆大島 秋の浜 水深18m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/08/22(水) 21:53:35|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コマチコシオリエビ

2007/6/8-6/9の伊豆大島 (8)

エントリーしてすぐの浅場にて、白っぽいウミシダの中に潜む、コマチコシオリエビを教えてもらいました。

撮りやすい場所にいてくれたので、背景を青抜きでパシリと。
1レ★コマチコシオリエビ25.JPG


伊豆大島ではこれまでにも何度か、見ている種類です。
でもウミシダの茂みに隠れて、これまで写真が撮れませんでした。
Blog版では初めて紹介する貝殻をかぶらないヤドカリの仲間です。


長い腕を振りかざして、僕を威嚇してきます。

『やあ~~!!』
2レ★コマチコシオリエビ24.JPG


角度によっては、ラッパーみたい??
3レ★コマチコシオリエビ22.JPG


厚みの無い、体をしています。

真横から撮ると、刃物ようなシャープさ!
4レ★コマチコシオリエビ21.JPG



今回はじっくりと、撮影出来ました。


コマチコシオリエビ
Allogalathea elegans
節足動物 異尾類
コシオリエビ科 コマチコシオリエビ属
2007/6/8
伊豆大島 秋の浜 水深10m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/08/19(日) 18:35:49|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ツマニケボリ

2007/6/8-6/9の伊豆大島 (7)

伊豆大島「秋の浜」でのこの日2本目のダイビング。

エントリーしてすぐに、トサカにつくウミウサギガイの仲間を教えてもらいました。
1レ★ツマニケボリ24.JPG

この仲間はバリエーションがあるので種名がよく分からないのですが、ツマニケボリではないかと思います。

斑点にふちどりがありますね。オシャレです。
2レ★ツマニケボリ25.JPG


このトサカには2個体、いました。
ペアなのか、兄弟なのか??
3レ★ツマニケボリ21.JPG


どうして、こういう模様をしているのでしょうかねえ?
擬態というにはあまり、トサカに似ていないし・・・、不思議です。
4レ★ツマニケボリ23.JPG

ツマニケボリ
Primovula beckeri
軟体動物 巻貝類
ウミウサギガイ科
2007/6/8
伊豆大島 秋の浜 水深9m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/08/18(土) 16:16:30|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ウスイロウミウシ

2007/6/8-6/9の伊豆大島 (6)

ウスイロウミウシがいるのをを教えてもらいました。

それほど珍しい種類ではないと思いますが、Blog版では初めての写真掲載です。
1レ★ウスイロウミウシ18_r1.jpg


なんだか子供のお絵かきのような、シンプルで印象的なデザインです。
2レ★ウスイロウミウシ1d_r1.jpg


小さくてかわいらしい、ウミウシです。

ウスイロウミウシ
Hypselodoris placida
軟体動物 裸鰓目
ドーリス亜目 イロウミウシ科
2007/6/8
伊豆大島 秋の浜 水深5m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/08/17(金) 20:34:10|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

ベニカエルアンコウ

2007/6/8-6/9の伊豆大島 (5)

浅場の壁面の窪みにいる、ベニカエルアンコウがいるのを教えてもらいました。

ストロボが光らない僕は、どのように撮ろうかとあれこれ思案・・・。

ターゲットライトを当てて、こんな風に撮ってみました。

お化け屋敷みたいでしょう??
レ★ベニカエルアンコウ15_r1.jpg


ベニカエルアンコウ
Antennarius nummifer
魚類 アンコウ目 カエルアンコウ科
2007/6/8
伊豆大島 秋の浜 水深5m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/08/15(水) 15:33:57|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミツイラメリウミウシ

2007/6/8-6/9の伊豆大島 (4)

ミツイラメリウミウシがいるのを、教えてもらいました。

小さい体を、岩の間に潜りこませていました。
ストロボが使えない僕としては、困った状態・・。

設定をあれこれと変えて、なんとか姿が確認できる1枚を撮影。
レ★ミツイラメリウミウシ17.JPG

細かい白い点が、たくさんあるのですね。

そして縁どりの赤いラインが、2本あることも分かりました。

作りが細やかな、ウミウシです。

ミツイラメリウミウシ
Diaphorodoris mitsui
軟体動物 裸鰓目
ドーリス亜目 ラメリウミウシ科
2007/6/8
伊豆大島 秋の浜 水深11m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/08/14(火) 16:47:27|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コケギンポの仲間

2007/6/8-6/9の伊豆大島 (3)

外付けストロボが光らなかった、この日1本目のダイビング。

光の弱い深場ではやはり、お見せできる写真が撮れませんでした。

浅場に戻ってきて、自然光のみでの撮影に挑戦!です。

コケギンポの仲間です。
1レ★コケギンポの仲間18.JPG


自然光のみでの撮影なので、青かぶりになってしまいますね。

光を当てて撮るとまた、違った雰囲気なのですが、水中での見た目は、こちらの方が近いかもしれません。
2レ★コケギンポの仲間1f.JPG


首を長~くして??、獲物を探していました。
3レ★コケギンポの仲間15.JPG

この角度だと、目がウルウルしているように見えますね。


・・・と思ったら、『そんなことないよ!』と睨まれました。
4レ★コケギンポの仲間16.JPG



コケギンポ科の1種
Chaenopsidae sp.
魚類 スズキ目
コケギンポ科
2007/6/8
伊豆大島 秋の浜 水深12m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/08/13(月) 17:08:08|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

クダゴンベ

2007/6/8-6/9の伊豆大島 (2)

6月の伊豆大島での1本目のダイビング。

前回の八丈島で外部ストロボが光らないことがあったので、今回の伊豆大島でもエントリー直後に、ストロボの発光テストをしました。

ストロボを設定して、カメラのシャッターを切ると・・・・ストロボが光りません
陸上では光っていたのに・・・。

何度やっても、点くことはなく・・・・このダイビングではストロボ無しでの撮影となってしまいました。


そんな中、このダイビングでのお目当ての被写体、クダゴンベに対面。

良い場所にいてくれたので、バシっと撮りたかったのですが・・・残念。

あれやこれやと苦心して、姿が確認できる写真を、なんとか撮影しました。
1レ★クダゴンベ14.JPG


ストロボのターゲットライトを当てての撮影です。
これはこれで、面白い写真ということで・・。


隠れているような、面白い表情をしていました。
2レ★クダゴンベ17.JPG


この被写体は、また撮りに行きます!


クダゴンベ
Oxycirrhites typus
魚類 スズキ目 ゴンベ科
2007/6/8
伊豆大島 秋の浜 水深35m

FC2 Blog Ranking
  1. 2007/08/12(日) 08:29:59|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イサキ

2007/6/8-6/9の伊豆大島 (1)

6/8-6/9の1泊2日で、伊豆大島に行ってきました。

海は問題無し!ということで、秋の浜でのダイビングとなりました。


浅場の水温は18度といったところ。
透明度はイマイチで、ちょっと注意が必要でした。

そんな水中で出迎えてくれたのが、イサキの群れでした。

太陽光を取り込んで、群れの様子をワイドでパシリと。
レ★イサキ12.JPG

フィッシュアイレンズをつけて撮ったので魚影の濃さが分かりづらいかもしれませんが、小型の「ウリ坊」たちがぎっしりと、群れていました。

光も射し込んでいて、海草も元気!

透明度が良けれれば、気持ちの良いショットになるところですが、これはこれで、”生命感あふれる写真”ということで。


イサキ
Parapristipoma trilineatum
魚類 スズキ目 イサキ科
2007/6/8
伊豆大島 秋の浜 水深20m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/08/08(水) 22:47:09|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

シンデレラウミウシ

2007年GWの八丈島 (54)

長期間に渡り連載してきた2007年GWの八丈島ダイビングも、終わりが近づいてきました

最後に紹介する写真は、シンデレラウミウシです。

薄い紫色が綺麗!
レ★シンデレラウミウシ93.JPG

この種類は、国内では初めての撮影かもしれません。

黄色い鰓も、絵に描いた炎のようで、印象的です。




ということで、楽しかった八丈島ダイビングもこれで終了!
シンデレラも見たし、もう陸上に戻らなきゃ!


シンデレラウミウシ
Hypselodoris apolegma
軟体動物 裸鰓目
ドーリス亜目 イロウミウシ科
2007/5/1
八丈島 底土 水深9m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/08/06(月) 21:31:52|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ホシダカラガイ

2007年GWの八丈島 (53)

底土三叉アーチの中で、タカラガイがいるのを教えてもらいました。

せっかくなので、アーチを背景に入れて、ワイドに撮影してみました。
1レ★ホシダカラガイ94.JPG


先にアーチのみの写真を紹介しましたが、こうやって近くにアクセントを置いて地形を撮るのも、面白いですね。

2枚目は光を多く、取り込んで撮ってみました。
2レ★ホシダカラガイ96.JPG


3枚目はダイバーにも入ってもらって!
3レ★ホシダカラガイ97.JPG


ダイバーを入れると、このアーチの大きさがイメージしやすいですね。
広くてダイナミックな、自然の建造物です。


そしてこのタカラガイも大きかった!
ホシダカラガイという種類だと思います。
4レ★ホシダカラガイ98.JPG


外套膜が出ていなかったので、貝殻だけかと思ったのですが、しっかりと生きていました
手で持ち上げてみまると、重量感がありましたよ。

存在感のある、タカラガイでした。


ホシダカラガイ
Cypraea tigris
軟体動物 巻貝類 タカラガイ科
2007/5/1
八丈島 底土 水深10m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/08/05(日) 16:52:59|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

シロタエイロウミウシ

2007年GWの八丈島 (52)

シロタエイロウミウシを見つけました。

半透明の白で、雪見大福のような印象のウミウシです。
1レ★シロタエイロウミウシ94.JPG


上品な雰囲気です。

でも上から見ると・・・、人の顔のようにも見えませんか?!
2レ★シロタエイロウミウシ92.JPG


シロタエイロウミウシ
軟体動物 裸鰓目
ドーリス亜目 イロウミウシ科
2007/5/1
八丈島 底土 水深9m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/08/02(木) 22:37:50|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サラサゴンベ

2007年GWの八丈島 (51)

岩場にちょこんと腰掛けている、サラサゴンベを見かけました。

が散りばめられた岩場に、サラサゴンベのが映えて、なかなか面白い構図でした。
レ★サラサゴンベ91.JPG

ゴンベの仲間は何か言いたげな表情をしていて、愛嬌があります。

こうやって良い場所でポーズをとっていると、ついつい、カメラを向けてしまいます。


サラサゴンベ
Cirrhitichthys falco
魚類 スズキ目 ゴンベ科
2007/5/1
八丈島 底土 水深6m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/08/01(水) 22:14:02|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

mak

Author:mak
写真、ダイビングそして読書を楽しむ、ごく普通のサラリーマンです。
詳しくは作者紹介をご覧ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

あわせて読みたい