真壁海中写真館

Underwater Photography

キビレマツカサ②

2007年GWの八丈島 (33)

深場に集う、キビレマツカサ
この場所に定住しているようで、群れをじっくりと撮影!です。
3レ★キビレマツカサ7b.JPG

まとまりがあるなあ~。
4レ★キビレマツカサ78.JPG

・・・でも、近づいていくと、

あたふたアタフタ!
5レ★キビレマツカサ7a.JPG


なぜかこっちに、注目~!
6レ★キビレマツカサ79.JPG


目が大きくて、かわいい!

距離をおくとまた、整然とした群れに戻りました。

・・・と思ったら、

目立ちたがり屋が!
7レ★キビレマツカサ7e.JPG


群れでも綺麗で魅力的な、キビレマツカサでした。

キビレマツカサ
Myripristis chryseres
魚類 キンメダイ目
イットウダイ科 アカマツカサ亜科
2007/5/1
八丈島 ナズマド

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/06/28(木) 22:34:23|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

キビレマツカサ①

2007年GWの八丈島 (32)

GWの八丈島ダイビング。
3日目の1本目は、深場にこの魚を撮りに行きました。

キビレマツカサの群れです。

星空に向かって!?
1レ★キビレマツカサ7c.JPG

じょじょに距離を縮めながら、じっくりと撮影させてもらいました。

名前の通り、尾びれが綺麗な魚です。

目が大きい~。
2レ★キビレマツカサ7d.JPG

その②に続きます!

キビレマツカサ
Myripristis chryseres
魚類 キンメダイ目
イットウダイ科 アカマツカサ亜科
2007/5/1
八丈島 ナズマド

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/06/27(水) 21:55:43|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

アナモリチュウコシオリエビ

2007年GWの八丈島 (31)

「ロボコン」こと、アナモリチュウコシオリエビを見せてもらいました。
1レ★アナモリチュウコシオリエビ63.JPG

この場所には数個体、いました。

この種類は警戒心が強く、穴から腕だけをだしている姿をよく見かけます。

この時も穴から出てもらおうと、あれこれ試したのですが、

穴から出す→ささっと隠れる

という追いかけっこを繰り返すばかりでした。

しかし、何回かやっているうちに、この場所で動かなくなりました

近づいても動じず・・。

疲れちゃったのかな??
2レ★アナモリチュウコシオリエビ64.JPG


それとも死んだフリをしているのでしょうか??
3レ★アナモリチュウコシオリエビ65.JPG

動きもコミカルな、ロボコンでした。

アナモリチュウコシオリエビ
Munida olivarae
節足動物 異尾類 コシオリエビ科
2007/4/30
八丈島 ナズマド 水深14m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/06/25(月) 22:17:32|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ベンテンコモンエビ

2007年GWの八丈島 (30)

ベンテンコモンエビです。
1レ★ベンテンコモンエビ67.JPG

岩陰にいて、魚をクリーニングするエビです。
近くのサンゴに出向いてもらって、じっくり撮影させてもらいました。

エビらしい?輪郭をした、綺麗なエビです。
2レ★ベンテンコモンエビ6a.JPG


模様にまぎれて、目が分かりづらいのですが、
よ~く見ると・・・、

目の周りが格子模様!
3レ★ベンテンコモンエビ6d.JPG

どんな風に、見えているのでしょうねえ??

そして、エビに共通して言えることかもしれませんが、

正面顔はかわいい!
4レ★ベンテンコモンエビ65.JPG


ガイドさんの手と比べると、大きさはこの通り。
5レ★ベンテンコモンエビ63.JPG

この種類としては、大きい個体だと思います。

ベンテンコモンエビ
Urocaridella sp.
節足動物 エビ類
テナガエビ科 ソリハシコモンエビ属
2007/4/30
八丈島 ナズマド 水深15m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/06/23(土) 16:29:07|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

オオメハゼ

2007年GWの八丈島 (29)

オーバーハングの岩陰で、「オオメハゼがいます」と教えてもらいました。

がしかし、”オオメハゼ”の姿を知らない僕は、どこにいるか、しばらくの間分かりませんでした。

ようやく、岩にぺったんこするハゼを、認識することができました。
1レ★オオメハゼ62.JPG


たしかに、あどけなくて印象的な目をしています。
2レ★オオメハゼ67_r1.jpg


でも名前ほどは大きくはないかも・・・。


さまざまな色にあふれたこの場所に、見事に溶け込んでいました。
3レ★オオメハゼ66_r1.jpg

これなら気づかなくても仕方がないかもしれませんね。
でも次回は、自力で探し出してみたいと思います。

かわいらしいハゼでした。


オオメハゼ
Trimma macrophthalma
魚類 スズキ目
ハゼ科 ハゼ亜科 ベニハゼ属
2007/4/30
八丈島 ナズマド 水深13m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/06/22(金) 22:13:31|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タテジマキンチャクダイ

2007年GWの八丈島 (28)

4/30の3本目のダイビングは、ナズマドの浅場をゆっくりと、まわることになりました。
広場のような場所で、あまり動かず、ゆったりとしたダイビングです。

岩陰でひらひらと動く、この魚を教えてもらいました。

タテジマキンチャクダイの幼魚です。

くるくるくるっっ~と、妖しい模様です。
レ★タテジマキンチャクダイ63.JPG

ちなみに目は向かって右側、上下逆で泳いでいます。
岩陰の暗闇でこんな姿でいると、敵にとっても不気味なのでしょうねえ。

タテジマキンチャクダイ
Pomacanthus imperator
魚類 スズキ目 キンチャクダイ科
2007/4/30
八丈島 ナズマド 水深13m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/06/20(水) 22:53:31|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

テンスモドキ

2007年GWの八丈島 (27)

砂地のすみで、海草の切れ端のように漂う、テンスモドキの幼魚を教えてもらいました。
1レ★テンスモドキ51.JPG

ふらりふらりと漂っていますが、僕が近づくと、じりじりっと逃げます。

ゆっくりと近づいて、横顔をパシリと。

背ビレをぴ~んと、立てています。

でも目は無表情??
2レ★テンスモドキ54.JPG

近似種の幼魚に比べると大きいように思えましたが、大島でこの種類の幼魚としては、小さい個体だったようです。


テンスモドキ
Novaculop wodi
魚類 スズキ目
ベラ科 モチノウオ亜科
2007/4/30
八丈島 八重根 水深13m

FC2 Blog Ranking

  1. 2007/06/18(月) 22:36:12|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

"オランウータンクラブ"

2007年GWの八丈島 (26)

オランウータンクラブです。
八重根にも、いるのですねえ。
2レ★オランウータンクラブ5c.JPG

この個体はあまりたくさんの海草はつけておらず、フサフサしてませんでした。

不思議に光る目を持つ、カニです。
1レ★オランウータンクラブ5e.JPG


後ろから光を当てると・・、本体部分が透けて見えます
3レ★オランウータンクラブ57.JPG

本体は細身なのですねえ。


”オランウータンクラブ”
(クモガニ属の一種)
Oncinopus sp.
節足動物 カニ類
クモガニ科 クモガニ属
2007/4/30
八丈島 八重根 水深13m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/06/16(土) 13:16:54|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

マツカサウオ

2007年GWの八丈島 (25)

この日最初のダイビングから、カメラのストロボが点かず、四苦八苦していましたが、あれこれいじっていたら突如、点くようになりました! 原因が良く分からないので根本解決には至っていないのですが、結果オーライということで・・。

そんな時に教えてもらったのが、この被写体。

マツカサウオです。
1レ★マツカサウオ52.JPG


洞窟の中や岩陰にふわふわしている、黄金の魚です。
僕は小判を連想してしまいます。

まだ大人になりきっていない、若い個体でした。
2レ★マツカサウオ51.JPG

こういう場所にいる魚は、ストロボが無いと撮影できません。

闇に光る、黄金の輝き・・・、幻想的な魅力のある魚です。


マツカサウオ
Monocentris japonica
魚類 キンメダイ目 マツカサウオ科
2007/4/30
八丈島 八重根 水深10m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/06/14(木) 21:02:30|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シズミイソコケギンポ②

2007年GWの八丈島 (24)

八重根でのダイビングでは、シズミイソコケギンポを数個体、見かけました。

その①では子供の個体を紹介しましたが、今回はオトナの個体を!

大人はやはり、目つきがするどい!
1レ★シズミイソコケギンポb52.JPG



この睨みっぷりは、ベテラン大関なみの迫力です。
2レ★シズミイソコケギンポb57.JPG


気に入らないことがあると・・・、

咆えます!
3レ★シズミイソコケギンポb55.JPG


さらには・・・、

食いつきます!!
4レ★シズミイソコケギンポb51.JPG


う~ん、迫力があるなあ。

最後はトサカをおったてて、見事な睨みっぷり!
5レ★シズミイソコケギンポb53.JPG

気合が入りまくりの、シズミイソコケギンポでした。

シズミイソコケギンポ
Neoclimus chihiroe
魚類 スズキ目 ギンポ亜目 コケギンポ科
2007/4/30
八丈島 八重根 水深3m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/06/12(火) 23:05:26|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

シズミイソコケギンポ①

2007年GWの八丈島 (23)

八丈島ではシズミイソコケギンポをよく見かけます。

八重根でも、浅場のサンゴの穴にいる数個体を、撮影しました。
まずは子供の個体から。
1レ★シズミイソコケギンポa57.JPG


頼りない表情です。
2レ★シズミイソコケギンポa56.JPG


獲物がとれないのでしょうか? それとも外敵がたくさんいるのかな?

号泣~!
3レ★シズミイソコケギンポa55.JPG


頑張れ! 
・・・でもやっぱり、頼りないなあ。
4レ★シズミイソコケギンポa52.JPG


シズミイソコケギンポ
Neoclimus chihiroe
魚類 スズキ目 ギンポ亜目 コケギンポ科
2007/4/30
八丈島 八重根 水深3m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/06/10(日) 10:49:30|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

コールマンウミウシとニシキツバメガイ

2007年GWの八丈島 (22)

同じ岩の上に、2種類のウミウシが乗っていました。

コールマンウミウシとニシキツバメガイです。

まずは離れた距離から、お互いを発見!
1レ★コールマンウミウシとニシキツバメガイ51.JPG


なぜか、惹かれるように接近します。

『どうもどうも~!』
2レ★コールマンウミウシとニシキツバメガイ54.JPG


お互い、興味津々です。

・・と思ったのもつかの間で、すぐに分かれてしまいました

3レ★コールマンウミウシとニシキツバメガイ55.JPG

海の中では、様々な出会いと別れがあるようです。


コールマンウミウシ
Chromodoris colemani
軟体動物 裸鰓目
ドーリス亜目 イロウミウシ科

ニシキツバメガイ
Chelidonura hirundinina
軟体動物 頭楯目
キセワタ上科 カノコキセワタ科

2007/4/30
八丈島 八重根 水深10m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/06/05(火) 22:21:11|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シボリイロウミウシ

2007年GWの八丈島 (21)

この日2本目のダイビングは、久しぶりの八重根でした。

陸上でのテストでは大丈夫だったのですが、やっぱりストロボは光らず・・・。

海の中で「??!!」と、悩んでしまいました。

そういう状況だと、浅い水深の八重根のほうが、ありがたく感じました。

そんな中、かわいらしいウミウシを教えてもらいました。

シボリイロウミウシです。

二次鰓をキュっとしまって、警戒のポーズ??
1レ★シボリイロウミウシ54.JPG

海草を食んでいるようで、面白いポーズでした。

似た種類が多いので自信がありませんが、Blogでは初紹介!の種類だと思います。

シボリイロウミウシ
Chromodoris strigata
軟体動物 裸鰓目
ドーリス亜目 イロウミウシ科
2007/4/30
八丈島 八重根 水深10m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/06/04(月) 22:24:48|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ナズマド晴天なり

2007年GWの八丈島 (20)

GWの八丈島ダイビング、初日(4/29)は雲ひとつない晴天で、ガイドさんも「珍しいなあ」と言っていたのですが、2日目も天気に恵まれました。

ナズマドのエントリー場も、この通り。
1レ★ナズマド41.JPG

八丈島の青い海には晴天が似合いますね。
八丈小島にもほとんど、雲がかかっていませんでした。

こういう日は水中にいても気持ちよく感じます。
特に浅場は光が射し込んでいて、ダイバーも空を飛んでいるよう??
2レ★ナズマド晴天41.JPG

大きな岩がごろごろしているのも、ナズマドらしい、活力を感じる風景です。

2007/4/30
八丈島 ナズマド 水深5m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/06/03(日) 17:31:15|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ヘビギンポ

2007年GWの八丈島 (19)

この日1本目のダイビングも浅場に戻り、太陽光が強く射し込んできました。

そんな中、サンゴの中で横たわる、ヘビギンポの幼魚を見つけました。

ふかふかの絨毯の上に寝ているようで、気持ちよさそう~
レ★ヘビギンポ43.JPG


かなり近寄ったのですが、逃げませんでした。
居心地が良いのか、サンゴに頼り切っているのか・・・、無事に育って欲しいものです。

ヘビギンポ
Enneapterygius etheostomus
魚類 スズキ目 ヘビギンポ科
2007/4/30
八丈島 ナズマド 水深5m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/06/02(土) 22:13:39|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

mak

Author:mak
写真、ダイビングそして読書を楽しむ、ごく普通のサラリーマンです。
詳しくは作者紹介をご覧ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

あわせて読みたい