真壁海中写真館

Underwater Photography

カエルウオ

2006/7/7-7/8の伊豆大島 (39)

「秋の浜」にはダイビングのエクジット用に、鉄パイプのハシゴが設置されています。
いつもそのハシゴを使って上がってくるのですが、そのハシゴに、ヘンテコリンな魚がいるのを教えてもらいました。

パイプから顔だけを出して、こちらを窺っています
1レ★カエルウオ61.JPG


カエルウオです。

口が大きい~。
下膨れの、面白い顔です。
2レ★カエルウオ62.JPG


運動不足な大学教授みたいな雰囲気です。

なんて思っていたら、演台?に体を乗り出して、授業を始めました。

『え~、では、授業を始めます』
3レ★カエルウオ38.JPG


『後ろのほう、ちゃんと聞いているか~!』
4レ★カエルウオ39.JPG



・・・なんだか人間臭い、魚です。

『よろしくね!』
5レ★カエルウオ3a.JPG


楽しい気持ちで、7月の伊豆大島、最後のダイビングを終えることが出来ました。

カエルウオ
Istiblennius edentulus
魚類 スズキ目
イソギンポ科
伊豆大島 秋の浜
2006/7/7,8 水深2m

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/10/29(日) 17:02:52|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ヘビギンポ

2006/7/7-7/8の伊豆大島 (38)

7月の伊豆大島最後のダイビングも、浅場に戻ってきました。

「秋の浜」は浅場でもさまざまな生物を撮影できて、”1粒で2度美味しい”ポイントです。
今回は、ヘビギンポを撮影しました。

表情がかわいらしい魚です。
1レ★ヘビギンポの仲間62.JPG


2枚目は全身を。

この仲間は種類が多く、そして季節によって”婚姻色”に変身!するので、見分けがよく分かりません。
なので、種名は自信がありませんが、鮮やかなブルーの斑点と尾のピンクのラインが、チャームポイントの個体でした。
2レ★ヘビギンポの仲間64.JPG


アンダー気味に撮ると、ブルーが際立ちます。

あどけない表情でじっと見つめる、愛想の良い子でした。
3レ★ヘビギンポの仲間67.JPG


4枚目は明るめに撮影。

小さな顔に、さまざまな色が交じり合っています。

綺麗だなあ。
4レ★ヘビギンポの仲間6c.JPG


最後はにらめっこ

この色と表情で、異性を惹き寄せているのでしょうか??
5レ★ヘビギンポの仲間6d.JPG

ギンポの仲間は、面白いなあ。
魅惑的です。

ヘビギンポの仲間?
Tripterygiidae sp.
魚類 スズキ目
ヘビギンポ科
伊豆大島 秋の浜
2006/7/8 水深5m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/10/26(木) 23:08:34|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ニセボロカサゴ

2006/7/7-7/8の伊豆大島 (37)

かねてから「撮りたい!」と思っていた魚に、ようやく出会うことが出来ました。

ニセボロカサゴです。

頭が大きく、顔がひしゃげていています。
ヒレも大きくて、面白い形の魚です。
1レ★ニセボロカサゴ63.JPG


僕は『ルパン三世』の次元大介を連想してしまいます。

ニヒルな感じ??
2レ★ニセボロカサゴ62.JPG


3枚目は逆サイドから。

帽子というより、モヒカン?
体の薄さも分かると思います。
3レ★ニセボロカサゴ66.JPG


ヒレを使って、じりじりと移動します。

お肌、荒れてます?!
4レ★ニセボロカサゴ67.JPG


最後は顔のアップを。

僕があんまりしつこく撮影するので、
号泣・・・・。
5レ★ニセボロカサゴ65.JPG

面白い魚です。堪能しました!

ニセボロカサゴ
Rhinopias xenops
魚類 カサゴ目
フサカサゴ科
伊豆大島 秋の浜
2006/7/8 水深24m


FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/10/25(水) 22:47:44|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

アカスジカクレエビ?

2006/7/7-7/8の伊豆大島 (36)

2本目に紹介したウミカラマツエビと同じ宿主に、別の種類のエビも住んでいました。

分かりますか?

中央やや左に、赤い線が見えると思います。
その近くで光る小さな白い点・・・これがエビの目です。
1レ★アカスジカクレエビ62.JPG


2枚目は少し寄っての撮影。

はじめは赤いラインと目しか判別出来ないかもしれませんが、目が慣れて?くると、透明な尾っぽが上に伸びているのが、見えてくると思います。
見事な「透明っぷり」です。
2レ★アカスジカクレエビ63.JPG

おそらくアカスジカクレエビでないかと思います。

スケスケなエビは、1本目のダイビングでも撮影しました。
3枚目、4枚目はその個体の写真を。

う~ん、目しかわからない。
4レ★エビの1種13.JPG


背景をずらして、ようやく赤い線が見えていました
この個体はアカスジカクレエビなのか、別の種類なのか、良く分かりません。

なにはともあれ、このままサンゴを通り抜けてしまいそうなほどの、透明感です。
3レ★エビの1種15.JPG

自らの体を透明にして身を隠す・・・人間にとっては空想の世界が、海の中ではあちこちで繰り広げられています。

アカスジカクレエビ?
Periclimenes psamathe
節足動物 エビ類
テナガエビ科 カクレエビ亜科
伊豆大島 秋の浜
2006/7/8 水深26m
2007/7/7 水深32m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/10/24(火) 22:49:41|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ヒフキヨウジ

2006/7/7-7/8の伊豆大島 (35)

砂地にヒフキヨウジがいました。

大きさは30cmくらいでしょうか。
伊豆近辺で見かけるヨウジウオの仲間では、大きなサイズです。

魚らしくない、スタイルです。
1レ★ヒフキヨウジ62.JPG


全身を写しても、地味な感じなので、顔にズームイン!

正面からのショットです。

目がすっとんきょうな方向を向いていて、変な顔~!
2レ★ヒフキヨウジ65.JPG


・・・なんて言ってたら、

『失敬な!!』
3レ★ヒフキヨウジ66.JPG

怒られました・・・。

ヒフキヨウジ
Trachyrhamphus serratus
魚類 トゲウオ目
ヨウジウオ科 ヨウジウオ亜科
伊豆大島 秋の浜
2006/7/8 水深24m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/10/23(月) 19:54:23|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

スズメダイ

2006/7/7-7/8の伊豆大島 (34)

7月の伊豆大島も最終の6本目。
まずは面白い光景に、カメラを向けました。

水中に、木が生えていました。
1レ★スズメダイ63.JPG


・・・生えているというのはウソで、漁礁用に埋められたものです。

その漁礁に集まっていたのは、スズメダイです。

水中の木に集まる、スズメならぬスズメダイ・・・。
2レ★スズメダイ62.JPG

自然なようで、不自然な光景でした。

スズメダイ
Chromis notata notata
魚類 スズキ目
スズメダイ科
伊豆大島 秋の浜
2006/7/8 水深22m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/10/22(日) 09:22:41|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ヨコシマエビ

2006/7/7-7/8の伊豆大島 (33)

浅場に戻り、壁面の隙間を覗くと、大きなヒトデがいました。
脚の数が多く、直径が30cm級の、重量感あふれる個体でした。

「こんなのいるんだなあ、でもグロテスクだなあ」と眺めていると、ヒトデの横で何かがちょこまかと、動いているのが見えました。

近寄って見てみると、ヨコシマエビでした。
しばらく見ていると、この個体は、ヒトデに突進を繰り返していました
1レ★ヨコシマエビb56.JPG


ハサミを振りかざし、何度もヒトデにアタック!
2レ★ヨコシマエビb55.JPG


自分の体の何百?倍もある、巨大な外敵への果敢なアタックです。

「いや~、さすがに無理でしょう」と、野次馬気分で見ていると・・・・、

押し出し~~!
3レ★ヨコシマエビb52.JPG

撃退してしまいました。
うーん、びっくり。 ガッツですねえ~!
腰を落として、万全の「押し出し」です。

実は、近い場所で別の個体も見ていました。

ガンガゼ(ウニ)に、そっと隠れています
4レ★ヨコシマエビa51.JPG


このように、おとなしいエビだと思っていましたが、頑張るときは違いますね~
5レ★ヨコシマエビa56.JPG

なんだか、パワーをもらったような気がします

ヨコシマエビ
Gnathophyllum americanum
節足動物 エビ類
ヨコシマエビ科 ヨコシマエビ属
伊豆大島 秋の浜
2006/7/8 水深4m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/10/20(金) 23:12:08|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ガラスハゼ

2006/7/7-7/8の伊豆大島 (32)

ムチカラマツにガラスハゼがピタっと付いていました。

比較的大きな個体でした。
レ★ガラスハゼ54.JPG

ガラスハゼは伊豆近辺ではよく見かける魚です。
最近、カメラを向ける頻度が減ってしまいましたが、あらためて見ると、やはり綺麗な魚ですね。。

透明ボディーの中で、赤いリングの目だけがくっきりとしています。
半開きの口も、チャームポイントです。

ガラスハゼ
Bryaninopus tigris
魚類 スズキ目 ハゼ科
ハゼ亜科 ガラスハゼ属
伊豆大島 秋の浜
2006/7/8 水深23m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/10/19(木) 22:19:19|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

アヤメカサゴ

2006/7/7-7/8の伊豆大島 (31)

砂地にカサゴがいました。

アヤメカサゴだと思います。

実直そうな表情で、じっとポーズをとっていました。
レ★アヤメカサゴ51.JPG

カサゴの仲間は地味なイメージがありますが、ヒレも立派で体色も赤が入っていて鮮やかです。
おまけにポーズをとってくれるので、僕の好きな被写体の1つです。

アヤメカサゴ
Sebastiscus albofasciatus
魚類 カサゴ目
フサカサゴ科
伊豆大島 秋の浜
2006/7/8 水深24m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/10/17(火) 21:08:58|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ベニイザリウオ

2006/7/7-7/8の伊豆大島 (30)

海草の茂みの中に、ベニイザリウオがいました。

ずいぶんと不安定な場所に、いるものですねえ。
1レ★ベニイザリウオ51.JPG


海草をかき分けて、寄ってみました。
踏ん張っている~~!

エスカ(疑似餌)を出して、一生懸命に獲物を待っていました。
2レ★ベニイザリウオ52.JPG


角度を変えて、上から撮影しました。

スパイダーマンのように、ひしっと、身構えています。
3レ★ベニイザリウオ53.JPG


手前の海草をかき分けると・・・前のめり!

盆踊りですか!!
4レ★ベニイザリウオ54.JPG

とても魚の姿勢とは思えません。

イザリウオの撮影は、まだまだやめられそうにありません。

ベニイザリウオ
Antennarius nummifer
魚類 アンコウ目 イザリウオ科
伊豆大島 秋の浜
2006/7/8 水深22m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/10/16(月) 22:29:46|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2006年の秋 浜離宮②

10/9(日)の浜離宮での陸上撮影の続きです。

お花畑にくるとやはり、マクロで撮りたくなってしまいます。

キバナコスモスのアップです。
鮮やかな花ですね。
21レ★キバナコスモス.JPG

そしてどうしても「虫」を探してしまうのが僕の習性です。
このお花畑でも、ハチハナムグリなどを見つけては、カメラを向けていました。

なかでもこの季節らしい被写体だと思ったのが、アカトンボです。
22レ★トンボ.JPG

トンボに接近して撮るのは、今回が初めてです。
「逃げてしまうかな?」と思い、少しずつ距離を縮めながら撮影しました。
よく見ていると、一度逃げても、同じ場所に戻ってくることが分かりました。
この場所を縄張りにしているようです。
水中も陸上も、生物の様子を良く見て、対話をしながら?撮影するのが肝心なようです。

ということでしばらくの間、この個体に張り付いて激写!です。
23レ★トンボ.JPG


もっともっと寄って、顔にズームイン!
24レ★トンボ.JPG

ほとんど接写に近い状態です。
トンボの顔って、こうなっているのですね。

ずいぶん大きく撮れるものだと、カメラとレンズの能力に改めて感心してしまいました。
そして僕が水中で撮っている被写体はそうとう小さいのだなあと・・、再認識してしまいました。

ワイドレンズで、周囲を入れた撮影も試してみました。
25レ★トンボ.jpg


う~ん、やっぱり昆虫撮影は楽しい!

そしてこれからは紅葉も楽しい季節なので、またカメラを持って陸上撮影に出かけたいと思います。

FC2 Blog Ranking

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/10/15(日) 17:00:26|
  2. ◇お花、そして虫の写真など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

2006年の秋 浜離宮①

海中写真が続いて季節感が無くなってきたので・・、ちょっとブレイクして、陸上写真をご紹介です。

10/6金から伊豆大島にダイビングに行く予定でしたが、台風並み(以上?)の低気圧接近のため、船が欠航してしまいました・・・今年は天候に恵まれません。

ということで陸上でおとなしくしていたのですが、低気圧が通り過ぎた10/9日は、くやしいくらいの見事な晴天。
せっかくなので、浜離宮で撮影練習をしてきました。

浜離宮に行くのは今回がはじめてです。ガイドマップ片手に撮影ポイントを探してブラブラとお散歩です。
まず被写体になってくれたのが、ひなたでお昼ね中のネコでした。

気持ち良さそう~。
11レ★ネコ.JPG


池のほとりではススキを撮影。

秋ですね~。
12レ★ススキ.JPG

高層ビルをバックに入れてみました。
このような組み合わせも都心の庭園ならではでしょうか?

鮮やかな「色」を探して、お花畑に行きました。
この時期はコスモスなのですね。
ピンクのコスモスと、オレンジ色のキバナコスモスが、綺麗に咲き誇っていました。

これまた高層ビルをバックに、ワイドに撮影!
13レ★コスモス.JPG


ビルよりも高く!?
14レ★コスモス.JPG

その②に続きます。
FC2 Blog Ranking

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/10/15(日) 14:59:21|
  2. ◇お花、そして虫の写真など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マダコ

2006/7/7-7/8の伊豆大島 (29)

タコがいました。

といっても、「タコらしい」形でなく、まわりに完全に溶け込んでいるので、気が付くまでに時間がかかりました。

Vの字になっている部分の左外側に、目があるのが分かりますでしょうか?
レ★マダコ51.JPG

マダコと書きましたが、マダコ科の他の種類かもしれません。見分けるのが難しい・・。

タコは岩の隙間などにいることが多く、このように全身を外に出しているのはあまり見かけません。
いても気が付かないのかな??

忍者のような生物です。

マダコ?
Octopus vulgaris
軟体動物 タコ類
マダコ科
伊豆大島 秋の浜
2006/7/8 水深21m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/10/12(木) 22:29:01|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:2

ヒラメ

2006/7/7-7/8の伊豆大島 (28)

岩の上にいるヒラメを教えてもらいました。

上手く岩に擬態していました。

どこまでが体か見分けが難しいですが・・・、大きな個体でした。
1レ★ヒラメ55.JPG


2枚目は顔のアップを。

岩の上にいる個体は、このように黄色がかった深い緑に写ります。
2レ★ヒラメ54.JPG


このダイビングでは、砂地でも、ヒラメを見かけました。

砂に半分、体をうずめていて、頭以外のシルエットが分からないように擬態しています。
3レ★ヒラメb51.JPG


正面から顔のアップを。

ヒラメは口が大きく、歯も鋭い魚です。
目もぎょろりとしていて・・・、凶暴そうです

刺身にした時の上品な味とは、イメージが違いますね。
4レ★ヒラメb54.JPG

・・・おっといけません、ヨダレが出てしまいました

ヒラメ
Paralichthys olivaceus
魚類 カレイ目
ヒラメ科
伊豆大島 秋の浜
2006/7/8 水深16m、19m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/10/11(水) 22:28:18|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4

キイボキヌハダウミウシ

2006/7/7-7/8の伊豆大島 (27)

7月の伊豆大島でよく見かけたのが、キイボキヌハダウミウシです。

ぬいぐるみのような、質感のウミウシです。
1レ★キイ1レボキヌハダウミウシ24.JPG


2、3、5本目のダイビングで見かけました。 ここでまとめて紹介です。
個体数は多くありませんが、伊豆大島では目立つ種類です。

いずれも、暗い色彩の海草の上にいました。
この種類は、「他のウミウシを食べる」ウミウシとして有名ですが、主食はこの海草なのでしょうか??

背景が暗めなので、黒抜きで撮影しました。

ウルトラ怪獣のような感じ??
2レ★キイボキヌハダウミウシ51.JPG


もう1枚、黒抜きで。

暗闇で光が浮かび上がるようなイメージで。
3レ★キイボキヌハダウミウシ27.JPG


アップで撮影しても面白い!

『グヘッ!!』
4レ★キイボキヌハダウミウシ31.JPG


『お尻ふりふり~~』
5レ★キイボキヌハダウミウシ34.JPG

絵になるウミウシです。

キイボキヌハダウミウシ
Gymnodoris rubropapillosa
軟体動物 裸鰓目
ドーリス亜目 キヌハダウミウシ科
伊豆大島 秋の浜
2006/7/7 水深22m
2006/7/7,8 水深16m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/10/10(火) 20:38:37|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

タツノオトシゴ

2006/7/7-7/8の伊豆大島 (26)

5本目のダイビングでも、前日3本目のダイビングで撮影した、この被写体を見に行きました。


タツノオトシゴです。

前日と同じ場所で、格好良くポーズを決めてくれました。

盆栽みたい!?
レ★タツノオトシゴ55.JPG

先に紹介したハナタツと比べると、のっぺりとしています。

タツノオトシゴ
Hippocampus coronatus
魚類 トゲウオ目
ヨウジウオ科 タツノオトシゴ亜科
伊豆大島 秋の浜
2006/7/8 水深23m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/10/09(月) 17:23:01|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ハナタツ

2006/7/7-7/8の伊豆大島 (25)

7/8土、2本目のダイビングです。
スタートしてすぐにハナタツを教えてもらいました。

トゲがつんつんしていて、大きさも立派な個体でした。
1レ★ハナタツ52.JPG


今回の伊豆大島では、極小!おチビちゃん、そしてのっぺりしていてタツノオトシゴとの区別が??の個体を、これまで紹介してきましたが、僕がイメージするハナタツ「らしい」姿は、この個体のような形です。

同じショットをトリミングして、顔のアップを。

トゲがカッコイイ~。
「龍」という感じですね。
2レ★ハナタツ52.JPG

撮影場所は、エントリー場所からそれほど離れていません。
大島ではいろいろな場所にタツノオトシゴがいるのですね~。

ハナタツ
Hippocampus sindpnis
魚類 トゲウオ目
ヨウジウオ科 タツノオトシゴ亜科
伊豆大島 秋の浜
2006/7/8 水深8m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/10/08(日) 16:57:39|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ヨコエビの1種

2006/7/7-7/8の伊豆大島 (25)

「秋の浜」の浅場で、オレンジ色のヨコエビを撮影しました。

2月以来、二度目の遭遇!です。
1レ★ヨコエビの仲間2a.JPG


甲冑のようなボディーです。

鮮やかなオレンジ色とこの質感は、SFの世界から出てきた?ように見えます。
2レ★ヨコエビの仲間2c.JPG


上から見ると、側面の白い斑点が、ウルトラマンの目のよう??
3レ★ヨコエビの仲間23.JPG


おそらくこちらが正面顔。

とは言っても、表情が無いので生命感が感じられません・・・。
4レ★ヨコエビの仲間26.JPG


今回は2本目と4本目のダイビングで撮影しました。

あちこちにいるという訳ではありませんが、いる所にはこのようにまとまっています。
大きさは5mm以下。
5レ★ヨコエビの仲間42.JPG

まだまだ、僕らの知らない不思議な生物が、たくさんいますね。

ヨコエビの1種
節足動物 甲殻綱
伊豆大島 秋の浜
2006/7/7,8 水深5m

FC2 Blog Ranking
  1. 2006/10/07(土) 18:11:51|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

ヒナコダマウサギ

2006/7/7-7/8の伊豆大島 (24)

ウミトサカにめりこんでいた、貝を教えてもらいました。

ウミウサギガイの仲間だと思います。
1レ★ウミウサギガイの仲間47.JPG


この場所にはまとまっていました。
2枚目の写真には、5個体が写っています。
2レ★ウミウサギガイの仲間44.JPG


良い餌場なのでしょうか?それともみんなここで産まれた兄弟??

3枚目はアップで。
赤いラインと突起が、斬新なデザインで配置されています。
3レ★ウミウサギガイの仲間45.JPG

大島はこのタイプの巻き貝にとって、良い生息環境のようです。

ウミウサギガイ科の1種
軟体動物 巻貝
ウミウサギガイ科
伊豆大島 秋の浜
2006/7/8 水深28m

FC2 Blog Ranking

****
その後の情報により、この写真の個体は、ヒナコダマウサギのようですので、表題と、以下に種名を訂正します。

ヒナコダマウサギ
Prionovolva aenigma
軟体動物 巻貝
ウミウサギガイ科

(2008/01/15)

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/10/06(金) 17:52:52|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヤツシハゼ属の1種

2006/7/7-7/8の伊豆大島 (23)

7月の伊豆大島ダイビング2日目、最初のダイビングは、「砂地でハゼ」が狙いでした。

お目当てだったのは、以下の2種類。

ホタテツノハゼ属の1種
ネジリンボウ

これらに無事に遭遇!・・・出来たのですが、近づくと穴に隠れてしまい、撮影は出来ませんでした。
ハゼの撮影は難しい~

失敗を反省しながら出会ったのが、ヤツシハゼ属の1種

遠い場所から、「悪さしないから、隠れないでね~」と念を送りながら、じわりじわりと寄りました。

4分かけてようやく、このショットに納めることが出来ました。
レ★ヤツシハゼの仲間4d.JPG

最初は普通種のダテハゼじゃないの??と思ったのですが、図鑑『日本のハゼ』によるとどうやら、ヤツシハゼの仲間ということで間違いなさそうです。

一見、地味ですが、ヒレの形や青・黄色の模様が、なかなか味わいのある種類です。
そして、表情も面白い!

ハゼの世界は奥が深~い。

ヤツシハゼ属の1種
Vanderhorstia sp.
魚類 スズキ目
ハゼ科 ハゼ亜科 ヤツシハゼ属
伊豆大島 秋の浜
2006/7/8 水深31m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/10/03(火) 22:42:42|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

オキナワベニハゼ

2006/7/7-7/8の伊豆大島 (22)

「秋の浜」浅場の楽しみの1つ、「岩の隙間に潜むハゼ」。
オレンジ色のかわいらしい種類を撮影しました。

オキナワベニハゼです。

岩の隙間の上面に、逆さにぺったんこしていました。
1レ★オキナワベニハゼ35.JPG


線香花火のような、暖かくて儚い色彩のハゼです。
2レ★オキナワベニハゼ34.JPG


ぐぐっと寄って撮影。 口が半開きですね。
3レ★オキナワベニハゼ36.JPG

ハゼはかわいい~!

オキナワベニハゼ
Trimma okinawae
魚類 スズキ目
ハゼ科 ハゼ亜科 ベニハゼ属
伊豆大島 秋の浜
2006/7/7 水深9m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/10/02(月) 21:10:08|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

タツノオトシゴ

2006/7/7-7/8の伊豆大島 (21)

タツノオトシゴを撮影しました。

伊豆大島でよく見かけるハナタツとの見分け方がよく分からないのですが、この個体はザ・タツノオトシゴのようです。
1レ★タツノオトシゴ36.JPG


どことなく、落ち着かない様子・・・というのも、

すぐ近くにスズメダイがいました。
2レ★タツノオトシゴ33.JPG


大きさから言って、捕食されることはないのでしょうけれど、これだけ近くにいると、気になるでしょうね。

アンテナ立てて、警戒中?!
3レ★タツノオトシゴ34.JPG


ということで、スズメダイにはお引き取りいただいて、単体で撮影。

この角度だと、渋くてカッコイイ雰囲気?
4レ★タツノオトシゴ37.JPG


でも真横から撮るとやっぱり、驚いているよう??

目の周りの模様のせいでしょうか。
5レ★タツノオトシゴ3c.JPG


最後は顔のアップを。
魚にしては珍しく、「首と顔」が分かれていて?、親近感が湧きますね。
6レ★タツノオトシゴ3e.JPG

鮮やかな紅色で大きさも立派な、美しい個体でした。

タツノオトシゴ
Hippocampus coronatus
魚類 トゲウオ目
ヨウジウオ科 タツノオトシゴ亜科
伊豆大島 秋の浜
2006/7/7 水深23m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/10/01(日) 17:54:01|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

プロフィール

mak

Author:mak
写真、ダイビングそして読書を楽しむ、ごく普通のサラリーマンです。
詳しくは作者紹介をご覧ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

あわせて読みたい