真壁海中写真館

Underwater Photography

エナガイザリウオ?

2006/6/2-6/3の八丈島 (41)

「検潮所」でのナイトダイビングもそろそろ散策を終えようとしていた時に、ガイドさんが激しく呼ぶ音が聞こえました。

呼ばれた先には、この魚がいました。

かわいらしい、白いイザリウオです。
1レ★エナガイザリウオ64.JPG


伊豆近辺で見かける、ベニイザリウオイロイザリウオとは、違う雰囲気です。

僕は、ザ・イザリウオではないかと思って撮っていたのですが、ガイドさんの話では、エナガイザリウオではないか??、ということです。
八丈島では、正式に見つかったことはなく、ひょっとしたら初記録かも!ということです。
もちろん、僕も始めての遭遇です。
2レ★エナガイザリウオ62.JPG


そんな人間の興奮が伝わったのか、だいぶいら立っていました。
うねりにあわせて、ジャ~~ンプ!
3レ★エナガイザリウオ61.JPG


そして決め顔!

やっぱり怒っているようです。
4レ★エナガイザリウオ66.JPG

浅い水深での「検潮所」でのダイビングは、驚きが満載!でした。
う~ん、八丈島の海は、奥が深いなあ~~。

エナガイザリウオ?
Antenanarius rosaceus
魚類 アンコウ目 イザリウオ科
2006/6/3
八丈島 検潮所 水深2m

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/08/31(木) 22:04:53|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

ベニシボリ

2006/6/2-6/3の八丈島 (40)

”貝殻を持つウミウシ”がお目当てだった、「検潮所」でのナイトダイビング。
夜もこの種類が出迎えてくれました。

ベニシボリです。

ミスガイと比べると、目が少し離れています。色も薄めです。
夜なだけに、寝惚けていたかな??
1レ★ベニシボリ62.JPG


前日に激写していたので、今回の撮影はほどほどに・・。
2レ★ベニシボリ63.JPG

いつ見ても、綺麗でかわいい、ウミウシです。

ベニシボリ
Bullina lineata
軟体動物 頭楯目
オオシイノミガイ上科 ベニシボリガイ科
2006/6/3
八丈島 検潮所 水深2m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/08/30(水) 22:32:38|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ツマジロオコゼ

2006/6/2-6/3の八丈島 (40)

夜の「検潮所」では、ウミウシだけでなく、面白い魚も、見ることが出来ました。

岩陰に枯葉がひらひら・・・。
1レ★ツマジロオコゼ6e.JPG


ツマジロオコゼです。

頭の形が独特な、魚です。
2レ★ツマジロオコゼ67.JPG


このような姿で、海底でふらふらしています。
このナイトダイビングでは、数個体、見かけました。
前日の日中のダイビングでは見かけなかったので、夜に行動する種類なのかもしれません。

海草になりきっているようで、近づいても遠くには逃げません。

でもカメラを寄せると、「イヤイヤ」という感じで、すすすっと体の位置を移動します。
3レ★ツマジロオコゼ63.JPG


正面からのショット。

無表情で、目がちょっと不気味・・・。
4レ★ツマジロオコゼ64.JPG

面白い魚です。

ツマジロオコゼ
Ablabys taenianotus
魚類 カサゴ目 ハオコゼ科
2006/6/3
八丈島 検潮所 水深2m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/08/29(火) 23:24:22|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ミスガイ②

2006/6/2-6/3の八丈島 (39)

ミスガイの子供です。

大人の個体と比べると、ボディーの重厚さや、貝殻の線の入り方が違いますね。
b1レ★ミスガイ6c.JPG


目がかわいい~!

子供のせいか、あどけないように見えます。
b2レ★ミスガイ68.JPG


しばらく見守っていると、砂地に移動しました。

ミスガイ:『こわいよ~~。急いで隠れなきゃ!
b3レ★ミスガイ6f.JPG


ミスガイ:『砂に潜れば、こっちのもんだい!
b4レ★ミスガイ6i.JPG


ミスガイ:『潜るのは得意なんだから!  エッサ、ホイサ!!
b5レ★ミスガイ6h.JPG

本人?は一生懸命なのですが・・、かわいらしいのでついつい、微笑んで見守ってしまいました。
驚かせてごめんね~!

ミスガイ
Hydatina physis
軟体動物 頭楯目
オオシイノミガイ上科 ミスガイ科
2006/6/3
八丈島 検潮所 水深2m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/08/28(月) 23:36:15|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ミスガイ①

2006/6/2-6/3の八丈島 (38)

6月の八丈島、6本目のダイビングは、久しぶりナイトダイビングとなりました。
ポイントは「検潮所」・・・前日の3本目にも潜ったポイントです。

狙いはやはり、貝殻を持つウミウシ!です。
夜のほうが活発に行動している、ということで、期待してのエントリーです。


出没ポイントに到着後、さっそくこのウミウシが出迎えてくれました。

ミスガイです。

粗い砂の上を、歩いていました。 なかなかのスピードでした。
やっぱり夜は、砂の中から出てきているのですね~。
a1レ★ミスガイ62.JPG


貝殻を持つウミウシの中では、大型の種類です。

貝殻をボディーが覆うような、独特の形です。

目もばっちり見えて、なんだか意志が通じそうです。
a2レ★ミスガイ6e.JPG

その②に続きます!

ミスガイ
Hydatina physis
軟体動物 頭楯目
オオシイノミガイ上科 ミスガイ科
2006/6/3
八丈島 検潮所 水深2m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/08/27(日) 16:47:14|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヘビギンポの仲間?

2006/6/2-6/3の八丈島 (38)

6月の八丈島5本目のダイビング。
エクジット間際に、「何かいないかな~」と、浅場の岩の上をじっくりと探してみました。
昨年、良い被写体を撮ることが出来たので、「もう一度!」と思ってのチャレンジです。

すると、生物の気配が・・・。
こんなのが潜んでいました!

分かりますか??
1レ★セグロヘビギンポ54.JPG


2枚目は角度を変えて全身を。

おそらく、ヘビギンポの赤ちゃんだと思います。
2レ★セグロヘビギンポ52.JPG


同じ写真を、トリミングしました。
3レ★セグロヘビギンポ52.JPG

尾が長いですね~。
そして半透明のボディーも、綺麗です。

孵化してから、余り時間が経っていないのではないかと思います。
このように、岩の上で海草にまぎれて、成長していくのですね。

あまり驚かせては悪いと思って、ササっと撮影してこの場を離れました。
無事に成長して欲しいなあ。

ヘビギンポの仲間?
魚類 スズキ目 ヘビギンポ科
2006/6/3
八丈島 ナズマド 水深5m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/08/26(土) 17:29:53|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ツバメウオ

2006/6/2-6/3の八丈島 (37)

ツバメウオです。
1レ★ツバメウオ53.JPG

ユウゼンの群れを追ってアーチを見に行ったところ、この魚が迎えてくれました。

独特の形の魚です。

気持ち良さそうにふわりふわりと浮かんでいました。
2レ★ツバメウオ51.JPG


3枚目はペアで。

寄り添っているように見えますが、・・・よそよそしいようにも見えます。
3レ★ツバメウオ56.JPG


青い海が似合う魚です。
4レ★ツバメウオ55.JPG


最後は3匹で。

おっと、・・トイレ中でした。
5レ★ツバメウオ57.JPG

心が和む、魚です。

ツバメウオ
Platax teira
魚類 スズキ目 マンジュウダイ科
2006/6/3
八丈島 ナズマド 水深10m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/08/25(金) 22:16:02|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ユウゼン③

2006/6/2-6/3の八丈島 (36)

ユウゼンの続きです。

小さな編隊についていくと・・・、その先に、この光景が待っていました。

壁面に集まる、ユウゼンの大群です!

100匹以上はいました。

これだけ集まっているのを見るのは、初めてです。
c1レ★ユウゼン5j.JPG


ただしなかなか、「ユウゼン玉」らしい光景が撮れません。

僕らダイバーも右往左往してしまいました。
c2レ★ユウゼン5b.JPG


なので、この群れから離れて中層に漂う、40~50匹の群れを撮りました。
c3レ★ユウゼン5g.JPG


玉としては小さいかもしれませんが、八丈ブルーをバックに、気持ちの良い光景です。
c4レ★ユウゼン5h.JPG

今回のユウゼン玉チャレンジはここまで。
c5レ★ユウゼン5i.JPG

次回はさらにごちゃっと集まる、大群を撮りたいと思います!

ユウゼン
Chaetodon daedelma
魚類 スズキ目 チョウチョウウオ科
2006/6/3
八丈島 ナズマド 水深20m前後

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/08/24(木) 22:42:08|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ユウゼン②

2006/6/2-6/3の八丈島 (35)

5本目のダイビングは、「ユウゼン玉」を狙ったダイビングでした。
この時期の八丈島では、このシックなチョウチョウウオの群れが見られるということで、昨年も狙っていました。
でも昨年は群れを見ることができず・・・・。
今年こそ!ということで、ユウゼン玉を探しながら、中層を移動です。

幸先良く、小さな群れに遭遇!
b1レ★ユウゼン54.JPG


このくらいの数では、「玉」とは言えませんが・・・、気持ちの良い光景です。
b2レ★ユウゼン53.JPG


あまり近づき過ぎると、魚も人も、慌ててしまいます。
b3レ★ユウゼン55.JPG


この小編隊に、しばらく付いていきました。
b4レ★ユウゼン52.JPG

その③に続きます!

ユウゼン
Chaetodon daedelma
魚類 スズキ目 チョウチョウウオ科
2006/6/3
八丈島 ナズマド 水深14m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/08/21(月) 22:39:25|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ユウゼン①

2006/6/2-6/3の八丈島 (34)

6月の八丈島ダイビング。5本目も「ナズマド」で潜りました。

この時期の狙いの被写体と言えば、ユウゼンです。

まずはサンゴをバックにしたショットを、ご紹介です。

ヒレだけが明るいイエローの、シックなチョウチョウウオです。
(1枚目は6/2の2本目に撮影したショットです)
a1レ★ユウゼン22.JPG


紅いサンゴをバックにすると、絵になります。
a2レ★ユウゼン58.JPG

5本目は、この魚に狙いを絞ったダイビングとなりました。

その結果は・・・、その②に続きます!

ユウゼン
Chaetodon daedelma
魚類 スズキ目 チョウチョウウオ科
八丈島 ナズマド
①2006/6/2 水深20m
②2006/6/3 水深21m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/08/20(日) 17:14:17|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ホソカマス

2006/6/2-6/3の八丈島 (33)

エクジット間際の浅い場所で、大型のハンターがうろついているのを教えてもらいました。
1レ★ホソカマス47.JPG


ホソカマスです。

50cmくらいはあったと思います。
ずいぶん浅場までくるのですねえ。

ペアでいるところを撮影しました。
2レ★ホソカマス42.JPG



3枚目の上のほうに2匹、写っているのは、ムロアジです。

八丈島では、「くさや」の材料として有名ですね。
3レ★ホソカマス44.JPG


再びホソカマスのアップを。

名前の通り細身で、綺麗なシルエットの魚です。
4レ★ホソカマス45.JPG

ホソカマス
Sphyraena novaehollandiae
魚類 スズキ目 カマス科

ムロアジ
Decapterus muroadsi
魚類 スズキ目 アジ科

2006/6/3
八丈島 ナズマド 水深5m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/08/19(土) 17:28:54|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:3

シズミイソコケギンポ

2006/6/2-6/3の八丈島 (32)

浅場に戻り、シズミイソコケギンポを撮影しました。

右の口元に、ヒドロ虫の小さい個体が咲いていました。なんだか微笑ましい・・・。
1レ★シズミイソコケギンポ44.JPG


2本目では同じ種類の子供と思われる個体を紹介しましたが、こちらは立派な大人の個体です。

表情も威厳があります!?
2レ★シズミイソコケギンポ42.JPG


大きな目をグリグリさせて、周りの様子をうかがっていました。
3レ★シズミイソコケギンポ41.JPG


魚は、左右の目が別々に動くのです。

人間にはちょっと、マネできない??
4レ★シズミイソコケギンポ43.JPG


トサカがフサフサなコケギンポです。

こうやって撮ると、これまたアニメのキャラクターのような、愛嬌のある魚です。
5レ★シズミイソコケギンポ28.JPG

シズミイソコケギンポ
Neoclimus chihiroe
魚類 スズキ目 ギンポ亜目 コケギンポ科
2006/6/3
八丈島 ナズマド 水深7m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/08/18(金) 21:49:15|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

トガリアヤメケボリ

2006/6/2-6/3の八丈島 (31)

先に紹介したコボレバケボリとは別に、ウミウサギガイの仲間を見せてもらいました。

黒抜きで撮影しました。

こちらのほうが、識別しやすいですね。
1レ★ウミウサギガイの仲間42.JPG


紫?の斑点と、小さな白い斑点が、綺麗な貝です。

種名は分かりませんでした。
貝の生態写真の図鑑、出版して欲しいな~。
2レ★ウミウサギガイの仲間43.JPG

ウミウサギガイの仲間
軟体動物 ウミウサギガイ科
2006/6/3
八丈島 ナズマド 水深18m

FC2 Blog Ranking

****
その後の情報により、この写真の個体は、トガリアヤメケボリという種類に同定されるということが、分かりました。
表題と、以下に種名を訂正します。

トガリアヤメケボリ
Primovula (Cuspivolva) cuspis
軟体動物 ウミウサギガイ科


(2008/01/14)
  1. 2006/08/17(木) 21:06:12|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スミレコボレバケボリ

2006/6/2-6/3の八丈島 (30)

鮮やかな紅色のフトヤギにいる、貝を教えてもらいました。

どこにいるか、分かりますか?
1レ★コボレバケボリ41.JPG


2枚目はちょっと寄って。

コボレバケボリです。
フトヤギに、見事に擬態しています。
2レ★コボレバケボリ43.JPG


かなり粘って撮影しました。

実は、僕がこの貝を撮影している時に、すぐ近くを巨大なイソマグロが通過したそうです。

集中して撮影していたので、気が付きませんでした。
1cmの貝を撮っていて、1m超の巨大魚に気が付かない・・・、これもダイビングですね。

3枚目は、同じ角度から、シャッタースピードを変えて撮影しました。

少し紫がかっていて、綺麗です。
3レ★コボレバケボリ44.JPG

撮影への集中と、周囲への目配り・・・、色々考えさせられた被写体でした。

コボレバケボリ
Dentiovula colobica
軟体動物 ウミウサギガイ科 コボレバケボリ属
2006/6/3
八丈島 ナズマド 水深24m

FC2 Blog Ranking


****
その後の情報により、この写真の個体は、スミレコボレバケボリという種類に同定されるということが、分かりました。
表題と、以下に種名を訂正します。

スミレコボレバケボリ
Dentiovula eizoi
軟体動物 ウミウサギガイ科 コボレバケボリ属


(2008/01/14)

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/08/16(水) 20:37:40|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イザリウオモドキ

2006/6/2-6/3の八丈島 (29)

嬉しい出会いがありました。

イザリウオモドキです。

イザリウオの仲間は、これまで何度も紹介してきましたが、この種類に出会うのは初めて!です。

表情がかわいい!
1レ★イザリウオモドキ45.JPG

イザリウオモドキの幼魚で、良く見かけられるのは、赤や茶色の個体のようです。
この個体は全身の色が薄い、珍しいタイプのようです。

アンコウ目であるイザリウオの仲間は、エスカ(疑似餌)をヒラヒラさせて小魚を捕食します(チョウチンアンコウのイメージ)。

でもこのイザリウオモドキは、エスカを持たないそうです。
だから「モドキ」と名付けられているのでしょうか??

どうやって魚をおびき寄せるのか、見てみたいものです。


そんな不思議な存在の、イザリウオモドキ。

この表情に問いかけても・・、答えは得られそうにありませんね。
2レ★イザリウオモドキ43.JPG


また会いたい!

イザリウオモドキ
Antennarius tuberosus
魚類 アンコウ目 イザリウオ科
2006/6/3
八丈島 ナズマド 水深27m


++++++++++++++
<2007年5月6日追記>
この写真の個体について、「カエルアンコウモドキ」と紹介しましたが、撮影地である八丈島のレグルスダイビング余吾さんから、「写真の個体は”ヒメヒラタカエルアンコウ”です」とご指摘を受けましたので、ヒメヒラタカエルアンコウと訂正します。
++++++++++++++

FC2 Blog Ranking
  1. 2006/08/15(火) 10:12:58|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

キビレマツカサ

2006/6/2-6/3の八丈島 (28)

4本目は遠出をして、この魚の群れを見に行きました。

キビレマツカサの群れです。

深場のこの場所に、まとまっているようです。
撮り方によっては非常に写真映えする群れなのですが・・・、今回は証拠写真ということで。
レ★キビレマツカサ45.JPG


単体アップで撮っても、面白い魚です。

キビレマツカサ
Myripristis chryseres
魚類 キンメダイ目
イットウダイ科 アカマツカサ亜科
2006/6/3
八丈島 ナズマド

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/08/14(月) 10:52:21|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オオモンイザリウオ

2006/6/2-6/3の八丈島 (27)

3本目のダイビングも十分楽しみ、そろそろ戻りましょうか、ということになりました。
エクジットポイントへの移動中、ふと、紅い色が目に入ってきました。

イザリウオです。

垂直に切り立った石のブロックの壁面に、ぺったんこしていました。
1レ★オオモンイザリウオ34.JPG



オオモンイザリウオだと思います。

まだ小さい個体でした。
表情もかわいらしい~!
2レ★オオモンイザリウオ31.JPG



3枚目からは見やすいように、写真を回転してご紹介します。

白いエスカ(疑似餌)が見えていますね~。

撮りづらい場所にいたので、ライティングに苦労しました。
3レ★オオモンイザリウオ3c_r1.jpg


最後は渋い表情でパシリと。
4レ★オオモンイザリウオ37_r1.jpg

こういう浅い場所にもいるのですね。
頑張って狩をして、無事に成長して欲しいです。

オオモンイザリウオ
Antennarius commersoni
魚類 アンコウ目 イザリウオ科
2006/6/2
八丈島 検潮所 水深2m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/08/12(土) 17:29:45|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ベニヤカタ(貝殻)

2006/6/2-6/3の八丈島 (26)

3本目の「検潮所」でのダイビング。

一番のお目当ては、ベニヤカタという、貝殻を持つウミウシでした。
がしかし、シーズンを過ぎてしまったようで、出会うことは出来ませんでした~。残念。

でもガイドさんが、貝殻を見つけてくれました。

綺麗なデザインです。
1レ★ベニヤカタ貝殻31.JPG


まだ新しそうな貝殻だったので、数日前?までは中に貝が入っていたのでしょうね。
確かにこのポイントにはいるようです。
2レ★ベニヤカタ貝殻33.JPG


見たいなあ。
次回は時期を選んで、リベンジです!


ベニヤカタ(貝殻)
Hydatina amplustre
軟体動物 頭楯目
オオシイミノガイ上科
ミスガイ科
2006/6/2
八丈島 検潮所 水深2m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/08/11(金) 19:11:16|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

コンシボリガイ③

2006/6/2-6/3の八丈島 (25)

巻き貝とウミウシの中間のような存在のコンシボリガイ

形もユニークですが、白い斑点が入ったボディーが、印象的です。
和菓子のようにも見えるし、空や宇宙のようにも見えます。

幻想的です。
8レ★コンシボリガイ39.JPG


このボディーが目立つように撮るには、黒いバックで撮るのがよいようです。

ということで、砂地に移動したところをパチリと。
9レ★コンシボリガイ3g.JPG


でもしばらくすると、砂に潜り始めました

この種類も、砂地に潜って昼を過ごすのかな??
10レ★コンシボリガイ3k.JPG


大きさは、僕の指と比べると2cmといったところでしょうか。

小さい体で、工夫して生きているのですね。
11レ★コンシボリガイ3o.JPG

じっくり撮ることが出来てラッキー!でした。

コンシボリガイ
Micromelo undata
軟体動物 頭楯目
オオシイミノガイ上科
ミスガイ科
2006/6/2
八丈島 検潮所 水深2m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/08/10(木) 22:45:20|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コンシボリガイ②

2006/6/2-6/3の八丈島 (24)

コンシボリガイの続きです。

今回はじっくりと撮ることが出来ました。
せっかくなので、コンシボリガイのを探してみました。

分かりづらかったのですが・・・、なんとか撮影に成功!

小さい~!

ベニシボリの目よりもさらに、小さい目です。
4レ★コンシボリガイ3f.JPG



さらに顔のアップにチャレンジ!

狭い顔?の中央に、黒い点が2つ、並んでいるのが分かりますか?
5レ★コンシボリガイ32.JPG


小さいだけに、きょとんとした表情のように見えますね~。
6レ★コンシボリガイ3c.JPG


目が分かると急に、親近感が湧きます。

またまた、このウミウシの魅力が増えました。
7レ★コンシボリガイ38.JPG

その③に続きます!

コンシボリガイ
Micromelo undata
軟体動物 頭楯目
オオシイミノガイ上科
ミスガイ科
2006/6/2
八丈島 検潮所 水深2m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/08/09(水) 22:31:25|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

<動画>ヒメキンチャクガニ

2006/6/2-6/3の八丈島 (23)

イソギンチャクで敵を威嚇する、ヒメキンチャクガニ

このカニは、動きが面白い!

ということで、動画でも撮りました。
岩の下で、チアガールのボンボンのように、イソギンチャクを振り振りします。
でもすぐに、ウネリにゆられてあれれ~~っと・・・。

[<動画> ヒメキンチャクガニ 2.3MB 8秒

ヒメキンチャクガニ
Lybia caestifera
節足動物 カニ類
オウギガニ科 キンチャクガニ属
2006/6/2
八丈島 検潮所 水深2m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/08/06(日) 17:34:12|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コンシボリガイ①

2006/6/2-6/3の八丈島 (22)

「貝殻を持つウミウシ」がお目当てだった、3本目のダイビング。

ベニシボリに続き、嬉しい被写体に出会えました。

コンシボリガイです。
1レ★コンシボリガイ31.JPG


沖縄以外で遭遇するのは、初めてです。
さすがスペシャルポイント。いるのですね~。

貝殻が小さい種類です。

貝からウミウシへの進化途中、という感じですね~。
2レ★コンシボリガイ36_r1.jpg


そして、ボディーの白い斑点が幻想的!
3レ★コンシボリガイ33.JPG

たくさん撮りましたので、じっくりと紹介します。

その②に続きます!

コンシボリガイ
Micromelo undata
軟体動物 頭楯目
オオシイミノガイ上科
2006/6/2
八丈島 検潮所 水深2m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/08/05(土) 22:06:02|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヒメキンチャクガニ③

2006/6/2-6/3の八丈島 (21)

イソギンチャクで相手を威嚇するヒメキンチャクガニ
3個体目の紹介です。

この個体は・・・、右手のイソギンチャクが大きい!
5レ★ヒメキンチャクガニ3j.JPG


この体には、アンバランスですよね~?
逆に、左手のイソギンチャクは小さくて役にたたないかな??
6レ★ヒメキンチャクガニ3i.JPG


威嚇する時も、右手をかざします。

大きなダンベルを一生懸命、上げ下げしているように見えます。

右手だけ鍛えている??
7レ★ヒメキンチャクガニ3p.JPG


一生懸命、動いて威嚇するのですが、体のバランスが悪いようで、フラフラしていました。
面白かったなあ。
でも本人?は、いたって真剣!

最後はカッコ良く、ファイティングポーズを決めてくれました!
8レ★ヒメキンチャクガニ3g.JPG


ヒメキンチャクガニ
Lybia caestifera
節足動物 カニ類
オウギガニ科 キンチャクガニ属
2006/6/2
八丈島 検潮所 水深2m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/08/04(金) 22:17:40|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ベニシボリ④

2006/6/2-6/3の八丈島 (20)

3本目のダイビングで、じっくりと撮影を楽しむことが出来たベニシボリ

もうお気付きの方もいるかと思いますが、複数の個体がいました。

みんな集合~!
11レ★ベニシボリ3j.JPG


たくさんいますねえ。

一度にこれだけのベニシボリを見るのは初めてです。
これだけいると有り難味が・・・でも、たくさんいても、かわいくて綺麗だなあ。

よく動くウミウシです。

砂地に移動すると・・・、1匹が潜り始めました。
12レ★ベニシボリ3w.JPG


器用に潜っていきます。

日中はこうやって、砂の中にいるのですね~。
13レ★ベニシボリ3y.JPG

今回は撮影だけではなく、ベニシボリの様々な姿を見ることが出来ました。

満足!

ベニシボリ
Bullina lineata
軟体動物 頭楯目
オオシイノミガイ上科 ベニシボリガイ科
2006/6/2
八丈島 検潮所 水深2m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/08/03(木) 22:49:12|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:8

ベニシボリ③

2006/6/2-6/3の八丈島 (19)

ベニシボリの続きです。
今回は色々な撮り方を試したので、ここで比較したいと思います。

まずは白っぽい岩をバックに撮影。

曇りガラスのようです。
貝殻も、綺麗だなあ。
7レ★ベニシボリ3l.JPG


2枚目は岩の上にいるところを横からアップで。

吸盤でくっついているような感じに見えます。
8レ★ベニシボリ3f.JPG


3枚目はバックを黒抜きで。

フチのブルーが光っているように見えて綺麗!
9レ★ベニシボリ3e.JPG


最後は黒い砂地を背景に。

黒バックだと、青い色が映えるようですね。
10レ★ベニシボリ3q.JPG


その④に続きます!

ベニシボリ
Bullina lineata
軟体動物 頭楯目
オオシイノミガイ上科 ベニシボリガイ科
2006/6/2
八丈島 検潮所 水深2m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/08/02(水) 22:21:09|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コモンダカラガイ

2006/6/2-6/3の八丈島 (18)

岩の上にいる、モサモサっとした生物を教えてもらいました。
1レ★コモンダカラガイ3b.JPG


「ウミウシかな?」とも思ったのですが、体をつんつんすると・・、

貝殻が出てきました。
2レ★コモンダカラガイ3a.JPG


タカラガイです。

近似種との区別が難しいのですが、コモンダカラガイではないかと思います。
3レ★コモンダカラガイ3e.JPG


この個体は産卵中でした。

足?元に見えている、白いつぶつぶが、卵です
4レ★コモンダカラガイ33.JPG


近くにもう1個体、いました。

こちらは産卵中ではなかったので、貝殻を全部、出してもらいました
陸上ではこれが、見慣れた姿ですね。
5レ★コモンダカラガイ37.JPG

本体を出しているか隠れているかで、だいぶ印象が変わってくる生物です。

コモンダカラガイ
Erosaria erosa
軟体動物 巻き貝類
タカラガイ科
2006/6/2
八丈島 検潮所 水深2m

FC2 Blog Ranking [コモンダカラガイ]の続きを読む

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/08/01(火) 22:31:08|
  2. ●八丈島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

mak

Author:mak
写真、ダイビングそして読書を楽しむ、ごく普通のサラリーマンです。
詳しくは作者紹介をご覧ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

あわせて読みたい