真壁海中写真館

Underwater Photography

週末までお休みします


またまた、仕事の都合で自宅を離れるため、週末までこちらを留守にいたします。

今月二度目の休載ですが、ご容赦ください。

週末に復活します!
スポンサーサイト
  1. 2006/01/30(月) 05:53:36|
  2. ★このブログについて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハナミドリガイ 「銀河系」

2006/1/20の伊豆海洋公園 (3)

ハナミドリガイを見せてもらいました。

形は陸上の親戚、ナメクジのようですが、

色が鮮やか!

宇宙を連想してしまいました。
hanamidorigai060120a


良い場所にいてくれました。

2枚目からは青抜きで!
hanamidorigai060120b


ボディーはぬいぐるみのような質感に見えます。
hanamidorigai060120c


伊豆海洋公園の海中は、真冬でも色が溢れています。
hanamidorigai060120d


ハナミドリガイ
Thuridilla splendens
軟体動物 襄舌目
ゴクラクミドリガイ上科
ゴクラクミドリガイ科
2006/1/20
伊豆海洋公園 ブリマチ方面 水深24m

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/01/29(日) 21:07:02|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

インターネットウミウシ 「どうしてここに?」

2006/1/20の伊豆海洋公園 (2)

ブラブラと散策していた時に、真っ黒なスナイソギンチャクを見かけました。

「珍しい色だなあ」と思って、中にエビでも隠れていないかと覗いたら・・・、

ウミウシが乗っかっているのに気がつきました。
ウミウシが大きかったので、最初は気が付きませんでしたよ。

どうしてこんな場所にいるのでしょう??

まさかイソギンチャクを食べている??
internet060120a

スナイソギンチャクは毒性が強いと聞いているのですが・・、
イソギンチャクの色のこともあり、「ひょっとして」と思ってしまいました。

見ようによっては、イソギンチャクの「ふた」がはずれたようにも見えます。

撮影している時は、「パイナップルウミウシかな」と思っていました。

でも図鑑で確認すると、インターネットウミウシのようです。

伊豆海洋公園ではよく見かけられるようですが、僕は初遭遇!のウミウシです。
名前が変わっているので、以前から見たいと思っていた種類です。
名前の通り、網の目模様ですね~~。
internet060120b

2度びっくりさせられたウミウシでした。

インターネットウミウシ
Halgerda okinawa
軟体動物 裸鰓目
ドーリス亜目 ドーリス科
2006/1/20
伊豆海洋公園 ブリマチ方面 水深34m


テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/01/29(日) 16:32:10|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

トサカで練習① 「黒抜き」

2006/1/20の伊豆海洋公園 (1)

まずはトサカで撮影の練習をしました。

いつもワイド系で撮ることが多いので、クローズアップを狙ってみました。

もっと寄ったほうが、面白い写真になりそうですね。
tosaka060120a

まずは黒抜きの写真を紹介しました。

その②に続きます。

2006/1/20
伊豆海洋公園 ブリマチ方面 水深31m

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/01/29(日) 12:22:44|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

闇と光と・・・洞窟の部屋

海中の洞窟や地形の写真がたまったので、ここにまとめることにします。
*********************************************

(8)サイパン・グロット(05/8) その① その② その③ その④

(7)八丈島・底土三叉アーチ(05/6) その① その②

(6)メキシコ・ラパス(04/9)

(5)伊豆大島・野田浜(03/8)

(4)西伊豆 雲見・牛着岩(01/12)

(3)小笠原 南島・満蔵の穴(01/8)

(2)沖縄 屋嘉比島・タカチンシ洞窟(01/6)

(1)東伊豆 熱海・小曽我洞窟(99/12)

旧「闇と光と・・・洞窟の部屋」トップページ

*********************************************

う~ん、幻想的!

今後、リンクを追加していく予定です!

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/01/28(土) 17:38:16|
  2. ◆洞窟も撮ってます!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初観戦! 大相撲一月場所14日目

たまにはスポーツ観戦の話を書いてみます。

1/21土、大相撲を見に行きました。

この日の東京は
前日、伊豆の海で潜った僕は、一日違いの景色の急変に驚きながら、両国・国技館まで足を運びました。

僕は初めての相撲観戦です。

国技館の中に入って最初の印象は、「土俵って小さいな~」ということでした。

力士と観客の距離も近いのですねえ。
国技館全体がすり鉢のような形なので、2階席で見ていた僕でも十分、楽しむことが出来ました。
上位の有名力士や、審判として土俵下に座っていた元横綱・千代の富士、元横綱・貴乃花、そして観客として来ていた元大関・小錦などを見ては、「おお~~!」っと喜んでいました。
それと、力士が国技館に出入りする時は、一般客の通路を横切るのですね。
取組終了後、帰宅する時に前頭・安馬が横を通りました。サイン攻めにあっていましたよ。
力士の「鬢付け油」の匂いを、初めて嗅ぎました。

そして土俵上でも、十両・幕内の土俵入り、横綱・朝青龍の土俵入りといった盛り上がり所が随所にあって、長時間の観戦でも飽きることがありませんでした。

翌日の千秋楽の取組の結果、優勝は大関・栃東となりましたが、この14日目の取組で、一番盛り上がったのは、

横綱・朝青龍 対 大関・琴欧州

の対戦でした。
sumou060121


懸賞の数もすごかった!
出身国にとらわれず、好きな力士を応援するというのは、新しい国技の形として良いかもしれませんね。

僕の水中仕様のデジカメでは、頑張ってもこのショットを撮るのが精一杯でしたが、視覚的にも楽しめるように演出されているなあ、と感じました。

館内のサービスも、気持ち良かったです。

「また行きたいなあ」と思う、大相撲初観戦でした

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/01/26(木) 23:09:37|
  2. ▽スポーツ・身体
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

ベニイザリウオ 「がくぶち」

2006/1/8の伊豆海洋公園 (8)

浅場に戻ってから、ベニイザリウオを見せてもらいました。

カイメンの奥に、横顔だけを出していました。

目が血走っている~。

まわりのカイメンも、淡いピンクで綺麗です。

噴火しそう??
beniizari060108

額縁に囲まれているかのような、ベニイザリウオでした。


ベニイザリウオ
Antennarius nummifer
魚類 アンコウ目 イザリウオ科
2006/1/8
伊豆海洋公園 2番の根 水深9m

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/01/24(火) 21:30:40|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マツバスズメダイyg 「真冬の竜宮城」

2006/1/8の伊豆海洋公園 (7)

水深20mの一角に、華やかな場所を見つけました。

サンゴとトサカが綺麗!

真冬の伊豆の海ですが、ここだけは竜宮城のようでした。
suzumedaiyg060108a


ここには小さな魚たちが集まっていました。
マツバスズメダイの幼魚だと思います。

トサカに寄り添って、おしくらマンジュウ~!?
suzumedaiyg060108b


マツバスズメダイ
Chromis fumea
魚類 スズキ目 スズメダイ科
2006/1/8
伊豆海洋公園 2番の根 水深19m

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/01/23(月) 21:26:22|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アカスジウミタケハゼ 「ピンクに紅」

2006/1/8の伊豆海洋公園 (6)

水深31mのサンゴに、小さなハゼがくっついていました。

アカスジウミタケハゼだと思います。
ピンクのサンゴに、ハゼの紅色が綺麗でした。
akasuji060108a


このサンゴには2匹、ハゼがついていたのですが、上手くペアで撮ることが出来ませんでした・・。

綺麗ですが、ちょっと痩せているようにも見えます。
akasuji060108b


後ろをベラに横切られて、ギクっとしている??
akasuji060108c


アカスジウミタケハゼ
Pleurosicya micheli
魚類 スズキ目 ハゼ科
ハゼ亜科 ウミショウブハゼ属
2006/1/8
伊豆海洋公園 2番の根 水深31m


テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/01/22(日) 17:12:31|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ダイビング機材に雪が積もりました・・


前日(1/20金)、伊豆海洋公園でダイビングをした僕は、ベランダにダイビング機材を干していました。

朝起きてみると・・・、

機材にが積もっていました・・・・。
sekisetu060121


1/21土は、首都圏では今シーズン初めての積雪。
降るらしいとは聞いていたのですが、こんなに積もっているとは・・

雪国のダイバーの方には見慣れた光景かもしれませんが、僕にはインパクトのある光景でした。

機材、痛まないよね・・・。
  1. 2006/01/22(日) 11:22:15|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

伊豆海洋公園で潜ってきました!

本日(1/20金)、伊豆海洋公園で潜ってきました!

いや~、ダイバーが少なかった!

う~~ん、寒かった!!

ジャグジー最高!!

写真は1/8編の後に、紹介します!
  1. 2006/01/20(金) 23:06:09|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

明日1/20金は「大寒」ですが・・・

明日1/20金は、「大寒」なのですね。
漢字からの連想通り、「一年で一番寒い時期」なのですね。

そんな日に、伊豆海洋公園に潜りに行ってきます!

明日は気温が低いようですねえ。 しかしそれよりも、海況が心配です。
無理せず、楽しんできたいと思います!
  1. 2006/01/19(木) 22:25:59|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マツバスズメダイ 「誰を待つ?」

2006/1/8の伊豆海洋公園 (5)

この日のは、「ソフトコーラルを撮ってみましょう!」ということで、こんなショットを狙ってみました。

トサカに寄り添う、スズメダイです。

おそらくマツバスズメダイだと思います。
この仲間はよく見かけるのですが、地味なので・・あまりカメラを向けたことがありません。

今回は良い場所にいてくれました。
大木のように見えますが、このトサカは、「ひと抱え」といった大きさでした。

水深が少し深めだったので、1枚目のような明るさが、イメージに近いと思います。
suzumedai060108a


2枚目はもう少し、明るいイメージで撮ってみました。
suzumedai060108b


この場所でじっと、誰かを待っているかのようなスズメダイでした。


マツバスズメダイ
Chromis fumea
魚類 スズキ目 スズメダイ科
2006/1/8
伊豆海洋公園 2番の根 水深33m

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/01/18(水) 22:49:46|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウデフリツノザヤウミウシ③ 「じっくりたっぷり!ピカチュウ」

2006/1/8の伊豆海洋公園 (4)

夢中になって撮影したウデフリツノザヤウミウシ
アップばかりを撮っていたら練習にならないので、いろいろなショットを狙ってみました。
その②でグリーンをバックにした写真を紹介したので、その③ではそれ以外のショットを。

まずは青抜きで。
これで大きさが想像出来るでしょうか?
pikachu060108w

僕が青抜きで撮る時はだいたい、このぐらいの明るさです。設定をあまり変えていないので・・。
もう少し明るく撮ってもいいかもしれませんね。次は練習してみたいと思います。

青抜きをもう1枚。

1枚目の写真と比べていただくと、ピカチュウの場所が変わっているのが分かると思います。
この時は全力疾走??で、移動していました。

「おいしょっ!、おいしょっ!」
pikachu060108x

ピカチュウにとっては山登りのような感覚でしょうかねえ。
写真を見ると応援したくなりますが、撮っている僕としてはじっとしていて欲しかった・・。

3枚目も移動中のショットです。
ウサギが跳んでいるようにも見えますね。

黄金のウサギ?!
pikachu060108y


そして最後は、いい場所でポーズをとってくれたので、下からライティングしてみました。

このショットが一番、ピカチュウっぽい??
pikachu060108z


いや~、今回はじっくり、撮ることが出来ました。

やっぱりピカチュウはかわいい!


ウデフリツノザヤウミウシ
Thecacera pacifica
軟体動物 裸鰓目 ドーリス亜目
フジタウミウシ科 フジタウミウシ亜科
2006/1/8
伊豆海洋公園 2番の根 水深19m

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/01/17(火) 20:36:48|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウデフリツノザヤウミウシ② 「グリーンをバックに」

2006/1/8の伊豆海洋公園 (3)

綺麗なピカチュウに出会うことが出来たので、モデルになってもらって、写真の練習をしてみました。

その②では、グリーンをバックに、ピカチュウの黄色が映える写真を!

1枚目はウネリを受けて、「おっとっと」という感じのショットです。
pikachu060108a

実はこれまで、このウミウシを上手く撮ることが出来ませんでした。
ストロボを強く当てすぎていたのですねえ。
かなり抑え目で良いことが、今回わかりました。

2枚目は、正面からウネリを受けて、ウシのようなピカチュウです。

内臓が透けて見えますね。
pikachu060108b


3枚目は踏ん張るピカチュウ

先端が発電しているかのように見えます。
pikachu060108c


4枚目は、半透明な黄色のボディーに、グリーンが透けています。

やっぱり綺麗だなあ~。
pikachu060108d



その③に続きます!


ウデフリツノザヤウミウシ
Thecacera pacifica
軟体動物 裸鰓目 ドーリス亜目
フジタウミウシ科 フジタウミウシ亜科
2006/1/8
伊豆海洋公園 2番の根 水深19m


テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/01/16(月) 21:35:36|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウデフリツノザヤウミウシ① 「激写!!ピカチュウ」

2006/1/8の伊豆海洋公園 (2)

久しぶりに、ウデフリツノザヤウミウシを見ることが出来ました。

う~ん、ピカチュウ~!!
pikatyu060108a


綺麗だなあ~。

ぼうっと発光しているかような黄色のボディーに、青白く輝く先端が、幻想的なウミウシです。
pikatyu060108b


4cm近くありそうな、立派な個体でした。

僕がこれまで見た中では、一番大きいサイズです。
pikatyu060108c


あまりに綺麗だったので、激写してしまいました。
pikatyu060108d

その②に続きます!


ウデフリツノザヤウミウシ
Thecacera pacifica
軟体動物 裸鰓目 ドーリス亜目
フジタウミウシ科 フジタウミウシ亜科
2006/1/8
伊豆海洋公園 2番の根 水深19m



テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/01/15(日) 20:24:48|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イソギンチャクエビ 「ペアで納まって!」

2006/1/8の伊豆海洋公園 (1)

面白い形のキッカイソギンチャクにいる、イソギンチャクエビを教えてもらいました。
akahosi060108a


様々な海で、良く見かける種類ですが、スケスケ透明で綺麗なエビです。
そしてスケスケなため、なかなか写真を撮るのも難しい被写体です。

今回はストロボの発光を調整しての撮影です。
akahosi060108b

このくらい抑え目の発光が、良さそうですね。

今回はペアでいてくれました。

仲良く並んでパシリと。

大きい方の個体と、目が合いました。
akahosi060108c


「もう1枚」と思いましたが・・、離れてしまいました
akahosi060108d


この仲間のエビは、ペア同士があまり接近しないような気がします。
でも、スケスケなハサミの向こうに、イソギンチャクのピンクが透けて綺麗だったので載せておきます。

身近ですが、絵になる被写体です。

****************
当初、アカホシカクレエビと紹介しましたが、模様の特徴から、同じホンカクレエビ属のイソギンチャクエビに訂正しました。
どちらも良く見かける種類なので、文章はそのままで・・。
うーん、初歩的な間違いをしてしまいました。

イソギンチャクエビ
Prriclimenes brevicarpalis
節足動物 エビ類
テナガエビ科 ホンカクレエビ属
2006/1/8
伊豆海洋公園 2番の根 水深22m


テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/01/14(土) 18:23:11|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新年早々ですが、週末まで・・


またもや、仕事の都合で自宅を離れるため、週末までこちらを留守にいたします。

新年早々での休載ですが、ご容赦ください。

週末から再開できるように、下準備??しておきますので、乞うご期待!
  1. 2006/01/09(月) 22:01:32|
  2. ★このブログについて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

明日1/8日、伊豆海洋公園で潜ってきます!


明日、伊豆海洋公園に潜りに行ってきます。

約1ヶ月ぶりの海です。
最近の極寒に対応出来るか・・心配ですが、元気出して乗り切りたいと思います。

海況が良いことを祈っています。

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/01/07(土) 20:45:32|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『水の中の光と時間』

水の中の光と時間


『水の中の光と時間』
 著者:デヴィッド デュビレ (David Doubilet)
 出版社:ファイドン 初版:2005/1/21
 400ページ 本体\6,980

 水中写真集の紹介です。

 デヴィッド・デュビレ氏は、70年代から『ナショナルジオグラフィック』誌に写真を掲載している水中写真家です。
 そんな世界でも有数の水中写真家が、35x25cmという大判、それも400ページという、気合の入った写真集を出してくれました。

 この写真集は、スゴイです。


 夜に乱れ飛ぶマンタのモノクロ写真から、小さなエビ・カニのクローズアップ写真まで、海の魅力を存分に表現しています。

 写真でありながら、絵画のような表現力・・・僕には「どのように撮ったのだろう?」と考え込んでしまう写真ばかりです。
 とてもマネは出来ませんが、「こういう表現が出来るのか」と、写真の可能性に嬉しくなってしまいました。

 潜る前のイメージトレーニングとして、何度も読み返したい一冊です。
 そういう意味では、この値段でも、僕にとってはリーズナブルかもしれません。

 大きな書店であれば、今でも一冊程度は置いてあるかと思います。
 もし興味がありましたら、お手にとって見てください。

 この著者の写真集としては、以前紹介した『魚の顔図鑑』もオススメです。


 本の写真はAmazonのページからいただきました。
 Amazonでのこの本の紹介は、こちらです。

テーマ:オススメの本 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2006/01/07(土) 17:25:30|
  2. ▽海に関連する本
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

<動画>小さくても負けない!トウシマコケギンポ


その①で紹介したトウシマコケギンポの動画です。

僕の人差し指と比べると、体の小ささが分かるかと思います。

それでも果敢に噛み付いてこようとする、この魚の気の強さ!

始めのウィンクもお見逃し無く!

<動画>小さくても負けない!トウシマコケギンポ 3.5MB 12秒

トウシマコケギンポ
Neoclinus toshimaensis
魚類 スズキ目 コケギンポ科
2005/12/2
伊豆海洋公園 オクリダシ 水深5m

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/01/05(木) 20:03:49|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

<動画>オハグロベラの喧嘩

浅場に戻る途中、オハグロベラの喧嘩を見かけました。

野生の激しさ!と思ったら、あっさりと決着がついて、武道の試合のように、礼儀正しく分かれていきました

人間の争いも、このように解決できれば・・。

<動画>オハグロベラの喧嘩 3.9MB 14秒

オハグロベラ
Pteragogus flagellifer
魚類 スズキ目
ベラ科 カンムリベラ亜科
2005/12/2
伊豆海洋公園 1.5番の根 水深8m

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/01/04(水) 13:40:23|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トウシマコケギンポ③ 「スリラー」

12/2の伊豆海洋公園、トウシマコケギンポ3個体目の紹介です。

この個体は小さく、まだ子供のようでした。
警戒心が強いのか、穴からあまり顔を出していません。

赤いギョロ目と緑のモヒカン?!が、穴からこそっと出ています。
かわいらしいのですが、どこか、ホラー映画の匂いがします。

僕は、マイケルジャクソンの「スリラー」を思い出しました。
tousima051202b1



でもやっぱり子供。表情はあどけない感じですね。

その①の個体と比べると、歯並びも良いようです。
tousima051202b2



これからどのように成長していくのでしょうか。
楽しみです。
tousima051202b3


トウシマコケギンポ
Neoclinus toshimaensis
魚類 スズキ目 コケギンポ科
2005/12/2
伊豆海洋公園 オクリダシ 水深5m

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/01/03(火) 09:20:14|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トウシマコケギンポ② 「獅子舞?歌舞伎?」


12/2の伊豆海洋公園、2個体目のトウシマコケギンポの紹介です。

こちらは白っぽい個体でした。
色のせいか、顔の造りが良く分かりますね。
凛々しく見えます。

お正月の獅子舞みたい??
tousima051202c1



2枚目は、目をギョロリとさせて、歌舞伎のよう??
tousima051202c2



3枚目からは正面顔を。

右に揺られても凛々しい顔。
tousima051202c3



左に揺られても凛々しい顔。
tousima051202c4



そして最後は、クワっと決め顔!
tousima051202c5


役者のような、トウシマコケギンポでした。

トウシマコケギンポ
Neoclinus toshimaensis
魚類 スズキ目 コケギンポ科
2005/12/2
伊豆海洋公園 オクリダシ 水深5m


テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/01/02(月) 15:40:49|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

謹賀新年


新年、明けましておめでとうございます。
皆さんにとって2006年が、心身ともに健康な一年であることを、お祈りします。

僕も今年一年間、笑顔でダイビングをやっていきたいと思っています。
これからも『真壁海中写真館』を、よろしくお願いします。
  1. 2006/01/01(日) 09:57:14|
  2. ★このブログについて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

mak

Author:mak
写真、ダイビングそして読書を楽しむ、ごく普通のサラリーマンです。
詳しくは作者紹介をご覧ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

あわせて読みたい