真壁海中写真館

Underwater Photography

ヘビギンポ 「勉強不足で・・」

2006/2/9-2/11の伊豆大島 (10)

浅場に戻ってから、ヘビギンポを見かけました。

ヘビギンポには様々なタイプのものがいるので、

「おっ、これは珍しいタイプか?!」

と、ドキドキしながら撮影しました。
上がってからデジカメ画像で確認したら、
1レ★ヘビギンポ13.JPG


普通のヘビギンポでした・・・。
2レ★ヘビギンポ12.JPG


う~ん、勉強不足だなあ。

でもかわいらしくて好きなので、掲載!です。

ヘビギンポ
Enneapterygius etheostomus
魚類 スズキ目 ヘビギンポ科
2006/2/9
伊豆大島 秋の浜 水深5m

スポンサーサイト

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/02/28(火) 20:11:41|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イロイザリウオ 「目が子供」

2006/2/9-2/11の伊豆大島 (9)

秋の浜での1本目では、置物のようなゼブラ模様のソウシイザリウオに出会うことが出来ましたが、定番のこのイザリウオもしっかり、いました。

イロイザリウオです。

まだ子供の個体ですね。
イザリウオは、子供の時は黒目が小さいように思います。
1レ★イロイザリウオ12.JPG


でも2枚目の角度で見ると、獲物を狙っているハンターの風格があります。

指先だけが白い手?も、チャームポイントです。
2レ★イロイザリウオ14.JPG


3枚目はアップで。
白いエスカ(疑似餌)が頭の上に見えています。

頑張れハンター!
3レ★イロイザリウオ13.JPG

イロイザリウオ
Antennarius pictus
魚類 アンコウ目 イザリウオ科
2006/2/9
伊豆大島 秋の浜 水深7m

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/02/28(火) 19:12:11|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ネコザメ② 「楽園ベイベー」

2006/2/9-2/11の伊豆大島 (8)

またまたネコザメに出会いました。

今度は、赤ちゃん!
1レ★ネコザメ小12.JPG


いや~、小さかった!
ネコザメの孵化シーンは見たことがないのですが、この個体は孵化からあまり時間が経っていないのでは??

良い場所にいてくれたので、フィッシュアイレンズで近寄ってみました。
でも、あまりに近づきすぎたので・・・・、

跳びました!
2レ★ネコザメ小13.JPG


びっくりしました。
でも、この子のほうが、怖い思いをしていたのでしょうね。

あまり泳ぎに慣れていないのか?、数十cmだけ移動して、

着地。
3レ★ネコザメ小15.JPG

斜め後ろから撮ると、脚??が長~い!

人間などは、赤ちゃんのほうが頭が大きいですが、ネコザメは大人になるほど、頭が大きくなるのですね~。
その①で紹介した大人の個体と比べると、体のバランスが良いように見えます。

4枚目は正面から。

表情もあどけない!
4レ★ネコザメ小1a.JPG


5枚目はもう少し近寄っての撮影です。

良い場所に着地してくれました。

光が射し込んできて、良い感じです。

撮影している僕の頭の中には、『楽園ベイベー』のフレーズとメロディーが流れていました。
5レ★ネコザメ小17.JPG

幸せな気持ちにさせてくれる、子ネコちゃんでした~。

ネコザメ
Heterodontus japonicus
魚類 ネコザメ目 ネコザメ科
2006/2/9
伊豆大島 秋の浜 水深24m

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/02/27(月) 21:02:42|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ソウシイザリウオ 「ゼブラだ~!」

2006/2/9-2/11の伊豆大島 (7)

今回の大島ダイビングの直前に「出物情報」をチェックすると、まずこの魚が話題になっていました。

けっこう場所を移動しているということで、遭遇できるか心配していたのですが・・・、大丈夫でした!
1レ★ソウシイザリウオ1n.JPG


ゼブラ模様のソウシイザリウオです!

このタイプのソウシイザリウオを撮影するのは、僕は始めてです。

岩の間の窪みの、奥のほうに鎮座しておられました。
ひと抱えくらいのサイズでした。40cm級だと思います。

奥行きのある窪みだったので、ストロボを当てるのが難しかったです。

でもなんとかこの特徴的な模様を、写真に納めることが出来ました。
2レ★ソウシイザリウオ1k.JPG


ズームを使って、アップも狙ってみました。

宝石のような目も特徴的ですが、やっぱり模様が面白いですね~
3レ★ソウシイザリウオ1p.JPG


1本目から遭遇することが出来てラッキーでした!!


ソウシイザリウオ
Antennarius scriptissimus
魚類 アンコウ目 イザリウオ科
2006/2/9
伊豆大島 秋の浜 水深18m

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/02/26(日) 17:09:42|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

サツマカサゴ 「ワルなチビ助」

2006/2/9-2/11の伊豆大島 (6)

サツマカサゴの幼魚を教えてもらいました。

1枚目は横からのショットです。
地味な色でした。八丈島で撮影した白い個体のほうが、まだ分かりやすかった・・。
サツマカサゴ15.JPG


でも良く見ると、白目と胸ビレが分かると思います。
サツマカサゴの幼魚は、小さいのに「ワルい顔」をしていて・・・、かわいらしく見えます。

2枚目は正面顔を。
鋭い眼でにらまれてしまいました。

ミニラのよう??
サツマカサゴ14.JPG

サツマカサゴ
Scorpaenopsis neglecta
魚類 カサゴ目 フサカサゴ科
2006/2/9
伊豆大島 秋の浜 水深26m


テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/02/25(土) 18:24:38|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウデフリツノザヤウミウシ 「ウミウシですから~」

2006/2/9-2/11の伊豆大島 (5)

ウデフリツノザヤウミウシを見せてもらいました。

大島では始めての出会いです。
12/8に伊豆海洋公園で見た個体よりは、小ぶりな個体でした。2cm代の大きさでしょうか。
ウデフリツノザヤウミウシ14.JPG


小ぶりでも、ウネリに負けないように、踏ん張っていましたよ。

黄色いボディーが透き通っていて、綺麗ですね。
ウデフリツノザヤウミウシ17.JPG


も少し強いウネリを受けて、不思議な格好に・・・。軟体動物ですね~。
ウデフリツノザヤウミウシ19.JPG


角度のせいかこのピカチュウは、ウシらし~く見えました。
ウデフリツノザヤウミウシ1a.JPG



『モ~~!!』
ウデフリツノザヤウミウシ16.JPG

ウデフリツノザヤウミウシ
Thecacera pacifica
軟体動物 裸鰓目 ドーリス亜目
フジタウミウシ科 フジタウミウシ亜科
2006/2/9
伊豆大島 秋の浜 水深29m

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/02/24(金) 19:14:41|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

イズカサゴ 「広場で向き合う」

2006/2/9-2/11の伊豆大島 (4)

広場のように開けた場所に、カサゴがポツンとたたずんでいました。

イズカサゴだそうです。

これまでも出会っていたのかもしれませんが、意識して撮影したのは今回が初めてです。
イズカサゴ13.JPG


良い場所にいたので、じっくりと向き合って撮影しました。

2枚目は、左の横顔を。
イズカサゴ15.JPG


3枚目は正面顔を。

意思の強そうな、がっしりした口です。
イズカサゴ14.JPG


最後はアップで、右の横顔を。
イズカサゴ11.JPG

パっと見は地味ですが、紅いボディーと立派なヒレが、なかなか写真映えする魚です。

イズカサゴ
Scorpaena izensis
魚類 カサゴ目 フサカサゴ科
2006/2/9
伊豆大島 秋の浜 水深24m

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/02/23(木) 21:01:30|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

サンゴトラギス 「広い視点でね!」

2006/2/9-2/11の伊豆大島 (3)

砂地でキスを教えてもらいました。

サンゴトラギスという種類のようです。

砂地に住むハゼは、注意して見ているのですが、キスにはあまり注意を向けていませんでした。

透明感のあるボディーに、背中の紅色模様が綺麗ですね。

この種類は、大島では数が少ないそうです。
サンゴトラギス15.JPG


顔をアップで撮ってみると・・・、下あごが突き出していて、面白い顔をしています。
サンゴトラギス13.JPG

キスにも面白い種類がいるのですね。勉強不足でした。

「もっと広い視点で被写体を探してみよう!」と反省させられた被写体でした。

サンゴトラギス
Parapercis multiplicata
魚類 スズキ目 トラギス科
2006/2/9
伊豆大島 秋の浜 水深20m

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/02/22(水) 20:04:12|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ネコザメ① 「かあちゃん」

2006/2/9-2/11の伊豆大島 (2)

2月の伊豆大島寒稽古、最初にカメラを向けたのはこの被写体でした。

ネコザメです。
ネコザメ大11.JPG



砂地に寝転がっていました。
いきなり近づくと、逃げてしまうかと思ったのですが・・・、

平気でした。
ネコザメ大12.JPG


砂地の目立つ場所で、頭と体のバランスが独特のこの体を、横たえていました。

この付近に、ネコザメが卵を産み付ける場所があるそうです。
ひょっとしたら、この個体も産卵に来たのかもしれません
ネコザメ大13.JPG


そう思うと、「かあちゃん」らしい、堂々たる風格に見えてきました。

フィッシュアイレンズを付けて数センチの距離から撮影しても、びくともしません
ネコザメ大14.JPG


『何よ~、どかないわよ~』
ネコザメ大16.JPG

と、睨まれてしまいました。

面白い個体でした。

ネコザメ
Heterodontus japonicus
魚類 ネコザメ目 ネコザメ科
2006/2/9
伊豆大島 秋の浜 水深19m



テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/02/21(火) 23:02:56|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2006/2/9-2/11の伊豆大島ダイビング(イントロ)

2006/2/9-2/11の伊豆大島 (1)

2/9-2/11の間、2泊3日の日程で伊豆大島に行ってきました。

真冬の平日・・・、それも「とにかく潜る!」という、ダイバー以外の方には理解しづらい??旅を実行してしまいました。
最近何故か、「しっかりと写真を撮ってみたい!」と、妙にやる気が出てきたので・・・。

この日程に付き合っていただくのも悪いと思ったので、一人で行ってきました。
一人合宿・・寒稽古!です。

前日まで風が強かったのですが、竹芝発のジェット船は予定通り出航してくれました。
初めて利用しましたが、この時期の平日でも、お客さんが多いのですね。「椿祭り」の影響でしょうか。

大島は近いですね。そしてジェット船は速い!10時には島に到着しました。

これだけ近く、楽しいポイントなのに、1年半も遠ざかっていました
久しぶりだったので楽しみ!

さっそく1本目のダイビングに出発です!!

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/02/21(火) 22:03:45|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

1週間ほど、お休みします


仕事で自宅を離れるため、1週間ほどこちらを留守にします。

たびたびの休載ですが・・・、これが終わればひと段落つくと思いますので、お見捨てなく~!
  1. 2006/02/14(火) 22:34:13|
  2. ★このブログについて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

<動画>キンメモドキの群れ 3本!

2006/1/20の伊豆海洋公園 (11)

みっちりと時間をかけて撮影したキンメモドキの群れ

動画も撮りました。一挙に3本、紹介です!

<動画(1)> 「海底から湧き上がる」 6.23MB 22秒
 海底から湧き上がって水面に浮かんで行く、泡のようなキンメモドキの群れを表現してみました。

<動画(2)> 「群れの一員」 5.91MB 21秒
 群れの中に入ってみました。
 群れの一員のフリをして、一緒にフワリフワリと漂いながら、撮影しました。

<動画(3)> 「降ってくる」 4.23MB 15秒
 アオり気味に撮ってみました。
 雲から雨が降ってくるみたい??

この被写体は手ごわいので、これからも狙ってみます!

キンメモドキ
Parapriacanthus ransonneti
魚類 スズキ目 ハタンポ科
2006/1/20
伊豆海洋公園 1番の根 水深8m

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/02/14(火) 22:11:23|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キンメモドキ② 「群れの中で」

2006/1/20の伊豆海洋公園 (10)

泡のようにたくさんいたキンメモドキ

その群れの中に入り込んで撮影してみました。

それでも小さいですね~。
KINMEMODOKI060120F


2枚目で、どんな形の魚だか、分かるでしょうか。
お腹と頭以外は、スケスケボディーの魚です。
KINMEMODOKI060120G


1枚目、2枚目までは水面に向いた撮影ですが、
3枚目は、海底に向けて撮ってみました。
海の色が濃く写りました。
KINMEMODOKI060120H

こういう撮影をしている時は、群れの一員になったつもりで撮っています。
でも、魚たちにしてみれば脅威でしょうね・・。

キンメモドキ
Parapriacanthus ransonneti
魚類 スズキ目 ハタンポ科
2006/1/20
伊豆海洋公園 1番の根 水深8m

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/02/13(月) 21:07:10|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キンメモドキ① 「群れの生活」

2006/1/20の伊豆海洋公園 (9)

浅場にキンメモドキの群れがいました。

銀色のボディーに陽があたって、泡のようです。
kinmemodoki060120a


12/2の写真でも紹介しましたが、場所が変わっていました。
同じ群れなのか、別なのかは分かりません。

それにしても・・・、無数にいました。

ゴミのように見えるのが全て、キンメモドキです。
kinmemodoki060120b


浅場の海でみんなで集まって、のんびり漂っているように見えますね~。
kinmemodoki060120c


でもそんな風に思うのは、人間の勝手な想像で・・・、

捕食者の襲撃にも警戒しなければいけません。

群れで生活するのも、楽ではないようです。
kinmemodoki060120d


小さな魚の群れというのは幻想的なのですが、なかなか撮影が難しいです・・。

1本目、2本目とも帰りに寄ったのですが、あわせて20分以上、撮影してしまいましたよ。
kinmemodoki060120e

たくさん撮ったので・・、その②に続きます!

キンメモドキ
Parapriacanthus ransonneti
魚類 スズキ目 ハタンポ科
2006/1/20
伊豆海洋公園 1番の根 水深8m

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/02/12(日) 13:23:17|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

伊豆大島寒稽古、無事帰ってきました!

木曜日からの伊豆大島ダイビング、無事帰ってきました。

いや~、寒かった!

でも楽しかった!

この時期の平日は良いですねえ~。そして大島は魅力たっぷり!
書きたいこと満載のダイビングでした。

ゆるりと連載していきます。
  1. 2006/02/11(土) 21:54:16|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

明日2/9木から伊豆大島で潜ってきます!

明日2/9木から、伊豆大島に行ってきます。

大島でのダイビングは久しぶりなので、楽しみです。

冬の平日の海を、じっくりと潜ってきます。
寒稽古という感じですが・・・。

帰ったら報告します!
  1. 2006/02/08(水) 22:32:09|
  2. ●伊豆大島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マアジ 「砂地で集会」

2006/1/20の伊豆海洋公園 (8)

砂地で何か、気配を感じました。

魚の群れです。

マアジだと思います。
maaji060120a


なぜか、砂地で固まっていました。
砂地で、しかもじっと固まっているマアジを見るのは初めてです。

何をしていたのでしょう?

寒かったので寄り添っていたのでしょうか。
みんなで集まって、相談しているようにも見えました。

これだけいても、砂地の色に溶け込んでいて、あまり目立ちませんでした。
maaji060120b



結束が固かったこの群れも、僕がもうひとかき近づくと、動揺して崩れ始めました。
maaji060120c


最後はストロボが届く距離まで近づいて、パシリと。

砂地とマアジの銀色のボディーが、幻想的な光景でした。
maaji060120d


マアジ
Trachurus japonicus
魚類 スズキ目 アジ科
2006/1/20
伊豆海洋公園 1番の根 水深19m


テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/02/07(火) 21:54:22|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

サフランイロウミウシ 「ケーキ?花びら?」

2006/1/20の伊豆海洋公園 (7)

これまた撮りづらい場所に、かわいいウミウシがいました。

サフランイロウミウシのようです。

僕にとってはおそらく、初遭遇!のウミウシです。

見て最初に、「ケーキみたいだなあ、美味しそうだなあ~」
と思ってしまいました。きっと、お腹がすいていたのでしょうね・・。
safuran060120a


2枚目のようにアンダー気味に撮るのも面白いかな、と思いました。
safuran060120b


3枚目はアップで。
外套膜がヒラヒラして綺麗です。
やっぱり花びらのように見えるかな??

鰓もイソギンチャクのように全開!でした。
ちなみに、鰓の中央に見える穴が肛門です。どのように排泄するかは分かりません・・。
safuran060120c


最後は再びアンダーで、劇画風に。
safuran060120d

イエローベースにオレンジの縁どりが綺麗な、ウミウシでした。

サフランイロウミウシ
Noumea crocea
軟体動物 裸鰓目
ドーリス亜目 イロウミウシ科
2006/1/20
伊豆海洋公園 1番の根 水深30m

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/02/06(月) 22:31:46|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

メキシクロミス・マリーイ 「追いかけっこ」

2006/1/20の伊豆海洋公園 (6)

かわいらしいウミウシを見せてもらいました。

狭い岩の間にペアでいたのですが、お互い、同じ方向を向いていました。
marii060120a


追いかけっこをしているように見えてしまいました。

イガイガのカイメンも、面白い雰囲気でしたよ。
marii060120b


このウミウシの大きさは1cm台だったと思います。

図鑑で調べた範囲では、メキシクロミス・マリーイではないかと思うのですが、どうでしょうか。
marii060120c


メキシクロミス・マリーイ
Mexichromis mariei
軟体動物 裸鰓目
ドーリス亜目 イロウミウシ科
2006/1/20
伊豆海洋公園 1番の根 水深24m

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/02/05(日) 19:48:08|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トサカで練習② 「青抜き」

2006/1/20の伊豆海洋公園 (5)

2本目もトサカで撮影練習しました。
1本目では黒抜きの写真を紹介したので、今回は青抜きで。
tosaka060120b

こう撮ると、わた菓子のように、フワフワした感じに見えますね。

2006/1/20
伊豆海洋公園 1番の根 水深26m

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/02/05(日) 10:26:49|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

オルトマンワラエビ 「よっ、頑張れよ!」

2006/1/20の伊豆海洋公園 (4)

2本目はまず、オルトマンワラエビで撮影練習しました。

「よっ、写真の練習かい。頑張れよ!」

と、手?をあげて励ましてくれました。
orutoman060120

よく見かける種類ですが、背景も含め、いろいろと考えて撮らないといけない被写体です。

オルトマンワラエビ
Chirostylus ortmanii
節足動物 異尾類
ワラエビ科 ムギワラエビ属
2006/1/20
伊豆海洋公園 1番の根 水深26m

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/02/04(土) 16:13:15|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

mak

Author:mak
写真、ダイビングそして読書を楽しむ、ごく普通のサラリーマンです。
詳しくは作者紹介をご覧ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

あわせて読みたい