真壁海中写真館

Underwater Photography

沖縄・阿嘉島で潜ってきます!


これから、沖縄・慶良間諸島の阿嘉島に行ってきます。

久しぶりの南の海・・・楽しみ~。

帰ったらレポートします!
スポンサーサイト

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/04/28(金) 12:44:51|
  2. ●慶良間諸島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

キビナゴの群れ② 「魚の群れ、水、そして光」

2006/2/9-2/11の伊豆大島 (71)

浅場でのキビナゴの群れの紹介、その②です。

浅場だったので、射し込む陽の光が綺麗!
キビナゴの群れも光に調和して、絵になりました。
21レ★キビナゴの群れ71.JPG


光のカーテン!!
22レ★キビナゴの群れ74.JPG


ハートマーク!!

ちょっと崩れかけ~。
23レ★キビナゴの群れ73.JPG


光のシャワー~~!
24レ★キビナゴの群れ49.JPG


魚の群れ、海の水、そして陽の光が調和した、芸術的な光景でした。
堪能!
25レ★キビナゴの群れ42.JPG

キビナゴ
Spratelloides gracilis
魚類 ニシン目
ニシン科 キビナゴ亜科
2006/2/11
伊豆大島 秋の浜 水深4m


FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/04/28(金) 12:28:06|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

キビナゴの群れ① 「群れで動く/群れが動く」

2006/2/9-2/11の伊豆大島 (70)

今回の大島ダイビングでは、エクジットの直前に楽しみな光景が待っていてくれました。

小魚の群れです。
おそらく、キビナゴではないかと思います。

3本目、4本目、7本目の3本のダイビングで、撮影を楽しみました。
ここでまとめて紹介します。

1枚目は、「おっと、こっちに来そうだぞ・・」
11レ★キビナゴの群れ41.JPG


「来た~~!」
12レ★キビナゴの群れ38.JPG


「通過~~!」
13レ★キビナゴの群れ35.JPG

小魚の群れでも、これだけ数がいると迫力があります。

魚の群れを見ると、何故だか僕は、興奮してしまいます
魚のパワーを感じるのかな??

4枚目は行列!
14レ★キビナゴの群れ72.JPG


そして、方向転換!
15レ★キビナゴの群れ45.JPG

群れとしてまとまった生き物のように、統制がとれています。

こんな光景が、岸から覗けば見えそうな場所で、繰り広げられています。

魅了されました。

その②に続きます!

キビナゴ
Spratelloides gracilis
魚類 ニシン目
ニシン科 キビナゴ亜科
2006/2/11
伊豆大島 秋の浜 水深4m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/04/27(木) 20:00:26|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ニイニイミノウミウシ 「棚からボタモチ」

2006/2/9-2/11の伊豆大島 (69)

浅場の壁面で、窪みに頭を突っ込んで被写体を探していたら、

何かが落っこちてきました。

「何だ??」

と思って、その落下物を眺めていると、ムクムクと動き出しました

しばらく経つと・・・、

ウミウシになりました~。
1レ★ニイニイミノウミウシ72.JPG


何で落っこちてきたのだろう??と不思議に思いつつも、さっそく撮影!です。

『おいしょ、おいしょっ』

体を伸ばして、普通の姿に戻りました。
2レ★ニイニイミノウミウシ73.JPG


最後は、決めポーズ!
3レ★ニイニイミノウミウシ75.JPG


図鑑で調べてみるとどうやら、ニイニイミノウミウシのようです。

ムカデミノウミウシもそうですが、この仲間はミノがフサフサ!毛並みが良いですね。
毛皮の襟巻きみたい??

僕は初遭遇!のウミウシです。

被写体が降ってくるなんて・・・ラッキーでした!

ニイニイミノウミウシ
Moridilla brockii
軟体動物 裸鰓目
ミノウミウシ亜目 アオミノウミウシ科
2006/2/11
伊豆大島 秋の浜 水深4m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/04/26(水) 20:48:10|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ヒドロ虫の仲間 「可憐!」

2006/2/9-2/11の伊豆大島 (68)

みたび、ヒドロ虫の紹介です。
この生物については、2本目の紹介記事を参照して下さい。

5本目では幻想的なショットを撮影したので、今回は・・・

パッと咲いたショット!
レ★ヒドロ虫73_r1.jpg

植物ではありませんが、1cm程度の花?を満開にしています。

可憐な雰囲気ですね。

このヒドロ虫を狙って撮るのは、今回の大島が初めてでした。
浅場のウネリにユラユラと揺られるので、シャッターを切るタイミングがポイントです。

絵になる被写体でした!

刺胞動物
ヒドロ虫綱
2006/2/11
伊豆大島 秋の浜 水深4m


FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/04/25(火) 21:07:52|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハナタツ 「実はわんさか、いたりして」

2006/2/9-2/11の伊豆大島 (67)

浅場の壁面で、ハナタツを教えてもらいました。

今回の大島では、3本目4本目に続いて、3個体目の紹介です。

これまでは「なるべく分かりやすい写真を」と思って撮った写真を紹介してきましたが、今回は通常の??姿をご紹介です。

まわりの色に溶け込んでいますね~。
レ★ハナタツ72.JPG

目が見えているので、かろうじて識別できます。
でもちょっと視線をはずすと、どこにいるか分からなくなってしまいます。

秋の浜の壁面は、サンゴやら海草やらが生えていて、ハナタツが隠れるにはうってつけの場所なのでしょうね。
今回は3個体を紹介しましたが、これだけ隠れ上手ということは、実はもっと、たくさんいるのでしょうね~

次回は自分でも、ハナタツの擬態を見破りたいと思います!

ハナタツ
Hippocampus sindpnis
魚類 トゲウオ目
ヨウジウオ科 タツノオトシゴ亜科
2006/2/11
伊豆大島 秋の浜 水深4m


FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/04/24(月) 22:17:30|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ウミウシの仲間 「クッキー」

2006/2/9-2/11の伊豆大島 (66)

浅場に戻ってきてから、見慣れないウミウシを見せてもらいました。

一見、カイメンのように見えます。
レ★ウミウシの仲間72.JPG

でも触角はあるし、動くし・・・確かにウミウシのようです。
種名は特定できませんでした。

大きさと形から、クッキーを連想してしまいました。

ウミウシもいろいろいます。

ウミウシの仲間
Dorididae sp.
軟体動物 裸鰓目
ドーリス亜目 ドーリス科
2006/2/11
伊豆大島 秋の浜 水深5m


FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/04/24(月) 21:16:26|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イソカサゴ 「近所のかわいい子」

2006/2/9-2/11の伊豆大島 (65)

カイメンの中に、イソカサゴがいました。

イソカサゴは、伊豆近辺ではよく見かける普通種です。
でも、こういう場所にいると絵になる被写体です。

今回も、何箇所かのカイメンを覗いて、探していました。
カイメンの微妙な色合いも、ポイントです。
1レ★イソカサゴ75.JPG


2枚目は光を抑えたショットです。

こう撮ると、イソカサゴの体色も違って見えますね。
2レ★イソカサゴ73.JPG

ちょっと痩せ気味なのが気になりますが・・、絵になるイソカサゴでした。

イソカサゴ
Scorpaenodes littoralis
魚類 カサゴ目 フサカサゴ科
2006/2/11
伊豆大島 秋の浜 水深22m


FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/04/23(日) 20:24:04|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ヨメゴチ 「あっぱれ!です」

2006/2/9-2/11の伊豆大島 (64)

砂地でヨメゴチを見ることが出来ました。

細長い魚です。
1レ★ヨメゴチ78.JPG


背ビレに、大きな斑点があります。
2レ★ヨメゴチ79.JPG


ネズッポ科特有の、「不満がありそうな顔」も、面白いですね。
3レ★ヨメゴチ76.JPG


しかし、この魚の一番の特徴は・・、
大きなヒレ!!
4レ★ヨメゴチ71.JPG



背ビレ、胸ビレ、臀ビレ、尾ビレ・・・全て全開!です。

危険を感じると、このような姿で泳ぎます
おそらく、「ヒレを広げて敵を驚かせて、そのスキに逃げる」という生存戦略なのでしょう。

この姿のまま、方向転換もします。

列車みたい?!
5レ★ヨメゴチ72.JPG

ヒレの大きな個体が生き残って、だんだんとこの姿に進化してきたのでしょうね。

すごいなあ~。
よくぞここまで進化しました。 あっぱれ!です

ヨメゴチ
Calliurichthys japonicus
魚類 スズキ目 ネズッポ科
2006/2/11
伊豆大島 秋の浜 水深25m


FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/04/23(日) 13:47:37|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イロイザリウオ 「どこ行っちゃったの?」

2006/2/9-2/11の伊豆大島 (63)

開けた場所に、イロイザリウオがぽつんと居ました。

殺風景な場所だったので、イザリウオのイエローが目立っていました。
1レ★イロイザリウオ74.JPG


本当に、「ちょこんといる」という感じで・・・、可愛らしかったです。
2レ★イロイザリウオ75.JPG

まず背景を含めて、ワイドに撮影しました。
そして「次は顔のアップを」と、レンズ交換のために目を離したら・・・、

いなくなってしまいました。

隠れる場所もないし、一瞬の間に遠くに行くほど泳ぎは速くないし・・・。
不思議です。 イザリウオもあなどれませんね。

今回の大島では、多くのイザリウオを撮影することが出来ましたが、この個体が最後の紹介です。
大島は「イザリ天国」ですね~。堪能しました。

イロイザリウオ
Antennarius pictus
魚類 アンコウ目 イザリウオ科
2006/2/11
伊豆大島 秋の浜 水深22m


FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/04/22(土) 14:24:45|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ヤマドリ 「ブルーの斑点が」

2006/2/9-2/11の伊豆大島 (62)

砂地にヤマドリがいました。

雌の個体です。
レ★ヤマドリ71.JPG


ヤマドリというとヒレに目が行きますが、体色も綺麗ですね。
ブルーの斑点が鮮やかです。

ヤマドリ
Neosynchiropus ijimai
魚類 スズキ目 ネズッポ科
2006/2/11
伊豆大島 秋の浜 水深19m


FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/04/21(金) 23:36:35|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イカの赤ちゃん 「ちょ~チビ助だ!」

2006/2/9-2/11の伊豆大島 (61)

ガイドさんが浮遊物を見せてくれようとしていました。

「何かな」と思って近寄ってみると・・・、

イカの赤ちゃんでした。

いや~、小さい!
1cm程度だったと思います。
レ★イカの赤ちゃん71.JPG


これまでも何度か、イカの赤ちゃんを見たことがありましたが、今回は特に小さいサイズでした。

こんなに小さくても、「イカだ」とわかりますね。目が特徴的かな?

ゴミが浮いているようにふらふらと、予測不可能な動きをします。

小さいし、よく動くので、これまでは撮影をあきらめていました。
今回はクローズアップレンズを2枚装着して粘ってみました。でも、このショットを撮るのが精一杯・・・。

ちょ~チビ助な、イカの赤ちゃんでした。

イカの仲間
軟体動物
2006/2/11
伊豆大島 秋の浜 水深19m


FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/04/20(木) 22:11:15|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ムカデミノウミウシ 「巻き上がるリボン」

2006/2/9-2/11の伊豆大島 (60)

7本目のダイビング。
エントリーしてすぐに、このウミウシを見つけました。

ムカデミノウミウシです。

綺麗なブルーです。
南の島では地味な色の個体を見かけますが、伊豆や三浦半島ではこのカラーですね。

触角にピントをあわせてシャッターを切ったら、うねりでボディーが吹き上がってしまいました。
1レ★ムカデミノウミウシ72.JPG


ちょっとウミウシ離れした?、リボンのようなウミウシなので、これはこれで絵になります。

ムカデミノウミウシ
Pteraeolidia ianthina
軟体動物
裸鰓目 ミノウミウシ亜目
アオミノウミウシ科
2006/2/11
伊豆大島 秋の浜 水深4m


FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/04/19(水) 22:30:44|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

ベンケイハゼ 「やっぱり口が半開き~」

2006/2/9-2/11の伊豆大島 (59)

浅場の壁面でまた、ベンケイハゼを撮影しました。
実はペアでいたのですが・・・、寄り添う姿を上手く撮れなかったので、1個体を選んで、狙ってみました。

3本目のダイビングで明るめのショットを紹介したので、今回はヒレと目が目立つショットをご紹介します。

まずは右側からのショットです。

この個体は少し、タラコ唇のような気がします??
1レ★ベンケイハゼ68.JPG


2枚目は逆サイドからのショットを。
かなり近寄って撮っているので、警戒していますね。

ベンケイハゼ:『うわ~、迫ってきた! こまったな~』
2レ★ベンケイハゼ6d.JPG


3枚目はさらに寄って!

ベンケイハゼ:『うわっ、さらに来た! ど、どうしよお~~』
3レ★ベンケイハゼ6c.JPG


これ以上近づくと逃げてしまいそうだったので、最後は同じ距離からズームで撮りました。
きょとんとしていますね。

口はいつも半開き!な、ベンケイハゼでした~。
4レ★ベンケイハゼ6e.JPG


ベンケイハゼ
Priolepis cincta
魚類 スズキ目 ハゼ科
ハゼ亜科 イレズミハゼ属
2006/2/11
伊豆大島 秋の浜 水深9m


FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/04/18(火) 22:13:15|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

イロイザリウオ③ 「隠れている訳じゃないのね」

2006/2/9-2/11の伊豆大島 (58)

浅場に戻ってから、イロイザリウオを見せてもらいました。
この6本目のダイビングでは2個体目の撮影です。

岩の間から顔だけを出していました

かわいい。
1レ★イロイザリウオB64.JPG


「でもこれじゃあ、獲物が捕れないでしょう?!
2レ★イロイザリウオB63.JPG


と思ったのですが、上に回りこむと・・・、
捕食できるスペースを、しっかりと確保していました。
3レ★イロイザリウオB65.JPG


自然の中で生きているだけあって、たくましいですね。
1本目に紹介した個体と同じような大きさですが、こちらの方が少しお兄さんのようです。

獲物を狙う目も、ちょっと鋭い!?
4レ★イロイザリウオB66.JPG


イロイザリウオ
Antennarius pictus
魚類 アンコウ目 イザリウオ科
2006/2/11
伊豆大島 秋の浜 水深6m


FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/04/17(月) 21:41:50|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ウミテング 「静かな格闘」

2006/2/9-2/11の伊豆大島 (57)

浅場に戻る砂地で、この生物を教えてもらいました。

1枚目は上空?からのショットです。

ウミテングです。

砂に紛れて分かりづらいですが、赤みのあるボディーと鮮やかな胸ビレで、居場所を認識することが出来ました。
1レ★ウミテング63.JPG


2枚目はもう少し寄って、後ろからのショットです。

魚らしくないシルエットですね~。
体型の通り、泳ぐのが得意ではない魚です。
でも写真を撮ろうとすると、ジリジリと動いてなかなか正面から撮らせてくれません。
2レ★ウミテング66.JPG


この時も正面に回ろうとする僕と、そうはさせじとするウミテングの間で、静かな格闘が繰り広げられました。

どうやらストロボのターゲットライトの光に反応しているように思えたので、消して寄ってみると・・・、

ようやく横顔を撮らせてくれました。

名前の通りの天狗鼻です。
そして網目模様のゴツゴツしたボディーに、大きな眼・・・オモチャのようです
3レ★ウミテング68.JPG


寄り方が分かったので、これからは色々な表情を狙ってみたいと思います。

ウミテング
Eurypegasus draconis
魚類 トゲウオ目
ウミテング科
2006/2/11
伊豆大島 秋の浜 水深22m


FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/04/16(日) 18:49:45|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ヒラムシの仲間 「似て非なるもの」

2006/2/9-2/11の伊豆大島 (56)

ヒラムシを教えてもらいました。
白いボディーに緑のフチがヒラヒラした個体です。

大島では良く見かけるタイプだと思います。
1レ★ヒラムシの仲間63.JPG


「あれ、ウミウシとは違うの?」

と思われた方もいるかと思いますが、ヒラムシは「扁形動物」に分類される生物です。
軟体動物に分類され、「貝殻を脱ぎ捨てた巻貝」と言われるウミウシとは分類的にはかなり離れた存在です。

良く見ると、ウミウシでは特徴的な「鰓」がなかったり、ウミウシよりも体が薄かったりするので、見分けることができます。
でも似ていますよね~。生息場所が近いからなのでしょうか。
2レ★ヒラムシの仲間64.JPG

ヒラムシの仲間
扁形動物 渦虫綱
2006/2/11
伊豆大島 秋の浜 水深9m


FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/04/16(日) 16:01:48|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オオモンイザリウオ 「張り込み中」

2006/2/9-2/11の伊豆大島 (55)

オオモンイザリウオです。

岩の窪みに張り付いていました。
1レ★オオモンイザリウオ61.JPG


低い姿勢で、獲物を待っていました。

張り込みをしているように見えます。
2レ★オオモンイザリウオ62.JPG


まだ若い個体です。
付着物がほとんどなく、綺麗なすべすべ肌?です。
3レ★オオモンイザリウオ63_r1.jpg


今回の大島では、4種類のイザリウオを撮影することが出来ました。
ソウシイザリウオ
イロイザリウオ
ベニイザリウオ
・オオモンイザリウオ

オオモンはベニやイロに比べると、個体数が少ないと思います。
この大きさの個体を撮影するのは、久しぶりです。

最後は顔のアップを。
顔のパーツが狭い範囲に集まっていますね。かわいらしい表情です。
4レ★オオモンイザリウオ66.JPG

でもこの個体も、大きくなると貫禄ある風貌になるのでしょうね~。
無事に成長して欲しいです。

オオモンイザリウオ
Antennarius commersoni
魚類 アンコウ目 イザリウオ科
2006/2/11
伊豆大島 秋の浜 水深25m


FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/04/15(土) 17:16:55|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

スジハナダイ 「見とれちゃダメ」

2006/2/9-2/11の伊豆大島 (54)

この6本目は、「ハナダイを撮りに行きましょう」というダイビングでした。
ハナダイの仲間は美しい種類が多いので、写真を撮るダイバーには人気があります。

でも僕はいくつかの事情により・・・、ハナダイを撮ることはあまりありません
このblogでは”景観の一部”として、群れを紹介したくらいかもしれませんね。
そんな僕が珍しく、単体で撮影したのがこのハナダイです。


スジハナダイです。

近づくと隠れてしまいそうだったので、ストロボがなんとか届く距離で、撮影しました。
1レ★スジハナダイ62.JPG


尾ビレが長いハナダイです。

名前の通り、体側に太い紅いラインが入っています。
2レ★スジハナダイ63_r1.jpg


ストロボ光でオレンジ色のボディーが浮き上がっています

妖艶な雰囲気になりました。

ハナダイには魅了されないようにしないと・・・。
3レ★スジハナダイ61.JPG

スジハナダイ
Pseudanthias fasciatus
魚類 スズキ目 ハタ科
2006/2/11
伊豆大島 秋の浜 水深25m


FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/04/13(木) 21:19:58|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サガミコネコウミウシ 「子猫が産卵?!」

2006/2/9-2/11の伊豆大島 (53)

狭い岩穴にいる、かわいらしいウミウシを教えてもらいました。

頭を穴の奥に突っ込んでいました。
ストロボがつかえちゃうんですよねえ・・・撮りづらかった。

なので花びらのような鰓をメインに、撮りました。
1レ★サガミコネコウミウシ64.JPG


実は僕は、ウミウシよりも先に、
に気が付きました。

おそらく、このウミウシの卵でしょうね。
真っ白な卵です。
2レ★サガミコネコウミウシ62.JPG

このウミウシはサガミコネコウミウシではないかと思います。
でも同定に自信がありません・・・。

サガミコネコだとしたら、子猫の産卵?!ということになりますね~。

サガミコネコウミウシ
Goniodoris felis
軟体動物 裸鰓目
ドーリス亜目 ネコジタウミウシ科
2006/2/11
伊豆大島 秋の浜 水深22m


FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/04/12(水) 22:19:51|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イロイザリウオ② 「ちゃんと撮れてるか~」

2006/2/9-2/11の伊豆大島 (52)

絵になる場所にいたオレンジ色のイロイザリウオ

その①では横顔を紹介しましたが、今度は正面顔です。
向き合ってお話?しながら、じっくりと撮影しました。

真壁 :『はーい、撮りますよ~』

イザリ:『カッコ良く撮ってくれよ~! トサカに寄り添ったほうがいいかなあ??
1レ★イロイザリウオA61.JPG


真壁 :『顔つくらなくてもいいですよ~ 普通にふつうに!』

イザリ:『そ、そうか? こんな感じかな?? な~んか肩に力が入るなあ~
2レ★イロイザリウオA63.JPG


真壁 :『は~い、終わりで~す』

イザリ:『ええっ、もう終わりぃ?! ちゃんと撮れたのかぁ!? オイラにも見せてくれ~~!
3レ★イロイザリウオA66.JPG


正面顔はやっぱり面白い、イロイザリウオでした。

イロイザリウオ
Antennarius pictus
魚類 アンコウ目 イザリウオ科
2006/2/11
伊豆大島 秋の浜 水深29m


FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/04/11(火) 21:42:01|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

イロイザリウオ① 「渋いね~、横顔」

2006/2/9-2/11の伊豆大島 (51)

6本目のダイビングで最初に撮影したのが、オレンジ色のイロイザリウオでした。

広い斜面に点在する岩の1つに、ちょこんと乗っていました。

荒涼とした景色の中で、トサカのとイロイザリウオのオレンジが目立っていました。
1レ★イロイザリウオA67.JPG


広い海でポツンと、獲物を待つイロイザリウオ。

渋~い横顔です。
2レ★イロイザリウオA68.JPG


絵になる場所に居たので、対話?しながらじっくり撮影しました。

その②に続きます!

イロイザリウオ
Antennarius pictus
魚類 アンコウ目 イザリウオ科
2006/2/11
伊豆大島 秋の浜 水深29m

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/04/10(月) 22:41:24|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トウシマコケギンポ 「お花見」

2006/2/9-2/11の伊豆大島 (50)

秋の浜の浅場と言えば、ギンポ団地

グリーンのサンゴの岩に、トウシマコケギンポがたくさん、住み着いています。
今回はその中の1個体を、青抜きで撮ってみました。

桜の木のようなカンザシゴカイのすぐ近くで、顔を出していました。

お花見の特等席ですね~。
レ★トウシマコケギンポ54.JPG


今回の大島ではコケギンポの仲間を色々と紹介してきましたが、この子が普通の?、トウシマコケギンポです。

トウシマコケギンポ
Neoclinus toshimaensis
魚類 スズキ目 コケギンポ科
2006/2/10
伊豆大島 秋の浜 水深5m


FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/04/09(日) 17:16:56|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ヒドロ虫の仲間 「黒抜きで・・・幻想的!」

2006/2/9-2/11の伊豆大島 (49)

5本目のダイビングも、いよいよ終わりに近づいてきました。
浅場の壁面で僕が探していたのが、2本目のダイビングでも紹介したヒドロ虫の仲間です。

今度は壁面にはえて??いる群生を、
横から黒抜きで撮影!
レ★ヒドロ虫52_r1.jpg

う~ん、幻想的!

以前から狙っていたショットです。

このヒドロ虫は、遠目から見ると地味で目立たないのですが、クローズアップでは魅力的な被写体になります。

いいな~~。

刺胞動物
ヒドロ虫綱
2006/2/10
伊豆大島 秋の浜 水深5m


FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/04/08(土) 22:51:50|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヒメギンポ 「化粧」

2006/2/9-2/11の伊豆大島 (48)

ヒメギンポがいました。

雌の婚姻色です。
繁殖シーズンだけ、ボディーの色が濃くなって、オレンジ色が目立つようになります。
1レ★ヒメギンポ56_r1.jpg


アンダー気味に、オレンジ色が目立つように撮ってみました。

警戒しているのか、なかなか正面から撮らせてくれません。
2レ★ヒメギンポ54.JPG


ゆっくり近づいて、斜め後ろから、顔のアップを。

背ビレをぴーんと立てて、崖の向こうを見ています。
カッコイイ雄がいたのかな??

ほっぺのブルーも、キラキラしていて綺麗!
3レ★ヒメギンポ58_r1.jpg


回り込んで、横顔を。

胸ビレにも少し、色が入っています。
4レ★ヒメギンポ5a.JPG


最後にようやく、正面から全身を捉えることが出来ました。

オレンジ色が、妖しく浮き上がっています。
5レ★ヒメギンポ5c.JPG

全身をお化粧した、ヒメギンポでした~。


ヒメギンポ
Gracilopterygion bapturum
魚類 スズキ目 ヘビギンポ科
2006/2/10
伊豆大島 秋の浜 水深9m


FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/04/08(土) 16:49:05|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウツボの仲間 「見まもる」

2006/2/9-2/11の伊豆大島 (47)

浅場の壁の穴から、ウツボが顔を出していました。
1レ★ウツボの仲間53.JPG


なかなか愛嬌のある顔です。

最初は一匹しか気が付かなかったのですが、
奥にも顔を出している個体がいました。

分かりますか?
2レ★ウツボの仲間51.JPG


じっと、手前の個体を見つめているように見えます。

写真が暗いせいか、ストーカーのようにも見えます・・。
でも手前の個体もまんざらではない様子??
3レ★ウツボの仲間52.JPG

ウツボの仲間というと、怖いイメージの写真を撮ることが多かったのですが、今回は微笑ましい一面を見せてもらいました。

ウツボの仲間
魚類 ウナギ目 ウツボ科
2006/2/10
伊豆大島 秋の浜 水深9m


FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/04/06(木) 21:50:22|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タスジウミシダウバウオ 「落涙」

2006/2/9-2/11の伊豆大島 (46)

タスジウミシダウバウオを見せてもらいました。

真っ黒なウミシダに付いていました。
ウバウオのボディーもまた黒いので、黄色のラインだけが鮮やかに光っていました。

なのでアンダー気味で、ラインを強調した写真を狙ってみました。
1レ★タスジウミシダウバウオ5a_r1.jpg


水中では、ウミシダウバウオだと思っていたのですが、口の尖り方が、違うようです。
タスジウミシダウバウオを意識して撮影したのは、今回が初めてです。

2枚目は横顔を。

眼が悲しげな感じです。
そしてウミシダの模様なのか、眼の下に涙が落ちているような点が見えます
2レ★タスジウミシダウバウオ59_r1.jpg

ラインの形もあいまって、「竹久夢二か?、銀河鉄道999か??」と、想像が膨らんでしまいました。

今回の伊豆大島の中でも、お気に入りの写真です。

タスジウミシダウバウオ
Discotrema lineata
魚類 スズキ目 ウバウオ科
2006/2/10
伊豆大島 秋の浜 水深14m


FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/04/05(水) 21:09:00|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

クビアカハゼ 「一瞬の早わざ」

2006/2/9-2/11の伊豆大島 (45)

15mの砂地で、クビアカハゼを撮影しました。

首が赤~い
1レ★クビアカハゼ51.JPG


鮮やかな個体でした。
一定の距離から、ゆっくり、ゆっくり近づいて撮影しました。
でも、ある距離まで来たときに・・・、

隠れました!
2レ★クビアカハゼ54.JPG


巣穴に入ってしまいました。
尾ビレだけが見えています。

一瞬の早わざでした。


クビアカハゼ
Amblyeleotris periophthalma
魚類 スズキ目
ハゼ科 ハゼ亜科 ダテハゼ属
2006/2/10
伊豆大島 秋の浜 水深15m


FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/04/04(火) 22:11:27|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コケギンポの仲間② 「進化の過程」

2006/2/9-2/11の伊豆大島 (44)

コケギンポの仲間を、続けてご紹介します。
その①の個体の、すぐ近くにいました。

これまた鮮やかな体色の個体です。

その①の個体よりは、トサカがしっかりしています。
でも、トウシマコケギンポほどはトサカが密集していません・・。
3本目に紹介した個体からトウシマコケギンポまで並べて見てみると、なんだか「進化の過程」のようで、面白いです。
1レ★コケギンポの仲間B53.JPG


この個体も表情豊かでした。

2枚目は、思案顔
2レ★コケギンポの仲間B52.JPG

今回の大島で、コケギンポの仲間に様々なバリエーションがあることが分かりました。
奥が深いですね~。

ますますハマりそうです!

コケギンポ科の1種
Chaenopsidae sp.
魚類 スズキ目
コケギンポ科
2006/2/10
伊豆大島 秋の浜 水深12m


FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/04/03(月) 21:31:12|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

コケギンポの仲間① 「紅白くちびる」

2006/2/9-2/11の伊豆大島 (43)

またまたコケギンポの仲間を見せてもらいました。

この個体は紅い!
1レ★コケギンポの仲間A59.JPG


あざやかな体色です。
唇が紅白模様ですね~。
2レ★コケギンポの仲間A58.JPG

トウシマコケギンポよりも、トサカが薄いタイプです。
でも3本目に紹介した個体ほどは薄くない・・。

この仲間もイロイロといるのですねえ。

表情の面白さは、こちらも負けていません。

眼をクルリと上に向けて、変な顔~!
3レ★コケギンポの仲間A57.JPG


そしてにょにょ~んと頭を出して、外の様子をうかがいます。

ボディーの色が鮮やか!
4レ★コケギンポの仲間A52.JPG


最後は決め顔。
ほっぺがキラキラしていて綺麗!
5レ★コケギンポの仲間A51.JPG

美形のコケギンポでした。

コケギンポ科の1種
Chaenopsidae sp.
魚類 スズキ目
コケギンポ科
2006/2/10
伊豆大島 秋の浜 水深13m


FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/04/02(日) 18:22:09|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

mak

Author:mak
写真、ダイビングそして読書を楽しむ、ごく普通のサラリーマンです。
詳しくは作者紹介をご覧ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

あわせて読みたい