真壁海中写真館

Underwater Photography

コウイカ①

2006/11/11の西伊豆・黄金崎 (3)

サンゴのまわりで被写体を探している時に、何かが浮いている気配に気がづきました。

コウイカです。

口を尖がらせて、怒っていました。
レ★コウイカ11.JPG

たぶん、僕を威嚇していたのだと思います。

アンダー気味の写真ですが、怒っている雰囲気が伝わるかと・・。

コウイカの仲間は、見分けが難しいので、同じ科の違う種類かもしれません。

コウイカ科の1種
軟体動物 イカ類
コウイカ目 コウイカ科
西伊豆・黄金崎ビーチ 水深18m
2006/11/11 


FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/11/29(水) 22:36:22|
  2. ●西伊豆・黄金崎
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ツルガチゴミノウミウシ

2006/11/11の西伊豆・黄金崎 (2)

1本目のダイビングのお目当ての1つが、ウミウシでした。

ということで、砂地に置かれたケーソン(コンクリートブロック)の表面を、皆で探索です。
結局、1本目ではお目当ての種類を見つけることが出来なかったのですが、このかわいらしい種類に出会うことができました。

ツルガチゴミノウミウシです。
1レ★ツルガチゴミノウミウシ12.JPG


オレンジイエローの、小さなペアーでした。
イエローの個体は周りの色に同化していたので、肉眼では気が付きませんでした
ファインダーを覗いて、「2個体いるんだあ」と初めて気が付いたほどの、小さなウミウシです。

毛皮をまとっているようで、優雅な感じ?
2レ★ツルガチゴミノウミウシ15.JPG

色も鮮やか!

ツルガチゴミノウミウシ
Favorinus tsuruganus
軟体動物 裸鰓目
ミノウミウシ亜目 アオミノウミウシ科
西伊豆・黄金崎ビーチ 水深18m
2006/11/11 


FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/11/28(火) 22:17:20|
  2. ●西伊豆・黄金崎
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

オニカサゴ

2006/11/11の西伊豆・黄金崎 (1)

1年ぶりの、黄金崎でのダイビング。
「何がいるかな~」と探していると、この魚が目に入りました。

オニカサゴの幼魚です。

まわりに同化して、じっとたたずんでいました。
1レ★オニカサゴ11.JPG


同じ写真をトリミングしてアップで。
幼魚はかわいいですね。

目がうるうる~!
2レ★オニカサゴ11.JPG

オニカサゴ
Scorpaenopsis cirrhosa
魚類 カサゴ目
フサカサゴ科
西伊豆・黄金崎ビーチ 水深18m
2006/11/11 


FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/11/27(月) 22:36:02|
  2. ●西伊豆・黄金崎
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『海中奇面組』

海中奇面組 海中奇面組
中村 征夫 (2006/10/20)
ベストセラーズ
この商品の詳細を見る


日本の代表的な海中写真家の一人である中村征夫さんが、読売新聞に連載していた海中フォト&エッセーをまとめた本です。
題名の通り、魚をはじめとする海中生物の”顔アップ”を中心とした写真が載せられています。
写真も楽しいですが、豊富な経験に基づき書かれているエッセーがさすが!ですね。

僕のこのブログも、このような形にまとめられたら・・・と思いますが、まだまだ道のりは流そうです。

この本の写真に興味をもたれた方には、『魚の顔図鑑』(デヴィッド・デュビレ著)もオススメです。

FC2 Blog Ranking

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2006/11/26(日) 10:43:58|
  2. ▽海に関連する本
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

<動画>キンチャクガニ

2006/9/22の八丈島 (15)

イソギンチャクをふりフリして敵を威嚇するキンチャクガニ

被写体としても面白いのですが、この仕草は動画でもご紹介しなければ!と思い、狙ってみました。

[<動画> キンチャクガニ 5.2MB 18秒

巨大生物(僕の指・・)の攻撃に対し、パンチを打ちながら華麗なステップ(後ずさり?)で移動します。

う~ん、健気だなあ。

キンチャクガニ
Lybia tessellata
節足動物 カニ類
オウギガニ科 キンチャクガニ属
八丈島 ナズマド 水深11m
2006/9/22 

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/11/21(火) 22:50:53|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

キンチャクガニ

2006/9/22の八丈島 (14)

八丈島の定番の被写体を見せてもらいました。

キンチャクガニです。

やっぱり目つきが悪い!
1レ★キンチャクガニ31.JPG


護身用のイソギンチャクをふりフリ!
2レ★キンチャクガニ34.JPG


ダイバーの間ではよく、チアリーダーという愛称で呼ばれますが、本人はおそらく、

ボクサーのつもりではないかと、思います。
3レ★キンチャクガニ35.JPG

キンチャクガニ
Lybia tessellata
節足動物 カニ類
オウギガニ科 キンチャクガニ属
八丈島 ナズマド 水深11m
2006/9/22 

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/11/20(月) 21:38:09|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

ムスメウシノシタ

2006/9/22の八丈島 (13)

小さな生物がひらひらと泳いでいるのを教えてもらいました。

岩の上に着地したところを撮影です。
僕の指が巨大に見えるほどの、小さな小さな生物です。
1レ★ムスメウシノシタ31.JPG


寄ってみてみると・・・、

右上に、目が2つあるのがわかりますか?
2レ★ムスメウシノシタ35.JPG


カレイの仲間の幼魚です。
ムスメウシノシタではないか、とのことです。

カレイの仲間の幼魚は、これまでも見たことがありましたが、ここまで小さな個体を見るのは初めてです。
半透明のボディーがとても綺麗!
3レ★ムスメウシノシタ32.JPG

こんなに小さくても、成魚と同じような姿をしているのですね~。
なんだか不思議です。

ムスメウシノシタ
Parachirus sp.
魚類 カレイ目
ササウシノシタ科
八丈島 ナズマド 水深11m
2006/9/22 

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/11/19(日) 19:00:00|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:2

イバラカンザシ

2006/9/22の八丈島 (12)

鮮やかなグリーンのサンゴの上に、これまた鮮やかな紫色イバラカンザシが咲いていました。
レ★イバラカンザシ31.JPG

この派手な色合いは、海中ならではですね。

クリスマスツリーのような外見ですが、釣り餌の「ゴカイ」の仲間です。

イバラカンザシ
Spirobranchus giganteus
環形動物 多毛綱
カンザシゴカイ科
八丈島 ナズマド 水深14m
2006/9/22 

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/11/18(土) 15:07:00|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4

イロブダイ

2006/9/22の八丈島 (11)

9月のナズマドでは、物陰でゆらゆらと泳ぐ、この魚をよく見かけました。

イロブダイの幼魚です。
2レ★イロブダイ3.JPG


紅白の模様、そして背ビレが旗のように立ったシルエットが、特徴的です。
幼魚はこのようにかわいらしいのですが、成長すると、まったく違う姿になります。
そういえば、成魚を撮ったことがないなあ・・。

幼魚はこのようなかわいらしい姿で、絶えず動き回っています。
撮影が難しい!
1レ★イロブダイ31.JPG

課題の被写体の1つです。

イロブダイ
Bolibometopon bicolor
魚類 スズキ目
ブダイ科
八丈島 ナズマド 水深13m
2006/9/22 

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/11/17(金) 23:05:36|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アカネコモンウミウシ

2006/9/22の八丈島 (10)

9月の八丈島ダイビングも最終の3本目。
1、2本目がワイルドなダイビングだったこともあり、「近場でじっくりと」ということになりました。

ということで、エントリー早々に遭遇したこのウミウシを、まず撮影です。
アカネコモンウミウシです。
1レ★アカネコモンウミウシ31.JPG


初遭遇!の種類です。
派手なデザインですね~。
2レ★アカネコモンウミウシ32.JPG


良く見ると、背中?がゴツゴツしていますね。
触角がつくしんぼうみたい??
3レ★アカネコモンウミウシ33.JPG

アカネコモンウミウシ
Chromodoris collingwoodi
軟体動物 裸鰓目
ドーリス亜目 イロウミウシ科
八丈島 ナズマド 水深7m
2006/9/22 

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/11/16(木) 22:19:44|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

クロスジアメフラシ

2006/9/22の八丈島 (9)

9月の八丈島、2本目のダイビングも浅場まで戻ってきました。
自由に散策できる時間があったので、生物を探したのですが、特にめぼしい種類は見つけられず。

なので、たくさんいたこの生物を撮影してみました。

クロスジアメフラシです。
1レ★クロスジアメフラシ22.JPG


アメフラシというと、手のひら程度のサイズを連想されるかもしれませんが、この種類は小型です。

地味な外見ですが、良く見てみると細い線がたくさん並んでいます。
青い斑点もいくつか見えます。
2レ★クロスジアメフラシ24.JPG

「小さくても造詣に手を抜いていないなあ」と感心してしまいます。

クロスジアメフラシ
Stylocheilus striatus
軟体動物 アメフラシ目
アメフラシ上科 アメフラシ科
八丈島 ナズマド 水深4m
2006/9/22 


FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/11/15(水) 22:06:37|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クダヤギクモエビ

2006/9/22の八丈島 (8)

クダヤギクモエビを見せてもらいました。

この種類はニクイロクダヤギというサンゴに住んで、見事に擬態しています。
しかしこの時は・・・、

僕の指の上に乗ってきました。
1レ★クダヤギクモエビ25.JPG


黒をバックに撮ると、形がよく分かりますね。腕が長い!

しかし、慣れない場所のせいか、居心地が悪い様子・・・。

おっとっと。
2レ★クダヤギクモエビ23.JPG


サンゴの上に着地です。

火星の風景みたい??
3レ★クダヤギクモエビ21.JPG

片手を挙げて、挨拶してくれました。

クダヤギクモエビ
Uroptychus kudayagi
節足動物 異尾類
ワラエビ科 クモエビ属
八丈島 ナズマド 水深22m
2006/9/22 

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/11/14(火) 21:17:40|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

アカホシカニダマシ

2006/9/22の八丈島 (7)

クマノミの一家が住むイソギンチャクで、この生物を撮影しました。

アカホシカニダマシです。
1レ★アカホシカニダマシ24.JPG

名前の通りカニのように見えて異尾類に分類される生物です。
「貝殻を背負わないヤドカリ」と思っていただければ。

イソギンチャクの絨毯の中で、立派なハサミを振りかざしています。
「イソギンチャクを守る番人」というイメージです。

アカホシカニダマシ
Neopetrolisthes maculatus
節足動物 異尾類
カニダマシ科
アカホシカニダマシ属
八丈島 ナズマド 水深22m
2006/9/22 

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/11/13(月) 21:36:22|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

シンジュアナゴ

2006/9/22の八丈島 (6)

9月の八丈島、2本目のダイビングのお目当ては、この光景でした。
1レ★シンジュアナゴ27.JPG


・・・と言っても、ただの砂地にしか見えないかもしれませんね。
もう少し寄ってみましょう。

砂地からヒモのようなものが、無数に出ているのが分かりますでしょうか?
魚です。

砂地の穴から、ニョロニョロっと、体を出しています。

シンジュアナゴです。
2レ★シンジュアナゴ26.JPG



南の島では、この仲間のチンアナゴが群生している光景を見かけることがあります。
しかし、このシンジュアナゴは八丈島近辺と台湾近辺にしか生息していない、珍しい種類だそうです。

別の言い方をすれば、絶滅危惧種ですね。
3レ★シンジュアナゴ2e.JPG


このエリアには、広い範囲にわたって、たくさんのシンジュアナゴがいました。
これだけの数がいる光景は、チンアナゴについても見たことはありません

穴から出ている長さは、40cmくらいでしょうか。
水中の浮遊物を捕食しようと、細長い体を器用に伸ばしていました。
4レ★シンジュアナゴ2g.JPG


警戒心の強い魚で、ある距離以上に近づくと、次々と穴に隠れてしまいます。
なのでズームを使っての撮影です。
細長い体の側面に、名前の由来となった白い斑点が電飾のように並んでいます
5レ★シンジュアナゴ2k.JPG

幻想的な光景だったので、時間を忘れ、夢中に撮影してしまいました。

シンジュアナゴ
Gorgasia japonica
魚類 ウナギ目
アナゴ科 チンアナゴ亜科
八丈島 ナズマド 水深27m
2006/9/22 

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/11/12(日) 12:00:26|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

西伊豆・黄金崎で潜ってきました

今日(11/11土)は、西伊豆・黄金崎で潜ってきました
久しぶりの伊豆・日帰りダイビングでした。

「寒くなってきたし、3連休直後の週だから、海も道路も空いているだろう」と期待して行ったのですが・・・・、朝から雷・大雨だったこともあり、海も道路も期待以上にガラガラでした。

そして海の中は、いたって穏やか!
じっくりと潜って、撮影することが出来ました。

写真はいつもの通り、マイペースで掲載していきます!

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/11/11(土) 23:29:17|
  2. ●西伊豆・黄金崎
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

モンハナシャコ

2006/9/22の八丈島 (6)

砂地の穴に潜む、モンハナシャコを教えてもらいました。

鮮やかな色です
1レ★モンハナシャコ22.JPG


海には様々な生物がいますが、なかでもモンハナシャコは、地球外生物っぽさではトップクラス?!と思っています。
2レ★モンハナシャコ23.JPG

モンハナシャコ
Odontodactylus scyllarus
節足動物 異尾類
ハナシャコ科 ハナシャコ属
八丈島 ナズマド 水深15m
2006/9/22 

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/11/10(金) 22:32:46|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

サンゴ

2006/9/22の八丈島 (5)

9月の八丈島、2本目のダイビングです。

写真栄えのする場所で、サンゴを見つけました。
バックのブルーも良い感じだったので、アップで狙ってみました。

お花畑!
レ★サンゴ21.JPG

サンゴの仲間
八丈島 ナズマド 水深15m
2006/9/22 


FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/11/09(木) 23:23:14|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ユウゼン

2006/9/22の八丈島 (4)

1本目のダイビングも、エントリー/エクジット場所まで戻ってきました。
ここには、雲のようにキビナゴがたくさん、群れていました。

キビナゴだけを撮っても、泡のようにしか見えないので・・・、前景にユウゼン入れて撮影してみました。

夕立にあって慌てているみたい??
レ★ユウゼン13.JPG

ユウゼンはこの海域にしかいない固有種ですが、ナズマドでは浅場から深場まで、まんべんなく見ることが出来ます。

ユウゼン
Chaetodon daedelma
魚類 スズキ目 チョウチョウウオ科

キビナゴ
Spratelloides gracilis
魚類 ニシン目
ニシン科 キビナゴ亜科

八丈島 ナズマド 水深5m
2006/9/22 

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/11/07(火) 22:21:17|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

キリンミノカサゴ

2006/9/22の八丈島 (3)

浅場で、キリンミノカサゴを見せてもらいました。

ちょ~チビ助!です。
1レ★キリンミノカサゴ12.JPG


小さくてもヒレは妖艶

目はうるうる~
2レ★キリンミノカサゴ14.JPG

かわいらしい個体でした。

キリンミノカサゴ
Dendrochirus zebra
魚類
カサゴ目 フサカサゴ科
八丈島 ナズマド 水深6m
2006/9/22 

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/11/06(月) 22:33:22|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

<動画>ベラの産卵

2006/9/22の八丈島 (2)

1本目のダイビングも、深場でのエキサイティングなシーンの余韻を残しつつ、浅場に戻ってきました。

潮あたりの良い場所に、小さな魚が集まっていました。
ベラの群れのようです。

群れで集まって、産卵しているようです。

「これは動画のほうが良いな」と思い、デジカメのモードを変え、録画してみました。

ベラが山のような形で表層近くに集まり、3回ほど産卵・放精しているのが分かりますでしょうか??

[<動画> ベラの産卵 5.0MB 18秒]

ベラの種類はコガシラベラとニシキベラのようです。
小さなベラですが、一生懸命生きています。

コガシラベラ
Thalassoma amblycephalum
魚類 スズキ目
ベラ科 カンムリベラ亜科

ニシキベラ
Thalassoma cupido
魚類 スズキ目
ベラ科 カンムリベラ亜科

八丈島 ナズマド
2006/9/22

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/11/05(日) 16:33:12|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハンマーヘッドなどなど(*写真なし)

2006/9/22の八丈島 (1)

1本目のダイビングの前に、僕とガイドさんの間では、こんな会話が交わされました。

ガイド:「何かリクエストありますか?」
真壁: 「ニタリが見たいです! 僕は見たことないのでぜひ!」
ガイド:「分かりました。
真壁: 「ニタリがダメな場合は、ハンマーヘッドでも良いです。
ガイド:「分かりました。では、確率の高い場所に行ってみましょう!」
バディ:「・・・・。」(びっくり)

ニタリもハンマーヘッド(シュモクザメ)も、いつも同じ場所で見られるという魚ではありません。
運が良ければ遭遇できるというタイプです。
なので、このような会話の場合はほぼ、冗談の場合が多いのですが・・・ガイドさんはいたって冷静。
それだけ、ここ数日の八丈島では遭遇率が高いということなのでしょう!

「大物運」の無い僕も、かなり期待してエントリーしました。

****

台風の影響を心配しましたが、エントリー口は特に問題無し。
流れは有りましたが、頑張って泳いで、目的の場所に到着。

ここでしばらく大物待ちです。

大物待ちしながらも、いろいろと気になってしまうのが僕の性分・・。
タタミ2畳はある、巨大なマダラエイを発見! でかい!
写真を撮ろうと近づきましたが・・、逃げられてしまいました。

ふ~残念、と気を抜いていると、背後に気配を感じました
振り返ると・・・・、

ハンマーヘッドだあ!

僕の右後ろから、ぬ~っと近づいて来ました。
振り向いた僕は、ハンマーヘッドと目が合ってしまいましたよ
トンカチの横についた目が、ジロリと僕を睨みます
こんなに近くでの遭遇は、初めてです。

僕のすぐ横を通り抜けて、ガイドとバディの方向へ向かいます!

「ハン@*※ぞ~~!!」

という僕の呼びかけ(悲鳴?)で、2人も振り向き、ハンマーヘッドとご対面!
2人にも睨みを利かせたハンマーヘッドは、一瞬にして青い海へと泳ぎ去って行きました

いや~、びっくりした。

でかかったなあ。
フィンを着けた僕らよりも大きかったから、2.5mはあったと思います。
そして、太い!
横から見た姿が、三角定規のような形をしていました。

久しぶりに、カメラのことも忘れ、興奮してしまいました。

****

そんな余韻の中、まだしばらくその深度にいられる時間があったので、3人でさらに大物を待ちます。

2人はさらに深い場所に移動し、大物を待ちます。
僕はちょっと気になる場所があったので、2人から少し離れ、浅い方向にフラフラと泳いで行きました。

しかしすぐに「※ガ@~」と、僕を呼ぶ?声が・・。
慌てて戻りましたが、戻った頃には2人はこちらに向かって泳ぎはじめていました。

「何かいたのかな」と思いつつ、3人で少し離れた場所に移動し、キビレマツカサの群れを撮影しました。

何枚か撮影しましたが、ストロボの設定を失敗し、上手く撮れず・・・。
残念に思いながら、皆で浅場への移動を開始しました。

すると今度はガイドさんが上を指差します。

イソマグロの群れです。

おお、これもでかい!
丸く太ったマグロが十数匹、編隊を組んで僕らの頭上を通り抜けて行きました。

「ハンマーにイソマグロの群れかあ、すごいなあ。エイもでかかったし、怪獣映画のようだなあ。」

久しぶりの大物ヒットのダイビングをして、夢見心地の状態で浅場に戻ってきました。

****

浅場でも何点か被写体を撮影して(この後紹介!)、エクジットしたわけですが、陸に上がった後に、ガイドさんが一言・・・、

「真壁さん、ニタリ見てないでしょう!?」

ええっ、いたの~!

あああ~、あの呼ばれたのがそうだったのね・・・・。

とても見たかったのに・・・・。
ああ、皆から離れてフラフラするんじゃなかった・・・。

そんなこんなで、嬉しいような、悔しいような・・、複雑な印象のダイビングでした。

****
アカシュモクザメ(ハンマーヘッド)
Sphyma lewini
魚類 メジロザメ目 メジロザメ科

マダラエイ
Taeniura melanospila
魚類 エイ目 アカエイ科

キビレマツカサ
Myripristis chryseres
魚類 キンメダイ目 
イットウダイ科 アカマツカサ亜科

イソマグロ
Gymnosarda unicolor
魚類 スズキ目 サバ科

八丈島 ナズマド
2006/9/22

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/11/04(土) 19:51:26|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

mak

Author:mak
写真、ダイビングそして読書を楽しむ、ごく普通のサラリーマンです。
詳しくは作者紹介をご覧ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

あわせて読みたい